やさしい仮想通貨の始め方を解説

リップルをかんたんに購入できる買い方をやさしく解説!安く買える取引所のおすすめランキングと購入手順とは

リップルを購入したいけど、

どこでどう買えばいいかわからない!

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、リップル(XRP)の購入方法をあなたの好みや投資スタイルに合わせてご紹介!

簡単さ」「安さ」「自由さ」という切り口で、リップルの購入方法を丁寧に解説。

あなたにぴったりなリップルの購入方法がきっと見つかるはずです。

後半では、

  • そもそもどうしてリップル(XRP)が注目されている仮想通貨なのか
  • どうやったら利益を出しやすいのか
  • 購入した後はどうしたらいいのか

といったポイントを現役投資家目線で解説。

この記事を読んで、最速でリップルトレーダーの階段を駆け上りましょう!

現役投資家が選ぶ!リップルのおすすめ購入方法・買い方!

リップル購入取引所

リップルは、取引所販売所から購入するのが一般的です。

また、海外取引所でリップルを購入することもできます。

どの方法にもメリット・デメリットがあります。

自分の好みや投資スタイルに応じてどこでリップルを購入するかを選ぶことが重要です。

タイトル
  • 簡単に購入したいなら販売所
  • 最安で購入したいなら取引所
  • 上級者を目指したいなら海外販売所

簡単に購入したいなら販売所

リップル購入販売所1

販売所運営会社からリップルを購入する形式です。

販売所のメリットは欲しい量のリップルがすぐに購入できるという点です。

操作も簡単なため、初心者やスマートフォンからリップルを購入したい方におすすめです。

デメリットは、取引所に比べて割高になるという点です。

販売価格に運営会社の取り分が上乗せされるからです。

販売価格と買取価格の差のことをスプレッドと呼びます。

スプレッドが小さいほどお得に購入できるということができ、販売所や取引所を選ぶ目安の一つになっています。

おすすめの販売所をチェックする

最安で購入したいなら取引所

リップル購入取引所1

取引所ユーザー間で仮想通貨を売買する形式のことです。

取引所のメリットはスプレッドが小さくお得に購入できるという点です。

余計な中間マージンを安く抑えて、確実に利益を出したい方におすすめです。

デメリットは、希望価格にならないと購入できないという点です。

また販売所に比べると機能が多いので、はじめのうちは複雑に感じるかもしれません。

おすすめの取引所をチェックする

上級者を目指したいなら海外販売所

リップル購入成長

海外で運営している海外取引所でリップルを購入することができます。

海外取引所のメリットは、とにかく自由度が高いという点です。

リップル以外の仮想通貨も豊富に扱っており、国内取引所に比べて口座の開設も簡単

レバレッジなどの高度な取引に特化した取引所もあり、最短で上級者を目指したい方におすすめです。

デメリットは、日本円でリップルを購入できない点です。

まず国内の取引所でビットコイン、イーサリアムなどを購入し、海外取引所に送金してようやくリップルを購入できます。

ビットコインやイーサリアムのように、取引のベースになる仮想通貨のことを「基軸通貨」と呼びます。

すでに基軸通貨を持っている方にとっては、特に問題にはならないでしょう。

おすすめの海外取引所をチェックする

リップルをお得に購入できる取引所ランキング

リップル購入お得

リップルを取引所で購入するときは、取引手数料取引量を重視して取引所を選ぶのがおすすめです。

取引手数料が安いほどお得なのはいうまでもありません。

また取引量が多いほどスピーディーに取引が完了(約定)し、スプレッドも小さくなります。

国内取引所の手数料比較

#取引所名アルトコイン手数料
1位bitbank.cc無料
2位QUOINEX無料
3位BITPoint無料
4位BitTrade0.25 – 0.45%

bitbank(ビットバンク)



bitbankの評価
取り扱い通貨
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
手数料
(4.5)
安心度
(4.5)

bitbankリップルの取引量が世界最大級の取引所です。

取引の流動性が高いので、取引をスムーズに進めることができます。

手数料無料となっており、リップル以外の仮想通貨も板取引が可能です。

取引画面もシンプルで無駄がなく、初心者から上級者まで使いやすい取引所として知られています。

リップルを購入する人全てに自信を持っておすすめできる、世界最安クラスの取引所です。

bitbank公式サイトはこちら

bitbankの登録はこちら

MEMO

板取引とは、購入と売却の希望価格が一覧になった表のことです。

これはユーザー間で取引をする取引所形式特有の表示です。

「ここって取引所なの?販売所なの?」と迷ったときの判断基準にしましょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEXの評価
取り扱い通貨
(3.5)
使いやすさ
(3.0)
手数料
(3.0)
安心度
(3.0)

QUOINEXは、アプリが使いやすいと評判の取引所です!

最近リリースされた「QUOINEXライト版」Google Play のファイナンス部門で1位を獲得するほどの人気ぶり。

外出先でもお得にリップルを購入したい、という方におすすめの取引所です。

QUOINEX は日本で唯一「QASH」を購入できる取引所としても有名。

リップル以外にも将来性の高い仮想通貨を購入したいという方は要チェックです。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)公式サイトはこちら

QUOINEX(コインエクスチェンジ)公式サイトはこちら

QUOINEXライト版

QUOINEXライト版
開発元:QUOINE Corporation
無料
posted withアプリーチ
MEMO

QUOINEX(コインエクスチェンジ)についての詳細はこちらの記事で、

QUOINEXサムネイルQUOINEX(コインエクスチェンジ)の評判,登録方法と使い方|取扱通貨が豊富で手数料の安い取引所

QASH(キャッシュ)についての詳細はこちらの記事で解説しています。

QASH-thumbnailQASH(キャッシュ)とは?今後の将来性と特徴をかんたん解説!2018年の予想と評判,購入方法まで

BITPoint(ビットポイント )

BITPointの評価
取り扱い通貨
(3.0)
使いやすさ
(3.5)
手数料
(3.5)
安心度
(4.0)

BITPointは、新規口座開設で3000円相当のビットコインがもらえるキャンペーンが人気の取引所です。

キャンペーンでもらったビットコインを使って、仮想通貨の取引に慣れていくことができます。

仮想通貨取引所としては珍しく手厚い電話サポートを行なっていることでも有名です。

困ったことがあっても些細な疑問もBITPoint(ビットポイント)なら直接電話で質問できます。

ビットコインのFX取引にも定評があり、「MT4」というツールにも対応しています。

リップルの購入にはレバレッジをかけられませんが、将来的にビットコインのFX取引をしてみたいという方にはおすすめです。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPoint(ビットポイント)の登録はこちら

リップルを簡単に購入できる販売所ランキング

リップル購入簡単

販売所のメリットはなんといっても手軽にリップルを購入できること。

その点を考慮すると、使い勝手を重視するのがおすすめです。

この点は、幅広いITサービスを提供している会社が強い傾向があります。

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの評価
取り扱い通貨
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
手数料
(3.5)
安心度
(5.0)

GMOコインもDMM同様、運営元が株式売買やFXで有名なIT企業「GMO」グループが運営しています。

GMOは東証一部に上場しており、金融商品を主力にしているためセキュリティや信頼性が高いとされています。

スマホのアプリの評判も良く、リップルを含めたアルトコインも最大10倍のレバレッジをかけて購入できます。

倍率を指定することができるのでFX初心者にも安心

仮想通貨初心者だけでなく、FX入門にもおすすめな販売所です。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinの評価
取り扱い通貨
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
手数料
(4.0)
安心度
(5.0)

DMM Bitcoinスマホアプリからの取引が非常に快適な仮想通貨販売所です。

株や証券、FXなどの金融系サービスを提供しているDMMグループが運営しているため、使いやすさや信頼性は折り紙つき。

通常の現物取引に加え、5倍のレバレッジをかけたFX取引にも対応しています

スマホ一つで現物取引とFX取引を両方したい方には、DMM Bitcoinがオススメです。

しかも今なら最大5000円がもらえるキャッシュバックキャンペーンを実施中!

口座開設で1000円、その後の取引に応じて合計最大5000円をもらえます。

リップルを購入して最大5000円が手に入るお得なチャンス、活用してみてはいかがでしょうか。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

VC TRADE(VCトレード)

VCTRADEの評価
取り扱い通貨
(2.0)
使いやすさ
(3.0)
手数料
(4.0)
安心度
(4.5)

最後にご紹介するVC TRADEは、今後の動向に期待が集まっている販売所です。

その理由は、大手証券会社のSBIホールディングスの子会社、SBIバーチャル・カレンシーズが運営しているから。

SBIはリップルの運営団体に出資しており、VC TRADEでもリップルの決済基盤を活用すると発表しています。

リップルを有利に購入できる施策を実施していくのではないかとみられています。

大手証券会社のSBIが親会社ということで、セキュリティへの信頼感も抜群

警備サービスで有名なセコムの子会社、セコムトラストシステムズ株式会社と連携して顧客の資産を管理しています。

2018年7月17日に新規登録を開始したばかりのため、まだあまり具体的な評判が上がっていません。

今後の動向に注目したい販売所です。

→ VC TRADE(VCトレード)公式サイトはこちら

VC TRADE(VCトレード)の公式サイトはこちら

 

VC TRADEは入金用に、住信SBIネット銀行に、取引する本人名義の銀行口座開設をする必要があります

他の取引所を使うときにも、住信SBIネット銀行があるととても便利。

手数料や時間を大幅に節約できます。

まだ開設していないという方は、この機会に開設しておきましょう。

→ 住信SBIネット銀行公式サイトはこちら

住信SBIネット銀行の口座開設はこちら

ビットコインでリップルを購入するなら!海外取引所ランキング

リップル購入海外

すでにビットコインを持っているという方には、海外取引所もおすすすめです。

国内取引所は日本の法律に準じるため、どうしても自由度が制限されてしまいます。

海外取引所であれば、国内取引所に比べて豊富な仮想通貨を取引できます

またレバレッジ取引や取引所が発行しているトークンの取引など、利益を上げる選択肢が豊富

ほとんどの取引所が日本語表示に対応していないため、初めのうちは戸惑うかもしれません。

しかし、仮想通貨上級者を目指すならできるだけ早めに挑戦しておくことをおすすめします

Binance(バイナンス)

IOTA(イーオス)買い方バイナンス

Binanceの評価
取り扱い通貨
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
手数料
(5.0)
安心度
(4.0)

Binance は過去に何度も取引量世界一になっている取引所です。

142種類(2018年7月11日 現在)もの仮想通貨を取り扱っており、国内取引所に比べると圧倒的です。

リップルのような人気の仮想通貨はもちろん、「草コイン」と呼ばれる知名度の低い仮想通貨も多く取り扱っています。

手数料0.1%と格安な上に、Binance が独自に発行している仮想通貨「BNBトークン」を使えばさらに半額になります。

BNBトークンは取引所トークンのパイオニアであり、今では取引量ランキング上位に食い込む人気通過です。

チャートの機能性、運営の真摯な対応など、Binanceの魅力を挙げたらきりがありません。

リップルだけでなく、幅広い仮想通貨を購入していきたいという方におすすめしたい海外取引所です。

Binance(バイナンス)の公式サイトはこちら

Binance(バイナンス)に登録する

Huobi(フオビ)

IOTA取引所huobi

Huobi(フオビ) の評価
取り扱い通貨
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
手数料
(4.0)
安心度
(5.0)

Huobi も世界最大規模の仮想通貨取引所です。

先ほどご紹介した VC TRADE を運営しているSBIホールディングスと業務提携をしていた過去もあります。

2018年まで日本語に対応していた(*現在は非対応です)こともあって、日本での人気が高い取引所です。

取引画面の機能がやや少ない印象がありますが、その分シンプルで使いやすく仕上がっています。

初めて使う海外取引所としてオススメな取引所です!

Binance(バイナンス)同様、Huobi(フオビ)もHTトークンという独自トークンを発行しています。

BNBに比べるとまだ価格が安いため、今後の値上がりが期待されているのです

リップルの購入以外にも十分活躍してくれる取引所です。

Huobi(フオビ)の公式サイトはこちら

Huobi(フオビ)に登録する

BitMEX(ビットメックス)

海外取引所BitMEX

「BitMEX」のゼロはじ評価
取り扱い通貨
(3.0)
使いやすさ
(3.0)
手数料
(5.0)
安心度
(4.5)

BitMEXは、リップルに20倍レバレッジをかけられる海外取引所です。

最大倍率は仮想通貨によって違い、ビットコインではなんと100倍までレバレッジを効かせることができます。

レバレッジと聞くと、借金をしてしまうイメージがある方も多いかもしれません。

しかし、BitMEXのレバレッジは借金(追証)を負うリスクが全くないんです。

国内の取引所・販売所でレバレッジ取引をするよりむしろ安全かもしれません。

手数料もトップクラスに安く、口座開設もおよそ2分で完了するお手頃さ。

仮想通貨の数は6種類と海外取引所の中では少なめですが、欠点を補って余りある魅力を持つ取引所です。

仮想通貨取引上級者の口座開設が殺到しています。

BitMEX(ビットメックス)の公式サイトはこちら

BitMEX(ビットメックス)に登録する

リップルを最安で購入できる買い方とは

リップル購入最安

ここからはリップルを購入する手順を確認していきましょう。

この章では、とにかく安くリップルを購入することを考えた手順をご紹介します。

先ほどの章で出てきた通り、リップルをお得に購入するために国内取引所「bitbank」を例に解説していきます。

利用者登録

  • STEP.1
    ビットバンク公式サイトを開く

    こちらのボタンからビットバンク公式サイトにアクセスします。

    ビットバンクの登録はこちら

  • STEP.2
    メールアドレスを登録して口座開設申し込み

    白地の欄にメールアドレスを入力し、間違いがなければ「無料口座開設」をクリックします。

  • STEP.3
    メールの認証

    登録したメールアドレスにbitbankからのメールが来ているか確認します。

    【bitbank.cc】新規口座開設を申し込み頂きありがとうございます」という件名のメールが届いていれば問題ありません。

    赤枠のURLをクリックし、認証をか完了させましょう。

  • STEP.4
    パスワードを設定

    パスワードの設定画面が表示されます。

    パスワード欄、再入力欄をうめ、規約への同意にチェックをつけましょう。

    確認の上「登録」ボタンを押せば、口座開設の申し込みは完了です。

  • 個人情報の登録&本人確認

  • STEP.1
    基本情報の登録

    登録完了後、名前や住所などの個人情報の登録画面へと続きます。

    本人確認をしないと入金やトレードは一切できないので、ならず済ませておきましょう。

     

    MEMO

    ここで入力する個人情報は後ほど提出する本人確認書類と一致する必要があります。

    後々変更するのは面倒ですので、事前にしっかり確認するのがおすすめです。

  • STEP.2
    内容を確認して登録
    表示される内容をよく確認し、間違いなければ「登録」をクリック。

     

    本人確認書類のアップロードに進む」のボタンで次に進みます。

  • STEP.4
    本人確認書類のアップロード

    本人確認書類として「運転免許証」「パスポート」「住民基本台帳カード」「在留カード」が有効です。

    アップロードする本人確認書類の種類を選択しましょう。

    画像にカーソルを持って行くと上の写真のように「+」のマークが出てきます。

    ここをクリックすればファイルを選択するウィンドウが表示されます。

  • STEP.5
    本人確認手続き完了。ハガキの到着を待つ

    入力情報と本人確認書類のデータを照合し、1営業日ほどで登録住所宛にハガキが届きます。

    ハガキを受け取った時点で確認処理が完了します。

    受け取ったことはビットバンク側に自動で通知され、1営業日程度で入金や取引が可能になります。

二段階認証の設定

リップル購入セキュリティ

口座が開設できたら、入金をする前にまず二段階認証の設定をしましょう。

ビットバンクはセキュリティの高さで有名な取引所です。

私たちが基本的なセキュリティ対策をすることで、長所を引き出すことができます。

ビットバンクでは「二段階認証の設定」と「SMS認証」の2つのセキュリティ設定を用意しています。

アプリを使って簡単に設定できる二段階認証の方が人気があります。

設定には事前に認証用のスマホアプリが必要です。

アプリにもいくつか種類がありますが、「Google Authenticator」が主流です。

iPhone、Androidとも無料ですので、先にダウンロードしておきましょう。

Google Authenticator

Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ
  • STEP.1
    セキュリティ設定を開く

    右上の人型のアイコンからメニューを開きます。

    メニューから「セキュリティ」をクリック。

  • STEP.2
    二段階認証の設定を開く

    二段階認証の「設定」へ進みます。

  • STEP.3
    QRコードをスキャンする

    QRコードが表示されるので、Google Authenticatorアプリの「+」ボタンをタップしてスキャンします。

    バーコードをスキャン」をタップします。

  • STEP.4
    認証コードを入力する

    アプリ上に表示される認証コードをビットバンク側に入力し、「設定」をクリックすれば完了です。

日本円の入金方法

入金の操作に移りましょう。

仮想通貨を入金する方法もありますが、ここでは日本円の入金方法をご紹介します。

  • STEP.1
    入金画面を開く

    アカウントメニューから「入金」を開きます。

    日本円(JPY)の右側にある「入金」をクリックして次に進みます。

  • STEP.2
    振込先口座情報を確認

    ビットバンクの振込先銀行口座が表示されます。

    最寄りの金融機関からこの口座に振り込みましょう。

    注意

    振込依頼人の欄に「アカウントID+名前(カナ)」を必ず入力するようにしましょう。

    入力を忘れてしまうとサポートに問い合わせて手動での処理になります。

    入金の反映まで非常に時間がかかりますので用心しましょう。

ビットバンクは銀行振込のみ対応しています。

コンビニやペイジーなどのクイック入金サービスに対応していません。

土日祝など金融機関の営業時間外に振り込むと、翌営業日まで反映されません。

しかし、住信SBI銀行からであれば24時間365日振り込み可能。

しかもほぼリアルタイム(数分~数時間程度)で反映されます。

振込手数料無料も無料で、ほとんどの国内取引所でも同様です。

仮想通貨を始めるなら、住信SBI銀行もセットで口座開設をおすすめします。

住信SBI銀行の口座開設はこちら

リップルを購入する

いよいよ注文です。

実際の注文手順に進む前に、画面表示を確認しておきましょう。

ビットバンクの取引画面はシンプルで使いやすく設計されています。

  1. 通貨ペア
    現在の通貨ペアが表示されています。
    ここから取引通貨のペアを切り替えることができます。
  2. 相場概況
    現在の価格、変動、出来高などの概況が表示されています。
  3. チャート
    チャートには世界中の多くの取引所で採用されている「TradingView」を採用しています。
    国内の取引所では最多となる13種類ものテクニカル指標を表示することができます。
    一目均衡表、ボリンジャーバンドなど取引をより高度に分析できる100以上の指標を使用できます。
  4. 売り板・買い板
    ユーザーの売り注文・買い注文はがめまぐるしく入っています。
    板の価格や数量をクリックすれば、注文パネルに反映させることもできます。
  5. 注文
    買いや売りの注文はこちらから出します。
  6. 資産状況
    ビットバンクの口座内の日本円やビットコインなどの保有状況が表示されています。
  7. 注文一覧・取引履歴
    これまでの自分の注文一覧や取引履歴が表示されています。

注文の流れは以下の通りです。

タイトル
  • 通貨ペアの選択
  • 購入」「売却」の選択
  • 注文形式(「指値」「成行」)の選択
  • 購入内容の入力

通貨ペアの選択

リップル購入bitbank

画面左上の通貨ペアが表示されている所をクリックすることで、通貨ペア一覧が表示されます。

リップルを購入する場合は、「XRP/JPY」をクリックしましょう。

購入方法の選択

実際にリップルを購入していきましょう。

売却する時も基本的に同じ流れです。

画面右上に表示されている注文パネルから操作します。

リップル購入1

 

上の写真のように「買い」と「売り」のボタンから購入するか売却するかを切り替えます。

注文の方式の選択

注文の種類は「指値」と「成行」のみです。

bitFlyerライトニングのようにストップ注文やトレーリング、IFDなど様々な注文方法は使えません。

「指値」と「成行」

指値注文」は取引する価格を指定する注文方法です。

自分の購入したい(売りたい)価格で取引することができます。

その反面、相場価格が指定した価格になるまでは注文が完了しません。

 

成行注文」は価格を指定せず現在の価格で注文する方法です。

とにかく今すぐに購入したい(売りたい)ときに使います。

比較的すぐに注文が確定する半面、一度成立してしまった注文をキャンセルするのは大変です。

取引の際は注意しましょう。

仮想通貨取引で効率的に利益を出すためには、希望価格を設定できる指値注文をマスターするのがおすすめです。

暴騰・暴落のような緊急事態以外を除き、上級者は基本的に指値注文で取引します。

トレード自体の経験が少ない初めのうちは成行で慣れて、なるべく早く指値注文に挑戦してみましょう!

お得に購入できる!指値注文!

リップル購入指値2

価格」の欄に購入したい価格(いくらで購入したいか)を入力します。

数量」の欄に購入したい数量(どれだけ購入したいか)を入力します。

注文」ボタンをクリックすると内容の確認が表示されます。

間違いないことを確認し、「実行」をクリックすれば注文がかかります。

指値注文」の場合はまだ注文が確定していません。

市場が指定した価格になって初めて注文が成立します。

注文が通ることを「約定(約定)」といい、約定するまでは画面下部の「注文一覧」に「未約定の注文」として表示されます。

約定する前なら赤いボタンで注文をキャンセルすることができます

初心者向けの購入方法!成行注文

成行注文のメリットは確実に指定した量を購入できることです。

指値注文に比べて早く取引が終了します。

その反面、価格を指定することができないので想定より価格が上振れてしまうかもしれません。

早めに指値注文に移行できるよう、成行注文でしっかりと感覚を掴みましょう。

リップル購入成行

成行注文」では購入したい数量のみ入力して「注文」ボタンをクリックします。

注文内容の確認」が表示されるので「実行」をクリックすれば注文完了と同時に取引も成立します。

成行注文の場合キャンセルをするには問い合わせを行う必要があり手間がかかります。

より慎重に操作しましょう。

資産状況に合わせて注文できる!

「口座にある日本円の半分だけリップルを購入したい」という時に便利な機能があります。

購入金額欄の近くにあるスライダーを動かすと、口座にある資産状況に応じて注文数量を自動的に調整してくれます。リップル購入資産状況

口座に1万円ある場合、50%にすれば5000円分、100%にすれば全額をリップルの購入に使うことができます。

この方法は「指値」「成行」問わずに使用できるので、ぜひ試してみてください。

リップルを簡単に購入する買い方とは

リップル購入リラックス

リップルを簡単に購入するのであれば、販売所を使うのがおすすめです。

金額は割高になりますが、外出先でもリップルを購入したいという方や仮想通貨初心者にとっては便利です。

この章では、とにかく簡単にリップルを購入することを考えた手順をご紹介します。

先ほどの章で出てきた通り、スマホから簡単にリップルを購入できる販売所「GMOコイン」を例に解説していきます。

口座開設から注文までの流れ
  1. 利用者登録
  2. 個人情報の入力&本人確認
  3. 二段階認証の設定
  4. 日本円の入金
  5. スマホアプリへのログイン
  6. リップルを購入する

①から④までの操作は基本的にビットバンクなどの取引所と同様なので割愛します。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

gmo-coin-thumbGMOコインの評判って実際どう?辛口過ぎる口コミ・メリット・デメリットを徹底調査!

④までの登録が済んでいない方は、下のボタンからGMOコインの口座を開設しましょう。

GMOコインの登録はこちら

スマホアプリからリップルを購入する

GMOコインのアプリは用途に合わせて2つ用意されています。

スマホさえあればパソコンはいらないと言っても過言ではありません。

GMOコイン 仮想通貨ウォレット
仮想通貨FXを除くほとんどの機能を盛り込んだアプリです。仮想通貨現物売買、入出金(日本円・仮想通貨)だけでなく、各種設定、登録内容の変更などもカバーしています。口座を開設していなくても、アプリから口座開設が可能です。

ビットレ君
仮想通貨FX取引のためのアプリです。スピード注文や様々な描画・テクニカル分析ができるチャート機能などが揃っています。仮想通貨FXのための機能が盛りだくさんです。

スマホアプリはこちらのリンクから無料でダウンロードできます。

GMOコイン 仮想通貨ウォレット

GMOコイン 仮想通貨ウォレット
開発元:GMO Coin, Inc.
無料
posted withアプリーチ

スマホアプリへのログインとリップルの購入

GMOコインに登録しているメールアドレスとパスワードを入力し、各種利用規約に同意しましょう。

ログインが完了すると、口座の資産状況が表示されます。

 

 

少し下にスクロールすると、取引できる仮想通貨通貨の一覧が表示されます。

リップル購入gmo1

XRP」をクリックして取引画面に入りましょう。

リップル購入gmo2

仮想通貨現物売買の画面はシンプルで分かりやすいデザインとなっています。

金額を決めて購入するか、数量を決めて購入するかを選択し、指定内容を入力します。

購入」ボタンをクリックし、表示される内容に問題がなければこれで操作終了です。

その他の操作

画面左上にある「」のボタンをタップとメニューが開きます。

仮想通貨FXをタップすると専用アプリ「ビットレ君」が立ち上がります。

レバレッジに興味のある方は「ビットレ君」も併せてダウンロードしてみましょう。

クレジットカードでも購入できる?

結論からいうと、リップルをクレジットカードから購入することはできません

以前はコインチェックがクレジットカードを使ったリップルの販売を行なっていましたが、NEMの流出騒動以降機能を停止しています。

ZaifやbitFlyer(ビットフライヤー)も仮想通貨のクレジットカード販売を提供していましたが、現在ではやはり一時中止。

安全性を配慮しての措置だと考えられます。

コインチェックはマネックスグループに買収され、セキュリティ体制を含めた運営体制の強化を行なっています。

クレジットカードでリップルを購入できるようになる日はそう遠くないかもしれません。

リップルを最速で購入できる買い方とは

リップル購入最速

すでにビットコインやイーサリアムを持っている方は、海外取引所に送金してリップルを購入するのがもっともスピーディーな方法です。

海外取引所は本人確認資料を提出しなくても取引できるところがほとんど。

国内取引所に比べて開設から取引開始までにかかる時間を短縮できるのです。

この章では、とにかく早くリップルを購入することを考えた手順をご紹介します。

ここでは海外取引所の中でも圧倒的な人気を誇る海外取引所「Binance」を例に解説していきます。

口座開設から注文までの流れ
  1. 利用者登録
  2. 基本情報の登録
  3. 二段階認証の設定
  4. ビットコインの入金
  5. リップルの購入

①から④までの操作は基本的にビットバンクなどの取引所と同様なので割愛します。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

gmo-coin-thumbGMOコインの評判って実際どう?辛口過ぎる口コミ・メリット・デメリットを徹底調査!

④までの登録が済んでいない方は、下のボタンからGMOコインの口座を開設しましょう。

Binance(バイナンス)で口座開設

下のリンクから口座開設が可能です。

Binance(バイナンス)に登録する

開設の手順はこれまでとほとんど変わりません。

本人確認書類の提出が不要なので、5分程度で取引できる状態になります。

日本語表記に変更可能!

Binanceは簡易的な日本語表記に対応しています。

画面右上にあるGoogle翻訳のボタンをクリックし、日本語を選びましょう。

完璧な翻訳ではありませんが、操作がぐっと楽になるはずです。

二段階認証の設定

口座開設が完了したら、他の取引所と同じく二段階認証を設定しましょう。

右上の人のアイコンからユーザーセンターをクリックして、右下から設定できます。

バイナンス 登録

国内取引所からBinanceにBTCを送金

画面右上のメニューの「ファンド(Fands)」から「残高(Balances)」を開きましょう。

各仮想通貨の右側にある「入金(Deposit)」をクリックすれば、入金画面に入れます。

リップル購入Binance入金

Binanceのビットコインアドレスが表示されます。

コピーもしくはQRコードを読み込んで、ビットコインやイーサリアムなどの基軸通貨を送金しましょう。

リップル購入Binanceアドレス

もちろん、リップルなどのアルトコインも送金することができます。

あらかじめ国内取引所で購入したリップルを海外取引所で使いたいという場合も心配ありません。

MEMO

取引所から他の取引所に送金する操作についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ビットコインの送金(出金)方法と手数料|海外送金の場合も同様に

リップルの購入

取引は左上の「交換(Exchange)」から。

リップル購入Binanceトレード

ベーシック(Basic)」と「アドバンス(Advance)の2種類があります。

ベーシック(Basic)

ベーシック(Basic)」の取引画面はこちらです。

バイナンス 使い方

右上の「BTC」「ETH」とか書かれたボタンで銘柄を選択できます。

真ん中の四角で囲った部分で、手数料をどの通貨で払うか選択できます。

BNBで支払う設定にすれば、手数料が半額になります

基軸通貨を入金したら、リップルを購入するより先に手数料分のBNBを少しだけ買っておくのがおすすめです。

アドバンス(Advance)

こちらは「アドバンス(Advance)」の画面。

様々なツールが表示されている、上級者向けの画面になっています

バイナンス 使い方

たくさんのインジケーターを活用して、効率的に利益を出していきたいという方はこちらを使ってみるのがおすすめです。

そもそもリップルってどんな仮想通貨?

リップル購入そもそも

実際に購入するかどうかは、リップルの将来性次第ですよね。

なんのために開発された、どんな特徴のある仮想通貨なのか?

今どんな状況なのか?

という点について確認していきましょう。

リップルの単位はXRP

リップルは2018年7月現在で時価総額3位の仮想通貨で、単位はXRPです。

日本円を「」、アメリカドルを「」と表記するように、リップルも1XRPなどとカウントします。

現在のXRPの価格は以下の通りです。

リップルは1単位の価格が比較的安い仮想通貨です。

いままで400円を以上の値をつけたことはありませんが、最終的には500円以上になるという声もあります。

イーサリアムと並んで時価総額第1位になる可能性がある通貨ともいわれています。

リップルの最小単位!いくらから購入できる?

リップルをはじめとした仮想通貨は小さな単位で購入できます

bitbankの場合は最小0.0001XRPから注文することができます。

2018年7月現在のレートに直すと0.005円から注文できるということです。

注文できる最小単位取引所・販売所によって違います。

DMM Bitcoinは1XRPから、GMOコインは30XRPからとなっており、販売所の方が大きめになる傾向があります。

リップルは送金に特化した仮想通貨

リップルは「手数料を抑え、なおかつスピーディな送金を実現する」ために開発された仮想通貨です。

リップルの送金にかかる取引時間はおよそ4秒で、手数料はほとんどかかりません

ビットコインですら取引承認には10分かかりることからも、リップルがいかに優れているかがわかります。

リップルの速さの秘訣

リップルは取引の承認にPoC(Proof of Consensus)仕組みを採用しています。

ビットコインなどが取り入れているPoW(Proof of Work)はマイニンングが必要な上、大量の電力を消費します。

対してリップルでは、信頼性の高い金融機関が取引検証を行うため、取引の承認速度を高速化しているのです。

MEMO

こちらの動画ではリップルの承認方式についてわかりやすく解説されています。

2017年に価格が200倍以上に

リップルは2017年の1年間で市場価値が200倍以上に成長しました。

Apple、google、Microsoftといった超大企業の出資を受けており、世界中の金融機関と連携を進めているリップル。

ひそかな人気銘柄でしたが、2017年の後半に仮想通貨自体の認知度が高まったことで一気に注目を集めました。

12月には世界最大級の取引所「Binance」への上場を果たし、リップルとして過去最高額を叩き出すことになります。

2018年には実用化が始まる?

リップルは2018年に実用化が一気に加速する予定になっています。

三菱東京UFJ銀行はアメリカの主要6銀行と手を組み、リップルを利用した次世代型送金システムを開発中です。

また年中無休の利用可能な高速送金サービスの開発を進めており、2018年内にローンチするとしています。

その前段階として、2018年5月にはリップルを使った海外送金実験が実施されました。

「タイのアユタユ銀行(MUFGの子会社)の口座」から「スタンダード・チャータード(英金融大手)の口座」への送金をわずか数秒で成功させました。

さらにSBIとJALが共同で「24時間リアルタイムでの送金可能なインフラ」の構築を進めています。

SBIはすでにリップルに対し11%もの大規模な出資を行っています。

SBIが運営する「VC TRADE」も始動し、今後ますます積極的にリップルの普及に取り組んでいくと見られています。

リップルを購入したらどんなメリットがある?

リップル購入メリット

リップルはどうしてこれほどたくさんの企業の期待を集めているのでしょうか。

購入することでどんなメリットや将来性があるのか、という点を考えていきましょう。

価格が高騰して利益が出るかも!

リップルはビットコインを抜いて世界一になる可能性がある仮想通貨

もし今後ビットコインを抜いて流通量世界一になれば、そのときは価格が急騰することが予想されます。

やや価格が下がっている今の時期に購入しておけば、将来的に大きな利益をあげられる可能性は高いでしょう。

2018年7月現在の価格は50円程度。

仮に500円まで上昇するとすれば、資金が10倍になるのです。

1万円分買っていたら10万円、10万円分買っていたら100万円、、なんて考え出したらキリがありません。

海外への送金がお得になる!

先に紹介した通り、リップルは送金を効率化するために開発された仮想通貨です。

法定通貨を海外へ送金するのには1000円程度の手数料と最短2日、最長1週間もの時間がかかります。

リップル間の送金であれば世界の裏側にも数秒で、ごくわずかな手数料でお金を届けることができます。

少額の募金やオンライン決済などがもっと気軽になり、支払いの国境がなくなるのです。

リップルを購入するタイミングはいつ?

いつどのタイミングでリップルを購入すれば利益をあげやすいのでしょうか。

現役トレーダーが現在の相場を分析し、目印にしている買いシグナルをご紹介します。

リップルの価格、チャート(相場)

ご覧の通り、2018年に入ってからのリップルの相場は停滞しています。

アメックスやUFJとの提携などポジティブな話題もありましたが、ズルズルと価格を下げてきています。

リップルの価格が伸びないのにはざっくりいうと以下のような原因があると考えられます。

リップル停滞の原因
  • ビットコインの価格に連動しているから
  • 期待値が大きすぎたから

仮想通貨市場全体が2017年末にピークを迎え、2018年に停滞しています。

基軸通貨であるビットコイン、ひいては仮想通貨全体の影響を受けていることは否定できません。

さらに、先ほどご紹介したように世界の大手企業と連携していることから期待値が過剰に大きくなってしまいました。

本格的な実用化が始まってもいない状況にもかかわらず高騰してしまったため、適正価格になるように調整された結果が現在の価格です。

リップルのポテンシャルに疑いようはなく、今後さらに価格が上がって行く可能性が高いでしょう。

価格が上がっていくときの代表的な前兆をいくつかご紹介します。

必ずというわけではありませんが、この点を意識してチャートを見ておくことをおすすめします。

リップルを購入するタイミングを掴みやすくなるはずです。

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスは、投資における代表的な買いシグナルの一つです。

短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上に抜けていく状態のことです。

リップル購入ゴールデンクロス

移動平均は、一定期間の終値平均値を結んでグラフ化したものです。

短期、長期の移動平均線は一目均衡表という伝統的なインジケーターで表示させることができます。

リップル購入一目均衡表

一目均衡表の表示方法

ほとんどの取引所が対応しているので、過去のリップルのチャートに現れたゴールデンクロスをチェックして見てください。

現在のチャートがその時に似た軌道を描いた時は、価格が上昇する可能性の高い合図

つまりリップル購入に適したタイミングです。

サポートラインに触れた時

サポートライン(支持線)とは「だいたい価格が下がってもこの辺りまでだろう」と予測ができる水準のことです。

逆に「これ以上は上がらなそうだな」という水準のことをレジスタンスライン(抵抗線)と呼びます。

過去の値動きから最低価格をつけた日を線でつなげばサポートラインのできあがりです。

リップル購入サポートライン

サポートラインは多くのトレーダーが意識しています。

そのため価格が下がっていきサポートラインに触れると、その後はまた上昇を始める可能性が高いのです。

出来高も要チェック!

出来高取引された仮想通貨の数です。

出来高が多ければ多いほど、取引が盛り上がっていると判断できます。

リップル購入出来高

「サポートラインに触れそうだけど、出来高が少ないから反発が期待できないかも」

「出来高が急に伸びているから、レジスタンスラインを突破するかも」

といった判断材料になります

リリースがあった時

ここまでご紹介したように、指標を使って相場の流れを読む手法テクニカル分析といいます。

対して、リップル社や仮想通貨市場全体の動向、情勢から投資判断する手法ファンダメンタル分析といいます。

新たな企業連携や実用化といったポジティブな話題が出ればリップルの価格も上がります。

そうした情報が滞っていれば、期待感が薄れて価格が下がっていきます。

価格上昇につながりそうなリップル関連の情報を入手したとき、まだ市場が反応していないようであれば買いのタイミングといえるでしょう。

仮想通貨についての最新情報にアンテナを張っておくのがおすすめです。

リップル購入後におすすめのウォレットは?

リップル購入Wallet

リップルを購入したあとは、取引所のウォレットから外部のウォレットに移すのがおすすめです。

ウォレットは、その名の通り仮想通貨を保管しておくためのお財布

取引所はたくさんのユーザーの資産を管理している都合上、ハッカーの標的にされるリスクがあります。

各取引所もセキュリティを強化してはいますが、個人で資産を管理したほうが安全です。

ウォレットにも色々なタイプがあります。

中でも専用端末で仮想通貨を管理するハードウェアウォレットがもっとも人気です。

仮想通貨取引所の流出事件などにより、堅牢性の高いハードウェアウォレットの注目度が急上昇しています。

MEMO

ウォレットについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ethereum-walletイーサリアムのウォレット徹底比較!オススメ6選

リップル対応!人気の Ledger Nano S

Ledger Nano Sデザイン性と携帯性に優れたハードウォレットです。

リップルをはじめとして、対応しているアルトコインが多いことで人気です。

価格は1万円程度です。

少々根が張りますが、安全にはかえられません。

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」公式サイトはこちら

「Ledger Nano S」を購入する

リップルに似ている仮想通貨ってあるの?

QASH保管

リップルに興味を持ったあなたにおすすめの仮想通貨をいくつかご紹介します。

リップルと合わせて購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Stellar(ステラ/XLM)

ステラはリップルをベースに開発されている仮想通貨で、国際送金や決済の高さが特徴です。

法人向けに開発されているリップルに対し、ステラは個人利用に最適化されています。

ステラについての詳細や購入方法(買い方)はこちらの記事で解説しています。

stellar-thumbnail【仮想通貨】ステラ(Stellar)とは?取引所・買い方・将来性を完全解説!

EOS(イオス/EOS)

将来的な企業の業務サポートを目的とする分散型プラットフォームです。

処理速度が早くトランザクションの手数料がかからないという、リップルと似た特徴を持っています。

イーサリアムの上位互換と表現されることもあります。

EOSについての詳細や購入方法(買い方)はこちらの記事で解説しています。

eos-howtobuy【仮想通貨】EOS(イオス)とは?買い方、取引所、将来性を完全解説!

NEM(ネム/XEM)

NEMは、ブロックチェーンを活用して新しい経済圏(プラットフォーム)を創ろうとするプロジェクトです。

リップルのように承認速度が早く、初心者でも簡単にブロックチェーンの運営に参加して報酬を獲得しやすいのが特徴です。

NEMについての詳細や購入方法(買い方)はこちらの記事で解説しています。

nemthumbnail仮想通貨NEM(ネム/XEM)とは?絶対わかる完全解説!

リップルの購入方法・買い方まとめ!

リップル購入まとめ

いかがだったでしょうか。

リップルの具体的な購入方法から、購入するときのポイント、購入後の保管方法までまるっとご紹介しました。

早速あなたもリップルトレーダーの仲間入り!

今回ご紹介した購入のシグナルはほんの一部ですので、色々な指標を参考に自分だけのトレードを確立してみてくださいね

リップルの購入方法
  • 取引所、販売所、海外取引所に口座を開設
  • シグナルを見極めて購入タイミングを決定
  • リップル対応のハードウェアウォレットで保管