ビットコインの簡単な始め方

リップル(XRP)の買い方は?購入方法をゼロから徹底解説!

リップルの買い方、購入方法

仮想通貨バブルといわれた2017年、あらゆる仮想通貨が高騰するなか、リップル(XRP)は200倍以上の大暴騰を演じました。

その後、価格は大きく調整し、2018年に入ってからは低迷が続いていますが、金融機関との提携も進んでおり、多くの投資家がリップル(XRP)の将来性を高く評価しています。

リップル(XRP)はこれまでに、スペイン最大手のサンタンデール銀行や日本のSBIホールディングス、中国の送金サービス大手、連連(LianLian International)と提携しました。

2018年内には、あの世界的企業であるAmazonと提携するのではないか?との噂もあり、もし実現すれば一般消費者の利用が爆発的に増えることが予想されます。

そこで今回は、さらなる成長が期待されるリップル(XRP)について、その購入方法を実際の操作画面とともに徹底解説します。

リップル(XRP)とは

リップル(XRP)とは、送金と決済に特化した仮想通貨です。

リップルという言葉は、送金プラットフォームやそれを開発したRipple Labs, Inc(リップル・ラボ社)のことを指しており、リップル内で使用される独自通貨を「XRP」という単位で表します。

銀行などの金融機関の送金システムは、基本的に平日の日中しか送金することができず、また国際送金の場合、複数の金融機関を経由するため多くの手数料がかかります。

こうした既存送金システムのデメリットを、仲介用の通貨を使うことによって解消するために開発されたのがリップル(XRP)です。

リップル(XRP)は、金融機関と決済業者向けに設計された唯一の仮想通貨で、既に50以上の取引所でアメリカドル、ユーロ、日本円など含め20以上の通貨と交換ができます。

また、多くの仮想通貨が非中央集権的な仕組みであるのに対し、リップル(XRP)にはRipple Labs, Inc(リップル・ラボ社)という明確な運営元が存在しているのも大きな特徴です。

リップル(XRP)の買い方

リップル(XRP)は仮想通貨取引所、または仮想通貨販売所で購入できますが、すべての仮想通貨交換業者でリップル(XRP)を取り扱っているわけではありません。

リップル(XRP)は、以下の仮想通貨交換業者で取り扱っています。

リップル(XRP)を取り扱っている仮想通貨交換業者

Coincheckでもリップル(XRP)を取り扱っていますが、2018年5月現在、一時的に新規ユーザー登録を制限しています。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)は、ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

大手取引所に比べると知名度はまだ低いですが、取り扱っている全ての通貨ペアで取引手数料無料のキャンペーンを実施しており、リップル(XRP)を手数料なしで購入できます。

bitbank(ビットバンク)では、以下の6種類の通貨を取り扱っています。

bitbank(ビットバンク)が取り扱っている通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

bitbank(ビットバンク)の口座開設方法は以下の通りです。

口座開設方法
  • bitbank(ビットバンク)のホームページにアクセス
  • メールアドレス入力欄にメールアドレスを入力後、「無料口座開設」をクリック
  • bitbank(ビットバンク)から送付されたメールに記載されているキーワードを入力
  • 基本情報入力フォームに必要事項を入力し、本人確認書類をアップロード
  • bitbank(ビットバンク)から送付される書類を受け取れば口座開設完了

bitbank(ビットバンク)でリップル(XRP)を購入する

画面左上の「b」アイコンをクリックしてトレード画面に移動します。

通貨ペアで「XRP/JPY」を選択します。

チャートと売買板を見ながら、注文画面で「指値」「成行」を選び、数量と価格を入力して「注文」をクリックします。(成行の場合は価格を入力する必要はありません)

Bit Trade(ビットトレード)

Bit Trade(ビットトレード)は、FXやバイナリーオプション事業を展開していることで有名な「FXトレードフィナンシャル」が運営する仮想通貨取引所です。

Bit Trade(ビットトレード)では、保有コインは全てコールドウォレットで管理されており、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、ライトコインについては、マルチシグにも対応しています。

Bit Trade(ビットトレード)では、以下の6種類の通貨を取り扱っています。

Bit Trade(ビットトレード)が取り扱っている通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

Bit Trade(ビットトレード)の口座開設方法は以下の通りです。

口座開設方法
  • Bit Trade(ビットトレード)のホームページにアクセス
  • メールアドレス入力欄にメールアドレスを入力後、「会員登録」をクリック
  • Bit Trade(ビットトレード)から送付されたメールのパスワード・個人情報を登録
  • 本人確認書類をアップロード
  • 本人確認が終了すれば口座開設完了

Bit Trade(ビットトレード)でリップル(XRP)を購入する

画面左上の「b」アイコンをクリックし、トレード画面に移動します。

通貨ペアで「XRP/JPY」を選択します。

チャートと売買板を見ながら、注文画面で「指値」「成行」を選び、数量と価格を入力して「注文」をクリックします。(成行の場合は価格を入力する必要はありません)

 

※注意
Bit Trade(ビットトレード)では、取引する際に取引手数料(Maker:0.25%、Taker:0.45%)がかかります。

GMOコイン

GMOコインは、東証一部上場企業である「GMOインターネット株式会社」グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨販売所です。

仮想通貨FX取引が可能で、最大10倍のレバレッジをかけた信用取引を行うことができます。(対応通貨はビットコインのみ)

GMOコインでは、以下の5種類の通貨を取り扱っています。

GMOコインが取り扱っている通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

GMOコインの口座開設方法は以下の通りです。

口座開設方法
  • GMOコインのホームページにアクセス
  • サイト右上の「口座開設」をクリック、メールアドレスを入力後、「無料口座開設」をクリック
  • 本人情報を入力し、本人確認書類をアップロード
  • 約1~2営業日後に、GMOコインから「口座開設のお知らせ」が届く
  • 口座開設コードを入力すれば口座開設完了

GMOコインでリップル(XRP)を購入する

画面左上の「仮想通貨売買」をクリックし、「XRP」を選択します。

画面右側にリップル(XRP)の売却価格・購入価格が表示されます。

「金額指定」を選択し、金額指定欄に購入したい金額を入力すると、その時のレートに合わせて購入可能な数量が自動的に計算されます。

また、「数量指定」を選択し、数量指定欄に購入したい数量を入力すれば、購入にかかる金額が自動的に計算されます。

金額または数量が決定したら、購入にかかる金額が表示され、「購入」ボタンをクリックすれば購入完了です。(「購入」ボタンに金額が表示されるのは6秒間で、6秒を過ぎると新たなレートで再計算されます。)

 

※注意
GMOビットコインは「販売所形式」での販売となるため、購入時にはスプレッド(購入価格と売却価格の差=取引所に払う手数料)がかかります。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoinは、2018年1月11日からサービスを開始した新しい仮想通貨販売所です。

DMM.comが運営しており、現物取引の手数料がすべて無料で、国内の販売所で唯一アルトコインのレバレッジ取引ができます。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)では、以下の7種類の通貨を取り扱っています。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)が取り扱っている通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(NEM)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の口座開設方法は以下の通りです。

口座開設方法
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)のホームページにアクセス
  • サイト右上の「口座開設」をクリックし、メールアドレス欄にメールアドレスを入力後、「送信する」をクリック
  • 基本情報を入力し、本人確認書類をアップロード
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)から郵便物が送付され、郵便物に記載されている認証コードを入力すれば口座開設完了

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)でリップル(XRP)を購入する

画面左上の「メニュー」から「新規注文(レバレッジ)」を選択、またはプライスから「XRP/JPY」をクリックします。

注文タイプで「指値」または「ストリーミング」を選択し、数量を入力後「買 Ask」ボタンをクリックすれば、購入が完了します。

注文タイプは、「指値」「ストリーミング」「逆指値」「IFD」「OCO」「IFO」が選択できます。

 

※注意
DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)は「販売所形式」での販売となるため、購入時にはスプレッド(購入価格と売却価格の差=取引所に払う手数料)がかかります。

レバレッジ取引には、ロールオーバー時にレバレッジ手数料(建玉金額の0.04%/日)がかかります。

リップル(XRP)の買い方まとめ

リップル(XRP)は、以下の仮想通貨交換業者で購入できます。

リップル(XRP)を取り扱っている仮想通貨交換業者

bitbank(ビットバンク)とBit Trade(ビットトレード)は「取引所形式」での販売となります。

bitbank(ビットバンク)は手数料無料、Bit Trade(ビットトレード)は取引手数料(Maker:0.25%、Taker:0.45%)がかかります。

GMOコインとDMM Bitcoin(DMM ビットコイン)は「販売所形式」での販売となり、購入時にはスプレッド(購入価格と売却価格の差=取引所に払う手数料)がかかります。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)では、国内の販売所で唯一アルトコインのレバレッジ取引ができますが、ロールオーバー時にレバレッジ手数料(建玉金額の0.04%/日)がかかります。