やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコインの今後と特徴,2018年の価格予想をやさしく解説!これからの将来性と相場の動向とは?

仮想通貨人気の先駆けとして日本でも2017年に一気に高騰し、一躍注目を浴びる存在となったビットコイン。

現在でも時価総額にて2位以下に圧倒的な差をつける「絶対的地位」を確保していますが

2018年に入り価格が大きく下落し、落ち着きを取り戻した感があります。

ただ、だからこそ重要なのは「今後ビットコインがどうなるか?」ですよね。

そこで今回は「ビットコインの今後」をテーマとして、仮想通貨運用に活かせる情報をまとめました。

この記事でわかること
  • ビットコインの基本や特徴
  • 過去の価格推移やその背景
  • 識者やメディアが予想するビットコインの今後
  • ビットコインの価格を左右する材料
  • 2018年の価格予想と運用時のポイント

などなど、ビットコインの過去から現在に至るまでの軌跡を分析しつつ、「今後価格が伸びるのか?下落するのか?」といった将来性を分かりやすく解説したいと思います。

この記事を読めば、ビットコインが今どんな状況にあり、これからどうなっていくか?が見えてくるはずです。

売り時や買い時、投資の是非などを判断するためにも要チェックですよ!

ビットコインの特徴・基本情報おさらい

圧倒的人気を誇るビットコインですが、まずは他の仮想通貨との違いを知るためにも基本についておさらいしておきましょう。

ビットコインならではの特徴や強みを抑えておくことは、今後の将来性や価格予想を立てるうえでも非常に重要ですからね。

ビットコインの基本情報まとめ

以下にビットコインの基本情報をまとめました。

通貨名ビットコイン
通貨単位BTC
開発者サトシ・ナカモト
運用開始2009年
発行上限枚数2100万枚
時価総額約12兆円(2018.8.10)
ホワイトペーパービットコインのホワイトペーパー

ちなみに時価総額12兆円というのは、2位のイーサリアムと4倍近くの差があり、やはり仮想通貨の中でビットコインは「別格」であることが分かります。

ではここから更に、ビットコインの特徴や強みについて詳しく解説していきましょう。

セキュリティが高い

大切な資産を守る上では、資産が現金であれ絵画であれ情報であれ、以下に「セキュリティが高い」かを誰でも気に掛けるものでしょう。

いっぽう歴史の浅い仮想通貨においては、取引所のハッキングや流出事件などが大きく取りざたされた影響もあり

「セキュリティが弱い」と認識されやすいものでもあります。

事実、ビットコインに関してもおよそ470憶円のビットコインが紛失した「マントゴックス事件」では、少なからず良くないイメージを世間に与えてしまいました。

ところが実のところはビットコインの仕組み自体に問題はなく

紛失したのは取引所の管理・補完体制に問題があったとされています。

そもそもビットコインを支えるブロックチェーン技術では、特定の管理者が存在せず「取引全てを世界中のみんなが運営・管理・監視する仕組み」となっているため、改ざんや不正行為が従来より非常に難しくなっているのです。

つまりビットコインを正しく管理していれば、簡単に失ってしまうリスクは非常に低いと言えるでしょう。

インフレになりにくい

基本情報一覧表でもご紹介しましたが、ビットコインの発行上限枚数は2100万枚と定められています。

ではこれにどんな意味があるのでしょうか?

例えば、アフリカのジンバブエという国では、深刻な経済危機を乗り越えるためにお金を大量に発行する策を講じました。

ところが次々にお金が発行されるため、お金の価値が急激にダウン(これがインフレ)。

挙句の果てには「100兆ジンバブエドル札」まで発行されたにも関わらず、紙切れ同然の価値しかありませんでした。

このようにお金や資産というのは、「ある程度の上限・流通量が守られていてこそ」価値を発揮するものなのです。

つまりビットコインの場合、発行上限枚数を2100万枚と定めることで、上限なしに発行されて価値が薄れるリスクを軽減しているわけですね。

少額から購入できる

ビットコインは2017年12月、一時1BTC=230万円を記録しました。

そのため、

興味はあるけど、1BTCがそんなに高いと買えない…

と勘違いする人も出てきたことでしょう。

ですが実際のところ、ビットコインは「1BTC以下でも購入することが可能」です。

ビットコインの最小単位を1Satoshiと言いますが、これは1億分の1BTCを示し、更に546Satoshi以下の送金は承認されない仕様を考慮すると、理論上は「10円でも買える」ことになります。

ただし、実際には取引所で10円程度の取引を実施するのは難しいため、0.0001BTC程度から購入が可能と考えておけば良いでしょう。
※取引所ごとに最低取引単位が設定されている

それでも数千円あれば購入が可能ですので、多額の資金を持っていなくても十分にビットコインへの投資は可能です。

投機対象として大人気

投機対象とは、簡単に言えば「投資の対象になっている」との意味です。

ご存知の通り、ビットコインは2017年、特に日本で人気が爆発しました。

毎日のように「ビットコインが〇〇万円を突破!」などといったニュースが世間を賑わわせていたのは記憶に新しいでしょう。

ではなぜそれほどまでにビットコインが高騰したり、価格の上下動が激しくなったのでしょうか?

単純に「価格の上下動を利用した売買で儲けようとする人が増えた」からです。

特にデイトレードなど、短期間での利益獲得を目指す投資の場合、価格の変動が激しい投機対象はもってこい。

そのため、多くの投資家がビットコインの取引に参入し、一気に市場が拡大するとともに価格も跳ね上がりました。

ビットコイン決済導入店舗が多い

仮想通貨の先駆けとも言えるビットコインですが、実店舗へ決済サービスとしての導入も非常に多いのが特徴的です。

代表的なものをいくつか挙げてみましょう。

ビットコイン支払い対応企業
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • HIS
  • DMM.com

どれも言わずと知れた大企業ばかりですね。

また、今後さらにフリマアプリの「メルカリ」やコミュニケーションアプリ「LINE」などもビットコイン対応の予定があり、実用性の高まりに大きな期待が持てる状況です。

他の仮想通貨でも決済対応店舗などは出てきていますが、現状は個人店や小規模サイトがほとんど。

比較すると、いかに「ビットコインが使える」と世間的に見られているのかが分かります。

ビットコインの過去の価格推移と主な出来事

現在では名実ともにNo,1の地位にあるビットコインですが、これまで常に順調だったわけではありません。

他の仮想通貨と同じく、運用当初は当然誰にも知られず、価値を持つことなく

まさにゼロからのスタートでここまで上り詰めてきたのです。

そこで、過去のビットコインの価格推移とその背景を追いながら「値動きの要因や傾向」を探ることにしましょう。

傾向と対策、ではないですが、今後の価格や将来を予測する上でも過去の経過は大いに参考となるはずです。

運用開始から2016年末まで

ビットコインの運用開始は2009年。

そこからたったの7,8年で1BTC=100万円を超えるまでに成長しましたが、2016年末までは1BTC=10万円にも満たない状況が続いていました

以下のチャートを見れば一目瞭然でしょう。

出典: https://coinmarketcap.com

価格を大きく伸ばしたのは2017年に入ってからで、それまではほぼ平行線をたどっているのが分かります。

ただし、2013年にはNHKで初めてビットコイン特集が組まれた影響もあり、12月に日本円-ビットコインの取引で一時127,800円/BTCを記録したこともあります(その後マウントゴックス事件によりすぐに1万円台まで下落)。

このように当初のビットコインは知名度そのものが低かったために、長く我慢の時期が続きました。

2017年1月~5月は相場が上下動を繰り返す

2017年に入ると、ビットコインは常に10万円を超える価格を付けるようになりますが、これには中国が大きく関わっています。

理由のひとつはマイニング。

ビットコインにてマイニング報酬を効率良く得るには、膨大な数のパソコンが必要なのですが、そのための土地や電気代が安価な中国にマイニング要因が集中しました。

従って、中国でのビットコイン人気が高まり、法定通貨である「元」が安くなる時にビットコインを買う。

春節をはじめとした行事ごとの前にビットコインを現金化する。

このような流れがある程度構築されており、ビットコインの価格にも影響を及ぼしました。

事実、2016年までのビットコイン取引高は多い時で中国が全世界のうちの9割を占めたこともあるほど。

ただ、2017年5月以降にはUFJ参入の報道や、ビットコインそのもののハードフォーク騒動(分裂)など、中国が関わる以外の部分でも価格変動を左右する要因が影響力を強め始めました。

日本でビットコインが注目されだした「第一次ブーム」も、この2017年5月頃だと言って良いでしょう。

※参考:2017年のゴールデンウイークには、1BT=250,000円超え

2017年8月のハードフォーク

兼ねてから議論されていたビットコインのハードフォーク問題ですが、ついに2017年8月、ハードフォークにより新たな仮想通貨「ビットコインキャッシュ」が生まれます。

このハードフォークについては難しく考えず、

それぞれのコインの違いは?
  • 元々ある「ビットコイン」
  • ビットコインの課題をカバーするために生まれた「ビットコインキャッシュ」

という具合に、ビットコインの別バージョンが分裂により生まれたようなイメージを持つと良いでしょう。

当然このハードフォーク騒動は、投資家たちに大きな影響を及ぼします。

ビットコインが分裂したことで価値が下がるのでは?
新たに生まれたビットコインキャッシュに注目が集まる?

などなど、実際に分裂するまでは、多くのの疑問や懸念を生み出していたのですが、ふたを開けてみると大きな暴落などは起きず、ビットコインは堅実な値動きを見せました。

ちょうどビットコイン人気が高まり始めた時期でのハードフォークでしたから、実施前は様々な憶測が飛び交いましたが、結果的に「うまくビットコインが切り抜けた」わけですね。

ただし、新たに生まれたビットコインキャッシュも人気がないわけではなく、現在時価総額4位と仮想通貨を代表するコインになっています。

2017年12月には一気に高騰

2017年12月、この時点で日本円はビットコインの5割程度に及ぶ取引量に関わっており、日本国内での同行が価格にも大きく反映される状況となっていました。

そんな中、コインチェックのCMやメディアの露出なども影響し、新規参入者が急増します。

結果的に日本円-ビットコインの価格が爆上がりし、2017年12月8日には史上最高価格である2,350,517円を記録しました。

以下は2017年6月~12月までのチャートですが、12月に入る直前から価格が急上昇しているのが分かりますね。

出典: https://coinmarketcap.com

2017年初頭に1BTC=約10万円だったことを考えると、1年と経たずに価格が20倍以上にも跳ね上がる、まさに「歴史的1年」だったと言っても過言ではありません。

2018年1月~2月に下落

2017年を最高の形で締めくくったビットコインですが、その勢いは長く続きませんでした。

明けた2018年1月、更に2月と立て続けに暴落し、価格が大幅に下落(一時は60万円台まで下落)します。

暴落の原因については複数考えられますが、仮想通貨人気の高い中国・韓国での規制騒動が価格に大きく影響を及ぼしたと考えられるでしょう。

ただし、2018年2月末の時点での価格は2017年11月末の価格を上回っていましたので、3か月以上保有している人はすべて利益が出る計算になります。

ビットコインの価格比較
  • 2017年11月末:1BTC=約100万円
  • 2018年2月末:1BTC=約110万円

2017年末の高騰があまりにも印象的だったため、メディアは大げさに報道しましたが、冷静に見ると2018年初頭の暴落後もビットコインの価格は以前より損なわれていないのが理解できるでしょう。

2018年3月~7月までの価格推移

まずは以下のチャートをご覧ください。

出典: https://coinmarketcap.com

こちらは2018年3月~7月末までのチャートですが、上下動の波はあるものの、急激な暴落や高騰は起こっていないのが分かります。

ある意味ここ最近は安定しているとも言える訳ですが、2017年末のビットコイン人気に乗じた新規参入者が減り、市場がある程度落ち着いているのが大きな要因と考えられます。

バーゲンセール前後のデパートのようなイメージでしょうか。

バーゲン中は売り上げが急増するが、バーゲンが終わると売り上げがぐんと下がる。

そしてしばらくして普段通りに戻る、みたいな流れですね。

ただしビットコインの場合、2017年と2018年を比較すると、前年度の同時期より価格は高い状態で推移していますので

「以前に戻った」というよりは「価格が底上げされ、落ち着きを取り戻した」という表現の方が正しいかもしれません。

出典: https://coinmarketcap.com

※上記は2017年7月~2018年7月までのチャート。
前年度の同時期と比べると、2018年は価格が一段階上で推移しているのが分かる。

ビットコインの今後の価格とは?2018年をメディアや識者はどう見ている?

ここまではビットコインの「過去」に注目してきましたが、次はいよいよ「今後」についてです。

圧倒的人気を誇るビットコインだけに、様々な識者や著名人、メディアが今後の予想を立てていますのでまとめてみていきましょう。

「Standpoint Research」創設者


出典: https://twitter.com/RonnieMoas/

Standpoint Research社は投資家向け株式予想サービスを提供している会社です。

その創設者でありCEOでもあるRonnis Moas氏は、世界の経済アナリストのランク付けを行うTipRankから5つ星の最高評価を受けるほどの敏腕アナリストで、ビットコインの今後についても言及しています。

以下にRonnis Moas氏の見解や予想をまとめました。

ビットコインの今後や将来性について
  • 2020年までに165万円~220万円程度まで価格が上昇する
  • ビットコイン人気は一過性のバブルではない

また、Ronnis Moas氏は過去にも2018年初頭の価格を1BTC=14,000ドルと予想し、見事的中させています。

そう考えると「2020年までに165万円~220万円まで上がる」との予想も軽視できるものではありません。

「TechCrunch」創設者


出典: https://jp.techcrunch.com/

IT系スタートアップ企業関連のニュースを配信するメディア「TechCrunch」の創設者で

米TIME誌「最も影響力のある100人」にブロガーの代表として選ばれたこともあるマイケル・アーリントン。

そんな“超”影響力を持つ彼はビットコインの今後に関して、「2018年末までに約275万円に達する」と予想しています。

更に自身が運営するファンドでも、

現在の市場は低迷しているが、特にビットコインを多く保有している

と明かしており、ビットコインの今後に対する高い期待感がうかがえます。

「BitMEX」CEO


出典: https://www.bitmex.com/

仮想通貨取引所「BitMEX」のCEOであるアーサー・ヘイズ氏は、ビットコインについて以下の見解を述べています。

アーサー・ヘイズ氏の見解
  • ビットコインの最悪な状態をすでに見たとは思わない
  • ビットコインは再び価格を伸ばし、2018年末までに約550万円に達する

かなり強気な予想ではありますが、「ETFや取引可能な金融商品が米国の金融市場でローンチされればなおさら」と具体的な好材料についても述べつつ、ビットコインの復活を予想しているようです。

「ADVFN」CEO


出典: https://www.disruptordaily.com/

世界中の金融情報を配信するADVFNのCEOであるクレム・チェンバース氏も、今後のビットコインについては希望的観測を持っているようです。

クレム・チェンバース氏の見解
  • ビットコインは以前の高値を取り戻す
  • 最終的に約1,100万円まで価格を伸ばす

総じてビットコインが伸びると予想していますが、それと同時に「一時的に約20万円程度まで下落してから、約200万円まで到達する」との考えも示しています。

この予想が仮に当たるとすれば、下落のタイミングが重要になりそうですが、少なくとも長い目で見た場合ビットコインは今後まだまだ伸びると考えることが出来そうですね。

チェンバース氏の意見を参考にするなら、長期保有目的でビットコインへ投資するのもアリでしょう。

「McAfee」創業者


出典: http://www.whoismcafee.com/

McAfeeは、コンピュータセキュリティ関連のベンダーとして世界一の規模を誇る企業で

過去には日本の市場の占有率で1位になった経験も持っています。

実はこのMcAfeeの創業者「ジョン・マカフィー」氏は、新しい決済通貨『マカフィーコイン(McAfee Coin)』の発行を目論むなど、仮想通貨市場とも関連深い人物です。

そんなマカフィー氏がビットコインの今後についてどんな予想を持っているのかというと…

ジョン・マカフィー氏の見解
  • 2020年までに1BTC=1億円を超える
  • 2018年6月には1BTC=160万円を超える

ご覧の通り、「2020年に1億円」とあまりにも大胆な予想を行っています。

ただし、後者の予想はすでに外れていますので、「2017年末の急激な伸びが続けば…」という見方だったのかもしれません。

「eToro」シニアアナリスト


出典: https://twitter.com/MatiGreenspan/

投資ブローカー大手である「eToro」のシニアアナリスト、マティ・グリーンスパン氏はインタビューでビットコインの今後について次のような見解を述べています。

マティ・グリーンスパン氏の見解
  • 年末にかけて仮想通貨相場自体の不透明感が高い
  • ビットコインは10万円にも500万円にもなりうる
  • 他の金融資産にも投資してリスク分散すべき

要するに、「高騰しても下落しても不思議ではない」との予想ですね。

2017年末のような勢いが現在の仮想通貨市場にはないため、以前よりリスクを考慮すべきだと強い提言しています。

ウェブボット

ウェブボットはマイクロソフトの元コンサルタントが中心となって作られた、いわゆる「仮想通貨の未来予測ツール」です。

仮想通貨に関する情報をSNSから抜き出して分析する仕様となっており、過去にいくつもの予想を的中させたことで大きく注目されるようになりました。

ではウェブボットが示す、「2018年のビットコインに関する予想」をご紹介しましょう。

ウェブボットの予想の見解
  • 2018年秋に220万円に達する
  • 2018年末には1000万円に到達

数々の予想を当ててきたウェブボットはビットコインに関して、明確に伸びると予測しているわけです。

すでに他の様々な予想が2018年に当たっていることを踏まえても、これらの予想は大いに参考になると考えるべきでしょう。

ビットコインが今後、値上がりするための好材料

仮想通貨の価格変動にはすべて「理由」が存在しています。

だからこそ「価格の上昇に影響する可能性が高い情報」を事前に知っておけば、適切なタイミングでの投資を実施しやすくなると言えるでしょう。

ビットコインの今後の値上げについて、鍵を握る可能性が高い材料をここではまとめました。

アルトコインの伸び悩み

2018年に入り仮想通貨全体が落ち込む中、アルトコインについても4月・5月に一時的な上昇を見せるにとどまり、2017年末のような高騰はありませんでした。

こうなると取引全体30%強を占有するビットコインに再び資金が流入する可能性が高くなります。

アルトコイン熱が冷める⇒ビットコインが再び伸びる。

上記のような流れが構築されれば、ビットコインの価格が最盛期レベルまで盛り返しても不思議ではありません。

Tether

Tether(テザー)とはTether Limitedが運営する「米ドルと連動した価値を持つ仮想通貨」のことです。

通貨の略号はUSDTで、米ドルと価格を固定するためTether Limitedによって中央集権体制下で管理されているのが特徴的です。

このテザー(USDT)はビットコインの価格にも常にかかわってきた存在なのですが、2018年3月の2億5000万枚に続き、8月11日にも5000万ドル相当を発行。

その性質上、新たなUSDT発行は同額の米ドルが仮想通貨取引所に入金されたと同等で、仮想通貨購入に回されると、ビットコインの価格上昇を招くと見る声も多く聞かれています。

実際、様々な取引所でBTCとUSDTのペアが提供されていますので、テザーが高まればビットコインにも一定数流れ込む可能性は十分考えられるでしょう。

Bitcoin ETF

ビットコインを投資対象に含んだ上場投資信託が「Bitcoin ETF」です。

証券取引所に上場すれば、通常の株式の売買と同様に証券会社を通じての取引が可能になるため、様々なメリットに期待できます。

Bitcoin ETFのメリット
  • ビットコインそのものの信頼性が上がる
  • 個人投資家だけではなく、機関投資家も投資できるようになるため市場が活性化
  • 株式投資のように手数料が安く売買もシンプルになる

もしBitcoin ETFが認可されるとなれば、ビットコイン市場にとっても過去に例を見ないレベルの影響力を及ぼす可能性は高いでしょう。

しかも2018年8月8日時点ですでに、米国証券取引委員会(SEC)は今後2ヶ月の間に9つのBitcoin ETFを可否判断すると報じられており、ここへ来て非常に現実味を帯びてきました。

SECの決定が報じられるたびにビットコインの相場が動く可能性もあるため、Bitcoin ETF関連の情報には常に目を光らせておきましょう。

取引高が落ち着いている

ご存知の通り、2017年末と比較するとビットコインの価格はここ数か月落ち着きを見せています。

これは一見好材料には感じないかもしれません。

ところが「どんなに価格が下がろうと、ビットコインを売りたくない」と考えている人がいるのもまた事実です。

つまり、2017年に「ビットコイン人気に乗じて購入した人」や「価格下落に耐えかねて手離した人」などはすでに大半が市場から姿を消していると考えることも出来るのです。

そのため、取引高が落ち着きを取り戻したこの状況こそが「高騰」や「長期的な伸び」の起点になると予想する声が多くなってきているのを覚えておきましょう。

世界各地での取り扱い増加

未だビットコインの取扱いは日本がおよそ5割を占め、その他も先進国が主に取り扱う状況が続いています。

ところが2018年にはベネズエラをはじめとして、自国で仮想通貨を発行するなど、新興国における仮想通貨の取扱いが増えてきました。

例えば東南アジアでは、実用的な決済としてホテル予約に使えるところも出てきています。

今後、先進国以外の国々で仮想通貨が広がっていけば、おのずと圧倒的な人気を持つビットコインにもお金が流れ、価格上昇へ結び付きやすくなるでしょう。

ビットコインが今後、下落を招く可能性のある懸念点

ビットコインの今後については「明るい材料」ばかりではありません。

現時点で価格上昇を阻害する、もしくは下落につながる可能性を持った懸念点についてもしっかりチェックしておきましょう。

他の仮想通貨との競争

ビットコインはもともと、「送金に関する様々な問題の解決」に役立つとして注目された仮想通貨です。

従来の送金に関する問題
  • 安心に、安全に送金するには仲介者(銀行など)を介す必要がある
  • 海外送金時に手数料が高い
  • 海外送金の際には完了までにかなりの時間がかかる

これらの問題をすべて解決できるのでは?と注目されていたのがビットコインなのです。

安全に、安い手数料で、スピーディに送金を実現するため、企業・一般人問わず様々なところで重宝されるようになりました。

ところが時間に経つにつれ、送金手段としてビットコインより格段に速く、手数料の安いリップルなど、いわゆる「ライバル仮想通貨」が力を伸ばしてきました

そのため、これらアルトコインとの競争次第ではビットコインの価値・人気が薄れていく可能性もゼロではないでしょう。

取引所のトラブル

ほとんどの人はビットコイン及び仮想通貨の取引を仮想通貨取引所で実施しているはずです。

そのため、「取引所のトラブル」=「仮想通貨の人気・信頼」に直結すると言っても過言ではありません。

例えばビットコインが紛失した「マウントゴックス事件」、ネムが流出した「コインチェック流出問題」の後などは暴落を招きました。

要するにいくら仮想通貨そのものが優れていても、取引所で大きなトラブルが起これば価格の下落を招きやすいということです。

中でもビットコインは圧倒的な一番人気を誇る仮想通貨ですので、取引所関連のトラブルによって受ける価格への影響もひときわ大きくなりやすいでしょう。

犯罪行為に使われやすい

現金代わりにビットコインを犯罪者が意図的に使っているという指摘は、これまで特にビットコイン批判者たちが叫び続けてきた問題です。

実際、ビットコインを不正に使用したマネーロンダリングで起訴される事件なども過去には起こりました。

ビットコインの特徴である「匿名性の高さ」を悪用して、お金の出どころや特定されるのを避けるために犯罪者が意図的に利用したのでは?と言われています。

ですが「犯罪の温床だ」と危惧する声も上がる中、ビットコインはマネーロンダリングには適さないという見方が現在では主流です。

理由はいたってシンプル。

ビットコインのブロックチェーン技術では、取引情報すべてが記録されるため「しっかりと足跡が残る」からです。

しかもその記録は全世界全てに公開されるので誰でも確認が可能となっており、犯罪者が逃げ切ることなどまず不可能でしょう。

こういった考えがどれだけ拡散されていくかが、ビットコインのマイナスイメージを払しょくするカギになると思われます。

国内外での規制

歴史が浅い中で急速かつ大規模に広がった仮想通貨に関しては、各所で規制や法的取り決めなどの基準が存在しておらず、急ピッチで整備を進める状況が続いています。

中でも規制強化の動きはビットコインに限らず、すべての仮想通貨にとって価格上昇の妨げとなってきました。

現在は各国国内だけの議論にとどまらず、G20など国際的な場でも規制強化の議論が盛り上がっていると聞きます。

明確な着地点が見えてくれば価格も落ち着くでしょうが、それまでは噂レベルを含め様々な規制関連の話題によってビットコインの価格上昇も阻害されるかもしれません。

結局、ビットコインの今後に期待して投資すべきなのか?

様々な情報を元に、ここまで「ビットコインの今後」について解説してきましたが、気になるのはやはり、

ビットコインは買うべき?
何に注意したら良いの?

などという部分でしょう。

ここからは「より具体的なビットコインの運用」について、使える参考情報をご紹介したいと思います。

ビットコインの今後を見据えて、長期保有も視野に入れる

ビットコインは長期的に見ると現在より大きく価格を伸ばす可能性を持っていると、多くの識者や著名人が予測しています。

また、仮想通貨市場自体が世界にまんべんなく広がっていない点、発展途上である点などもポイントでしょう。

ビットコインの伸びしろについて
  • 先進国以外へ仮想通貨が広がりきっていない
  • 実用化に向けて整備が進んでいる途中である
  • Bitcoin ETFをはじめとした新たな投資分野が未開拓

これらの要素に加え、ビットコインは仮想通貨人気No,1であることを考慮すると、長期保有による将来的な価値の上昇を視野に入れておくのも大切でしょう。

仮想通貨市場がさらに拡大すれば、おのずと人気の高いビットコインにも資金が流れ、比例して価格上昇を招く可能性も高くなるはずです。

ビットコインが今後、下落するリスクを考慮した分散投資もあり

2017年の記録的な仮想通貨市場の盛り上がりを終え、現在はビットコインをはじめ、多くの人気通貨が落ち着いた推移を見せています。

少なくとも新規参入者が続出し「イケイケ」だった2017年後半のように、知識が少なくても買えば儲かるような状況ではありません

情報収集しつつ、値上げの材料を見極めながらの投資が必要となるため、短期投資で効率よく利益をあげる難易度はアップしていると言えるでしょう。

そのためひとつの仮想通貨だけに固執せず、タイプの異なる複数のコインを運用しながら、リスク分散することも視野に入れておくべきかもしれません。

注目銘柄ごとの「値上げ材料」を事前にチェックしておけば、動きがあった際に買い時を逃してしまう確率も下げられるはずです。