やさしい仮想通貨の始め方を解説

【完全版】Zaif(ザイフ)の登録方法や使い方を徹底解説!~ビットコイン初心者もこれで完璧!~

Zaifザイフ仮想通貨取引所の徹底解説

日本の仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」の特徴やサービス内容の紹介、登録手続きや使い方などを詳しく解説しています。

「これから仮想通貨投資を始めようかな?」という初心者の方、「Zaifの評判ってどうなのかな?」「Zaifの口座開設ってどうやるの?」など、Zaifの利用を検討している方はぜひご覧ください。

新規登録者にZaifトークンをもれなくプレゼント中!8/31までの期間限定!

Zaifの登録はこちら

Zaifってどんな取引所?

Zaif(ザイフ)は大阪に本社を置くベンチャー企業「テックビューロ」が運営する仮想通貨取引所です。

先進的な仮想通貨業界においても一目置かれる存在で、2ちゃんねる発祥の国産仮想通貨「モナコイン」を初めて上場させたり、日本発のICOソリューション「COMSA(コムサ)」を開始したりと、時代を先取りする独創的なサービスを次々と展開しています。

もちろん取引所としての基本的なスペックも高く、取引手数料は世界でも最安水準、Zaifでしか取引できないトークンも多数あります。

初めてでも簡単にビットコインやモナコインを購入できる「簡単売買」や、長期的に安定した仮想通貨投資をできる「コイン積立」など初心者向けのサービスも充実しており、初心者から上級者まで多くのユーザーが使っている取引所です。

一方、急激なユーザー数の増加のためか、「口座開設の本人確認手続きが遅い!」「問い合わせに返事がない!」「相場急変時などにサーバーが重く注文が通らない!」などの悪い評判も多々あります。

今後の成長にも期待する取引所です。

サービス内容、特徴は?

サービス内容一覧表

2018年6月21日現在

取り扱い通貨数16種類
通貨ペア日本円建て:16種類
BTC建て:12種類
入出金手数料入金:入金手順の欄を参照
出金:出金手順の欄を参照
取引手数料メイカー:-0.05%~0%
テイカー:-0.01%~0.3%
※通貨によって異なる。通貨ごとの取引手数料一覧はこちら
トレードの種類現物取引
信用取引
ビットコインFX(デリバティブ)
トレード以外のサービス簡単売買(販売所)
コイン積立
アプリ△:iOS版、Android版
API○:あり(ドキュメント
ソーシャルTwitter
Facebook

取り扱い通貨について

Zaifでは全部で16種類の仮想通貨を取り扱っています。

Zaifの取り扱い通貨一覧(2018年6月21日現在)
ビットコイン(BTC)、ネム(XEM)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ザイフトークン(ZAIF)、カウンターパーティー(XCP)、ビットクリスタル(BCY)、ストレージコインエックス(SJCX)、フィスココイン(FSCC)、ペペキャッシュ(PEPECASH)、カイカコイン(CICC)、ネクスコイン(NCXC)、ゼン(JPYZ)、コムサトークン(CMS:ETH)、コムサトークン(CMS:XEM)

Zaifでは取り扱い通貨を「主要通貨」「トークン」「COMSA」の3種類のグループに分けています。

主要通貨

主要通貨はビットコイン(BTC)、ネム(XEM)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)の5種類です。

それぞれ円建てとビットコイン建ての通貨ペアとなっています。

主要通貨の通貨ペア一覧
ビットコイン(BTC)/ JPY、ネム(XEM)/ JPY・BTC、モナコイン(MONA)/ JPY・BTC、ビットコインキャッシュ(BCH)/ JPY・BTC、イーサリアム(ETH)/ JPY・BTC

トークン

Zaifではブロックチェーン技術を使って企業などが独自に発行しているトークンなどの取引もできます。

Zaifが発行している取引所独自トークン「Zaifトークン」や、東証ジャスダックに上場している企業のフィスコ(3807)が発行するFISCOコイン(FSCC)や、カイカ(2315)が発行するCAICAコイン(CICC)など、他の取引所では扱っていないユニークなトークンも売買できます。

ゼン(JPYZ)は円建てのみですが、他のトークンはすべて円建てとビットコイン建てがあります。

トークンの通貨ペア一覧
ザイフトークン(ZAIF)/ JPY・BTC、カウンターパーティー(XCP)/ JPY・BTC、ビットクリスタル(BCY)/ JPY・BTC、ストレージコインエックス(SJCX)/ JPY・BTC、フィスココイン(FSCC)/ JPY・BTC、ペペキャッシュ(PEPECASH)/ JPY・BTC、カイカコイン(CICC)/ JPY・BTC、ネクスコイン(NCXC)/ JPY・BTC、ゼン(JPYZ)/ JPY

COMSA(コムサ)

日本初のICO総合ソリューションサービス「COMSA」で今後上場されるICOにお得に参加できるトークンがコムサ(CMS)トークンです。

COMSAについて詳しくは下記記事を参照してください。

COMSA(コムサ)とは?参加のメリット・デメリット|そもそもICOとは

CMSトークンにはイーサリアム(ETH)ベースの(CMS:ETH)と、ネム(XEM)ベースの(CMS:XEM)の2種類があります。

どちらもJPY建てで売買が可能です。

取引手数料について

Zaifの取引手数料は通貨ペアにもよりますが、日本の取引所だけでなく、世界の取引所と比較しても「最安値」と言ってもいいくらいのお得な手数料体系となっています。

通貨ペアMakerTaker
BTC/JPY-0.05%-0.01%
XEM/JPY0%0.1%
XEM/BTC0%0.1%
MONA/JPY0%0.1%
MONA/BTC0%0.1%
BCH/JPY0%0.3%
BCH/BTC0%0.3%
ETH/JPY0%0.1%
ETH/BTC0%0.1%
ZAIF/JPY0%0.1%
ZAIF/BTC0%0.1%
XCP/JPY0%0.1%
XCP/BTC0%0.1%
BCY/JPY0%0.1%
BCY/BTC0%0.1%
SJCX/JPY0%0.1%
SJCX/BTC0%0.1%
FSCC/JPY0%0.1%
FSCC/BTC0%0.1%
PEPECASH/JPY0%0.01%
PEPECASH/BTC0%0.01%
CICC/JPY0%0.1%
CICC/BTC0%0.1%
NCXC/JPY0%0.1%
NCXC/BTC0%0.1%
CMS:XEM/JPY0%0.1%
CMS:ETH/JPY0%0.1%

基本的にはほとんどの通貨ペアでMaker(メイカー)の場合、手数料は無料、Taker(テイカー)でも0.1%程度となっています。

特に赤字の「BTC/JPY」の手数料はメイカーがマイナス0.05%、テイカーがマイナス0.01%となっており、取引時に手数料を支払うのではなく逆にもらえるようになっています。

簡単売買(販売所)

Zaifでは取引所でのトレード以外に初心者でも簡単に仮想通貨を売買できる「簡単売買(販売所)」もあります。

簡単売買では「ビットコイン」と「モナコイン」を売買できます。

取引所で売買するよりも2%ほど割高にはなってしまいますが、チャートやら指値注文やら約定やら初心者にはハードルの高い板取引とは違い、ボタンひとつで簡単に仮想通貨を売買できるのが魅力です。

初めてビットコインやモナコインを買うという場合は、手軽に買えるZaifの簡単売買から始めてみてもいいでしょう。

信用取引

Zaifでは最大レバレッジ7.77倍の信用取引も可能です。

たとえば投資資金が10万円しかなくても、約77万円分のビットコインの売買をすることができます。

これにより少ない資金でも大きな利益を上げられるチャンスが増えます。

もちろん損失も大きくなる可能性があるので注意が必要です。

信用取引ができるのは「BTC / JPY」と「MONA / JPY」の通貨ペアのみで、「BTC / JPY」は「買い」からでも「売り」からでもどちらからでもポジションを取ることができますが、「MONA / JPY」は「売り」からしか入れませんので注意しましょう。

信用取引の手数料

借入手数料 / 日0.039%
利益手数料 /決済0.7%
取引手数料(BTC/JPY)0%
取引手数料(MONA/JPY)maker:0%、taker:0.1%

コイン積立

「ビットコインを買ってみたいけど価格変動が大きすぎて、いつ買えばいいのか購入タイミングが分からない。」

「仮想通貨には将来性を感じるので、金やプラチナのように長期的に積立投資をしたい。」

といった方に便利なのが「Zaifコイン積立」です。

Zaifコイン積立ではあらかじめ決めた金額分の仮想通貨を自動的に購入してくれます。

たとえば毎月の積立金額を1万円に設定した場合、1万円を日割りにした金額分の仮想通貨を自動的に毎日積み立て購入していってくれます。

積み立てできる仮想通貨ビットコイン(BTC)、モナコイン(MONA)、ネム(XEM)
積み立て金額毎月最低1,000円以上、1,000円単位で、最大100万円
手数料
積立金額手数料
1,000円~2,000円一律100円
3,000円~9,000円3.5%
1万円~2万9,000円2.5%
3万円~4万9,000円2.0%
5万円以上1.5%

毎日同じ金額分を購入することで、ドル・コスト平均法により長期的に安定したローリスクな投資をすることができます。

ドルコスト平均法とは?
価格の変動する金融商品を買う際の投資手法のひとつで、定期的に一定の金額ずつ購入することで、高値のときには少量だけ購入し高値づかみを少なくし、安値のときには多くの量を購入することができる。
これにより長期的に見た平均取得額を低く抑えることができる。

AirFX

いわゆるビットコインFXのことで、ビットコインの現物を売買するのではなく、現物取引の価格に似せた相場で「買い」や「売り」のポジションを持ち、価格変動による利益を追うデリバティブ取引です。

最大レバレッジは25倍なので、少ない資金でも多くの利益を出せるチャンスがあります。(もちろんその逆もアリ)

コイン積立のようにローリスクで長期的に安定した投資をしたいという方向けではなく、ハイレバレッジで1日のうちに何度もトレードをするスキャルピング、デイトレード向けのハイリスク・ハイリターンの金融商品です。

ハイリスクとはいってもEPS(Early Profit Settlement)という仕組みにより、入金している証拠金以上の損失が出ることはないので、初心者の方がFXにイメージするような「成功すれば一攫千金だけど、失敗すれば借金を背負って自己破産。」という程のリスクはありません。

通貨ペアBTC/JPY
取引手数料maker:0%、taker:0%
日次手数料1日あたり建玉金額の0.039%
スワップ手数料(ファンディング)最大±0.375%の間で変動

スマホアプリについて

ZaifにもiPhone版とAndroid版のスマホアプリがあります。

Zaif

Zaif
開発元:TECH BUREAU, INC.
無料
posted withアプリーチ

ですがその使い勝手は非常に悪く、はっきり言ってスマホアプリはないと思った方がいいレベルです。

まずスマホアプリとPC版でウォレットが別々になり、同期して管理するようなこともできません。

仮想通貨の入出金や簡単売買・取引の利用もできますが、アプリを起動するたびにパスワードを入れてログインしないといけないなどアプリならではの使い勝手の良さがまったくありません。

かなり以前からZaifのアプリには酷評が続いていますが、一向に改善される気配はありません。

Zaifを使うならスマホアプリではなくパソコンで使うと割り切っておきましょう。

登録~本人確認まで完全ガイド

こちらではZaifに口座開設をして本人確認や2段階認証などの各種設定を済ませ、いざ入金&取引できる状態になるまでの手順を解説します。

少々長い道のりですが、この手順通りに進めていけばつまづくことなく完了することができるのでがんばりましょう。

手続きはパソコンだけでなくスマートフォンでも可能です。

ですがスマホよりもパソコンで進めた方がブラウザの画面を2つ(この画面と手続きする画面)並べて手続きを進めることができるので分かりやすいです。

スマホで手続きする場合、このページの画像と少々配置などが異なっている場合がありますが、基本的な流れは同じです。

登録

  • STEP.1
    Zaif公式サイトを開く
    以下のボタンをクリックしてZaif公式サイトを開きます。

    Zaifの登録はこちら

  • STEP.2
    メールアドレスを登録

    トップページに上図のようなメールアドレス登録画面があるので、メールアドレスを入力して「無料登録へ」をクリック。

  • STEP.3
    メールを確認
    メールを送信したと表示されるので、受信メールを確認します。

    「zaif メールアドレス確認」という件名で、上図のようなシンプルなメールが届いているので、メール内のURLをクリックします。

  • STEP.4
    規約に同意して登録する

    「利用規約」と「重要事項説明」についての同意にチェックを入れ、パスワードを決めて入力し、さいごに「同意して登録」をクリックします。

    パスワードの強度は50%を超えないと登録できません。

    大文字と小文字を織り交ぜた半角英数字と、できれば記号(#や%など)も入れて10文字以上になるようにパスワードを作成しましょう。

  • STEP.5
    登録完了!ログインしましょう
    以上で登録は完了です。

    ログイン画面になるので、メールアドレスとパスワードを入れてログインしましょう。

基本情報の登録

登録後に最初にすることは名前や住所などの個人情報の登録です。

後ほど提出する本人確認書類と一致していないと手続きがややこしくなるので注意しましょう。

  • STEP.1
    基本情報登録画面を開く

    ログイン後の右上のメニューから「アカウント」をクリック。

    アカウントページの「本人確認状況」から「基本情報登録」をクリック。

  • STEP.2
    必要事項を入力

    名前や住所などの個人情報を入力します。

    例もありますし、日本語で説明もあるので特に難しくはないと思います。

    「外国PEPsに該当しますか?」は基本的に「いいえ」でOKです。

    外国PEPsとは内閣総理大臣とか最高裁判所の裁判官とか非常に限られた職に就いている人のことですので、一般の人は当てはまりません。

    入力が完了すれば「変更」をクリックして完了です。

電話番号認証

  • STEP.1
    電話番号認証の設定画面を開く
  • STEP.2
    携帯にSMSを送信する

    電話番号の欄に携帯電話番号を入力し「送信」をクリックします。

    「電話番号認証コード登録はこちら」をクリックします。

  • STEP.3
    認証コードを入力する

    携帯電話にSMSで数字6桁の認証コードが届きます。

    認証コードを入力して「登録」をクリックして完了です。

本人確認書類アップロード

  • STEP.1
    本人確認書類の提出画面を開く

    「アカウント > 本人確認状況」から「本人確認書類の提出」をクリック。

  • STEP.2
    本人確認書類をアップロード

    出典:Zaif公式ヘルプより

    提出する本人確認書類を選択し、本人確認書類をデジカメやスマホで撮影したカラー写真でアップロードします。

    利用できる本人確認書類一覧
    <以下のいずれかの書類1点>
    ● 在留カード(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要)
    ● 運転免許証(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要。※要公安印。手書き不可)
    ● マイナンバーカード(マイナンバー通知カードは不可)
    ● 日本国パスポート・ビザ(住所が記載されている面も必要)

    もしくは、

    <顔写真のない官公庁発行の公的証明書の場合は、以下のいずれかの組み合わせで2点>
    ● 官公庁発行の公的証明書1点(健康保険証、住民票など) + 公共料金の領収証書1点(電気・ガス・水道料金の領収証書、納税証明書(領収証書))
    ● 官公庁発行の公的証明書を2点
    ※公共料金の領収証書に関しては、氏名・住所・発行日が確認できるもの
    ※有効期限のない書類に関しては、発行から3ヶ月以内の書類のみ有効

  • STEP.3
    審査結果を待つ

    提出した本人確認書類をZaifで確認および承認作業がされます。

    2017年末~2018年初頭にかけて仮想通貨が盛り上がった時期には口座開設申し込みが殺到しすぎて、本人確認の審査に1ヶ月かかったなんてこともありましたが、現在は1週間以内には完了しているようです。本人確認書類の承認がされると登録した住所に「郵送による本人確認のためのハガキ」が転送不可で発送されますので到着を待ちましょう。

2段階認証の設定

本人確認書類の審査を待っている間に2段階認証の設定を済ませておきましょう。

設定を始める前にGoogleの2段階認証アプリをインストールしていない場合は下記からダウンロードしておきましょう。

Google Authenticator

Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ
  • STEP.1
    2段階認証の設定画面を開く

    「アカウント > セキュリティ」から「2段階認証」をクリック。

  • STEP.2
    2段階認証の設定を開始

    「2段階認証の設定を開始」をクリック。

  • STEP.3
    QRコードをスキャン

    Google Authenticatorアプリを立ち上げ、右上の「+」マークをタップ。

    「バーコードをスキャン」をタップ。

    表示されているQRコードをスキャンします。

  • STEP.4
    認証コードを入力

    Google AuthenticatorにZaifの2段階認証コードが表示されます。

    2段階認証コードを入力して「確認」をクリック。

    以上で2段階認証の設定は完了です。

  • STEP.5
    万が一のためにバックアップコードを印刷

    万が一、スマホを紛失してしまったり、故障・盗難に遭ってしまい認証アプリを使えなくなった際にアカウントを復旧するためのキーが「バックアップコード」です。

    「バックアップコードの確認と印刷」をクリック。

    表示されたバックアップコードを印刷して大事に保管しておきましょう。

郵送による本人確認

本人確認書類の審査が完了して数日すると、郵送による本人確認のためのハガキがZaifより届きます。

ハガキが届き次第、下記手順に従って郵送による本人確認手続きを済ませましょう。

  • STEP.1
    本人確認のためのハガキが届く

    ハガキには「本人確認コード」が記載されています。

  • STEP.2
    郵送による本人確認を開く

    「アカウント > 本人確認状況」から「郵送による本人確認」をクリック。

  • STEP.3
    本人確認コードを入力

    ハガキに記載されていた「本人確認コード」を入力し「本人確認コードを送信」をクリック。

  • STEP.4
    郵送による本人確認完了!

    以上で郵送による本人確認も完了し、Zaifで必要な本人確認手続きがすべて完了しました。

    お疲れ様でした。

    次からはいよいよ日本円をZaifに入金して、実際に仮想通貨を購入してみましょう。

基本的な使い方

ここでは入出金の手数料や方法、取引所での買い方(売り方)など、実際にZaifを使い始めるときに役立つ情報を掲載しています。

日本円の入金

日本円の入金方法は「銀行振込」「コンビニ入金」「ペイジー入金」の3種類あります。

入金手数料

銀行振込無料
※銀行の振込手数料は別途要
コンビニ入金3万円未満486円
3万円以上594円*1
ペイジー入金3万円未満486円
3万円以上594円

*1:入金額が5万円以上の場合、印紙税200円が別途必要。

コンビニ入金とペイジー入金はクイック入金となっており、24時間365日いつでも入金次第即時に反映されます。

少々手数料は高めですが、急ぎで入金したいときに使うといいでしょう。

銀行振込の場合、銀行の営業時間内に振り込み手続きをすれば数分~1営業日以内に反映されます。

銀行の営業時間外だった場合は翌営業日の朝8時頃に反映されます。

ただし住信SBIネット銀行からの振込の場合は営業時間外であってもほぼリアルタイムに反映されます。

Zaifだけでなくビットフライヤーなど他の仮想通貨取引所でも住信SBIネット銀行は振込手数料が無料になったり、営業時間外でもリアルタイムに入金できたりと相性がいいです。

口座を持っていない方はこの機会に住信SBIネット銀行の口座も開設しておくことをおすすめします。

住信SBIネット銀行の口座開設はこちら

銀行振込による日本円入金の手順

  • STEP.1
    入出金と履歴を開く

    ログイン後の右上のメニューから「アカウント」をクリック。

    左上のタブから「入出金と履歴」をクリック。

  • STEP.2
    日本円の入金を選ぶ

    入金する通貨を選ぶ画面になるので、「¥マークの日本円」をクリックして選択します。

  • STEP.3
    銀行振込による入金を選ぶ

    日本円の入金画面で少し下にスクロールすると、「銀行振込による入金」「コンビニ決済入金」「ペイジー入金」から選ぶメニューがあります。

    「銀行振込による入金」をクリック。

  • STEP.4
    入金額を入力する

    入金金額の欄に入金したい日本円の金額を入力して「入金開始」をクリック。

  • STEP.5
    指定された振込先に振り込む

    振込先の情報が表示されるので、表示された振込先に振り込みます。

    振り込み名義の自分の名前の後ろに「識別コード」という数字を追加する必要があるので忘れないように注意しましょう。

仮想通貨の入金

仮想通貨の入金手数料はどの通貨でも無料です。

もちろん他の取引所などから出金する際のネットワーク手数料は必要です。

  • STEP.1
    入出金と履歴を開く

    アカウント画面で「入出金と履歴」をクリック。

  • STEP.2
    入金したい仮想通貨を選ぶ

    入金したい通貨を選ぶ画面になるので、入金したい仮想通貨をクリックして選択します。

    ここでは例としてビットコインを選びます。

  • STEP.3
    アドレスを取得する

    「入金用ビットコインアドレスを取得」をクリック。

  • STEP.4
    ウォレットアドレスが表示されます

    入金用のウォレットアドレスが表示されるので、ここで表示されたアドレス宛に送金すればOKです。

日本円の出金

日本円の出金はあらかじめ登録した銀行口座へ振り込んでもらう形となります。

出金手数料

銀行振込50万円未満350円
50万円以上756円

日本円の出金手順

  • STEP.1
    出金先口座の登録画面を開く

    まずは出金先の銀行口座を登録します。

    「アカウント > 登録情報/本人確認」を開き、「JPY出金口座」をクリックします。

    最初は口座情報が何も登録されていないはずなので、「新規追加」をクリックします。

  • STEP.2
    出金先口座を登録する

    銀行名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義を入力します。

    銀行名や支店名は少し入力すれば自動的に選択肢が表示されます。

    入力できれば、2段階認証コードを入力して「新規登録」をクリック。

    無事に登録が完了し、一覧に口座情報が掲載されました。

  • STEP.3
    必要事項を入力して出金する

    入出金の画面を開き、日本円を選び、「出金」をクリックします。

    出金したい金額と2段階認証コードを入力し「出金申請」をクリックすれば完了です。

    出金は11:00までに申請すれば原則2営業日以内に振り込まれます。

    11:00を過ぎて申請した場合は、翌々営業日の15:00までに振り込まれます。

    土日祝に申請をした場合も、翌々営業日の15:00までに振り込まれます。

仮想通貨の出金

Zaifに支払う出金手数料はありませんが、ブロックチェーンのマイナーに支払うネットワーク手数料がかかります。

ブロックチェーンの混雑具合などによってネットワーク手数料は変動します。

Zaifでは仮想通貨ごとに初期値を設定してあるので、ネットワーク手数料を指定しなければ初期値で処理されます。

急ぎの場合は初期値よりも多くしたり、急がない場合は初期値よりも少なくしたりすることも可能です。

仮想通貨の出金手数料の目安

BTC0.0001 ~ 0.01 BTC
XEM2 ~ 20 XEM
MONA0.001 ~ 0.1 MONA
Counterparty0.001 ~ 0.1 BTC
BCH0.001 ~ 0.01 BCH
ETH0.01 ~ 0.05 ETH
CMS:XEM5 ~ 25 XEM
CMS:ETH0.01 ~ 0.05 ETH

仮想通貨の出金手順

  • STEP.1
    出金する仮想通貨を選ぶ

    入出金画面を開き、出金したい仮想通貨を選びます。

    今回の例ではビットコインを選んでいます。

    次に「出金」をクリック。

  • STEP.2
    必要事項を入力して出金する

    少し下にスクロールすれば出金先のウォレットアドレスなどを入力するフォームがあります。

    ウォレットアドレス、出金数量、出金手数料、2段階認証コードを入力し「出金」をクリックして完了です。

トレード画面

トレード画面へは右上のメニューから「取引」をクリックします。

Zaifのトレード画面は割と独特なデザインになっているので他の取引所に慣れた方だと少し分かりにくいかもしれません。

とはいえ、シンプルで必要十分な情報・機能が配置されているので慣れてしまえば問題ないでしょう。

チャートは多くの取引所で使われている高機能チャート「TradingView」です。

通貨ペアの切り替え

左上の「BTC/JPY」という現在の通貨ペアが表示されている所をクリックすると、他の通貨ペア一覧が表示されます。

「主要通貨」「トークン」「COMSA」の3つのグループに分かれているので、ここのタブメニューから切り替えることができます。

取引する通貨ペアを選ぶにはその通貨ペアをクリックすればOKです。

XEM/JPYのトレード画面に切り替わりました。

買い方・売り方

購入や売却の注文は右上の注文パネルから行います。

上図の赤枠で囲ったタブで「現物買い(購入)」「現物売り(売却)」などを切り替えできます。

ビットコイン/日本円の場合、信用取引もできるので「信用買い」「信用売り」のメニューも表示されています。

モナコイン/日本円の場合、信用取引は売りのみなので「現物買い」「現物売り」「信用売り」の3つとなっています。

XEM/日本円の場合、信用取引はできませんので「買い」「売り」の2種類となっています。

注文の種類

Zaifの注文の種類は「指値」と「成行」の2種類です。

「指値」と「成行」とは?
「指値注文」とは買いたい(売りたい)価格を指定する注文方法のこと。自分が買いたい(売りたい)価格で取引できますが、相場が指定した価格にならなければいつまでたっても売買が成立(約定)しません。一方「成行」は価格を指定せずそのときの相場価格ですぐに売買を成立させる注文方法のことです。相場急変時などにとにかくいますぐ買いたい(売りたい)という時に使います。

成行での注文方法

「成行注文」は買いたい(売りたい)数量のみ入力して「買い注文(売り注文)」をクリックすればOKです。

自動的に現在の相場価格と「相場価格×数量」の「概算の約定代金」が表示されます。

成行で買うだけでも簡単売買(販売所)で買うより安いので、初心者の方も「簡単売買」は使わず「取引」を使うようにしましょう。

指値での注文方法

「指値注文」は買いたい(売りたい)価格と数量を指定し「買い注文(売り注文)」をクリックすればOKです。

当然ながら相場が指定した価格にならなければ注文は成立しません。

注文が成立するまでは「注文と履歴」タブの「アクティブな注文」に表示され、成立するまでは注文のキャンセルも可能です。

まとめ:Zaifの評価は?

Zaifのサービス内容や他取引所との比較、実際に使っているユーザーの口コミ・評判などを元に独自評価しました。

Zaifの評価
取り扱い通貨
(4.0)
手数料
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
セキュリティ・信頼性
(3.0)
流通量(取引高)
(5.0)
サーバー強度・安定性
(2.0)
総合評価
(4.0)

取り扱い通貨(4 / 5)

ZaifトークンやCMSトークンなどここでしか取引できないトークンもあるなど評価できます。

コインチェックやbitFlyerとは違い取り扱い通貨のすべてを販売所ではなく取引所で取引できるのも大きな魅力です。

取り扱い通貨数16種類は国内の取引所では多い方ですが、バイナンスやHuobiなど海外取引所には取り扱い通貨数100以上の取引所も多いので、海外と比べてしまうと物足りなさもあります。

手数料(5 / 5)

取引手数料は国内取引所だけでなく海外取引所と比べてもトップクラスの安さです。

特にビットコイン/日本円の手数料(メイカー-0.05%、テイカー-0.01%)は手数料無料だけでなく、取引するほど手数料を受け取れるというよく分からないお得さ。

この1点だけでもZaifを使う意味があると言えるでしょう。

使いやすさ(4 / 5)

独特のユーザーインターフェースながら慣れてしまえば問題なく使えるでしょう。

ただしスマホアプリの出来が悪いので実質パソコン版しか取引できないのは大きなマイナス。

スマホでパソコン版を使うこともできますが、画面がスマホ用にリサイズされるだけなので使い勝手は悪いです。

セキュリティ・信頼性(3 / 5)

「Zaifはサポートからの返事が遅い・ない。」「APIキーの悪用により不正出金の過去がある。」「ビットコインを0円で販売する不具合を起こした。」「金融庁から業務改善命令を受けた。」など色々な悪い評判やトラブルを起こしています。

そのことからZaifのセキュリティ・信頼性には不安を覚えている人が多いのも確かです。

とはいえ、2017年9月29日に財務局からの仮想通貨の登録免許(近畿財務局長 登録番号00002号)も取得しており、コインチェックのXEM流出事件を受けてセキュリティ対策室を設置、マルチシグネチャウォレットやコールドウォレットなど基本的なセキュリティ対策も対応済みとしています。

資本金も27億5,513万円となっており、世界で一番安全性が高いと評価されているbitFlyerの41億238万円には及ばないものの、会社の規模としても十分信頼できるレベルにあると思われます。

まあもう少し顧客対応が良くなればいいんですがね…。

https://twitter.com/_akkin_nara/status/955665417988579329

流通量(取引高)(5 / 5)

流通量が少ないといざというときになかなか注文が成立しないなんてことも起こりかねません。

Zaifの流通量は世界で82位とトップ100にランクインしています。

参考)bitFlyer:23位、ビットバンク:26位|コインマーケットキャップより

サーバー強度・安定性(2 / 5)

Zaifはサーバーが脆弱という評判は非常に多いです。

相場急変時などユーザーが増えたときにはサーバーが重くなかなか注文が通らなかったりすることも多々あります。

下記の方のようにFXをやっているとサーバーが脆弱なのは命取りになりかねませんので、ビットコインFXをするならZaifは使わない方がいいでしょう。

総合評価(4 / 5)

Zaifは取引所で売買できる通貨ペアが多く、取引手数料も安いので、非常にお得に仮想通貨を売買できる取引所です。

一方、カスタマーサポートとシステムの安定性に少々難ありという感じです。

「少々顧客対応が悪かろうが安く仮想通貨を買えるのが一番!」という方にはオススメできる取引所です。

ただしハイレバレッジでビットコインFXをやるならZaifは避けて、海外取引所にはなりますがBitMEXを使った方がいいでしょう。

新規登録者にZaifトークンをもれなくプレゼント中!8/31までの期間限定!

Zaifの登録はこちら