やさしい仮想通貨の始め方を解説

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所10選|選び方まで解説

「おすすめの債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所を知りたい!」
このように考えていませんか?

債務整理をする時には、弁護士や司法書士が助けになります。

しかし、どの事務所に依頼したら良いか、わからないと感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所について詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「おすすめの債務整理」ざっくり言うと
  • 債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所は東京ロータス法律事務所など
  • 債務整理とは借金を減らしたり消滅させたりする手段のこと
  • 債務整理の種類は任意整理など
  • 債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶポイントは費用など
  • お金がない時に多重債務問題を相談できる窓口は法テラスなど

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所10選

債務整理_おすすめ_おすすめ
債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所は主に以下の10個です。

それぞれの弁護士・司法書士事務所について詳しく見ていきましょう。

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所は債務整理に関する実績を多数持つ法律事務所です。

これまでに、借入額を248万円から50万円まで大幅に減額した実績などがあります。

特に過払い金についての実績が高いようです。

初回の相談は無料ですので、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

任意整理を依頼する場合の費用

初回相談料報酬
無料着手金22,000円(税込)~/1件
報酬金22,000円(税込)~/1件
減額報酬11%(税込)
過払報酬回収額の22%(税込)
初期費用
  • 22,000円(税込)~/1件
着手金の額や、報酬金は業界水準並みです。

セイリさん

東京ロータス法律事務所の基本情報

所在地東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応業務債務管理・借金・自己破産・身近な法律問題全般等

東京ロータス法律事務所の口コミ・評判

弁護士の無料相談というのは大抵の場合、1回目は無料で2回目からは有料のところが多いようです。

でも、東京ロータス法律事務所さんは、何度でも何時間でも相談が無料ですよ。
なので、債務整理で何をするのかキチンと理解してから弁護士さんに受任をお願いすることが出来ます。

あと、東京ロータス法律事務所の任意整理の場合、普通ローンが組めないような金銭状況でも、柔軟に分割払いに対応してくれますよ。

引用:yahoo!知恵袋

口コミ

\ もっと詳しく評判・口コミを見る!/

私わ、現在任意整理中ですが3社250万近く作ってしまい、元金より利息のが高く付いてしまい、最終的に弁護士に相談しました。
正直に話す事で弁護士さんも優しく対応してくれました。
額的に破産より任意整理の方を勧められると思います。
残金を利息なしで3〜5年で返済する方法です。

引用:Yahoo!知恵袋

口コミ

東京ロータス法律事務所の依頼の流れ

  • STEP.1
    相談申し込み

    まずは、公式ホームページの相談フォームから相談の申し込みをする

  • STEP.2
    相談開始

    現状の借金状況のヒアリング / 解決策の提案を受ける

    *初回の相談は無料です

  • STEP.3
    受任

    依頼内容・見積もりを聞き、依頼の締結をする

東京ロータス法律事務所は、土日祝日対応・全国対応なのでお急ぎの方でも安心して利用できます◎

対応エリア全国
問い合わせ0120-783-078
対応時間10:00~20:00 (土日祝日:10:00~19:00)

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所はサポート力の高さに定評がある法律事務所です。

ひばり法律事務所は債務整理に特化していて、信頼できる事例を多く持ち合わせています。

加えて、女性専用相談窓口も設けていますので、女性でも安心して相談できます。

任意整理を依頼する場合の費用

初回相談料報酬
無料着手金22,000円(税込)/1社
報酬金22,000円(税込)/1社
減額報酬11%(税込)
過払報酬発生しない場合が多い
(成功した場合のみ支払い)
初期費用
  • 44,000円(税込)〜

ひばり(名村)法律事務所の基本情報

所在地東京都墨田区江東橋4丁目22−4 第一東永ビル 6階
対応業務任意整理・自己破産・個人再生・過払い請求

ひばり(名村)法律事務所の評判・口コミ

\ もっと詳しく評判・口コミを見る!/

任意整理検討中なんですか??
僕も利用したところなんですけど
ひばり法律事務所なんかいいと思いますよ
無料だし丁寧に対応してくれるので、もし可能であれば借入の状況話すだけでも救われた感じにしてくれますよ

引用:Twitter

口コミ

はたの法律事務所

はたの法律事務所は手数料の安さが魅力的な司法書士事務所です。

これまで20万件以上の豊富な相談実績を持っています。

相談料だけでなく、着手金も無料ですので、お金がなくても依頼しやすい環境が整っています。

また、家族の認知について相談することも可能で、家族に知られることなく債務整理を進めることができます。

任意整理を依頼する場合の費用

 

初回相談料報酬
無料着手金無料
報酬金20,000円(税込)~/1件
減額報酬10%(税込)
過払報酬回収額の20%(税込)
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用を頂きます)
初期費用
  • 無料

はたの法務事務所の基本情報

所在地東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階
対応業務自己破産・個人再生(民事再生)借金の相談 / 相続・贈与関連 / 不動産登記 / 商業登記

はたの法務事務所の依頼の流れ

  • STEP.1
    相談申し込み

    まずは、公式ホームページの相談フォームから相談の申し込みをする

  • STEP.2
    相談開始

    現状の借金状況のヒアリング / 解決策の提案を受ける

  • STEP.3
    受任

    依頼内容・見積もりを聞き、依頼の締結をする

ここまで全てオンラインで完結することができます。

セイリさん

はたの法務事務所は、対象エリア内であれば『無料出張面談』も行っているので対面での面談を希望される方は、

対応エリアかどうかを確認の上、申し込みの際に面談を希望しましょう!

アース法律事務所

債務整理_おすすめ_アース法律事務所

アース法律事務所は元裁判官の弁護士に債務整理について相談できる法律事務所です。

これまで3500件以上の法律相談を受任してきた実績があり、全国に対応しています。

相談料は無料で、債務整理以外にも幅広い法律問題に対応しています。

任意整理を依頼する場合の費用

相談料報酬
無料着手金22,000円(税込)~/1件
報酬金22,000円(税込)~/1件
減額報酬10%相当額(税込)
過払報酬回収額の22%(税込)
初期費用
  • 22,000円(税込)~/1件

アース法律事務所の基本情報

所在地東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル5階
対応業務債務整理・債務回収・詐欺被害・不動産問題・労働問題・相続・遺言・遺産分割協議・家事(離婚等)・その他(民事)

アース法律事務所の依頼の流れ

  • STEP.1
    相談申し込み

    まずは、公式ホームページの相談フォームから相談の申し込みをする

  • STEP.2
    相談開始・受任

    弁護士と直接面談して、ローンの整理方法から各種費用及び毎月の返済額などを相談

    *相談は無料です

  • STEP.3
    賃金業者への通知

    全ての債権者に受任通知を送付し、催促を停止させる

  • STEP.4
    返済内容の開示要求

    すべての業者にこれまでいくら返済したのか回答していもらい整理する

  • STEP.5
    法廷利息から再計算

    利息の払い過ぎた額の返金を請求

  • STEP.6
    返済計画の協議

    今後返済する額を確定し、新しく月々返済できる額を交渉し決定

  • STEP.7
    返済の実行・終了

    和解契約書に基づき無理なく返済し、支払い後は債務から解放

アース法律事務所は全国対応かつ、いつでもメール相談を活用できるので、お急ぎの方でも安心して利用できます◎

対応エリア全国
対応時間10:00~19:00

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所は幅広い法律相談に対応できる大手法律事務所です。

多くの専門家が揃っているため、複雑な案件でも素早く解決することができます。

全国53拠点、弁護士270名以上が在籍しており、全国どこからの相談にも対応できます。

任意整理を依頼する場合の費用

初回相談料報酬
無料着手金無料
報酬金22,000円(税込)~/1件
減額報酬11%(税込)
過払報酬回収額の22%(税込)
(裁判ありの場合27.5%)
初期費用
  • 無料
手数料は0円〜と非常に安いですが、事務手数料が1案件につき44,000円かかる点に注意です。

セイリさん

ベリーベスト法律事務所の基本情報

所在地東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階
対応業務交通事故/B型肝炎給付金請求/離婚問題/刑事弁護/債務整理/遺産相続/労働問題/債権回収/消費者被害/外国人のビザ申請

ベリーベスト法律事務所の依頼の流れ

  • STEP.1
    相談申し込み

    まずは、公式ホームページの相談フォームから相談の申し込みをする

  • STEP.2
    相談開始

    現状の借金状況のヒアリング / 解決策の提案を受ける

  • STEP.3
    受任

    依頼内容・見積もりを聞き、依頼の締結をする

ベリーベスト法律事務所は、24時間365日、全国からの問い合わせを受け付けています。

北海道から沖縄まで全国53拠点あるので、お近くのベリーベスト法律事務所に相談してみましょう。

弁護士法人・響

弁護士法人・響は何度でも無料相談できることが魅力的な法律事務所です。

弁護士法人・響が所属している響グループは弁護士、税理士、社労士、行政書士などさまざまな専門家が在籍しています。

依頼すると弁護士に加えてスタッフが専任で担当してくれるため、手厚いサポートを期待できます。

任意整理を依頼する場合の費用

初回相談料報酬
無料着手金55,000円(税込)~
報酬金11,000円~(税込)~
減額報酬11%(税込)
過払報酬回収額の22%(税込)
訴訟の場合は27%(税込)
初期費用
  • 55,000円(税込)〜

弁護士法人 響の基本情報

所在地東京都新宿区北新宿2丁目21−1 新宿フロントタワー 14階
対応業務①個人の顧客向け業務(債務整理・相続問題等)②法人の顧客向け業務(顧問弁護士契約・事業承継等)

弁護士法人 響の評判・口コミ

\ もっと詳しく評判・口コミを見る!/

都心は知らないが、地方在住の自分が相談したら断られた。
最初は任意整理を勧められて、額が大きいから民事再生にしたいと話したら、弁護士に相談するからと保留にされて、その後に断られた。
民事再生の人はたくさんいて順番待ちになっているから時間がかかるとか言ってたけど、要は面倒なだけだろう。コロナだし。
全国対応と謳っていても、所詮こんなもん。

引用:Yahoo!知恵袋

口コミ

弁護士法人 響の依頼の流れ

  • STEP.1
    相談申し込み

    まずは、公式ホームページの相談フォームから相談の申し込みをする

  • STEP.2
    相談開始

    現状の借金状況のヒアリング / 解決策の提案を受ける

    *何回でも、無料で相談ができます

  • STEP.3
    受任

    依頼内容・見積もりを聞き、依頼の締結をする

サンク法律事務所

サンク法律事務所は年中無休で相談に応じてくれる法律事務所です。

幅広い分野の法律相談に対応している上、任意整理の費用は特に低コストに設定されています。

ただ、着手金は高めになっているのでやや注意が必要です。

任意整理を依頼する場合の費用

初回相談料報酬
無料着手金55,000円(税込) / 1社~
報酬金11,000円(税込) / 1社~
減額報酬11%(税込)
過払報酬過払い金回収額の22%(税込)
※訴訟による場合は、過払い金回収額の27.5%(税込)
初期費用
  • 無料:契約後から積み立てを行うことで支払いをするので、負担が軽い
着手金が高めになっています。
一方で報酬金は低価格である上に、積み立てによって支払うことができるので、まとまった額がなくても依頼がしやすいのが特徴です。

セイリさん

サンク法律事務所の基本情報

所在地東京都中央区八丁堀4-2-2ヒューリック京橋イーストビル2階
対応業務債務整理・企業顧問・民事事件一般・事業再編等

サンク法律事務所の依頼の流れ

  • STEP.1
    相談申し込み

    まずは、公式ホームページの相談フォームから相談の申し込みをする

  • STEP.2
    相談開始

    現状の借金状況のヒアリング / 解決策の提案を受ける

    *何回でも、無料で相談ができます

  • STEP.3
    受任

    依頼内容・見積もりを聞き、依頼の締結をする

杉山事務所

過払い金_口コミ_杉山

杉山事務所は高い実績が魅力的な司法書士事務所です。

具体的には、週刊ダイヤモンド誌が選ぶ「消費者金融が恐れる司法書士」で日本一に選出されています。

そのため、毎月3000件以上の相談があり、多くの過払い金を回収してきた実績があります。

任意整理を依頼する場合の費用

相談料基本報酬
無料5.5万円(税込)

 

杉山事務所の基本情報

事務所種別司法書士事務所
営業日平日・土日祝日
コールセンターの受付時間平日:9:00〜19:00
土日:9:00〜19:00
郵送先指定可能
代表者杉山 一穂

杉山事務所の評判・口コミ

過払い金請求のご相談をさせていただきました。
コロナ過ということで基本的に電話でのやり取りでしたが、とても丁寧な対応で安心して相談する事が出来ました。
結果にも満足しています。感謝しております。

出典:Google

司法書士法人みつばグループ

司法書士法人みつばグループは相談実績が24万件を超える、実績ある司法書士事務所です。

30秒でできる自己判断シミュレーションで、借金が減額できるか診断できる点も魅力的です。

全国に6拠点を持っていることに加え、オンライン相談にも対応しています。

任意整理を依頼する場合の費用

お問い合わせください。

 

司法書士法人みつばグループの基本情報

事務所種別司法書士事務所
営業日平日
コールセンターの受付時間平日:9:00〜18:00
土日:9:00〜18:00
郵送先指定不明
代表者島田 雄左・宮城 誠

司法書士法人みつばグループの評判・口コミ

大変、親切に、親身に相談させて頂き
今後の計画内容など、わかり易く説明して貰い
良かったです☆
最終最後まで、よろしくお願いします。

出典:Google

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所は全国で豊富な実績を持つ法律事務所です。

CMを打っているだけあり、知名度が高く安心して相談できます。

アヴァンス法務事務所のユニークな特徴としては、債務整理の進行状況がいつでも確認できるシステムが無料で使えることです。

任意整理を依頼する場合の費用

着手金減額報酬
4.4万円0円

アヴァンス法務事務所の基本情報

事務所種別司法書士事務所
営業日平日・土日祝日
コールセンターの受付時間平日:9:30〜21:00
土日:9:30〜19:00
郵送先指定不明
代表者姜 正幸

アヴァンス法務事務所の評判・口コミ

無料相談して紳士に対応して頂き
解決案考えて下さりとてもよかったです。

出典:Google

債務整理とは?5つの種類を解説

債務整理_おすすめ_とは
債務整理とは借金を減らしたり消滅させたりする手段のことです。

それなりのデメリットもありますので、お金に困った時の最終手段と言えるでしょう。

債務整理は以下の5つの種類に分けられます。

それぞれの債務整理の種類について詳しく見ていきましょう。

任意整理

債務整理_おすすめ_任意整理
任意整理とは債権者と交渉することで、借金を減額したり、返済期日を先延ばししてもらったりする手段のことです。

任意整理では、借金の減額は利子や遅延損害金の分だけ行われることが多いです。

任意整理は債務整理の中でも効果が薄いものの、デメリットも少なめの手段と言えます。

任意整理のメリット

任意整理のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

任意整理のメリット
  • 利息・遅延損害金をカットできる
  • 返済期間を延長できる
  • 過払い金を取り戻せる
  • 職業制限がない
  • 財産を維持できる
  • 比較的手続きが楽
  • 一部の借金だけ任意整理することもできる

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

任意整理のデメリット
  • 一度も返済してないと不利な条件での和解になる可能性がある
  • 借金が大幅に減るわけではない
  • 任意整理の交渉に応じてくれない場合もある

任意整理の相場

任意整理は1社あたり5~10万円程度で行うことが可能です。

多くの金融機関から借りていると、減額できる借金の額より依頼にかかる費用のほうが高くなってしまうので注意しましょう。

任意整理の手順

任意整理は以下のような手順で行われます。

任意整理を行う9つの手順
  1. 弁護士・司法書士に相談する
    相談することで、本当に任意整理が適切かも判断できます
  2. 受任通知を送付する
    弁護士や司法書士が受任通知を送付することで、借金の取り立てが止まります
  3. 取引履歴開示請求を行う
    取引履歴は正確な借金額を計算するために必要です
  4. 正確な借金残高を算出
    借金残高の算出は弁護士や司法書士が行ってくれます
  5. 過払い金返還請求
    先に、払いすぎてしまった利息がある場合に取り戻します
  6. 和解案の作成・送付
    債権者に、こちら側の交渉条件を提示します
  7. 和解交渉
    債権者と話し合い、どのような条件にするか交渉します
  8. 和解契約の締結
    合意がまとまったら書面で契約を締結します
  9. 減額後の借金を返済
    借金は交渉の結果まとまった期間内に返済しましょう

個人再生

債務整理_おすすめ_個人再生
個人再生は裁判所を通じて借金を大幅に減額してもらい、減額後の借金を原則3年で返済してもらう手続きのことです。

ただ、やむを得ない事情がある場合には、返済期間を5年まで延長することができます。

個人再生は厳密には以下の2つの種類に分けられます。

個人再生の種類
  • 小規模個人再生
    個人再生の基本的な手続きで、債権者の過半数が反対しない場合に利用できます
  • 給与所得者等再生
    安定した収入がある人が利用できる手続きで小規模個人再生よりも費用がかかります

基本的には小規模個人再生を利用することになります。

個人再生のメリット

個人再生のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

個人再生のメリット
  • 借金を大幅に減額できる
  • 借金の理由に関係なく利用できる
  • 職業制限がない
  • 基本的に財産を処分されない

個人再生のデメリット

個人再生のデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

個人再生のデメリット
  • 手続きが複雑で時間がかかる
  • 少なくない費用がかかる
  • 住所・氏名が官報に掲載される
  • 保証人・連帯保証人に請求が行く
  • 税金・罰金などは免除されない

個人再生の相場

個人再生の相場は50~60万円程度です。

裁判所にも数万円程度を支払うことになりますが、費用のうちほとんどは依頼した弁護士や司法書士に支払うものです。

個人再生の手順

個人再生は以下のような手順で行われます。

個人再生の流れ
  1. 弁護士・司法書士へ依頼
    個人再生の手続きは複雑ですので、専門家に依頼する方が多いです
  2. 受任通知の送付
    弁護士や司法書士からの受任通知を債権者が受け取ると取り立てができなくなります
  3. 取引履歴の開示請求
    債権者から取引履歴を開示してもらい、正確な借金額を計算します
  4. 過払い金返還請求
    払いすぎてしまった利息がある場合、最初に取り戻します
  5. 収支・財産の調査
    収入や支出、財産を調査することで個人再生が適切か判断します
  6. 個人再生申し立て
    申し立て書類を作成した上で、管轄の裁判所に個人再生を申し立てます
  7. 個人再生委員の選任・打ち合わせ
    個人再生手続きを中立の立場からサポートしてくれる個人再生委員が選任されます
  8. 債務履行テスト
    返済計画の通りに返済できるのか、6ヶ月に渡ってテストをします
  9. 個人再生手続き開始決定
    個人再生委員が提出した意見書をもとに、個人再生手続きを行うか決定されます
  10. 債権の届出・調査
    裁判所が債権者に対し、債権の額や内容を届け出るように通知します
  11. 債権認否一覧表の提出
    債権者が提出した借金の内容を認めるか、もしくは異議を申し立てます
  12. 報告書の提出
    財産の状況が個人再生を申し立てた時と変わっているか記載します
  13. 再生計画案作成・提出
    減額された後の借金の返済方法や総額などが書かれた再生計画案を裁判所と個人再生委員に提出します
  14. 再生計画案の決議
    個人再生委員が再生計画案について意見書を提出し、それをもとに裁判所が個人再生を認めるか決議します
  15. 再生計画の認可・不認可
    最後に、再生計画が裁判所に認められるか決定されます

自己破産

債務整理_おすすめ_自己破産
自己破産は借金を消滅させて借金から解放されるるための最終手段です。

税金や罰金以外のほとんどの借金を0円にできるため、効果は極めて強力です。

ただ、その分デメリットも大きめであるという特徴があります。

自己破産は以下の3つの種類に分けられます。

自己破産の種類
  • 同時廃止事件
    処分するほどの財産がない場合に利用され、比較的費用がかからず、かかる期間も短めです
  • 少額管財事件
    財産が少額ある場合に用いられ、それなりに費用と期間がかかります
  • 管財事件
    処分する財産が多い時に用いられ、個人で適用されるケースはほとんどありません

自己破産のメリット

自己破産のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

自己破産のメリット
  • 借金が0円になる
  • 手続き終了後の財産は回収されない
  • 年金生活者・生活保護者でも利用できる

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

自己破産のデメリット
  • 必要最低限の財産以外は処分される
  • 手続き中は職業や資格に制限がつく
  • 住所と氏名が官報に掲載される
  • 連帯保証人に迷惑がかかる
  • 手続き中は裁判所の許可なしに住居を変えられない
  • 手続き中は郵便物を管財人に確認される
  • 税金・養育費などは免除されない
  • 少なくない費用がかかる

自己破産の相場

自己破産の相場は以下のとおりです。

裁判所費用弁護士費用合計額
同時廃止2万円程度30~50万円約30万円~
管財事件50万円~30~80万円約80万円~
少額管財20万円程度30~50万円約50万円~

自己破産の手順

自己破産の手順は同時廃止事件と少額管財事件で異なります。

まず、同時廃止事件の場合の手順は以下のようになっています。

自己破産手続きの流れ【同時廃止事件の場合】
  1. 弁護士・司法書士への相談
    自己破産手続きは複雑ですので、専門家に依頼するのがおすすめです
  2. 書類作成
    自己破産の手続きをするために、多くの書類を作成する必要があります
  3. 自己破産の申し立て
    自分が住んでいる場所を管轄している裁判所やその支部に書類を提出して自己破産を申し立てましょう
  4. 自己破産手続き開始決定
    申し立てが受理されたら、裁判官と面接を行い、自分の財産や借金額について説明します
  5. 同時廃止決定
    財産がほとんどない場合、破産手続きが開始されると、すぐに財産を処分する手続きは終了します
  6. 免責許可/不許可決定
    最終的に自己破産が認めれられるか決定されます

また、少額管財事件の場合の手順は以下のようになっています。

自己破産手続きの流れ【少額管財事件の場合】
  1. 弁護士・司法書士への相談
    自己破産手続きは複雑ですので、専門家に依頼するのがおすすめです
  2. 書類作成
    自己破産の手続きをするために、多くの書類を作成する必要があります
  3. 自己破産の申し立て
    自分が住んでいる場所を管轄している裁判所やその支部に書類を提出して自己破産を申し立てましょう
  4. 自己破産手続き開始決定
    申し立てが受理されたら、裁判官と面接を行い、自分の財産や借金額について説明します
  5. 破産管財人の選任・打ち合わせ
    破産管財人は中立の立場から債務者の財産に関する手続きを行う人です
  6. 財産の調査・換価処分
    債務者の財産を調べ、お金に換えて債権者に分配します
  7. 債権者集会
    破産管財人が債権者に対して破産の概要などを説明します
  8. 異時廃止
    破産手続きが終わります
  9. 免責許可/不許可決定
    最終的に自己破産が認められるか決定されます

特定調停

債務整理_おすすめ_特定調停
特定調停は債権者と話し合って、借金を減額したり、支払期日を延長したりする手続きです。

任意整理と違って、簡易裁判所が仲介します。

弁護士や司法書士に依頼せず、自分で手続きを進めることになるため、ほとんど費用がかからない点も大きなメリットと言えるでしょう。

特定調停のメリット

特定調停のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

特定調停のメリット
  • 借金を減額できる可能性がある
  • 自分だけでも手続きを進められる
  • 財産が没収されることはない
  • 費用が安い

特定調停のデメリット

特定調停のデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

特定調停のデメリット
  • 希望通りの結果にならない場合もある
  • 手続きや書類作成を自分で行う必要がある
  • 不成立の場合には他の債務整理手段が取られることもある
  • 裁判所への出頭は平日しかできない

特定調停の相場

特定調停の相場は500~1000円程度です。

特定調停は実は弁護士や司法書士に依頼することもできますが、その場合には1社あたり数万円程度のお金がかかってしまうので注意しましょう。

特定調停の手順

特定調停は以下のような手順で行われます。

特定調停を行う8つの手順
  1. 申し立て書類の作成
    裁判所に特定調停を申し立てるための書類を用意します
  2. 特定調停の申し立て
    原則、債権者の所在地を管轄する簡易裁判所に申し立てます
  3. 事件受付票の交付・調査期日の指定
    裁判所から特定調停の申し立てが受理され、いつ調査するか指定されます
  4. 調停委員の選任
    特定調停はここで選任された2名の調停委員と調停主任裁判官が仲介して行われます
  5. 申立人の事情聴取
    先に指定した調査期日に、借金の内容などについて事情聴取が行われます
  6. 調停
    裁判所の仲介のもと、債権者との間で話し合いが行われます
  7. 調停調書の作成
    交渉がまとまった場合には最終的な返済計画が記載された調停調書が作成されます
  8. 返済
    調停で決定されたとおりに借金を返済していきます

過払い金請求

債務整理_おすすめ_過払い金請求
過払い金請求とは、払いすぎてしまった利息を取り戻す手続きです。

そのため、厳密には債務整理手段ではないのですが、借金を減らすのに役立つ場合があるためここで掲載します。

過払い金が発生しているかは細かい場合分けが必要なので断定はできませんが、2010年以前に以下のようなグレーゾーン金利で借りていた場合には発生している可能性があります。

グレーゾーン金利
~10万円20~29.2%
10~100万円18~29.2%
100万円~15~29.2%

過払い金は現在借金をしてなくても利用できますので、積極的に活用してみましょう。

過払い金請求のメリット

過払い金請求のメリットは払いすぎた利息が戻ってくることです。

ほぼリスクなくお金を取り返せるのでおすすめの手段です。

過払い金請求のデメリット

過払い金請求にはひとつだけ注意点があり、戻ってくる過払い金よりも借金のほうが大きい場合には、自動的に任意整理の手続きの一環になってしまいます。

実質的に任意整理を依頼した時のデメリットを受けてしまうので注意しましょう。

また、過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼することになりますが、当然依頼するための費用はかかります。

過払い金請求の相場

過払い金請求の相場は取り戻せた額の20~25%程度です。

取り戻せた過払い金の額によって異なるのです。

過払い金請求の手順

過払い金請求は以下のような手順で行われます。

過払い金請求を行う5つの手順
  1. 弁護士・司法書士に相談する
    相談することで、本当に任意整理が適切かも判断できます
  2. 受任通知を送付する
    弁護士や司法書士が受任通知を送付することで、借金の取り立てが止まります
  3. 取引履歴開示請求を行う
    取引履歴は正確な借金額を計算するために必要です
  4. 正確な借金残高を算出
    借金残高の算出は弁護士や司法書士が行ってくれます
  5. 過払い金返還請求
    払いすぎてしまった過払い金を取り戻します

債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶ5つのポイント

債務整理_おすすめ_ポイント
債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶポイントは主に以下の5つです。

債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶ5つのポイント
それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:費用

債務整理_おすすめ_費用
債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶポイントとしてまず挙げられるのは、費用です。

債務整理は借金を減らす手続きであり、お金に余裕がない場合が多いです。

しかも、弁護士・司法書士への依頼にはそれなりのお金がかかりますから、できれば費用が抑えられる事務所に依頼したいところです。

司法書士事務所はできる業務に制限がありますが、弁護士事務所よりも費用が抑えられるので注目です。

ポイント②:口コミ評判

債務整理_おすすめ_口コミ
債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶポイントとしては、口コミ評判も挙げられます。

ネット上には実際にその弁護士・司法書士事務所を利用した人の口コミが多数掲載されています。

口コミは信じ過ぎは禁物であるものの、どのような事務所なのか参考にはなるでしょう。

ポイント③:債務整理に強いか

債務整理_おすすめ_債務整理
債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶポイントとしては、債務整理に強いかも挙げられます。

弁護士・司法書士事務所はそれぞれ強い分野が異なります。

債務整理で実績がないと不安ですよね。

債務整理を依頼するなら、できれば債務整理に強い事務所に依頼したいところです。

ポイント④:対象地域

債務整理_おすすめ_対象地域
債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶポイントとしては、対象地域も挙げられます。

弁護士・司法書士の中には特定の地域しか対応していないところも多くあります。

自分が澄んでいる場所の近くにある法律事務所を利用すると良いでしょう。

ポイント⑤:担当者との相性

債務整理_おすすめ_相性
債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶポイントとしては、担当者との相性も挙げられます。

人間ですから、相性もあります。

反りが合わない人と債務整理を進めるのは大変です。

できるだけあなたが良いと感じる人と債務整理を進めると良いでしょう。

お金がない時に多重債務問題を相談できる無料窓口7選

債務整理_おすすめ_窓口
お金がない時に多重債務問題を相談できる無料窓口は主に以下の7つです。

それぞれの無料窓口について詳しく見ていきましょう。

相談料無料の弁護士・司法書士事務所

債務整理_おすすめ_無料
多重債務問題を相談できる無料窓口としては、まず相談料無料の弁護士・司法書士事務所が挙げられます。

相談するだけなら無料ですし、もし債務整理を依頼したいとなったら、すぐに依頼できる点が魅力的です。

上で紹介した弁護士・司法書士事務所は初回相談が無料のところばかりですので活用してみると良いでしょう。

法テラス

債務整理_おすすめ_法テラス
法テラスはさまざまな法律相談ができる公的窓口で、無料相談に対応しています。

その上、窓口が全国にある点も魅力的です。

無料相談に収入の基準などはありますが、生活保護受給者だと自己破産の手続きを費用負担なしで進められるというメリットもあります。

日本弁護士連合会

債務整理_おすすめ_弁護士連合会
日本弁護士連合会は全国の弁護士が加入している団体です。

近くの窓口で相談を受けることが可能です。

相談料が無料かどうかは地域によって異なりますのでよく確認してから利用すると良いでしょう。

日本司法書士会連合会

債務整理_おすすめ_司法書士会連合会
日本司法書士会連合会は全国の司法書士が加入している団体です。

日本弁護士連合会と同様に、無料で相談できるかどうかは地域によって異なるので注意が必要です。

東京都の場合、月曜日から土曜日まで無料で相談に乗ってくれます。

日本貸金業協会

債務整理_おすすめ_貸金業協会
日本貸金業協会は全国で貸金業を営む事業者が加入している団体です。

日本貸金業協会に設置されている、貸金業相談・紛争解決センターが借金で困っている人を対象に助言や情報提供を行ってくれます。

債務整理の方法がわからないと感じている方にもおすすめです。

日本クレジットカウンセリング協会

債務整理_おすすめ_クレジットカウンセリング
日本クレジットカウンセリング協会は多重債務に陥った人に対して、中立の立場からカウンセリングを行っている団体です。

電話相談やカウンセリングに無料で応じてくれます。

また、任意整理を便押しが無料で行ってくれるのでチェックしてみましょう。

全国銀行協会

債務整理_おすすめ_銀行協会
全国銀行協会は全国の銀行が加入している業界団体です。

カードローンによる多重債務の相談に応じてくれます。

全国銀行協会相談室のカードローン相談・苦情窓口に連絡してみましょう。

債務整理におすすめの弁護士・司法書士のまとめ

債務整理_おすすめ_まとめ
債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所は以下のとおりです。

債務整理とは借金を減らしたり消滅させたりする手段のことです。

債務整理には以下の5つの種類があります。

債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶポイントは以下のとおりです。
債務整理に強い弁護士・司法書士を選ぶ5つのポイント
お金がない時に多重債務問題を相談できる無料窓口は以下のとおりです。