やさしい仮想通貨の始め方を解説

1BTC(ビットコイン)はいくら?1,000円で爆益が狙えるビットコインのススメ【2020年最新版】

1BTC_いくら_アイキャッチ

1BTCっていくら?お金が少なくても買えるのかな…

今から買ってもビットコインは儲かる?

こんな気持ちを持っていませんか?

2020年4月現在、1BTCは60~70万円代前後歴史的な暴落を見せています。

要因は世界的経済混乱を招いた『新型コロナウイルス』の感染拡大によるものです。

さて、このように世界経済の荒波にのまれたビットコインですが、元コインチェックで証券アナリストの中島さんも以下のように分析しており、この暴落をむしろ『チャンス』と捉える金融業界の有識者たちは、今や少なくありません。

証券アナリスト 中島 翔

(価格の)急落は拾っていくチャンスと捉えるのがいいと思っています。

見方は色々ありますが最終的に中期的な投資で考えたら参加者が増えている中大きく下がり続けることはないだろうと考えています。

そんなチャンスと言えるビットコイン相場ですが、急落したとはいえ『60万円~70万円』は初心者にとっては大金ですよね。

しかし、実はビットコイン自体は、実は数十円からでも購入可能となっています。

そして、1,000円準備できる方なら、誰でもかんたんに始められるのです。

この記事を読めば、1BTCがいくらなのか、そしてビットコインで少額でも儲けられる方法がすべてわかります!

この記事を書いた人

ゼロはじ編集部(株式会社カボ)
ゼロはじ編集部(株式会社カボ)

日本最大級の仮想通貨取引所比較サービス「ゼロはじ」は最新かつ正確な情報をお届けしています。 運営する株式会社カボは一般社団法人仮想通貨ビジネス協会の準会員です。

ざっくり言うと

  • 2020年4月時点では、1BTCはコロナの影響を受け60~70万円ほどで取引されている
  • コロナの影響を受け価格が暴落している今がチャンスとして捉えている有識者は多い
  • 2020年1月時点で、1BTC90万円ほどで取引されていた
  • ビットコインの単位は「BTC」が基本で、「Satoshi」は1億分の1BTCを表した細かな数値を表す指標のこと。
  • ビットコインの購入は、「①取引所に口座を解説する」、「②開設した口座にお金を入金する」、「③入金したお金でビットコインを購入」のわずか3ステップでかんたんにできる!準備するものは、メールアドレスと運転免許証だけ!
  • 1BTCは高いが、ビットコイン自体は数十円からでも購入できる!取引所への入金が1,000円からなので、購入したい時には1,000円以上のお金を準備すればOK!
  • ビットコインは大企業の社長も注目する可能性があり、長期的に値上がりする可能性が高い!買って持っているだけで、誰でも大きな利益が狙える!
  • ビットコインを買うなら、「Coincheck」bitFlyer」「DMM Bitcoin」の3つの国内取引所が、信頼性も高くおすすめ!
  • 特に「Coincheck」は初心者でもかんたんに使える取引画面で大人気!各種手数料も無料で当サイトおすすめ度ナンバーワンの取引所!

>>>Coincheck(コインチェック )公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら


仮想通貨取引所ランキング

【最新】1BTC(ビットコイン)はコロナショックで60~70万円代まで暴落【2020年4月時点】

2020年に入ってから、1BTC=90~100万円代で推移していたビットコインですが、コロナウイルス発生の2月あたりから大きく価格は急落しました。

以下は直近のビットコインのチャートです。

年初から上昇傾向にあったビットコインは反転下落し高値から1ヶ月ほどで約で60%もの下落をみせています。

特にコロナショックで世界同時株安が起きた3月11日では1日で40%弱の急落を見せており、歴史的な大暴落になりました。

とはいえ、このチャートだけでビットコインの今後を嘆くのは早計ですね。

このタイミングの他の投資商品はどのような価格の動きも参考にしてみましょう。

以下はビットコイン、金、NYダウ、米国債のチャートです。

オレンジがNYダウ、青色がビットコイン、水色が金価格、黄色が米国債10年金利になります。

チャートからもわかるように、ビットコインが暴落したタイミングでは、金・NYダウ・米国債も軒並み暴落しており世界的に総じて下落相場であるということがわかります

この状況に関して、元コインチェックで証券アナリストの中島さんは、価格は下落傾向にあるものの、大きく下がり続けることはなく今後の大きなトレンドとしては上昇にあるのではないかと分析しているようです。

証券アナリスト 中島 翔

まず大きなトレンドは上昇にあると言えるでしょう。

その理由はビットコインだけでも時価総額10兆円以上ある中、運用会社も仮想通貨投資をポートフォリオの一部として導入したいと考えているところも多くなり、参加者は減るというよりは増えていく動きが続いています。

また2017年から2018年にかけて個人投資家が一旦撤退し、冬の時代が訪れていましたが、一旦今回のような急落を見せた後はみんな下方向で見始めるからこそ上に行きやすいと個人的には考えています。

また個人投資家が減少する中で取引量の多い機関投資家が立ち上がる動きが出ているため、ドミナンスを見てもビットコインが強くなるのは自然の動きと言えます。

機関投資家は「売りたい時に売れないリスク」を一番怖がるものです。

そのため仮想通貨デスクを立ち上げると最初に購入してくるのは消去法的にビットコイン一択になります。

このような理由から考えても急落は拾っていくチャンスと捉えるのがいいと思っています。

見方は色々ありますが最終的に中期的な投資で考えたら参加者が増えている中大きく下がり続けることはないだろうと考えています。

>>>Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら

1BTC(ビットコイン)は90万円〜100万円前後まで上昇【2020年1月時点】

上記の画像は、2020年1月21日時点での1BTCの価格を示しています。

ここ最近では、1BTCはざっくり90万円前後で取引されています。

ビットコインの数え方「BTC」と「Satoshi」

1BTC_いくら_ビットコインの単位

ビットコインの数え方(単位)についても、ここで確認しておきましょう。

ビットコインの基本的な単位は「BTC」です。

1BTCであれば、ビットコイン1枚ということですね。

さらに、ビットコインには「BTC」をもっと細かくした、「Satoshi」という単位もあります。

Satoshi」は「1億分の1BTC」を表しています。

具体的な例で確認しよう!

たとえば、「1BTC=400,000円」であれば、「1Satoshi=0.004円」です。

計算式は以下のようになります。

1Satoshiの計算例

「400,000円(1BTCの価格)÷  100,000,000(1億)=  0.004円(1Satoshi)」

ビットコインは、発行枚数が2100万枚です。

ほかの仮想通貨は、数億枚発行されているものもあるので、それと比較すると少ないほうになります。

そのため、1枚あたりの取引価格が高くなっており、細かい数値を表す「Satoshi」のような単位が必要になるのです。

ビットコインは数十円でも購入可能

1BTC_いくら_数十円

出典:https://support.coin.z.com/

上記の画像は、ビットコインが購入できる国内取引所、GMOコインの取引単位についての記事です。

画像にもあるように、GMOコインではビットコインを「0.0001BTC」から購入することができます。

ビットコインの基本的な単位は、「BTC」であることは先ほど確認しましたね。

この「BTC」は、実は「0.1BTC」や「0.001BTC」といった感じで、小数点をつけて小さくすることができます

具体的な例で確認しよう!

たとえば、「1BTC=400,000円」で取引されている場合を考えてみましょう。

この場合、GMOコインの取引単位である「0.0001BTC」にあてはめると、「40円」から購入できることになります。

計算式は以下のようになります。

BTCの計算式の例

「400,000円(1BTCの価格)×  0.001(GMOコインの取引単位)=  40円(ビットコインの最低取引可能額)」

このように、1BTCあたりの価格は高くても、小数点をつけて細かくすることで、数十円単位での取引が可能となっているのです

ビットコインの購入はかんたん!たったの3ステップ

1btc_いくら_購入方法

ビットコインの購入は、たったの3ステップでとってもかんたんにできます。

ビットコイン購入の3ステップ
  1. 取引所に口座を開設する
  2. 開設した口座にお金を入金する
  3. 入金したお金でビットコインを購入する

また、①〜③までにかかる時間は、最短で翌日、長くても1週間程度です。

さらに、準備するものは「メールアドレス」と「運転免許証」だけです。

何か特別なものも必要ないですし、取引所への登録も完全無料ですることができます

ビットコインは1,000円あれば誰でもはじめられる

先ほど、ビットコインは数十円からでも購入できるとお伝えしました。

もし、実際にビットコインを購入したいなと思ったら、1,000円以上のお金を準備しておきましょう。

MEMO

ビットコインを購入する場合、取引所にお金を入金する必要があります。

1,000円以上準備する理由は、この入金の最低金額が、1,000円となっているからです。

このように、1BTCは高いですが、はじめること自体はたったの1,000円で、誰でもかんたんにできるのです。

>>>Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら

ビットコインは今から買っても儲かる?

ビットコインFX_やり方_仕組み

ここまでで、ビットコインが少額からでも買えることがわかりましたね。

次に気になるのが、今からビットコインを買って儲けることができるかという点でしょう。

結論をいうと、「ビットコインは今だからこそ儲けることができる!」といえます。

なぜこうしたことがいえるのか、ここからはその詳しい内容を確認していきましょう。

そもそもビットコインとは?

1BTC_いくら_ビットコインとは?

ビットコインは、世界ではじめて誕生した仮想通貨です。

サトシ・ナカモトという、正体不明の謎の人物が生みの親といわれています。

現在発行されているすべての仮想通貨が、ビットコインで生まれた技術などを参考に開発されました

まさに、仮想通貨の象徴ともいえるのが、ビットコインなのです。

世界中でビットコインが認められつつある

ビットコインは、アルゼンチンやベネズエラなどで、購入者が増えています。

こうした国では、自分達の国のお金の価値が下がってきています

日本でいえば、1万円札を持っていても、100円の価値しかなくなってしまうようなイメージです。

つまり、自分たちの国のお金を信用できなくなった人が、ビットコインを購入しているのです。

このように、ビットコインは世界共通の価値として、徐々に認められつつあるのです。

大企業の社長もビットコインに注目している

1BTC_いくら_jack dorsey

出典:https://twitter.com/jack

ビットコインには、大企業の社長も大注目しています

たとえば、SNSサービスTwitter(ツイッター)のCEOであるジャック・ドーシー氏も、その1人です。

同氏は、2018年に行われたイギリスの情報誌「The Times」の取材で、「ビットコインこそが世界で唯一の通貨となる」と答えています。

また、それが5年〜10年くらいのうちに起こるとも答えています。

このように、大企業の社長もその将来性に大きく注目する可能性が、ビットコインにはあるのです。

ジャック・ドーシー氏のTwitterはこちらから!

ビットコインは値上がりする?

ビットコインには、大企業の社長や著名人も注目する可能性があります。

短期的な目線でみると、下がる可能性もありますが、長期的に考えれば非常に高い確率で価格の上昇が期待できます

さらに2019年は、ビットコインに関連したポジティブニュースが、たくさん予定されています。

2019年に予定されているニュース
  • ビットコインETFが承認されるかも!
  • NASDAQがビットコイン先物取引を開始!

もちろんあくまでも予定なので、場合によっては実現しない可能性もあります。

しかし、予定通り実現すれば、2019年に爆発的な値上がりが起こるかもしれません

さらに、2020年以降は、2019年以上の値上がりも期待することができるでしょう。

ビットコインをどうやって儲ければ良いの?

1BTC_いくら_儲け方

ビットコインの儲ける方法は、とってもかんたんです。

ビットコインを買って、ずっと持っているだけでOKです

チャートをいちいち確認したり、難しい知識を勉強する必要もいっさいありません。

そのため、仕事をしながら趣味副業ではじめるのにも、ピッタリです。

長期的には値上がりが期待できるビットコインなので、こうしたかんたんな儲け方ができるのです。

はじめて投資をスタートする初心者の方にも、非常におすすめなのがビットコインです。

>>>Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら

ビットコインを買うならココ!おすすめの国内取引所

ここからは、ビットコインを買うのに、おすすめの国内取引所TOP3を紹介していきたいと思います!

まだ取引所への登録が済んでいない人は、ぜひこの機会に登録してみてくださいね。

また、取引所への登録がすでに済んでいる人も、リスク分散の観点から複数の取引所への登録をおすすめします!

第1位 Coincheck(コインチェック)

取引所の評価

取り扱い通貨
(5.0)

使いやすさ
(5.0)

手数料
(4.0)

安心度
(5.0)


Coincheckは「マネックス証券」なども手がける上場企業「マネックスグループ」の傘下にある取引所。

取り扱い通貨数は「12種類」と、国内では最多。

ビットコインはもちろんのこと、リップルやイーサリアムなど、人気の高いアルトコインの取引も行うことが可能です!

証券アナリスト 中島 翔

Coincheck一番の特徴はやはり「通貨数の豊富さ」と言えるでしょう。

計12通貨取り扱いがあり、このようにしてみると、他の取引所にはない通貨のラインナップが揃っていることがCoincheckのメリットとなります。

Coincheckでは、上記のようなとっても使いやすいスマホアプリもリリースされています。

初心者から上級者まで幅広い層からの人気を集め、アプリDL数は「250万」を既に突破しています!

また使いやすさだけではなく、手数料のやすさもピカイチ。

取引手数料」はもちろんのこと「入金手数料」までバッチリ無料に設定されていますので、コストを抑えてトレードを行うことが可能ですよ!

もちろん、Coincheckへの登録は無料で行うことができます。

安全かつ、手数料を抑えて取引したいな…」という方は、Coincheckへの登録は必須です!

>>>Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

第2位 DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

仮想通貨始め方DMMBitcoin

取引所の評価

取り扱い通貨
(4.5)

使いやすさ
(4.5)

手数料
(4.0)

安心度
(5.0)


ビットコインの購入におすすめの国内取引所第2位は、DMM Bitcoinです!

DMM Bitcoinでは、普通の仮想通貨取引に加えて、バラエティ豊かなレバレッジ取引を行うことができます

レバレッジ取引とは、自ら証拠金を入れて、取引所の設定するレバレッジ倍率に応じた、大きな金額を取引し、利益を得ようとする取引のことです。

仮想通貨FXレバレッジ仕組み

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

仮想通貨のレバレッジ取引とは、口座資金の数倍から数百倍の資金で仮想通貨の売買ができる、取引サービスのことです。

なお日本では規制が進んでいて、2019年内を目処にレバレッジ倍率は最大4倍になりそうです。

運営元も、ローラさんのCMで有名なあのDMMグループですので、安心のレベルです。

bitFlyer(ビットフライヤー) と合わせて、DMM Bitcoinにも登録しておけば、ほとんどの仮想通貨取引を賢く使い分けて行うことができます。

>>> DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinの登録はこちら

第3位 bitFlyer(ビットフライヤー)

取引所の評価

取り扱い通貨
(1.0)

使いやすさ
(5.0)

手数料
(4.0)

安心度
(5.0)


bitFlyerは、ビットコインの取引量で国内No.1に輝いたこともある、日本最大級の仮想通貨取引所です。

取引できる仮想通貨の数も8種類と豊富で、一般的に取引される、ビットコインやイーサリアム ・リップルを含めた通貨を購入することができます。

また、bitFlyerは初心者の方にとっては、「指値」や「成行」といった言葉がわからなくても、仮想通貨のやりとりをできるので、手軽に仮想通貨を購入することができます。(思ったより高く買っちゃった…。なんてことを回避することができます。)

合わせて、中上級者の方にも、シンプルな(成行、指値、逆指値)以外のIFDやOCOといった特殊取引は、bitFlyerは唯一対応しているのでおすすめです。

日経ラジオパーソナリティー ひろぴー

国内取引所の多くは、価格を指定する「指値」とその時の一番良い価格で約定する「成行」の、2つの注文方法しか採用していません。

 

そのような中、bitFlyerの取引ツールであるbitFlyer Lightningでは、「特殊注文」という枠組みで、4つの注文種別と5つの執行条件を採用していて、それらを組合せてより複雑な注文が出せるのです。

ひろぴー _bitFlyer_Lightning画面

引用:bitFlyer Lightning
キャプション:「特殊注文」はPC版及びスマホウェブ版で利用可、スマホアプリ版では使用不可

具体的な注文の種類は、以下の通りです。

注文の種類
  1. シンプル(成行、指値、逆指値)
  2. IFD
  3. OCO
  4. IFDOCO

執行条件
  • 成行注文
    • ストップ注文
    • トレーリングストップ注文
  • 指値注文(逆指値)
    • ストップリミット注文

仮想通貨取引所の口座開設は無料でできるので、ぜひ登録してみてくださいね。

>>>bitFlyer(ビットフライヤー )公式サイトはこちら<<<

bitFlyer(ビットフライヤー )公式サイトはこちら

【モナコイン取り扱い】ビットコインを無料でもらうことが出来る仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)

第4位 GMOコイン

ビットコインFX- 儲かる-GMOコイン

GMOコインの評価

取り扱い通貨
(5.0)

使いやすさ
(5.0)

手数料
(4.5)

安心度
(5.0)


GMOコインは、GMOクリック証券でも有名なGMOグループが手がける仮想通貨取引所です。

各種手数料はbitFlyer(ビットフライヤー)、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)と同じで無料ですが、アプリの利便性が最も優れているのはGMOコインです。

GMOコインは現物取引・FX取引に分けて2つのスマホアプリをリリースしており、いつでもどこでも簡単に仮想通貨取引ができます。

操作性の簡単さも高評価で、多くの仮想通貨初心者がGMOコインから始めています。

もしあなたが、仮想通貨取引をしたことがないのなら、GMOコインで仮想通貨取引を始めるのが最もハードルが低くおすすめです。

仮想通貨始め方

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインの登録はこちら

1BTCいくらまとめ

以上、1BTCいくらについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

あらためて、この記事のポイントをまとめておきましょう。

この記事のポイントをまとめると

  • 2020年4月時点では、1BTCはコロナの影響を受け60~70万円ほどで取引されている
  • コロナの影響を受け価格が暴落している今がチャンスとして捉えている有識者は多い
  • 2019年3月時点では、1BTCはおよそ40万円くらい!ビットコインは「BTC」が基本的な単位で、「Satoshi」は1億分の1BTCを表している!
  • ビットコインの購入はたったの3ステップ!「①取引所に口座を解説する」、「②開設した口座にお金を入金する」、「③入金したお金でビットコインを購入」で最短翌日からすぐ買える!
  • ビットコインは数十円からでも購入可能!1,000円あれば取引所に入金できるので、買いたくなったら1,000円以上のお金を準備しよう!
  • TwitterのCEOもビットコインの将来性には大きな期待をしている!世界で唯一の通貨になったら爆発的な値上がりも期待できるだろう。
  • ビットコインを買うなら取引所を使おう!「Coincheck」「DMM Bitcoin」「GMOコイン」、の3つの国内取引所が非常におすすめ!
  • そのなかでも「Coincheck」は、見やすく使いやすい取引画面で誰でもかんたんにビットコインが買える!各種手数料も無料でまさにパーフェクトなおすすめ取引所!

>>>Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら

【モナコイン取り扱い】ビットコインを無料でもらうことが出来る仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)


1BTCの価格は高いですが、ビットコイン自体は少額から購入できます。

現在はバブル崩壊の影響もあり、もっともお得にビットコインを購入できるタイミングです。

このチャンスを逃さないように、はやめに取引所への登録を済ませておきましょう!

この記事に登場した専門家

証券アナリスト・中島 翔 (Sho Nakashima)

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。 その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。 その後は、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。 さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。 仮想通貨トレードに関しても、仮想通貨取引所コインチェックにて、トレーディング業務に従事した経験を持ち、金融業界に精通して幅広い知識を持つ。 金融業界に精通して幅広い知識を持つ。 【保有資格】証券アナリスト
この記事に登場した専門家

ラジオ日経パーソナリティ兼FX・BTCコラムニスト ひろぴー

  2010年から外国為替FX取引をはじめ、2013年、アベノミクスの恩恵もあり、外国為替FX取引で資産を急激に増加、この年から外国為替FX最大ポータルサイトのZAIFXでの企画出演をはじめ、インタビューを受けるようになる。   2014年には、ZAIFXとYahooファイナンスのコラボレーション企画で、タレントのボビー・オロゴンさんや福田萌さんとのトレードバトルが話題となり、2016年から2019年まで、ラジオNIKKEIの外国為替FX番組「トレードパーティー」でラジオパーソナリティーを務める。   現在は週5本のFXや仮想通貨ポータルサイトのコラム執筆、講演、ラジオのレギュラー番組を持ちつつ、自己資金の資産運用も実施している。

Twitter @hiropi_fx

ZAIFX×Yahooファイナンスのコラボレーション特設ページ

ラジオNIKKEI「トレードパーティー」公式サイト