やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコイン・仮想通貨とは何か|始め方や注意点、儲かるのかを初心者にもわかりやすく解説

最近、テレビや新聞でも「ビットコイン」「仮想通貨(暗号通貨)」という言葉を目にすることが増えてきました。

世界中の人々がビットコインなどの仮想通貨に注目し始めていて、市場が急成長。億万長者がたくさん誕生しています。

私自身は2015年末くらいから仮想通貨を触り始め、2017年の暴騰によって100倍以上に増えている状況です。

このように投資としての魅力もありますが、仮想通貨に使われている革命的な技術や、仮想通貨自体をお金のように使うことができるというところも「世界を変えるかもしれない」として注目を集めています。

今まで知らなかった人も多いかと思いますが、ここでは「仮想通貨ってどういうもの?」「初心者でも大丈夫?」という疑問に答えていきたいと思います。

ざっくり言うと…
  • ビットコインは数ある仮想通貨の中でも代表的存在
  • ビットコインは伸びしろが充分にあり、儲かる可能性が高い
  • ビットコインは取引所から買うことができ、bitbankなら無料で、bitFlyerならばポイントもらう感覚で取引できる。
  • とりあえずビットコインを買って見たい!と言う人はbitbankかBitflyerで買うことがおすすめ!

bitbank公式サイトはこちら

 

bitFlyer公式サイトはこちら

 

bitbankの登録はこちら

bitFlyerの登録はこちら

bitFlyer業務改善命令について
2018年6月22日(金)更新 現在bitFlyerは金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。

そもそもビットコインって何?


ビットコインは数百種類ある仮想通貨の代表です。

とてもわかりやすい紹介動画があるので、ぜひご覧ください(音が出ます)

ざっくりですが、世界中どこでも使える電子マネーのようなものと思っていただくといいと思います。

正確には少し違う部分があるので、以下の記事で解説しています。

世界中で自由に使える

現在では外国でお金を使うときに両替が必要ですが、仮想通貨が普及すると両替の必要がなくなります。

世界中に送金することも自由です。

現在では複数の銀行を通して多額の手数料と時間をかけないと送金できませんが、仮想通貨を使えば早くて数分、遅くとも数時間で手数料は格安です。

「デジタルなものになんで価値があるの?」と思うかもしれません。

仮想通貨には『みんなが価値があると信用できる仕組み』が出来上がっているため、価値が生まれています。

ビットコインを使える場所が急増中

2017年は仮想通貨元年とも言われています。

全国のビックカメラ、リクルート系列の26万店舗、5万店のぐるなび加盟店でもビットコイン決済の導入を促進するなど、急速に普及が進んでいます。

その他にも仮想通貨が使えるお店はとてもたくさんあります。

クレジットカードより手数料が安く外国人観光客が使いやすため、2018年も普及の流れは続いて2020年の東京オリンピックまでに、仮想通貨が使えるところは爆発的に増加していると思われます。

こちらの記事では、ビットコインの仕組みについて解説していますので、より詳しく知りたい人は読んでみてください。

ビットコインに使われている「ブロックチェーン」という技術は、インターネット登場以来の革命的な技術として、仮想通貨以外の分野でも使われ始めています。

ビットコインとアルトコイン

f:id:bbc-21:20170519222032p:plain

仮想通貨の中にも分類があって、その中で一番主要なものがビットコインです。

ビットコイン以外の仮想通貨を総称して、アルトコイン(オルトコイン)と呼びます。

  • Ethereum(イーサリアム)
  • Ripple(リップル)
  • NEM(ネム)
  • MONACOIN(モナコイン)

といった名前を聞いたことがあるかもしれませんが、これらは全てアルトコインの仲間で、その数は1000種類近くあります。

仮想通貨(暗号通貨)って儲かるの?

これはだれもが気になるところだと思います。

絶対とは言えませんが、儲かる可能性は高いでしょう。

2017年の1年間でビットコインは約20倍、アルトコインの中には50倍や100倍になったものもたくさんあります。

そして、まだまだ成長の余地があります。

2017年10月の「ビットコイン、知ってる?持ってる?」というアンケートの結果がこちら。

 

ビットコイン アンケート

https://bitpress.jp/news/pickup/entry-6773.html

名前を知っている人は88%と認知度はかなり高いですが、保有したことがある人はたったの4.7%です。

ニュースやテレビ番組でも「ビットコイン」や「仮想通貨」という名前を目にすることがとても増えたので、認知度は上がっていますが購入には至っていないようです。

しかしこれも時間の問題だと思います。

まだ「あやしい」「むずかしそう」というイメージが強いかもしれませんが、徐々に正しい情報が普及してきて興味を持つ人が増えていくのは確実です。

今のうちがチャンス!

ビットコインは高くない

現在1ビットコインが数百万円まで高騰していて「高すぎる」と思うかもしれませんが、ビットコインの最小単位は0.00000001BTCです。

たとえ1ビットコインが1億円になっても、最小単位は1円ということになります。

少額から始めることができるので参入しやすいのも特徴です。

参入障壁はかなり低いので、詳しく知りたいと思ったらまずは少額でも保有してみることをおすすめします。

印象的なツイートをご紹介します。

これは本当にその通りで、実際にポジションを取っている(ビットコインを持っている)のと、そうでないのとでは理解度に雲泥の差があります。学習意欲も全く変わってくるでしょう。

「そうは言っても難しいんでしょう?」と思うかもしれませんが、とても簡単です。ネットショッピングよりも簡単に買うことができます。

「どうやって買うのか?」についてはこの後解説します。

まだまだのびしろ十分

市場規模を比べてみますと、

  • 世界の株式市場:7500兆円
  • FX市場:120000兆円(12京円)
  • 仮想通貨市場:90兆円

とんでもないのびしろがあるように思いませんか?

これは代表的なビットコインのチャートです。

まだ誕生して10年未満ですが、ものすごい勢いで成長しており、まだまだ初動だと考えられます。

初心者におすすめの取引所

このように伸びしろがまだまだあるビットコインは、取引所に登録することで買うことができるようになります。

ここからは、初心者でもかんたんにビットコインを買えるオススメの取引所を5つご紹介していきますが、一番のオススメはビットコインもアルトコインも仮想通貨全ペアの取引手数料が無料bitbankです。


bitbankならば、多くのコインを日本円で買うことができ、初心者でもかんたんに取引を行うことができます。

もし、あなたが、「どの取引所にしようかな?」と迷っているのであれば、bitbankを開設することが、非常におすすめです。

bitbankの口座開設はこちら

bitbank(ビットバンク)

 


ポイント
  • コインの種類が多い
  • 手数料が安い
  • セキュリティが強い

bitbankの特徴は、すべてのコインが取引所形式で手数料が安いこと。

国内の他の取引所ではアルトコインは『販売所』という形式を取っているところが多く、手数料が高めになっています。

bitbankでは『販売所』形式の取引はなく、すべての取引で手数料が格安です。

またセキュリティ体制もしっかりしていて、技術力は国内取引所の中ではトップクラスといわれています。

bitbank公式サイト

bitFlyer

f:id:bbc-21:20170505222810j:plain

ポイント
  • 無料でビットコインをもらえる
  • ビットコインを使える
  • 補償があって安心安全
bitFlyerの特徴は、普段の買い物や旅行の予約、クレジットカードの発行などで、ポイントサイトのように無料でビットコインを手にいれることができる「ビットコインをもらう」サービスです。

ビットコインのFXも盛んに行われていますので、初心者から上級者まで幅広い人が使っています。

bitFlyer公式サイト

bitFlyer業務改善命令について
2018年6月22日(金)更新 現在bitFlyerは金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。

GMOコイン

GMOコイン

ポイント
  • GMOクリック証券で有名なGMOが運営する仮想通貨取引所
  • 即時入金が無料
  • 最短で翌日開設!

GMOコインの特徴は、使いやすいスマホアプリと初心者向けの販売所という形式なので、売り買いが簡単で間違えにくいという特徴を持っています。

セキュリティ体制は金融商品を扱っている会社なので体制がしっかりして、運営母体の体力が大変強いので万が一問題が起こっても社会的に責任を取ってくれると考えられます。

仮想通貨FXの場合はレバレッジが5倍までで追加証拠金がなしという安心設計です。

GMOコイン公式サイト

Zaif(ザイフ)

仮想通貨 積立

ポイント
  • 積立投資ができる
  • 手数料がマイナス
  • セキュリティが強い
Zaifの特徴はなんといっても自動積立の設定ができること。一度積立の設定をすれば、自動でリスクを抑えた投資ができます。

私も実際に『毎月1万円前後』の積立を1年ほどやっていますが、完全放置で1,000万円以上に膨らんでいます。

自動積立のメリットはほったらかしにできることなので、初心者にピッタリだと思います。

Zaif公式サイト

複数登録してリスクを回避

先ほど書いたように、取引所の破綻リスクがあるので、複数に分散することが基本です。

投資の世界には「卵はひとつのカゴに盛るな」という格言があります。

資産をひとつのところに全部置いておくと、そこに何かあったときに全部なくなってしまうから分けましょう、ということです。

ですので、できるだけたくさんの取引所に登録したほうが良いでしょう。国内だけでも10以上、海外まで目を向けるとたくさんの取引所があります。

取引所の開設は無料ですので、とりあえず開設してみて使いやすいと思うところをメインにするやり方がおすすめです。

取引所ごとに特徴があって、実際に使ってみないとわからないところもあるので、私はそのようにしています。

おすすめ取引所ランキング

慣れてきたら海外の取引所も

初心者の方がいきなり使うのはお勧めしませんが、少し慣れてきたら多くのアルトコインを取り扱う海外の取引所も使うべきです。

日本最多だったCoincheckが13種類なのに比べて、海外の取引所ではその何倍ものアルトコインを売買することができます。

海外取引所は基本全て英語表記になっていますが、BINANCE(バイナンス)という取引所は日本語に対応しており、初めての海外取引所におすすめです。

BINANCE(バイナンス)公式サイト

ただし、海外の取引所では日本円を入金することはできないため、まずは日本の取引所でビットコインなどを購入して送金する必要があります。

送金方法

f:id:bbc-21:20170705203432p:plain

アドレスの文字列、もしくはQRコードさえわかれば簡単に送金可能です。

世界中どこへ送るにも、同じ手順で送金できます。

こちらの記事で、具体的な送金方法を解説しています。

仮想通貨(暗号通貨)って危なくないの?

儲かる可能性があるとはいえ、もちろんリスクはあります。

株式投資やFXと同じように価格は変動するので、資産が減ることもありえます。

 

また、仮想通貨は銀行などが補償してくれるものではなく、すべて『自己責任』の世界です。

過去にはマウントゴックスという取引所が破綻する事件があって、今も顧客の資産は返ってきていません。

取引所が破綻する可能性もありますし、自分自身の操作ミスで資産を失ってしまう可能性もあります。

だからといって無条件で危ないものではなく、リスクを理解した上で始めることが大切だということです。

仮想通貨(暗号通貨)を始めるのって難しい?

仮想通貨投資は「取引所」という仮想通貨を売買するところに日本円を送って、交換することで始められます。

取引所の登録は

  • メールアドレスとパスワードを設定
  • 本人確認書類(免許証など)の写真をアップロードする
  • 後日届くハガキを受け取る

これだけです。手続きはネットだけで完了しますので、とても簡単です。

仮想通貨投資未経験の初心者に、体験談を書いてもらいました。

初心者目線で共感できる記事になっているので、ぜひこちらも読んでみてください。

仮想通貨(暗号通貨)投資を始めたあとの注意点

2段階認証を必ず設定

仮想通貨の取引所に登録したら、まず始めにやるべきことが2段階認証の設定です。

簡単な手順ですが、これだけでセキュリティの強度が格段に上がります。

 

また、前述の補償サービスは2段階認証を設定していたユーザーのみが対象になるので、必ず設定しておきましょう。

ビットコイン 初心者

設定方法の解説記事です。スマホがあれば簡単にできます。

ウォレットを使おう

ウォレットとは、仮想通貨の財布のことです。

ビットコインなどの仮想通貨は、取引所にある間はただの数字です。ウォレットに入れて初めてあなたのものになります。

ウォレットにも種類があるので、こちらの記事で紹介しています。

その他の注意点など

今までに投資経験がない人は、特に注意が必要な事柄を説明しています。

仮想通貨(暗号通貨)始めるなら、今!

ブロックチェーンは「インターネット以来の革命」といわれており、それを利用した仮想通貨はとても面白く、世界中の人々が仮想通貨に注目し始めています。

私たちは、これからどんどん成長していくであろう仮想通貨市場の真っ只中にいるわけです。

数年後、どうなっているか考えるだけでもわくわくしますね!

東京オリンピックのころには、そこら中でビットコインが使えるようになっているかもしれません。

時代の最先端である仮想通貨、この機会に始めてみませんか?

bitFlyer業務改善命令について
2018年6月22日(金)更新 現在bitFlyerは金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。