ビットコインの簡単な始め方

ビットコインの電子マネーとの違いとは?

ビットコインを初めて知る時には、『電子マネーのようなもの』と理解するとわかりやすいと思います。

ただ、現在普及しているSuicaやiDなどの電子マネーとはいくつか違う部分もあるので説明します。

世界中どこでも使える

ビットコインの電子マネーとの大きな違いは、世界中どこでも使えることです。

電子マネーは『日本円』でチャージしているので、当然海外では使えません。

クレジットカードに紐づいた後払い式のものでも、読み取る機械がないので電子マネーとしては使えません。

ビットコインの単位は世界共通で『BTC』であり、必要なものはアドレスのみです。

外国人観光客にとっても、非常に便利だと思います。

発行元の企業がない

電子マネーは特定の企業が発行しています。

一方でビットコインは中心的な発行元がなく、世界各地のマイナーによって日々発掘され、非中央集権な運営がされています。

ICカードがない

カードがないのも大きな違いですね。

電子マネーは種類によってそれぞれカードが発行されますが、ビットコインにそのようなカードはありません。

ビットコインを外で使う場合は、スマホのウォレットに入れて使います。

スマホひとつで決済可能という点では、おサイフケータイやApple Payがより近いといえるかもしれません。

端末を機械に接触させる必要がない点と、前述の世界中で使えるというところが違いになります。

ビットコインの決済方法

アドレスと呼ばれる文字列、もしくはQRコードを使って決済します。

スマホのウォレットであれば、お店側が用意したQRコードを読み取って送金ボタンを押すだけで完了します。

1NnXatRdd9nER3iSfGfZqFxPt5fHRmakH9

f:id:bbc-21:20170509220706j:plain

アドレスはこんな感じ。

QRコードを使わない場合は、手入力だと間違えやすいのでコピペ推奨です。

スポンサーリンク



ビットコインと電子マネーの違い

ビットコイン

  • 世界中で使える
  • 特定の発行元がない
  • ICカードがない
  • QRコードを読み取って決済

電子マネー

  • 日本でしか使えない
  • 企業が発行している
  • ICカードもしくはスマホをかざして決済

あなたもビットコインを始めてみよう

世界中のどこでも使えて便利なビットコイン、実は始めるのもとってもかんたんです。

例えばCMでおなじみなbitFlyer(ビットフライヤー)ならば、かんたんな手続きだけで、日頃のお買い物だけでもビットコインを貯めることができます。

f:id:bbc-21:20170505213917p:plain

楽天市場やGU、イオンショップや、ピザハット、ZOZOTOWNなど、日頃よく使うショップで買い物をするだけで、ビットコインを貯めることができるので、とても手軽にビットコインを持つことができます。

もしかしたら、もらったビットコインは数年後に、とんでもない金額になっているかもしれませんしね。

bitFlyerでビットコインを無料でもらう

とにかくキャッシュレス化は進むはず

昨今、ビットコインなど現金を使わない決済方法は、世界的に(特に中国など)普及が進んでいます。

日本はかなり遅れている印象ですが、これから間違いなく増えていくでしょう。

現金を持たなくていい時代になるのもすぐかもしれません。

参考

ビットコインの始め方、基礎知識のまとめ

これから仮想通貨を始める方には以下に、初心者にもオススメな仮想通貨取引所がわかる記事をご用意したので、あわせて確認してみてくださいね。

↓↓仮想通貨取引所ランキングを確認する↓↓
仮想通貨取引所ランキング
仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめランキングTOP5+海外取引所