やさしい仮想通貨の始め方を解説

リップルを購入できるオススメ取引所はここ!比較・ランキングで選ぶリップルの取引所

xrp-exchange-thumbnail

これからリップルを始めたい!

将来性のあるリップルをガチホしたい!

と思ったとき、次に悩むのが「リップルを買える取引所はどこ?」「どこの取引所で買うべきか?」など、「取引所選び」ではないでしょうか?

このページではリップルの取引所を選ぶためのお役立ち情報を掲載しています。

ざっくり言うと…
  • そもそもリップルは取引所ごとに価格が違うことを理解しよう!
  • リップルを購入する取引所は、①リップルの価格の安さ,②クイック入金対応で手数料が無料か,③その会社の信頼性が高いか,④スマホアプリが完備されているかの4ポイント
  • ①のリップルの価格の安さに関しては、その時その時で取引所が違うので狙い撃ちは難しい。
  • なので、複数使いこなさないのであれば、リップルの取引所は主に手数料の安さと信頼性(セキュリティ)、スマホアプリの使いやすさで選んだ方が良い。
  • 手数料・セキュリティ・スマホアプリで考えると『BITPoint(ビットポイント)』『GMOコイン』『DMM Bitcoin』がリップルの購入に適している。
  • 中でもリップルもビットコイン取引手数料が無料上場企業運営という信頼性サーバーが一度も落ちたことがないセキュリティの高さを誇る『BITPoint(ビットポイント)』がリップルの購入に最も適している。

 

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

 

BITPoint(ビットポイント)の口座開設はこちら

 

「うんちくはいいから、おすすめの取引所を教えてほしい!」という方は →「リップル購入におすすめの取引所ランキング

「リップル取引所の選び方を詳しく知りたい!」という方は →「失敗しない!リップル取引所の選び方4つのポイント

「色々な項目で比較して自分で取引所を選択したい!」という方は →「リップルを取り扱っている取引所一覧と比較

「ゼロはじ」読者が選んだ いま人気の取引所はこちら!
仮想通貨取引所ランキング1位1BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

(4.5)
  • 現物取引、FX取引、入金、出金の手数料がすべて無料!
  • 情報セキュリティ格付【Ais】ランクの安心セキュリティ!

BITPoint(ビットポイント)の詳細を見る


仮想通貨取引所ランキング2位2BitMEX口座開設

BitMEX(ビットメックス)

(4.0)

BitMEX(ビットメックス)の詳細を見る


仮想通貨取引所ランキング3位3

GMOコイン

(4.0)
  • クリック証券でもおなじみの大手、GMOグループが運営!
  • 販売所なので、すぐに仮想通貨を購入することが可能!

GMOコインの詳細を見る

仮想通貨取引所ランキング ※CoinMarketCap 2018年8月29日、過去24時間のBitcoin Marketsに基づく。

リップル購入におすすめの取引所ランキング

リップル取引所

リップルの価格や取引ツールの使いやすさ、会社の信頼性セキュリティの高さ、実際に使っている人の口コミ・評判などを元に、当サイト独自基準でランキングにしました。

リップルを取引したいけど、どの取引所で始めればいいのか分からない。」という方は、まずは「BITPoint(ビットポイント)」から始めてみることがおすすめです!

1位:BITPoint(ビットポイント)

本田圭祐さんがイメージキャラクターを務めていることでも有名な取引所「BITPoint(ビットポイント)

販売所のように簡単に仮想通貨を売買できるツールから、自動売買にも対応したMT4など取引ツールが非常に充実しており、初心者から上級者まで幅広い支持を集めています。

会社の規模・信頼性も申し分なく、取引手数料もクイック入金手数料も無料なのでお得にリップルを購入できる取引所です。

BITPointの評価
コスト
(4.0)
信頼性・セキュリティ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

2位 GMOコイン

GMOコインは、東証一部上場のGMOグループが運営する仮想通貨取引所です。

販売所形式となっているので、リップルの価格は割高ですが、それを上回る使い勝手の良さ、簡単さがあります。

仮想通貨の購入が初めてという初心者の方はGMOコインから始めてみるのもいいかもしれません。

GMOコインの評価
コスト
(3.0)
信頼性・セキュリティ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.0)

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

3位:bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)は各仮想通貨ごとのホットウォレット・コールドウォレット・マルチシグネチャウォレットの対応状況を公表するなど、セキュリティに対する情報公開を積極的に行っており非常に信頼性の高い取引所です。

板取引が初めての初心者の方だと最初は少し戸惑うかもしれませんが、比較的ほかの取引所よりもリップルの価格が安めなことも多いのでお得に購入できます。

ビットバンクの評価
コスト
(4.0)
信頼性・セキュリティ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
総合評価
(4.5)

bitbank公式サイトはこちら

bitbankの登録はこちら

失敗しない!リップル取引所の選び方4つのポイント

リップル取引所important

リップルを購入する取引所の選ぶ際は4つのポイントが重要です。

  • リップルの価格が安いこと&スプレッドが狭いこと
  • クイック入金に手数料無料で対応していること
  • 会社の信頼性、取引所のセキュリティが高いこと
  • スマホでも取引しやすいアプリが完備されていること

リップルの価格が安いこと&スプレッドが狭いこと

リップルの価格は同日同時刻であっても取引所によって違います。

特に板取引できる取引所と、簡単売買ができる販売所では数円単位で変わってくることも珍しくないので、できるだけ安い価格の取引所で買うようにしましょう。

また購入価格と売却価格の差額(スプレッド)ができるだけ狭い(小さい)方が、購入したリップルを売るときも損失を出しにくいので、できるだけスプレッドが狭い取引所で売買するようにしましょう。

板取引できる取引所と、簡単売買ができる販売所って何?

仮想通貨の取引形式には、板取引(取引所)簡単売買(販売所)の2種類があります。

 

板取引ではリップルを買いたい人と売りたい人が集まって「」と呼ばれるオーダーブックに買いたい価格・数量、売りたい価格・数量を掲載しています。

お互いの条件がマッチしたときに注文が成立約定)するという仕組みです。

 

簡単売買はその名の通り初心者でも簡単にリップルの売買ができる形式で、価格が明示されているので八百屋さんで野菜を買うような感覚でリップルを買うことができます。

ただし簡単な分、価格は板取引よりも割高になります。

クイック入金に手数料無料で対応していること

日本円を入金する際に銀行振込にしか対応していない取引所だと無駄な振込手数料がかかってしまう場合があります。

クイック入金に手数料無料で対応している取引所なら、24時間365日いつでも思い立ったときに入金できる上、無駄な振込手数料もかかりません。

またクイック入金に対応している場合の複数のネットバンクに対応している取引所もあれば、住信SBIネット銀行にしか対応していなかっり、なかにはコンビニや全国の銀行なども含め数百の金融機関からのクイック入金に対応している取引所もあったりと様々です。

自分が使っている銀行に対応しているかどうかはきちんと確認しましょう。

またこの機会に仮想通貨用の銀行口座を開設するなら、ほとんどの取引所でのクイック入金に対応している「住信SBIネット銀行」がおすすめです。

会社の信頼性、取引所のセキュリティが高いこと

コインチェックのNEM盗難事件はまだ記憶に新しいですが、万が一、自分のリップルが取引所から盗まれてしまったら…と思うとゾッとしますね。

またマウントゴックス事件のように取引所が破綻してしまっても大変です。

そのようなことにならないように、健全で強固な経営体制・財務体制を持つ信頼できる会社が運営している取引所を選ぶことが重要です。

さらに盗難や紛失に遭わないようなセキュリティ対策をきっちりしている取引所を選ぶことも重要ですね。

当然ですが、きちんと金融庁に登録されている取引所を選ぶこと、「うちを通して買えばお得ですよ。」といった代理店を名乗る会社を通さないこと、友人知人からの仮想通貨投資話には乗らないようにしましょう。

スマホでも取引しやすいアプリが完備されていること

使いやすいスマホアプリが充実していることも大事なポイントです。

いつでもどこでもタイミングを逃さず取引できるスマホアプリは仮想通貨投資には必須のアイテムです。

最近はどこの取引所もスマホアプリには力を入れていますが、なかには使いにくかったり、パソコンと違って使える機能が制限されていたりする場合もあるので注意しましょう。

リップルを取り扱っている取引所一覧と比較

リップル取引所check

上述した取引所の選び方4つのポイントも念頭に置きながら、リップルを取引する取引所を比較・検討してみましょう。

リップルを取り扱っている取引所一覧

リップル(XRP)を取り扱っている国内の取引所は下記の6社となっています。

MEMO
コインチェックでもリップルの取引はできますが現在は一時的に新規口座開設をストップしているので比較対象に加えていません。

DMM Bitcoinでもリップルの取り扱いがありますが、現物取引ではなくFX取引のみとなっているのでこちらも比較対象にしていません。

コストで比較

リップルを買える取引所でのコスト面での違いを比較表にしています。

比較項目は「取引手数料」「1XRPの購入価格」「スプレッド(購入価格と売却価格の差額)」「日本円の入金手数料」「XRPの出金手数料」の5つです。

2018年8月30日現在

取引所取引手数料1XRPの購入価格スプレッドJPY入金手数料XRP出金手数料
ビットポイント無料38.4201.105%クイック入金(無料)
銀行振込(要振込手数料)
無料
ビットバンク無料38.1360.016%銀行振込(要振込手数料)0.15XRP
Liquid by Quoine0.25%38.2900.737%クイック入金(無料)
銀行振込(要振込手数料)
無料
ビットトレードメイカー:0.25%
テイカー:0.45%
38.1360.094%銀行振込(要振込手数料)0.15XRP
GMOコイン無料39.99910.528%クイック入金(無料)
銀行振込(要振込手数料)
無料
SBI バーチャル・カレンシーズ無料39.7003.927%クイック入金(無料)出金不可
注意
1XRPの購入価格およびスプレッドは2018年8月30日PM12:11時点での各取引所の価格を抜き出したものです。
これらは随時変動しますので、あくまで参考程度にお考えください。

信頼性・セキュリティで比較

2017年4月の仮想通貨法施行によりすべての取引所は内閣総理大臣の登録(所管は金融庁)を義務付けられ、金融庁による監視を受けることとなりました。

これにより金融庁にきちんと登録されている交換業者という時点で、信頼性・安心感はある程度、担保できるでしょう。

リップルを購入できる下記6つの取引所はすべて金融庁への登録が済んでおり、仮想通貨法により義務づけられている顧客資産と取引所企業の資産との分別管理も対応しています。

またビットポイントは日証金信託銀行との提携による信託保全を2016年7月より実施していましたが、2017年4月の仮想通貨法施行により信託保全スキームは廃止となっています。

2018年8月30日現在

取引所金融庁登録分別管理XRPのコールドウォレット対応XRPのマルチシグ対応
ビットポイント非公開非公開
ビットバンク
Liquid by Quoine×
ビットトレード×
GMOコイン
SBI バーチャル・カレンシーズ

使いやすさで比較

使いやすさの比較では、スマホで簡単に取引や入出金などをできる「iPhoneアプリ」「Androidアプリ」の有無、初心者でも簡単にリップルの売買ができる取引ツールの有無など、取引のしやすさを評価しています。

また日本円を手数料無料で24時間365日入金できるクイック入金の対応状況についても比較しています。

2018年8月30日現在

取引所iPhoneアプリAndroidアプリ簡単売買板取引JPYクイック入金
ビットポイントジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
イオン銀行
ビットバンク××
Liquid by Quoine×ペイジー、コンビニにも対応で、約380の金融機関に対応
ビットトレード××
GMOコイン×楽天銀行
住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
SBI バーチャル・カレンシーズ×××住信SBIネット銀行

取引所でのリップルの買い方全手順

こちらでは当サイト人気ナンバーワンの取引所「BITPoint(ビットポイント)」でのリップルを実際に購入する手順を画像付きで分かりやすく解説しています。

初めての方でもこのステップ通りに進めていけば失敗せずにリップルを買うことができるでしょう。

なおBITPointへの口座開設・日本円の入金は済んでいるものとして進めているので、口座開設および日本円の入金がまだの方は以下の記事を参考に済ませてください。

BITPoint(ビットポイント)の登録方法と口座開設手順をかんたん解説!手数料無料でMT4にも対応したおすすめの取引所 bitpoint-depositBITPOINT(ビットポイント)の入金と注意点を徹底解説!
  • STEP.1
    WEB取引ツールを開く
  • STEP.2
    通貨ペアを切り替える

    WEB取引ツール」の左上の通貨ペアの選択メニューから「XRP/JPY」へ切り替えます。

  • STEP.3
    ストリーミングを選択

    注文パネル」から注文方法に「ストリーミング」を選択します。

    ストリーミング」は初心者でも簡単に仮想通貨を売買できる注文方法です。

    初めての方はストリーミングからにしておきましょう。

  • STEP.4
    注文内容を入力する

    数量」に購入したいXRPの数量を入力します。

    最低0.01XRPから、0.01XRP単位で購入できます。

    執行条件」の「成行」と「指値」はお好みでどちらでもいいです。

    ストリーミング注文では「買ボタン」に価格が表示されており、基本的にボタンをクリックしたときの価格で購入します。

    ただし相場の状況によっては価格が上下することもあります。

    成行」では価格の上下を許容する設定、「指値」はボタンに表示されている価格でしか購入しないようにする設定です。

    さいごに「取引暗証番号」を入力し、「」と書いてあるボタンをクリックします。

  • STEP.5
    注文を確定する

    注文内容の確認画面が表示されます。

    間違いがないか確認して「執行」をクリックすれば注文が完了します。

    ストリーミング注文の場合、執行をクリックしたとほぼ同時に購入も完了します。

まとめ

リップル取引所header

以上、リップルを購入できる取引所の人気ランキングから選び方のポイント、比較などを解説しました!

リップルは、あの「秒で億を稼ぐ男」でも有名な与沢翼さんも、3年から5年待てるなら大きく勝てるとテレビで発言しています。

それだけ、いまはリップルの価格も下がっているので良い買い時と言われているんです。

リップルを買うなら、一番のオススメはBITPointです。

取引ツールが豊富で初心者から上級者まで対応でき、各種手数料も無料と総合的なスペックが高いです。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら