やさしい仮想通貨の始め方を解説

2019年ビットコインは伸びる?ビットコインの価格が高騰する3つの理由

ビットコイン_伸びる_アイキャッチ

2019年、ビットコインは伸びる?

暴落し続けるビットコインの今後の動向が知りたい!

2018年はビットコインが暴落しましたね!

ビットコインに投資している方やこれから買おうと思っている方は、いつビットコインの価格が上がるのか、心配されている方も多いと思います。

結論から言うと、ビットコインは伸びます。

なぜなら、2019年の暮れまではビットコインの暴落が続きますが、2020年に向けて徐々に伸びる、と期待されているからです。

今回はビットコインがどれだけ伸びるか、将来的なビットコインの動向も含めてわかりやすく解説します。

この記事を読めばビットコインが伸びるかどうかを完全に理解できます!

ざっくり言うと

  • ビットコインの特性が今後に大きく影響する
  • ビットコインは今後は仮想通貨ではなく「暗号資産」として規制される
  • 過去にあったビットコインの暴落や高騰は周期的に繰り返す
  • ビットコインの購入におすすめの取引所は「BITPoint」
  • ビットコインの購入におすすめの販売所は「GMOコイン」

ビットコイン_買い時_GMOコイン

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

2019年ビットコインは伸びる!

冒頭部分でも少し触れましたが、2018年はビットコインが暴落しましたが、2019年以降ビットコインは伸びるとも言われています。

しかし、ビットコインは今後も価格の高騰と下落を繰り返していくことは確実ですので常に念頭においておく必要があります。

ビットコインは将来的に世界的に認識された「暗号資産」として高騰すると予測されています。

2019年年末からビットコインが高騰する3つの理由をさらに詳しくみていきましょう。

今後規制が整うためビットコインは伸びる!

ICOや仮想通貨への規制が整うと、価格操作も禁止され、また機関投資家の参入やデリバティブ(派生商品)も増えます

そのため、長期的に見ると、今後はビットコインの暴落や高騰などの極端な動きは減ってくると言われています。

機関投資家は「売り」から投資をスタートさせることも可能ですので、機関投資家のお金で一気に高騰などはなく、暴落もありえます。

ですので、ETFが承認されても暴落の可能性はまだありますので、根拠のない煽りに騙されないように気をつけましょう。

ビットコインの特性がビットコインの伸びに関係する

ビットコインの発行枚数は約2100万枚です。

上限枚数が他のアルトコインと比べて少ないため、ゴールド(金)と同様に今後価格が上がり続けるとよく耳にします。

しかし、以下のような問題があるため、世界各国でもビットコインは金融商品または通貨とも見なされていません。

  1. 運営者がいなく、アンチマネーロンダリング(AML)への対策も価値操作への透明性がない
  2. ほぼ中国でのマイニングに信頼性を依存しており、9割以上を数パーセントの人だけが保有している
  3. 者のゴールドのような電気回路での需要がなく、大量の送金処理能力が遅い

これら3つはビットコインの主な特性です。

仮想通貨市場はまだ小さく、規制もないため価格操作し放題、というのが現状です。

現時点ではビットコインを通貨として使うにしても送金可能量が不足しているため、まだまだ問題が解決していません。

改善案も出ましたが、ハードフォーク騒動にありますように誰も仮想通貨市場を管理していないため、何も進んでいないのです。

ただ、2018年にアルゼンチンでのG20では暗号資産に関する声明が出ました。

よって日本も金融庁が今後は通貨ではなく「暗号資産」へ呼び名を変更する動きがあります。

暗号通貨や仮想通貨の「通貨」は誤解を産みやすいため名称を変更した、という理由が記載されています。

7.「仮想通貨」から「暗号資産」への呼称変更 仮想通貨交換業への規制導入時において、以下の理由により、資金決済法上 「仮想通貨」の呼称が用いられた経緯がある。

・ FATF や諸外国の法令等で用いられていた“virtual currency”の邦訳で あること。

・ 日本国内において「仮想通貨」という呼称が広く一般的に使用されていた こと。

一方で、最近では、国際的な議論の場において、“crypto-asset”(「暗号資 産」)との表現が用いられつつある66。また、現行の資金決済法において、仮想 通貨交換業者に対して、法定通貨との誤認防止のための顧客への説明義務を課 しているが、なお「仮想通貨」の呼称は誤解を生みやすい、との指摘もある。

暗号資産とは?

暗号資産(Crypto-assets)とは、金融庁がこれまで仮想通貨や暗号通貨と呼ばれてきたものです。

ビットコインは今後も金融商品になる

規制が進むとこれまでのような極端な値動きを止めることが可能となります。

よって、極端な暴落や下落は減っていき、最終的に相場自体は安定していくと見られています。

現在、仮想通貨改め暗号資産も投資家が保護される「金融商品」とするための規制が進んでいます。

日本の金融庁をはじめとするアメリカのSECも規制作りにかなりの予算と労力を費やしています。

暗号資産に関するG20声明はこちらを参照してください。

20か国財務大臣・中央銀行総裁会議声明

ビットコインの規制が整い始めると、ビットコインが2100万枚しか発行されない、という希少性から「デジタルゴールド」という資産になる可能性があるとされています。

なぜなら、ビットコインがすでに全世界共通の法定通貨との交換インフラと法規制がある存在になりつつあるからです。

また、各国の中央銀行はCBDCと呼ばれるデジタル通貨を準備しています。

そして、国際送金のデジタル化はリップル社が中心になって進めています。

証券のデジタル化(セキュリティートークン)も進みそうな勢いです。

このようなデジタルな世界との親和性のある資産の一つとして「ビットコイン」は生き残りやすい環境が世界で整えられつつあるのが現状です。

「なぜビットコインがその対象になったのか?」

と疑問に思いますよね。

それは単純に仮想通貨で一番最初に規制できないほどすでに普及してしまった、のが要因だと言われています。

その証拠にG20で声明が発表され、それぞれの国で法令を変えるほどの動きになっています。

ビットコインの過去の動きから今後を予想しよう!

ご存知の通り、ビットコインは2008年頃から発行され、暴落と高騰を繰り返してきています

過去のビットコインの歴史を知ることで、今後のビットコインの伸びを予想することができるようになります。

ビットコインの過去を振り返ってみましょう!

2011年「マウントゴックス」のハッキングによる暴落

仮想通貨 マウントゴックス

当時、世界最大とも言われたビットコイン取引所でもあるマウントゴックスがハッキングされ100億円以上が盗まれてしまいました。

その後、2015年にBitstamp、2017年にコインチェック、2018年にZaifとハッキングは続きます。

ハードウォレットで保管すれば大丈夫、とは言われていますが、ほとんどの方はしていないようですので、ハッキングは今後も繰り返し起きるとされています。

ですが、90%も暴落したのはマウントゴックスのハッキング事件時だけです。

それ以降は40~50%の暴落が繰り返されています。

2013年「キプロスショック」による高騰

仮想通貨 キプロスショック

当時、財政赤字をごまかしていたギリシャ、キプロスでの経済危機です。

キプロスの銀行でも多くの不良債権が発生し、資金ショートの危険に陥りました。

覚えている方も多いと思いますが、銀行が2週間ほど閉鎖されていました!

手元に使える現金がないのは不安ですよね。

ですが、預金が封鎖される前にビットコインへ資産を移動していた一部の方達は防衛することができたとのことです。

そのため、自国通貨に信用が置けない国を中心として無国籍通貨であるビットコインに注目が集まり価格が高騰しました。

2016年「夏の半減期」で高騰!

仮想通貨 半減期

2016年の夏は半減期で、ビットコインの価格が高騰しました。

半減期とは、4年毎にマイニング報酬でもらえるビットコイン量が半減するタイミングのことです。

次回の半減期のタイミングは2020年です。

それまでに高騰・下落が繰り返す可能性は十分あります。

2013~2016年「中国の規制要因で暴落」

仮想通貨 中国規制

ビットコインの取引は9割りが中国でされていたのはご存知でしょうか?

その影響により、ビットコインで取引をする度に「パソコンでの演算検証」が必要です。

これは「PoW方式のマイニング」と呼ばれるものです。

それらマイナー企業の多くは中国にあります。

そのため、元が安くなると資産を逃すためのビットコインが高騰し、逆に春節前の1月には現金されるため、ビットコインは下落する現象が毎年起きています

現在、中国ではビットコイン取引に規制がかかったため、今後も全面的に解放される予定はないそうです。

ですが、その規制の影響で2013年、2017年、そして2018年1月くらいまで何度も暴落しています。

ビットコインが普及された時にマイニングを実行し大量のビットコインを保有しているのは、中国にいる大口マイナーの方だと言われています。

ビットコインが適正に分散されるのか、または高騰するのか、彼らの今後の動向が気になりますね!

2017年〜2018年「ハードフォーク騒動」で暴落

仮想通貨 ハードフォーク

2017年3月にハードフォーク関連の騒動でビットコインは暴落しました。

日本人は世界で一番ギャンブルが好きと言われているのはご存知でしょうか?

ギャンブル好きな日本人を中心に韓国やアメリカなどでは2017年末までに新規参入者に夜投機熱で一度高騰しました。

しかし、2018年11月にもビットコインキャッシュのハードフォーク騒動もあり、再度暴落。

ハードフォークによる下落は今後も継続すると言われていますが、これを繰り返すと2100万枚という制限に意味がなくなり、信頼も落ちてしまいます。

これは今後のビットコインのリスクの1つだとされています。

ハードフォークとは?

ハードフォークとは、仮想通貨のアップデートという意味です。ハードフォークが行われることを「仮想通貨が分岐する、分裂する」と表現する人もいます。

2018年以降は世界株安に伴い暴落中

仮想通貨 ビットコイン

2018年2月に仮想通貨全体が暴落しました。

これはアメリカの利上げなどで株式の暴落に引くづられた強制ロスカットやリスク回避などが重なったのが原因ではないか、と推測されています。

2018年に入ると、ビットコインをはじめとする仮想通貨市場は日経新聞の記事になり多くの人が注目するようになりました。

そのため、金融市場におけるリスクオン・オフとビットコインの価格が連動するようになりました。

この状況は今後も続く傾向があるため、金融ショック等があればビットコインをはじめとする仮想通貨市場全体も連動し、暴落する可能性が高まったと考えている人も多いようです。

リスクオン・リスクオフとは?

リスクオン:投資家による取引が活発に行われる状態

リスクオフ:投資家がリスクを恐れて消極的な投資に走ること

2019年ビットコインは伸びる!ビットコインの価格が高騰する3つの理由のまとめ

いかがでしたでしょうか?

2019年も暴落・下落が続くと予想されていますが、2019年こそはビットコインの価格が伸びて欲しいですね!

ご存知の通り、仮想通貨は法定通貨とは違って国が発行する通貨ではないため、国の不安定な体制や金融危機に対しては強いという側面があります。

また、そもそも法定通貨の相場が不安定な国にとっては、自国のリスクオフに対する有効な手段として仮想通貨がセーフティネットのような役割も果たすと期待されています。

誤った情報や信用できない情報は鵜呑みにせず、正しい情報を見極める力をつけながらビットコインの投資を楽しみましょう!