ビットコインの簡単な始め方

【仮想通貨】EOS(イオス)とは?買い方、取引所、将来性を完全解説!

eos-howtobuy

EOSとは、2017年に誕生した比較的新しい仮想通貨です。

取引開始直後から価格が急上昇し、時価総額ランキングの上位に食い込みました。


最大の特徴は、処理速度が早くトランザクションの手数料がかからないという点。

一言でいえばイーサリアムの上位互換と呼べるほどの機能性。

既存の仮想通貨の問題を解決する可能性を秘めたプロジェクトとして注目を集めています。

トレーラームービーではEOSが実現したいクールな世界観が表現されています。


 

この記事では、「EOSとはなんだろう」という疑問を解消する基礎知識と、購入方法、そして将来性について紹介していきます。

EOSってこんな仮想通貨
  • 処理速度が早く手数料がかからない
  • 実用化に伴う価格上昇が期待される
  • EOS(イオス)は国内取引所で購入ができない
  • EOS(イオス)はBinance(バイナンス)では購入可能!

Binance(バイナンス)でEOS(イオス)を購入する

EOS(イオス)が買えるBinance(バイナンス)はこちら

EOS(イオス)についての基礎知識

通貨名/通貨単位EOS
時価総額下記を参照
取引開始日2017年6月26日
発行上限10億EOS
現在の流通量約9億2000万 EOS(2018年4月時点)
ブロック認証サイクルDPoS
コンセンサスアルゴリズムEthash
公式サイトhttps://eos.io/
ホワイトペーパーEOSIO/Documentation
 ソースコードEOSIO
Telegram@EOSProject
Twitter@EOS_io
 Facebook@eosblockchain

EOS(イオス)とは?概要と特徴

「EOS(イオス)」は、将来的な企業の業務サポートを目的とする分散型プラットフォームです。

スマートコントラクトやDPoS(Delegated Proof of Stake)、非同期通信との並行処理を可能にするソフトウェア「EOS.IO」によって、圧倒的な処理速度と安全性の両立を実現しようとしています。


 

仮想通貨「EOS」はソフトウェアの開発に必要な資金を調達するために発行されたトークンです。

プラットフォーム名と仮想通貨の名前がどちらも「EOS」なので、ややこしいですね。

MEMO
EOS:分散型プラットフォーム
EOS.IO:ソフトウェア
EOSトークン:資金調達用に発行された仮想通貨

トークンには今のところ投機以外に用途がありません。

しかし、近い将来EOSプラットフォームが実用化されるとみられており、今後の価格上昇に期待が高まっています。

EOS(イオス)の配布枚数

EOSトークンの総発行枚数は10億枚に設定されています。

10億EOSは以下のように割り振られています。

保有率割当
10%(1億枚)運営が保有
20%(2億枚)ICOで配布
70%(7億枚)市場に配布

市場に配布される7億枚のEOSは、2017年7月1日から2018年6月1日までの

350日間、24時間に200万枚トークンずつ配布されることになっています。

EOS(イオス)の買い方

EOSは国内の仮想通貨取引所では購入できません

国内取引所で購入したビットコインかイーサリアムを海外取引所の口座に送金する必要があります。

EOSの買い方をまとめると以下のようになります。

EOSの買い方
  1. bitFlyerGMOコインなどの国内取引所で口座を開設
  2. bitFlyerGMOコインで基軸通貨(BTCかETH)を購入する
  3. Binance(バイナンス)などの海外取引所に送金する
  4. Binance(バイナンス)などの海外取引所でEOSを購入する

Binance(バイナンス)の公式サイトはこちら

Binance(バイナンス)でEOS(イオス)を買う

基軸通貨を買う国内取引所は手数料が重要

まずはじめに日本円でビットコインやイーサリアムといった基軸通貨を購入する必要があります。

御存知の通り、bitFlyerbitbankDMM BitcoinGMOコインなどたくさんの取引所があります。

海外取引所への送金を想定するなら、手数料の安さが重要になってきます。

手数料で取引所を比較すると、ビットコイン(BTC)の送金手数料が無料の、DMM BitcoinGMOコインBITPOINTで口座を開設するのがおすすめです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、FXでおなじみのDMMグループが運営する取引所で、スマホアプリが非常に使いやすいのがポイントです。

もちろん、ビットコインの送金手数料は無料。

ビットコインの購入からEOS(イオス)への送金まで、スマホ一つで済ませたい人にオススメの取引所です。

ちなみに6月30日までは、口座開設で1000円のキャッシュバックキャンペーンが行われているので、口座を作ると1000円戻ってきます。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

GMOコイン

GMOコイン

次にご紹介するGMOコインも、ビットコインの送金手数料が無料です。

こちらも「クリック証券」でおなじみのGMOが運営する『販売所』なので、取引所とは違い、GMOコインからビットコインを買う形になり、買う前に購入価格が正確に把握できます。

正確に購入価格を把握してから、ビットコインを購入してから、EOS(イオス)に送金したい人には、GMOコインがオススメです。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

BITPOINT(ビットポイント)

最後にご紹介するBITPOINT(ビットポイント)ビットコインの送金手数料が無料。

もちろん、EOS(イオス)を購入する際の、基軸通貨を購入・送金するためにも利用できますが、BITPOINT(ビットポイント)は、「Meta Trader4」というFXツールが売りの取引所です。

なので、BITPOINT(ビットポイント)は、ビットコインの送金だけでなく、本格的な仮想通貨FX取引をしたい人にオススメです。

BITPOINT(ビットポイント)の公式サイトはこちら

BITPOINT(ビットポイント)の登録はこちら

EOSに送金可能な国内主要取引所一覧表

取引所BTC送金手数料
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)無料
GMOコイン無料
BITPOINT(ビットポイント)無料
bitFlyer(ビットフライヤー)0.0004 BTC
bitbank(ビットバンク) 0.001BTC
zaif(ザイフ) 0.0001BTC以上選択可

取引所での開設方法や基軸通貨の買い方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

92%の初心者が失敗する!ビットコインの賢い購入方法・買い方を伝授!

EOS(イオス)を購入する海外取引所はバイナンスがおすすめ

EOSを扱っている海外取引所は2018年4月現在で100社近く存在します。

EOSを取扱っている取引所一覧

なかでも、最もおすすめな取引所はバイナンス(Binance)です。

世界取引所ランキングで第1位(2018年4月現在)に君臨する大手で、信頼性やセキュリティ性に定評があります。

EOS(イーオス)買い方バイナンス

また、手数料が0.1%とただでさえ安いのに、独自に発行しているBNBトークンを活用すれば更に半額に。

取扱通貨も120種類と豊富で、Google翻訳による日本語化ができます。

仮想通貨を運用したいという人は、マストで登録しておきたい取引所です。

Binance(バイナンス)の公式サイトはこちら

Binance(バイナンス)はこちらから

バイナンスでEOS(イオス)を買う方法

まず、バイナンスで口座を開設して取引を行います。

英語に慣れていない方は、右上の「Google翻訳」のマークから日本語を選択しましょう。

EOS(イーオス)買い方バイナンス1

基本的な買い方は国内取引所と同じです。

二段階認証は必ず行いましょう

購入する際は、トップ画面から「Mariket/市場」を選択します。

BTC建てで購入する場合はBTC MarketETH建ての場合はETH Marketを選び、取扱通貨の一覧からEOSを選択します。

EOS(イーオス)買い方バイナンス2

日本の取引所同様、板や注文画面があります。

指値注文の場合は「Limit/リミット」、成行注文の場合は「Market/市場」を選択し、希望価格などを入力して、購入しましょう。

EOS(イーオス)買い方バイナンス3

Binance(バイナンス)の公式サイトはこちら

Binance(バイナンス)はこちらから

EOS(イオス)を買ったあとの保管方法

EOSを購入したあとは、イーサリアムに対応しているウォレットに送金するのがおすすめ。

上述したとおり、EOSトークンはICOが終わってから48時間後に移管不可能になり、価値が消失する予定になっています。

EOS(イオス)買い方燃える

ICO終了後のインセンティブなどの可能性も考えると、取引所のウォレットに放置するのはおすすめできません。

6月3日までには必ずウォレットへの送金を完了させておきましょう。

使用するウォレットは、EOS公式で連携しているMetaMaskか、eosDACに対応しているGincoがおすすめです。

EOS(イオス)の将来性

EOSは今後どうなるのでしょうか。

仮想通貨の先行きを予知するAIとして知られているWebBotは、2018年にEOSが実用化され、さらに価格が上昇すると予想し話題になりました。

さらに、アメリカの格付け会社ワイスレーテイング(Weiss Rating)は1月24日に発表した格付けの中で、イーサリアムと並んでEOSに最高タイの「B」を付けました

ビットコインの格付けが「C+」だったことを考えると、ビットコインを越えたともいえます。

EOS(イーオス)買い方今後

現状の用途はありませんが、将来的に企業の業務サポートとして実用化されれば、仮想通貨に革命を起こす存在になり得ます。

2018年4月15日にはEOSトークン保有者に対するeosDACのエアドロップが行われ、さらにEOSの価格が上昇しました。

異例のICOから始まり、話題の絶えないEOS。

値動きだけでなく、EOSプロジェクト自体の今後も絶対要チェックです

Binance(バイナンス)でEOS(イオス)を購入する

EOS(イオス)が買えるBinance(バイナンス)はこちら

EOS(イオス)のメリット

取引開始後またたくまに人気通貨となったEOSトークン。

それほどまでの人気を集めているのには、大きく分けて2つの理由があります。

EOS(イーオス)メリット

圧倒的な処理速度

EOSはトランザクション能力に長けたアルゴリズム「DPoS(Delegated Proof of Stake)」を採用しています。

さらに、非同期通信と並行処理を組み合わせることで、1秒で何百万件もの取引を処理することができます。

参考までに、大手WEBサービスや仮想通貨の処理速度と比較した表を作ってみました。

サービス/通貨名取引処理数(件/秒)
Facebook52,000
Google40,000
Bitcoin(ビットコイン)5-6
Ethereum(イーサリアム)15
Ripple(リップル)1,500
EOS(イオス)数100万(参考値)

世界中で利用されているサービスや、数ある仮想通貨の中でも取引処理に長けていると言われるリップルと比較しても圧倒的なことがわかります。

トランザクション手数料がかからない

EOSには取引時の手数料がかかりません

通常、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨をやり取りする際、分散処理を行うユーザーに対して少額の手数料を支払います。

しかしEOSの場合、処理を行ったユーザーに対して年率5%のトークンが配布されるので、手数料が全くかからないのです。

企業のようにたくさんの取引を行う場合は、とても有用な仕様です。

EOS(イーオス)買い方節約

EOS(イオス)のデメリット

まさに異次元のハイスペックを備えたEOS。

しかし、気をつけておきたいポイントもあります。

EOS(イオス)買い方デメリット

通貨としての利用価値がない

EOSプラットフォームの開発資金を調達するために発行されたトークンのため、決済などに使用することはできません

EOSはイーサリアムのブロックチェーンを使っている試験運用の段階。

イーサリアム上でのテスト運用の後、EOSオリジナルのブロックチェーンを作る予定になっています。

EOS(イオス)買い方

ICOのためだけのトークンといえるこの手法は大きな話題を呼んでおり、一般的なICOというより会社の株式上場に近いと表現されることがよくあります。

ICO後に対応しないと価値がなくなる

対応のしかたを間違えると、ICO終了後に持っているEOSが使えなくなってしまうという点も注意が必要です。

市場に配布される予定の7億枚のEOSは、2018年6月1日にすべて配布が完了し、その48時間後(6月3日)に移転できなくなります

所有している旧EOSは、6月1日から6月3日の間に新しいEOSと交換することができます。

新EOSへの移行方法

EOSを取り扱っている取引所に預けておくだけで自動的に新EOSに変換されるようになっています。

移行するのに特別な操作は必要ないのでご安心ください。

ウォレットでEOSを管理している人はBinanceなどの変換に対応している取引所に送金しておきましょう

Binance(バイナンス)はこちら

EOSの公式サイトから個別で手続きすることもできますが、かなり手間がかかるため上記の取引所での保管をおすすめします。

7月2日にEOS独自のネットワークがオープン!

EOS(イオス)買い方DAC

2018年7月2に、イーサリアムのブロックチェーン規格から独立し、EOS(イオス)独自のネットワーク上で開発したメインネットがオープンします。

新しいEOSトークンに切り替わることで、所有者人がブロックを作る人を投票選出する仕組みが実装されたり、プラットフォーム上のアプリケーションも活発になっていくとみられています。

順調にプロジェクトが進んでいけば、今後もさらに価格が上がっていくことでしょう

これからのEOSプロジェクトから目が離せません!

EOS(イオス)のスケジュール

EOSの買い方を理解した後は、いつ購入するかが重要です。

購入するベストなタイミングを逃さないよう、今後のEOSの値動きに注目しましょう!

要チェック

Phase1(2017年夏):最小限の実行可能なテスト環境

Phase2(2017年秋):実行可能な最小限のテストネットワーク

Phase3(2017年冬~2018年春)テスト&セキュリティ監査

2018年4月15日:eosDACエアドロップ実施 ←イマココ

Phase4(2018年夏/秋):並列処理のためにコードを最適化

Phase5(2018年冬):クラスタ導入(詳細不明)

Binance(バイナンス)でEOS(イオス)を購入する

EOS(イオス)が買えるBinance(バイナンス)はこちら