やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨FXといえばここ!間違いない国内取引所おすすめ3選

fx-ranking-thumbnail

2017年より仮想通貨に関する情報がニュースやメディアで取り上げられるようになり、日本でも多くの人たちが仮想通貨に関心を向けていますね!

仮想通貨FXを始めたい!

でもどうしたらいいのか分からない!

とお悩みの方はいらっしゃいますか?

仮想通貨FXを始めるにあたり、まず最初に決めなくてはならないのが「取引所」です。

国内外合わせると10社以上もある仮想通貨FX取引所。

どの取引所を選んだらいいのか悩みますよね。

そこで、今回は仮想通貨FXに適しているオススメの国内取引所を3つ紹介いたします。

この記事を読めば、仮想通貨FXに合った国内取引所を完全に理解することができます!

この記事のポイント
  • 仮想通貨FXの基本情報
  • 仮想通貨FXに最適な国内取引所
  • 仮想通貨FXに合った国内取引所の見つけ方

仮想通貨FXとはいったい何?

仮想通貨FX ビットコイン

仮想通貨FXとは、ビットコインを証拠金にレバレッジをかけて、証拠金の数倍もある資金を取引に使うことができるレバレッジ(証拠金)取引を意味します。

実際に仮想通貨売買を行なって取引をするのではなく、売買したと仮定したうえで取引を行い、最終的な差額を動かすのが仮想通貨FXの仕組みとなっています。

つまり、通常は現物取引では日本円を取引所口座へ入金し、

その金額分の取引を行いますが、仮想通貨FXでは、実際に日本円を入金したり仮想通貨を購入したりせず、売却時の差額のみが取引口座に振り込まれるのです。

これを「差金取引」と言います。

仮想通貨FXは始めるのは簡単ですが、利益を出すのは難しく、リスクも伴います。

仮想通貨FXを始める前に仮想通貨FXのメリットやデメリットをきちんと理解しておくとよいでしょう。

MEMO

ビットコインは、信頼できる政府や銀行などの発行元が存在しなくても成立する「デジタル通貨」として開発され、決済や送金などに使用されています。

ビットコインはブロックチェーン技術が発明されるきっかけとなった通貨であり、決済や送金といった経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨です。

仮想通貨FXのメリット

仮想通貨FX メリット

  • 売り注文ができる
  • 少額の資金で取引を始めることが可能

一般的な現物取引においては「仮想通貨を安く買って高く売る」という買い注文が基本です。

仮想通貨の相場が下落すれば必ず損をすることになります。

しかし、仮想通貨FXでは「高く売ってから安く買う」という売り注文ができるため、相場が下落した際でも利益を得ることができるのです!

「持っていない仮想通貨をどうやって売るの?」

と思いますよね!

これが仮想通貨FXの仮定取引によって実現できる仕組みなのです。

実際に保有していなくても、「保有している」と仮定することで売り注文が成立し、売却した際の差額が利益として口座に振り込まれます。

これは仮想通貨FXの大きなメリットだとも言えますね。

また、仮想通貨取引ではレバレッジ機能を使うことができます

レバレッジとは、証拠金を預けることで預けた金額の2倍から数十倍の取引を行える機能です。

わずかな値動きしかない場合でも、このレバレッジを有効活用すれば利益を出すことが可能になります。

MEMO

*売り注文・買い注文=どれだけビットコインを買うのか、または売るのかの注文を入れること

*レバレッジ=買い値(ASK)と売り値(BID)の差のこと

スプレッドが狭い方が利益が出ますので、スプレッドが狭い業者を利用した方が良いと言われていますが、実際のところ現状はどこの仮想通貨の取引所もそんなに変わりません。

また、仮想通貨市場は24時間365日開いています。

土日など時間がある時やあなたのライフスタイルに合わせて取引できるのも大きなメリットと言えるでしょう。

仮想通貨FXのデメリット

仮想通貨FX デメリット

  • 価格変動がとても激しい
  • 追証(おいしょう)やロスカットがある

仮想通貨は以前に比べたらかなり世間に浸透してきてはいますが、まだまだ不安定な通貨であることは事実です。

仮想通貨FXは大きな金額で取引ができる分、リスクも大きくなるというデメリットがあります。

大きなレバレッジをかけて取引をすると利益が大きくなりますが、価格が思わぬ方向に動いてしまった場合は損失も大きくなるといえます。

順調に利益を出せていたとしても、次の瞬間に大きな損失を抱えてしまう可能性も考えられますので仮想通貨FXをする際は注意しなくてはなりません。

また、レバレッジ取引においてはマイナス(借金)が発生することもあります。

上記から仮想通貨FXは「ハイリスク・ハイリターンな取引」だといえますね。

ですが、仮想通貨FXを提供している取引所では、「追証」や「ロスカット」が設けられているため、できるだけ損失を小さくできるような対策が取られています。

追証やロスカットにおける所持金維持率は取引所によって異なり、追証がないところも多いです。

特にロスカットについては「追証を支払っておけば安心」と思われがちですが、大きなレバレッジをかけていた場合は、追証を通り越し「一瞬で」ロスカットになる可能性もありますので注意が必要です。

MEMO

*追証=証拠金維持率が一定の値を下回ったときに、追加の証拠金の預け入れを求められること

追証が発生する維持率のラインは取引所ごとに異なります。ただ、相場が急激に動いて口座内の資金以上の損失が出た場合、その埋め合わせは必要になります。

*ロスカット=証拠金維持率が一定の値を下回ったときに、現在のポジションを強制決済する仕組みのこと

ロスカットが実行される維持率ラインは取引所ごとに異なります。

ロスカットが実行されることで、損失が確定してしまうため顧客が大きな損失を出さないための大切なシステムだとされています。

仮想通貨FXの国内取引所を選ぶ時のポイント5つ

仮想通貨FX 取引所

仮想通貨FXの取引所を探すときは以下の5つのポイントを比較してみましょう!

  1. サーバーの強度
  2. スプレッド
  3. レバレッジ(最大)
  4. 取引手数料
  5. 使いやすさ

この中でも、サーバーの強度が一番大事だと言われています。

「相場が盛り上がり、一時的にアクセスが集中しサーバーが耐えきれずにダウンしたため、注文が通らなかった!」

などのような場面に遭遇しないためにも、取引所を探す際は必ずサーバーの強度を確認してください。

また、サーバーエラーのため頻繁にメンテナンスが行われると取引機会が失われることもあります。

快適な取引をするため、高速で処理してくれるサーバーを搭載した取引所を選びましょう!

仮想通貨FX・オススメ国内取引所3選

仮想通貨FX おすすめ取引所

リスクが伴う仮想通貨FXですが、値動きやレバレッジに注意すればしっかりと利益を出すことも可能にしてくれます。

取引所によって使い勝手や効率性などが変わってきますので、あなたのニーズに合った取引所を見つけましょう。

これから仮想通貨FXを始めよう!と考えている方は以下の3つの取引所を参考にしてください。

おすすめ取引所1:BITPoint(ビットポイント)

仮想通貨FX BitPoint

出典: https://www.bitpoint.co.jp//

BitPointでは、最大レバレッジ25倍で外貨を含めた4通貨ペアの仮想通貨FXが可能です。

現在BitPointは以下の5つの仮想通貨を取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

現物取引での取り扱い通貨は5種類ですが、レバレッジ取引の扱いはビットコインのみです。

国内ではBitPointにしかないトレードツール「MT4(メタトレーダー4」を無料で使うことができます。

MEMO

MT4(メタトレーダー4)とは、自動売買(EA)機能や数十種類のテクニカルツールを備えた高機能PCソフト。

スマホでも利用可能です

また、今後海外取引所に乗り換えたい!とお考えの方はBitPointの利用をお勧めします。

その理由は、BitPoint側が送金手数料を負担してくれるため、証拠金を現物で調達して海外取引所に送るときに便利だからです。

注意

BitPoint FXサービスを利用するには、「BitPoint FX取引口座」の開設が必要です。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

おすすめ取引所2:GMOコイン

GMOコイン 口座登録

出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインは、2017年5月末にリリースされたばかりのGMOグループの子会社が運営する仮想通貨交換業者で、使いやすいと人気が高い国内取引所の一つです。

現在GMOコインは以下の5つの仮想通貨を取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

ビットコインFXでは最大10倍、アルトコイン各銘柄FXでは最大5倍までのレバレッジを利用することができます。

また、スマホアプリの「ビットレくん」も非常に見やすく、出先や移動中でも手軽に取引をすることができるのも嬉しいポイントですね!

最低スプレッドは500円に設定されているので、仮想通貨FXが初めての方はGMOコインを利用するとよいでしょう。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

おすすめ取引所3:DMM Bitcoin

仮想通貨FX DMMビットコイン

出典: https://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinは、「アルトコイン」のFX取引が国内最多となっている取引所です!

運営会社であるDMM.comは、メディアでもよく目にする動画コンテンツや証券、為替FXといった幅広い事業を手がけており、こちらも信頼性の高い取引所だと言えます。

また、FXについては「口座数日本一!」を誇っているほどの実績がありますので安心して取引することができます!

現在DMM Bitcoinは以下の7つの通貨を取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)

最大レバレッジ5倍の「DMM Bitcoin」はビットコインだけではなく、アルトコインFXもできる(14種の通貨ペア)仮想通貨取引所です。

複数通貨ペアがあると、万一の場合もショート・ロング戦略を分散して行えるので安心ですよね。

仮想通貨初心者でも扱いやすいチャート画面や外出時の強い味方であるスマホアプリも完備されています。

また、「DMM Bitcoin」はスプレッドが狭く流動性が高いので、短期トレーダー向きの取引所だと言えます。

今回紹介した上記3つの取引所の手数料、レバレッジとロスカット率の比較を表にまとめてみましたので参考にしてください。

取引所名手数料スプレッドロスカット率
BitPoint無料100%
GMOコイン
無料75%
DMM Bitcoin無料80%

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

仮想通貨FXといえばここ!国内取引所おすすめ3選のまとめ

いかがでしたでしょうか?

仮想通貨FXをこれから始める方、もしくは為替FXから仮想通貨FXに移行した方もいらっしゃると思います。

仮想通貨FXはボラティリティが高く、比較的予想が当たれば大きく勝ちやすいとされていますが、生活に影響が出ないくらいの範囲内で仮想通貨FXの取引をするようにしましょう。

また、自分の中でのルール設定も大切なことです。

これはトレードの一貫性と呼ばれるものです。

自分の取引に一貫したルールがなければ、それはFX取引ではなく単なるギャンブルになってしまいますので注意してくださいね!

仮想通貨FXの取引で利益を出すためにもこの機会に自分に合った取引所を見つけましょう。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

MEMO

海外も含めた仮想通貨FX取引所についてはこちらの記事で解説しています。

仮想通貨FX上級者を目指したいという方はぜひチェックしてみてください!

fxtorihikijo仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?初心者におすすめの取引所比較ランキングTOP5+海外取引所