やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨市場は今後どうなるのか?現在の分析や今後について予測してみた

kongo-thumbnail

2017年に仮想通貨元年を迎え、破竹の勢いで市場規模が拡大していきましたが、2018年は価格が下落ぎみになっています。

では仮想通貨市場は今後どうなってしまうのでしょうか。

このまま価格が停滞してしまうのでしょうか。

今回は現在の仮想通貨市場について分析し、さらに今後について予測してみました。

仮想通貨が気になっているけど今後市場規模が下がるならやりたくないかも…と思っている人はぜひご一読ください!

ざっくり言うと…
  • 2017年は仮想通貨が世間に周知され、価格が上昇、ビットコインに関してはバブルだったとも言える。
  • 2018年、リップルやイーサリアムを中心に、2017年ほどではないものの市場の成長が見込まれている。
  • 仮想通貨は今後、法整備や送金詰まりなどの課題解決の段階へ移行しつつある。
  • まだまだ黎明期の仮想通貨は今後、普及していくと価格も上がっていくものと推測される。
  • 黎明期の今から仮想通貨を購入したい人は、『BITPoint(ビットポイント)』『GMOコイン』『bitbank(ビットバンク)』から仮想通貨を購入することがオススメ。
  • 中でもビットコインもリップルも取引手数料が無料レバレッジが国内最大の25倍対応『BITPoint(ビットポイント)』は使い勝手がよく一番オススメ。

 

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

 

BITPoint(ビットポイント)の口座開設はこちら

 

現在の仮想通貨市場の規模について

仮想通貨取引所海外

日本における現在の仮想通貨市場はどれくらいの規模なのでしょうか。

日本国内の仮想通貨市場の規模は??

NEM仮想通貨技術

仮想通貨はその性質から、日本国内での仮想通貨の保有量が不明です。

ただし、日本国内取引所における仮想通貨の取引高を合計すると、2018年7月現在で、約2,000億円となっています。

世界全体では仮想通貨の取引高は5兆円程度ですので、世界中の取引の4%ほどが国内の取引所で行われているということです。

日本国内や世界中の企業の時価総額はどれくらい?

仮想通貨取引所注意点

仮想通貨市場全体では時価総額は2018年7月現在で約30兆円だとされています。そのうちビットコインの時価総額は全体の6割にあたる約15兆円となっています。

では世界中の企業の時価総額と比較するとこの規模はどれくらいのものなのでしょうか。

国内の主要企業や海外の主要企業の時価総額と比較してみましょう。

国内の主要企業時価総額海外の主要企業時価総額
トヨタ23.5兆円Apple8823億ドル(約97兆円)
三菱UFJ11.7兆円Alphabet(Googleの親会社)7148億ドル(約80兆円)
NTT11.2兆円Microsoft6493億ドル(約72兆円)
NTTドコモ10.4兆円Amazon.com5670億ドル(約63兆円)
ソフトバンク10兆円Facebook5148億ドル(約57兆円)

国内大手企業5社と比較するとビットコインはトヨタよりは時価総額が低いものの、他4社よりも高くなっています。

そうはいっても国内企業の時価総額を合計すると100兆円以上ですので、仮想通貨市場がまだ小さいということがわかります。

また、海外企業になると仮想通貨市場のほうが時価総額が低く、世界の壁はまだまだ厚いということがわかります。

ただ、仮想通貨市場が最も成長した2017年12月は仮想通貨全体の時価総額が約70兆円とMicrosoftに匹敵する時価総額となっていますし、現在は下降気味ということもあります。

2018年全体でみると仮想通貨は成長すると言われていますので、これからにかかってくるといえるでしょう。

仮想通貨を購入してみる

これまでの仮想通貨市場の推移


出典: https://coinmarketcap.com

これは2015年から現在までの仮想通貨市場の推移を表しています。

2017年6月ごろに「アルトコインバブル」が起こり、そこから価格をどんどん増加させていき、ビットコインのハードフォークが未遂になってしまった11月頃からさらに伸びていっています。

その結果2017年に市場が約4,000%という驚異的な急成長を遂げました。

2016年に時価総額成長率は約200%ほどでしたので2017年は仮想通貨が大躍進を遂げた年だと言えるでしょう。

しかし2018年に入るとコインチェックの仮想通貨流出事件などをきっかけにして仮想通貨全体で暴落をしています。

そのため、仮想通貨はすでにオワコンになっているという見方をしている人もいます。

しかしながら2018年も仮想通貨は成長していくと見られていますので、今後の動向をチェックしていく必要があるでしょう。

仮想通貨時価総額ランキングTop5

WorldSpectrum / Pixabay

では仮想通貨市場で時価総額が高い仮想通貨はどれなのでしょうか。

ここでは仮想通貨時価総額Top5をご紹介します。

時価総額ランキングトップ5

1位 Bitcoin(ビットコイン)
2位 Ethereum(イーサリアム)
3位 Ripple
4位 BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)
5位 EOS(イオス)

1位 Bitcoin(ビットコイン)

仮想通貨決済冒頭

仮想通貨と言えばこれ!と言われるのがビットコインです。

仮想通貨市場では基軸通貨となっており、ほとんどの取引所では取引のほとんどがBTC建てとなっています。

時価総額は約15兆円となっています。

2位 Ethereum(イーサリアム)

WorldSpectrum / Pixabay

スマートコントラクトという技術を発明し、投資家だけでなく各業界から注目されている仮想通貨です。

プラットフォームとして利用する人も多く、開発もとてもパワフルです。

現在の時価総額は約5兆です。

3位 Ripple

リップルはIoUという革新的なシステムや決済ネットワークが優れていると注目されている仮想通貨です。

また、世界各国の銀行などの金融機関と提携を行っていますので、将来性が非常に高い仮想通貨です。

時価総額は約2兆です。

4位 BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)

ビットコインからハードフォークしたことで話題になった仮想通貨です。

スケーラビリティ問題を解消するために作られた仮想通貨で、本家のビットコインを上回る勢いで成長していっています。

時価総額は1.5兆円です。

5位 EOS(イオス)

イオスはイーサリアムと同じくスマートコントラクトを採用した仮想通貨で、イーサリアムの上位互換の仮想通貨と言われています

スマートコントラクトやDPoSやソフトウェア「IOS.IO」による処理速度と安全性の両立を掲げており大注目されている仮想通貨です。

時価総額は約8,500億円です。

今後の仮想通貨市場の推移はどうなる??

仮想通貨NEMチャート

現在価格推移が全体的に下がり気味となっているため、今後どうなるのか気になる方が多いのではないでしょうか。

ここでは仮想通貨市場の今後についてご紹介します。

2018年は課題が解決できるのかが焦点

仮想通貨取引所重要

2017年は仮想通貨市場が大きく成長した半面、さまざまな課題も出てきました。

例えば、仮想通貨で得た利益に対する課税方法などの法的な課題や、仮想通貨市場への参入が増えて、トランザクションが増加したことで送金遅延などが起きるなどの問題があります。

さらにコインチェックの仮想通貨流出事件により厳しくなったセキュリティなどの基準にどう対応していくかというところが課題となるでしょう。

それらの課題への対処法によって、今後仮想通貨市場が拡大していくか、縮小していくかが決まるでしょう。

先物上場の開始で市場規模が拡大する可能性あり

仮想通貨取引所初心者

CBOEとCMEという2つの先物取引所に仮想通貨が上場したのが昨年の12月のことでした。

この2つの先物取引所は世界有数の先物取引所ですので、ここに仮想通貨が上場したということは仮想通貨市場に多くの投資家が参入する可能性があると言えます。

ただし、先物取引に参入したことで仮想通貨市場が返って不安定になる可能性があるため注意しなくてはいけません。

金融商品としてメジャーになる可能性

NEM仮想通貨提携

現在株やFXなどの金融商品が主で、仮想通貨の金融商品としての規模はまだ小さいです。

ビットコインなどの仮想通貨取引は、その仮想通貨という特性上投資対象としての信頼性が確立していなかったのではないかと言えます。

しかし、先物上場したことで、信頼性を多少なりとも獲得できたのではないでしょうか。

仮想通貨の中でも現物だけでなくFX取引を活用する人が増えてきました。

取引のバリエーションも揃い、今後さらに金融商品としての価値が高まっていく可能性は大いにあります。

仮想通貨を購入してみる

MEMO

仮想通貨FX(ビットコインFX)についての詳細はこちらの記事で解説しています。

fxtorihikijo仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?初心者おすすめの取引所比較ランキングTOP7 <レバレッジ取引の勝ち方>

意外と知らない?仮想通貨市場の規模に関するQ&A

NEM仮想通貨とは

ここでは意外と知らない人が多い仮想通貨市場の規模に関する疑問について答えていきたいと思います。

仮想通貨市場のバブルははじけたのか?

先に結論から言うとそもそも仮想通貨市場の成長性はバブルとは言い切れません。

2017年仮想通貨市場が大きく成長し、「仮想通貨バブル」などと言われてきました。

特にビットコインに関してはバブルの可能性が非常に高いと言えます。

なぜなら送金詰まりなどの問題があるのにも関わらずビットコインの価格が急騰したためです。

ただし、仮想通貨市場全体でみるとバブルとは言い切れないところがあります。

なぜなら市場で取引されているアルトコインの中には、独自の機能を盛ったものが多く、その特性に将来性を感じて投資している人が多いからです。

バブルというものは投資対象の本質を観ずに流行りだからという理由で人々が投資して発生する現象ですので、バブルとは少し違うものであると考えられるのです。

市場規模の拡大は2017年でピークは過ぎたんじゃないのか?

市場規模の拡大のスピードだけで言えば、2017年はピークだったかもしれません。

しかしながら、市場規模自体は今後さらに拡大していく可能性が高いと言えます。

確かに2017年後半の市場規模拡大スピードはすさまじいものでした。

しかし、これが1つのブームでこのまましぼんでいくとは言い切れません。

2017年に仮想通貨に関する法律が定められたり、仮想通貨が世間に認知されるようになったなど、仮想通貨取引のレールができた年だと言えるのです。

仮想通貨はもうオワコンって言われているけど本当?

リップル購入まとめ

仮想通貨は2018年に入って大きく価格が下落しています。

そのため「仮想通貨はもうオワコン」なんて言われたりしています。

しかしながら、仮想通貨市場で流通している仮想通貨の中にはリップルやイーサリアム等仮想通貨自体ではなくそれが持つ機能やプラットフォームが期待されているものがあります。

そのため、今後も仮想通貨市場の規模は2017年ほどのスピードではないにしろ成長していくでしょう。

仮想通貨を購入してみる

今後成長していく仮想通貨はどうやって購入できるの?

仮想通貨は「取引所」「販売所」と呼ばれる仮想通貨を売買するウェブサイトに、銀行振込などで日本円を送って仮想通貨に交換することで購入できます。

1. 「取引所」や「販売所」に登録

2.コンビニや銀行から入金

3. 仮想通貨を買う

仮想通貨の購入方法はたったこれだけで、とっても簡単です。

仮想通貨の「取引所」「販売所」はたくさんありますが、冒頭でおすすめしたさえ持っていれば、とてもかんたんに一般的な仮想通貨取引はすべて行えます。

他の取引所だと、手数料が安いだけであったり、レバレッジ倍数が高いだけであったり、セキュリティがイマイチだったりするものですが、BITPoint(ビットポイント)は、各種手数料が無料で、レバレッジも国内最大の25倍で、独自のセキュリティ体制を構築してサービスを提供しているのでBITPoint(ビットポイント)が非常におすすめです。

取り扱い通貨も豊富で、先ほどご紹介した時価総額ランキング1位のビットコインから4位のビットコインキャッシュまですべての通貨を取引することができます。

BITPoint(ビットポイント)は口座さえ持っていれば、仮想通貨取引の大半を行うことができるので、取引する方には必須の仮想通貨取引所です。

BITPoint(ビットポイント)から仮想通貨を買ってみる

BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めてみる

仮想通貨市場の今後についてまとめ

仮想通貨今後

いかがでしたか?

今回は仮想通貨市場の現状や今後、そしてQ&Aなどについて説明していきました。

仮想通貨市場は2017年12月のピークから価格が下落し続けていますが、仮想通貨市場全体で見れば今後も成長をしていくと考えられます。

株式でもFXでも価格が下落することがありますし、現在の仮想通貨市場規模の縮小も一過性のものであると考えていいでしょう。

今後普及していけばさらに仮想通貨の価格は上がっていきますので、それに期待して投資をしてみるといいと思います。

BITPoint(ビットポイント)から仮想通貨を買ってみる

BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めてみる