やさしい仮想通貨の始め方を解説

GMOコインの評判は実際どう?50人の本音で分かったメリット・デメリット

GMO-thumbnail

「GMOコインを使ってみたいけど、実際の評判はどうなの?」

「悪い口コミも含めて、GMOコインを実際に使っている人の評判を知っておきたい!」

とお考えではありませんか?

信頼できる本当の評判や口コミを探していくという作業は難しくて面倒です。

そこで、この記事ではGMOコインに対する50人以上もの評判の中から、GMOコインの本質が分かるものをピックアップして分類しました。

この記事を読めば、GMOコインが自分に向いているかどうかがわかり、メリット・デメリットを理解した上で、最良の決断ができるでしょう!

結論としては、GMOコインは多くのユーザーから利用されている取引所ですが、すべての人に万能ではなく、おすすめできる人とそうでない人に分かれます。

GMOコインをはじめる前に、この記事を読んでGMOコインが自分に向いているかどうかを確認してください。

そもそもGMOコインとは?

出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインは2016年に設立した国内仮想通貨販売所で、さまざまなインターネットサービスで知られるGMOグループによって運営されています。

大元の会社は東証一部上場のGMOインターネットグループとなりますから、高い信頼性があるとして人気です。

また、GMOコインは仮想通貨売買のみならず仮想通貨FXも利用でき、最大10倍のレバレッジで信用取引を行うことが可能。

ほとんどの取引が手数料無料なので、無駄なく取引ができるとして人気があります。

GMOコインの概要
会社名GMOコイン株式会社
設立年月2016年10月
所在地〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
資本金17億5,800万円
登録番号関東財務局長 第00006号(仮想通貨交換業)
株主GMOインターネット株式会社
GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
GMOグローバルサイン株式会社
Fitech Source,Inc.
高島 秀行
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

GMOコインの公式サイト

とはいえ、良い評判ばかりではなく悪い評判もありますので、具体的な評価を順番にみていきましょう。

GMOコインの良い評判

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

まずはGMOコインの良い評判について紹介していきます。

細かく調べるとGMOコインには非常に多くのメリットが存在するのですが、ここでは特に数が多かった評価を取り上げてみました。

特に使いやすさについては誰もが評価している部分ですので、取引画面を頻繁にチェックするような人は、ぜひ検討してみるよ良いでしょう。

良い評判1.企業としての信頼性が高い

仮想通貨取引所を選ぶ際に重視したいのが信頼性ですが、GMOコインはさすが東証一部上場企業のグループ会社というだけあって、信頼性が高く評価されています。

https://twitter.com/hiyo_piya/status/980319618710450176

また、GMOファイナンシャルホールディングスでは、11年以上にわたって金融システムを手がけてきたため、セキュリティ対策も最強といえます。

顧客資産と会社資産をしっかり分けて保管していたり、2段階認証24時間365日のシステム監視コールドウォレット管理マルチシグの徹底など、これらの対策は日本一ともいわれるほど。

そのため、仮想通貨取引目当てではなく保管目的としてGMOコインを利用する人も多いようです。

良い評判2.初心者でにも使いやすい

GMOコインは取引画面が直感的で非常に使いやすくなっています。

特にスマートフォン用のアプリ「ビットレ君」については高く評価されていて、初心者でも迷うことなく、サクサク取引ができると評判。

「ビットレ君」ではいくつかの項目を入力するだけで取引ができ、とにかくチャート機能が充実しているのが人気の秘訣。

また、仮想通貨FXには必要不可欠となるリアルタイムレート建玉サマリー注文一覧といった画面を表示させることができますので、チャートを見るためにアプリをダウンロードする人も少なくありません。

良い評判3.手数料が安い

GMOコインでは手数料の安さも大きな魅力となっており、これに惹かれて口座を開設するという人も多いようです。

GMOコインの手数料一覧はこちら。

仮想通貨現物売買仮想通貨FX
取引手数料無料
  • 新規注文/決済注文: 無料
  • ロスカット: 無料
  • レバレッジ手数料: 0.04%/日
入金【日本円(JPY)】

  • 即時入金: 無料
  • 振込入金: 銀行側手数料のみ

【仮想通貨】

  • マイナーへの手数料のみ
出金無料

GMOコインで手数料を設けているのは仮想通貨FXのレバレッジのみです。

マイナーへの手数料はどうしても発生してしまいますが、その他の取引は手数料なしで利用できるので、たくさん取引を行う人でも安心!

https://twitter.com/jyImbQ93/status/939424625867481089

取引や入金手数料だけではなく、即時入金などの便利サービスまで無料というのも魅力的ですよね。

GMOコインの悪い評判

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

今度はGMOコインの悪い評判を紹介していきます。

取引所を選ぶ際、メリットに惹かれて安易に登録してしまう人が多いですが、どちらかというと悪い評判の方をしっかりチェックするべき。

実際に使ってみて「こんなはずでは無かった…」と後悔する可能性もありますので、悪い部分も含めたうえで向き・不向きを判断してきましょう。

悪い評判1.スプレッドの広がり

仮想通貨は価格変動が激しいという特性を持っていますので、当然価格の乱高下もあり得ます。

さらにGMOコインのFX取引を利用する場合、相場が荒れるとスプレッドが広がるので要注意!

一般的なFX取引ではスプレッドは500円が基本となっているのですが、過去に相場が荒れた時は、ビットコインのスプレッドが最大50,000円にまでなりました。

そのため、価格変動が激しい時は大きな負債が出てしまうリクスも高くなるのです。

悪い評判2.取り扱い通貨が少ない

DMOコインで取り扱っている仮想通貨は全部で6種類

そのため、1種類のみの取引したい人は問題ありませんが、複数のコインを取引したい人にとってはデメリットになります。

DMOコイン取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

ちなみに、GMOコインでビットコインを購入し、取り扱い通貨の多い取引所へビットコインを送金すればいろいろなコインでの取引が可能となります。

しかし、やや面倒であるということと、送金手数料がかかるということもあり、「それだったら他の取引所で口座開設する…」となる人が多いのです。

悪い評判3.買い規制が入ることも…

GMOコインでは時々買い規制が入ることがあります。

買い規制というのは、特定の仮想通貨が購入できなくなるというもので、カバー取引や売買数量のバランス調整が目的だといわれています。

買い規制が入ると、解除されるまで特定コインを購入することができませんから、絶好のタイミングを逃すことになるんですね。

https://twitter.com/inago_surfer/status/943602163355287552

GMOコインは「取引所」ではなく「販売所」になりますから、他の取引所に比べて買い規制の回数が多くなります。

そのため、Tweetにあるようにメイン取引を他の取引所に移す人も非常に多いのです。

買い規制の理由とは?

GMOコインは販売所であるため、私たち顧客と取引を行なっている状態になります。

そのため、私たちに利益が出ればGMOコイン側が損をするため、別の業者から同じ通貨を売買して差し引きゼロにしているんです。

そのため、このカバー取引が十分に行えないシーンで買い規制が入ると考えられます。

しかし、できることならカバー取引をせず、GMOコイン内で問題可決ができるのがベストであるため、売買注文のバランスが悪くなった際に買い規制を入れ、バランスの調節を行うこともあるでしょう。

あとは、単純にGMOコインが抱えていた在庫が切れてしまったというのも、買い規制が入る理由といえます。

いずれにせよ、買い規制の理由は明確にされていませんので、これらの理由はあくまでも一般的な情報となります。

GMOコインのメリット・デメリットまとめ

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

GMOコインは信頼性が高く、直感的な画面で仮想通貨取引ができるというのが大きな魅力といえます。

一方、スプレッドの開き買い規制が多いというのがデメリットとなり、仮想通貨取引におけるリスクともいえるでしょう。

GMOコインのメリットとデメリット

【メリット】

  • 信頼性が高く万が一の時も安心
  • 画面が直感的で使いやすい
  • 手数料がほとんど無料
【デメリット】
  • 相場が荒れるとスプレッドが大きく広がる
  • 取り扱い通貨が6種類のみ
  • 買い規制により効率的に稼げない

結局GMOコインは使うべき?他の取引所との比較

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

GMOコインでは仮想通貨FXが利用できると紹介しましたが、実際、他の仮想通貨FXを取り扱っている取引所と比べて使いやすいのでしょうか?

ここでは、GMOコインと同じように仮想通貨FXを取り扱っている「Zaif(ザイフ)」「bitFlyerLightning(ビットフライヤーライトニング)」との比較をチェックしてみましょう。

取引手数料日次手数料キャピタルゲインスプレッド
GMOコイン無料0.04%無料500円〜
Zaif無料0.039%無料数百円
bitFlyerLightning無料0.04%無料数百円

取引手数料や日次手数料、キャピタルゲインについては他の取引所とほぼ同じ条件となりますが、スプレッドについてはやや高めというのがわかりますね。

コインの価格が安定している時であれば問題ありませんが、乱高下が始まるとスプレッドはみるみる開き、最終的にはあり得ないほどの金額になるので注意が必要です。

そのため、スプレッドが開くというリスクを頭に入れて利用すれば、安い手数料で快適に取引が行えるでしょう。

しかし、思いがけないところで買い規制が入る可能性がありますので、一刻を争うような取引には向きません。

短期取引をする人の場合は、GMOコインをサブとして開設しておき、タイミングを見計らって取引をするのがおすすめといえます。

GMOコインの公式サイト