やさしい仮想通貨の始め方を解説

フィスコ仮想通貨取引所って実際どうなの?越智社長と中川COOに特徴と評判について聞いてみた

fisco-int

最近よく聞くフィスコ仮想通貨取引所
ってどんな取引所なの?

最近注目を集めているフィスコ仮想通貨取引所。

興味はあるけど、いまいちどんな取引所なのかわからない方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、フィスコ仮想通貨取引所の代表取締役と役員にインタビューを敢行しました!

特徴や今後の展望についてはもちろん、話題になっているZaifへの資金援助や事業譲渡についても直撃。

「怒られたらどうしよう」と思いつつも深めに切り込んでいます。

「フィスコ仮想通貨取引所についての概要」と「直近の話題、今後の展望」を前後編でお届けします!

フィスコ仮想通貨取引所の基礎知識

fisco

フィスコ仮想通貨取引所は2016年4月に設立された国内仮想通貨取引所です。

投資の情報配信をしている株式会社フィスコの(JASDAQ上場)のグループ企業です。

株式会社フィスコについては、仮想通貨以外の投資を経験されている方はよくご存知かもしれません。

上場企業のグループ会社であることで、信頼性が非常に高く安心して利用できる取引所として知られています。

運営会社株式会社フィスコ仮想通貨取引所
資本金3億8,706万円
設立2016年4月
仮想通貨交換業登録番号 近畿財務局長第00001号
会社住所〒107-0062 東京都港区南青山5-11-9
会社URLhttps://fcce.jp/
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • カイカコイン(CICC)

フィスコ仮想通貨取引所の公式サイトはこちら

フィスコ仮想通貨取引所の登録はこちら

MEMO

フィスコ仮想通貨取引所の特徴やサービス内容についての詳細は、こちらの記事で解説しています。

fisco-thumbnailFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所の登録や入出金方法,使い方を徹底解説!|安心の国内取引所の実力とは

Zaifへの資金援助が話題に!

フィスコ仮想通貨取引所は、不正アクセスの被害を受けたZaifに資金援助を行ったことで認知度が急上昇しました。

2018年9月にZaifから流出した仮想通貨は67億円相当。

フィスコグループは55億円もの支援を発表しています。

連携関係にあるとはいえ、同業他社であるZaifに対する巨額な資金援助は異例。

事件発覚の翌日に実施したという点も、市場全体に大きなインパクトを与えました。

役員・中川博貴氏は書籍を出版中!

株式会社フィスコIRの取締役COOの中川氏は仮想通貨についての本を執筆しています。

タイトルは「【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由」。

仮想通貨の今後に光を当てています!

本書は、ビットコインないし、
仮想通貨が台頭した社会の未来像を想定、
さまざまな実例や根拠を踏まえて
新しい「貨幣論」を展開していく。
これまでの“仮想通貨ブーム”は序章に過ぎない。
すぐ目の前に来ているデジタルエコノミー時代に
ビットコインに代表される仮想通貨が、
最も「お金らしいお金」になるだろうとの仮説検証から、
今、ビットコインを買う理由を記す。

引用:http://fiscofinancialreview.com/about/chasm.html

「仮想通貨を勉強したいけど、何から手をつければいいかわからない」

「ビットコインや仮想通貨の仕組みをもっと知りたい!」

という方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

いま話題のフィスコ中川さんの本『【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由』とは?

お話を伺ったフィスコ仮想通貨取引所のお二人

フィスコ仮想通貨取引所

越智 直樹(おち なおき)氏

株式会社フィスコ仮想通貨取引所 代表取締役

 

大阪大学 経済学部 経営学科卒業。

 

情報サービス企業にてITシステムエンジニアリングやコンサルティング、 プロジェクトマネジメント業務に従事。

 

2004年に投資会社へ参画。

 

国内外のM&A候補先企業のデューディリ ジェンスやM&A実行後の事業戦略・マーケティング戦略・オペレーショ ン戦略の企画立案・実行に携わる。

 

特に、中国本土における社会貢献 事業のフィージビリティ・スタディに関与し、中国における文化や商慣習 にも精通。

 

2006年には社会福祉法人の立ち上げにも参画し、主に管理部門にて 事業戦略・オペレーション戦略の企画立案から実行まで幅広く携わる ほか、直接的な社会貢献活動にも従事した。

 

2014年4月に株式会社フィスコに入社 、株式アナリストとして従事する ほか、事業開発担当として各社との提携にも関与。

 

2016年4月より現職。

中川 博貴(なかがわ ひろき)氏

株式会社フィスコ仮想通貨取引所 取締役 / 営業企画部 部長

 

慶應義塾大学経済学研究科修士課程修了。

 

株式会社フィスコ(証券コード:3807)にて国内外のM&A候補先企業のデューディリジェンスや実行後の戦略立案・オペレーションの管理に携わる。

 

2014年より子会社である株式会社フィスコIRの取締役COOに就任。さまざまな上場企業のIR活動に対するコンサルティングに従事。

 

2017年より株式会社フィスコデジタルアセットグループ取締役に就任。

 

公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員、環境省「持続可能性を巡る課題を考慮した投資に関する検討会」委員(2015~2017)。

 

IR専門誌「フィスコファイナンシャルレビュー」編集長(2017~)

フィスコ仮想通貨取引所とは?特徴やメリット・他社との違い

フィスコ仮想通貨取引所は、他社の仮想通貨取引所とどのような違いがありますか?
数ある仮想通貨取引所の中で、特に自信があるポイントを教えて頂けますと幸いです。

フィスコ仮想通貨取引所の特徴やメリット、他社との違いを教えてください!

代表 越智氏

色々ありますが、上場企業傘下にあるという点は特徴の一つです。
そのためステークホルダーの利益保護に対しても上場会社と同等の目線をもっていると考えております。

代表 越智氏

また2018年9月に取引所のシステムを自社開発のものに完全移行しています。
それに伴ってセキュリティを大幅にアップデートしました。

代表 越智氏

昨今色々な事件が起きていますが、安心して使っていただける環境を整えています。

フィスコの独自システムへ移行しセキュリティ向上!

テックビューロさんのシステムから、自社開発のものに変えたんですね。
9月にはZaifへのハッキングが起こったわけですが、かなり前から準備をされていたんでしょうか?

石垣

代表 越智氏

2017年の暮れごろから構想し、この半年作り込んでいました。
セキュリティなどもゼロから自社開発しているので、しっかりと時間をかけて計画を進めました。
ハッキング発生前の9月12日には自社システムの実装とプレスリリースが完了していました。

取締役 中川氏

設立当初は、取引所を弊社のメイン事業として考えていませんでした。
将来的にトークンや仮想通貨投資運用を行うための、ナレッジを蓄える目的で始めたんです。

取締役 中川氏

その後、2017年末の仮想通貨全体の高騰などもあり、仮想通貨取引所の可能性を認識しました。
ブロックチェーン業界の成長過程で、取引所というビジネス領域が鍵になる。
それに備えて、機能を強化していこうという方向性になりました。
フィスコさんのメイン事業である投資情報の配信に匹敵するポテンシャルがあると考えられたんですね!

石垣

代表 越智氏

その通りです。
そう考えてくるとシステムをOEMのまま(*後述)運用していくのは無理があると判断しました。

取締役 中川氏

開発は本当に大変でしたが、グループ会社であるシステム開発に特化した株式会社カイカ(JASDAQ上場 証券コード:2315)と一緒に達成しました。

関連会社発行のトークンが豊富!

代表 越智氏

カイカをはじめとした関連会社3社が発行しているトークンを取り扱っているのも特徴のひとつです。
上場企業のトークンを資金決済法に則って取り扱っている取引所は弊社しかありません。
取引所トークンなどを取り扱っているところはありますが、上場企業のトークンを購入できるのは特徴的ですね!

石垣

フィスコで買える!上場企業発行のトークン
  • フィスココイン(FSCC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • カイカコイン(CICC)
この章のポイント
  • 信頼のある上場会社グループ!
  • 独自トークンを含めた6種類の仮想通貨!
  • セキュリティを大幅に強化!

フィスコ仮想通貨取引所の今後は?アップデートに期待!

取締役 中川氏

現状の特徴としては先に伸びた通りですが、今後さらなるアップデートを考えています。
他社の取引所に引けを取らない品質をご提供していきたいと考えています。
それはワクワクします!
具体的に伺ってもよろしいですか?

石垣

取締役 中川氏

まず、近日中にアプリをリリース予定です。
外出先でもスマートフォンから取引したいというニーズにお応えしていきます。

取締役 中川氏

仮想通貨の取り扱いも、現在計画しているだけで3種類増やす予定です。
これは本当に嬉しいですね!
取引できる仮想通貨の種類が増えれば、利益を上げるチャンスが広がります!

石垣

取締役 中川氏

取引方法も充実させていく予定です。
従来の板取引や簡単売買に加え、信用取引やレンディングもご提供する予定です。
さらに、独自機能としてビットコインを担保としたローンもご提供します。

取締役 中川氏

運用機能としては、近日中に売買予約を実装する予定です。
いくらになったら自動で売買する、といった取引ができるようになります。

取締役 中川氏

APIはすでに公開しており、システムトレードと連携して新しい取引スタイルを構築できると思います。
本当に盛りだくさんですね。。。
クリプト × クリプトの取引も対応されるのでしょうか?

石垣

取締役 中川氏

もちろん対応する予定です!
それは心強いですね!
これまで強かった取引所さんが次々に失速する中、御社の勢いが垣間見えてワクワクします。
業界全体をリードする存在になっていただけたら。。。

石垣

越智氏 中川氏

乞うご期待です!

フィスコ仮想通貨取引所

取締役 中川氏

認可を受けた16社の仮想通貨交換業者は、もともと得意領域が違いました。
その中で、黎明期の仮想通貨業界で一緒にマーケットを作っていこうという目的で一致していました。

取締役 中川氏

正直、当時のサービス品質は既存の金融市場などに比べて粗があったかと思います。
しかし、デジタル領域から発信されるトークンという概念や、そこに富が生まれるという現象が起こりました。
価値のパラダイムシフトが起こったわけです。

取締役 中川氏

そんなタイミングで、現状適切な運営をしている取引所が数えるほどしか残っていません。
これは仮想通貨業界のみならず日本にとってブレーキになっていると思います。

取締役 中川氏

この産業を盛り上げるために、必要な役割を健全に担う。
取引所という産業(ビジネス)を作っていく、というのが自分たちの役目だと考えています。
めちゃくちゃ説得力があります。
国内の仮想通貨業界の風向きは当局の主導によるところが大きいと思います。
お答えいただきにくい質問かもしれませんが、規制は厳しいと感じますか?

石垣

代表 越智氏

厳しすぎるとは思っていません。
イノベーションが起きる際には、少なからず凸凹ができるものだと思います。
その凸凹が、今回のように「事件」という形で世間に認知されるかもしれません。

代表 越智氏

そうなってしまうと、世論は「危ない」「怪しい」というイメージを抱いてしまいます。
そうしたことを未然に防ぐために規制が入るのは当たり前のことです。
規制を遵守した上でどのようなサービスを提供できるか、という点が取引所に求められるところだと思っています。
この章のポイント
  • 近日中にアプリをリリース!
  • 新たに3種類の仮想通貨をリスティング予定!
  • クリプト×クリプト、信用取引、売買予約を提供予定!
  • レンディング、ローンも検討中!

フィスコ仮想通貨取引所の公式サイトはこちら

フィスコ仮想通貨取引所の登録はこちら

フィスコ仮想通貨取引所を立ち上げたきっかけは?

フィスコ仮想通貨取引所やフィスコグループについて簡単にお教えいただけますか?
また取引所を設立するきっかけをお伺いできますと幸いです。

取締役 中川氏

私たちフィスコグループの大元である株式会社フィスコ(JASDAQ上場 証券コード:3807)は、金融・投資情報の配信をメインに行なっています。

取締役 中川氏

メイン事業以外の中長期的な事業領域を開拓するために、2015年ごろに次の成長分野を棚卸ししました。
その中で、ブロックチェーンに代表されるデジタル技術へのパワーシフトに目が向きました。

取締役 中川氏

IBM、Microsoft、Appleなどの人材がこの領域に流れ、金融業界でも同じことが起きていました。
優秀な人材と資金が集まることで、ビジネスイノベーションの活性化が期待できます。
私たちとしても仮想通貨領域やデジタル領域に経営資源を投下していくべきだと考え、注目していました。

取締役 中川氏

そんな中、2015年ごろに株式会社テックビューロ(仮想通貨取引所Zaifの運営会社)と出会ったんです。
資本提携を結びパートナーになると同時に、仮想通貨事業のノウハウをお借りしてフィスコ仮想通貨取引所を設立しました。
初めはZaifさんのOEMのような形でスタートしました。
2015年というと、マウントゴックス事件の後でしょうか。
あの事件では色々な意味でビットコインが認知されることになりましたね。
その頃から仮想通貨領域に可能性を感じていらっしゃったんですね。

石垣

取締役 中川氏

巷で仮想通貨について耳にするようになる少し前ぐらいから目をつけていました。
その頃にはビジネスの情報感度が高い人たちの間で一つのキーワードになっていたんです。
投資情報を扱っていらっしゃるフィスコさんだけあって、情報をキャッチするのも早かったんですね。

石垣

代表 越智氏

株の世界は情報が早く、2015年末頃には仮想通貨銘柄が市場を賑わせていました。
フィスコ本社には投資アナリストなども多数在籍おり、その様子を目の当たりにしました。
比較的早いタイミングから目をつけることができていたと思います。

代表 越智氏

フィスコ仮想通貨取引所の法人を設立したのは2016年4月です。
当時はフィスココインという社名でしたが、フィスコ仮想通貨取引所に変更して2016年8月から運営を開始しました。
現在は設立から2年目を過ぎたところですね。
2017年4月に資金決済法が成立する半年ほど前からスタートされたんですね。

石垣

取締役 中川氏

私の著書にも書いているのですが、パワーシフトによって資源(ヒト・モノ・カネ)が仮想通貨に集まっています。
2016-2017年に流れ込んだ資金を見ると、他国の法定通貨に比べて日本円が非常に多かったんです。

取締役 中川氏

株式を中心とした従来の証券市場では、日本が世界一になる可能性はまずありません。
都市国家であるシンガポールや香港に抜かれ、国際競争力は世界で20番目程度です。

取締役 中川氏

仮想通貨を中心としたデジタルイノベーションの領域なら、日本が世界のハブになる可能性は大いにあります。
国というマクロな単位で見ても、絶好のチャンスだと考えたんです。

代表 越智氏

現在の仮想通貨は適正価格ではなく、まだまだ上昇するポテンシャルを秘めています。
日本の仮想通貨市場を活性化させる存在になっていきたいと考えています。
この章のポイント
  • 金融・投資情報の配信から横展開!
  • 仮想通貨の可能性を感じて参入!
  • テックビューロと提携し仮想通貨のノウハウを獲得!
  • 日本は仮想通貨立国になれる!
  • 仮想通貨はまだ適正価格ではない?!

フィスコ仮想通貨取引所の取り扱い通貨(トークン)について

フィスコ仮想通貨取引所では、独自トークンが購入できるなど、取扱通貨が特徴的です。
今後さらに取り扱う仮想通貨について詳しくお伺いできますか?

先ほどもあった通り、上場企業発行のトークンを3種類も扱っているという点がユニークです。
それだけでなく、これから新たに3通貨の仮想通貨を取り扱っていくご予定なんですよね。

石垣

その3種類の仮想通貨とは、ズバリどちらでしょうか!

石垣

取締役 中川氏

イーサリアム、ライトコイン、そしてリップルです!
2019年3月までを目処に計画を進めています。

取締役 中川氏

まだまだ増やしていこうと考えています。
もちろん、ルールを遵守した上で!笑

取締役 中川氏

ちなみに、石垣さんはどんな仮想通貨があると嬉しいですか?
そうですね。。。
難しいかもしれませんが、取り扱いが少ないネム(XEM)、イーサリアムクラシック(ETC)などは魅力的です。

石垣

取締役 中川氏

ほほう。

越智氏 中川氏

乞うご期待です!
(気に入ってらっしゃる。)

石垣

この章のポイント
  • イーサリアム、ライトコイン、リップルを追加予定!
  • 2019年3月に取引開始予定!
  • そのほかの仮想通貨も検討中!

フィスコ仮想通貨取引所の公式サイトはこちら

フィスコ仮想通貨取引所の登録はこちら

フィスコ仮想通貨取引所のセキュリティ対策は?

2018年には取引所を狙ったハッキング事件が多発しています。

フィスコ仮想通貨取引所では、どのようなセキュリティ対策をされているのでしょうか?

代表 越智氏

今回のアップデートでセキュリティを大幅に向上しました。
性能に自信は持っているのですが、セキュリティに完璧はありません。
奢ることなく、常にアップデートをしていきたいと考えています。
会社としてのストイックな姿勢が伺えます。
具体的な技術としてはどういったものがありますか?

石垣

代表 越智氏

資産の大部分をコールドウォレットで保管しています。
安全性を最優先しているため、出金のレスポンスでは若干ご迷惑をかけているかもしれません。
安全性と足回りをトレードオフですよね。
個人的には、そこまで安全性を重視してくれている取引所さんの方が安心です!

石垣

今後ユーザーが増えてくることも考えられますが、サーバーのスケーラビリティなども万全なのでしょうか。

石垣

代表 越智氏

自社システムに移行する際に、安定性にもこだわって開発しました。
安定した取引ができることも、セキュリティに匹敵するほど重要なポイントだと考えています。
金融関連の事業を行ってらっしゃるだけに、投資家の心理をガッチリと捉えられていらっしゃいますね。

石垣

代表 越智氏

ありがとうございます。
今回のアップデートでは完成度をさらに高め、満を持してリリースしています!
この章のポイント
  • 自社開発でセキュリティー性能が向上!
  • 資金の大半をコールドウォレット管理!
  • スケーラビリティもバッチリで安心!

フィスコ仮想通貨取引所での口座開設について聞いてみた!

フィスコ仮想通貨取引所で口座開設する際、本人確認完了まで何日ほど必要ですか?
平均日数をお伺いできますと幸いです!

本人確認が翌日で完了すると記載されていても、実際はもう少しかかる場合がありますよね。
フィスコ仮想通貨取引所さんは何日ぐらいで本人確認が完了しますか?

石垣

取締役 中川氏

平日に手続きをすれば、最短翌日に本人確認が完了します。
土日祝日を含めて平均を出すと、4.5日程度になるかと思います。
最短翌日はかなり早いですね。
口座開設をするなら平日の早い時間帯がおすすめですね!

石垣

ここに注意!本人確認のポイント

本人確認の際、気をつけた方が良いポイントなどございますか?

石垣

代表 越智氏

細かい話になるのですが、本人確認書類の個人情報が登録してるものと違う場合はあります。
提出していただいた免許証に記載された住所が、入力された住所といったケースです。

代表 越智氏

それから、本人確認画像がピンボケしていたり、光が写り込んでいることもあります。
ピントが合い、全体がしっかりと映った写真をご提出いただくとスムーズです。

代表 越智氏

ご提出いただいた情報に不備があった場合は、こちらからメールでご連絡しています。

取締役 中川氏

口座開設のプロセスで使いにくいと感じるポイントは、随時改善しています。
項目を短かくしたり、選択式にしたりして入力ミスを防いでいく予定です。

取締役 中川氏

今までよりもさらに快適に感じていただけるよう工夫しています。

越智氏 中川氏

乞うご期待!
(決め台詞みたいになってきた。)

石垣

この章のポイント
  • 平日なら最短翌日に本人確認完了!
  • 本人確認書類の記載、ピント、映り込みに要注意!
  • 登録フォームをさらに使いやすく改善予定!

フィスコ仮想通貨取引所の公式サイトはこちら

フィスコ仮想通貨取引所で口座開設してみる

フィスコ仮想通貨取引所とZaifの今後は?後編に乞うご期待!

フィスコ仮想通貨取引所会話

お二人の口から「乞うご期待!」が何度も飛び出した今回のインタビュー。

お話を伺っているうちに私たちもワクワクしてしまいました。

セキュリティの向上や、クリプト × クリプトの対応、登録の導線など積極的なアップデートを実施中。

さらには現金のキャンペーンも計画中と、勢いを感じます。

これだけでも十分なインパクトですが、後編ではさらなる重大発表が!

フィスコ仮想通貨取引所の今後や、仮想通貨全体の展望について後編でお届けします。

みなさんお待ちかねのZaifへの資金提供の件も詳しく伺いました。

2019年3月までを目処に計画を進めています。ぜひ次回の更新をお楽しみに!

フィスコ仮想通貨取引所の公式サイトはこちら

フィスコ仮想通貨取引所の登録はこちら