やさしい仮想通貨の始め方を解説

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)ICO|大注目仮想通貨の将来性と評判、トークンの買い方を解説!

WorldWi-Fi

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)は誰でも、世界中のどこでも無料でWi-Fiを使える仕組みを実現しようというICOプロジェクトです。

Wi-Fiにまつわるイライラ
  • 海外旅行にわざわざ専用のポケットWi-Fiを借りる
  • 作業するために入ったカフェの無料Wi-Fiがつながりにくくてイライラ
  • 速度制限にかかって公共Wi-Fiを探しても、鍵付きしか見つからない

WorldWi-Fiイライラ

あるある、と感じる人は多いのではないでしょうか。

もっと大きな問題に目を移してみましょう。

世界には、技術的・経済的な事情でインターネットに接続できない人が40億人以上いるとされています。

WorldWi-Fiネット難民

World Wi-Fiは、私達が感じているような個人的な不満から、国境をまたぐ大きな問題までを解決する可能性を秘めたプロジェクトです。

イギリスの大手取引所「HitBTC」に上場が確定しており、中国の人気取引所「Bit-Z」へも上場準備中!

さらにはDMMとの提携も噂されるなど、将来性を感じさせるICOプロジェクトといえそうです。

World Wi-Fi ICOに参加する!

MEMO

World Wi-Fiのトークンセールは5月18日に終了します!

ICOへの詳しい参加方法などは「World Wi-Fi ICOの参加方法」の章をご覧ください。

「ゼロはじ」読者が選んだ いま人気の取引所はこちら!
仮想通貨取引所ランキング1位1BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

(4.5)
  • 現物取引、FX取引、入金、出金の手数料がすべて無料!
  • 情報セキュリティ格付【Ais】ランクの安心セキュリティ!

BITPoint(ビットポイント)の詳細を見る


仮想通貨取引所ランキング2位2BitMEX口座開設

BitMEX(ビットメックス)

(4.0)

BitMEX(ビットメックス)の詳細を見る


仮想通貨取引所ランキング3位3

GMOコイン

(4.0)
  • クリック証券でもおなじみの大手、GMOグループが運営!
  • 販売所なので、すぐに仮想通貨を購入することが可能!

GMOコインの詳細を見る

→さらにくわしい、仮想通貨取引所比較ランキングはこちらから!
※CoinMarketCap 2018年8月29日、過去24時間のBitcoin Marketsに基づく。
World Wi-Fi(ワールドワイファイ)ってこんなICO
  • World Wi-Fiは世界中の人々がインターネットに繋がるようにするICO
  • World Wi-Fiはアメリカ、モスクワ、シンガポールに拠点を置く企業が計画
  • 世界的に見てもWi-Fiの需要は高まっていて将来性が有望!
  • そんなWorld Wi-Fiは公式サイトから参加が可能。
  • 今なら、5月18日までボーナスがつくプレセールが開催中!

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)公式サイトはこちら

World Wi-Fi ICOに参加する!

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)の特徴

World Wi-Fiは3つの要素から構成されています。

World Wi-Fiの構成要素
  • Wi-Fiを利用するユーザー
  • ルーター所有者
  • 広告主

この3つの要素それぞれに、三方よしのメリットを提供できるよう設計されています。

World Wi-Fiを利用するユーザー

WorldWi-Fiユーザー

利用者は10秒ほどの広告動画を視聴することで、無料でインターネットを使うことができます。

このプロジェクトが提供する、最大のベネフィットです。

YouTubeで動画のはじめに広告が流れるようなイメージです。

World Wi-Fiのルーター所有者

WorldWi-Fi保有者

自宅のルーターにWorld Wi-Fiアンテナを取り付けることで、近隣にWi-Fiの電波を供給。

ルーターでWi-Fiを供給することで、広告主から広告収入を受け取ることができます

World Wi-FiのトークンであるWeToken(WT)で配当されます。

この広告収入はルーター所有者が負担するプロバイダ料金を上回るよう設計されているので、十分なインセンティブといえます。

YouTubeで例えると、動画を配信しているYouTuberのような役割です。

MEMO

5月18日までに1ETH又は0.1BTC分のトークンを購入した人であれば、誰でもルーター所有者になることができます。

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)公式サイトはこちら

お申込みはWorld Wi-Fi公式ホームページから!

World Wi-Fiの広告主

WorldWi-Fi広告主

広告主はWorld Wi-Fiが収集した詳細なユーザーデータによって、効果的なターゲットに広告を配信できます。

視聴履歴、年齢、性別、場所、SNSプロフィールなどからユーザーに最適な広告が配信される用に設計されてしています。

広告の視聴データはブロックチェーン(スマートコントラクト)で記録されているため、不正に広告費用を釣り上げられることもありません。

YouTubeで例える、、、必要はなさそうですね。

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)の競合優位性

快適なWi-Fi環境を提供しようとするプロジェクトは他にもいくつかあります。

そうした競合とWorld Wi-Fiはどのような違いがあるのでしょうか。

以下の競合と比較してみましょう。

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)の競合
  • FON
  • Qlink

World Wi-Fi VS FON

街中で「FON FREE INTERNET」というWi-Fiの電波を見かけたことはないでしょうか。

その電波を提供しているのが、2005年から13年に渡って展開されているWi-Fiのシェアリングコミュニティ「FON」です。

WorldWi-Fifon

World Wi-Fi が分散型のモデルであるのに対し、FONはブロックチェーン技術を介さない中央集権的なプロジェクトです。

FON社製のルーターを使用することで、FONの会員なら誰でもアクセスできるフリーのWi-Fiスポットを展開できます。

World Wi-Fiの優位性

FONルーターは専用のルーターを購入する必要があります。

対してWorld Wi-Fiは手持ちのルーターにアンテナを取り付けるだけなのでお手軽。

さらに、FONルーターは設置者に対するリターンなどはありません。

World Wi-Fiは電波を利用者に提供することで、ルーター所有者が広告収入を受け取れます。

所有者になるモチベーションを設計したことで、Wi-Fiの網羅率を担保しています。

World Wi-Fi VS Qlink

Qlinkは、World Wi-Fiと同じくブロックチェーン技術をベースにWi-Fiネットワークを提供するICOプロジェクトで、ブロックチェーンにはNEOを採用しています。

WorldWi-FiQLINK

ルーターの所有者がWi-Fiの電波を提供することで、利用者から報酬を受け取れる仕組み。

World Wi-FiはQlinkのモデルに、広告主という新しいポジションが増えたようなイメージです。

World Wi-Fiの優位性

QlinkはWi-Fiの利用に料金がかかりますが、World Wi-Fiは無料で利用できる、という非常にわかりやすいメリットがあります。

World Wi-Fiは広告主がいることで、利用者の負担を下げ、より自由な接続環境を提供しています。

より多くのユーザーを獲得することが期待できるんです。

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)ICOの運営チーム

壮大なビジョンを掲げているWorld Wi-Fi。

しかし、同じくWi-Fiネットワークを提供しているFONは13年間も続いているプロジェクト。

「本当に実現できるのかな」と懸念を抱く人もいるかもしれません。

WorldWi-Fi疑問

しかし、このプロジェクトは実在する2社のインターネット通信企業によってすでにスタートしています。

World Wi-Fiは、アメリカ・モスクワ・シンガポールに拠点を置く、「Radius Wi-Fi」「Adrenta」という実在する通信サービス企業が提供。

すでに80都市に1万4000箇所のオープンネットワークを開設済み

さらに、従業員は100名と100社以上の広告パートナー実績を積んでいます。

WorldWi-Fi実績

絵に描いた餅状態でプロジェクトを立ち上げたのではなく、基盤となる技術やノウハウがあるうえでのICOなんです。

World Wi-Fiの開発企業 ①RADIUS WIFI

RADIUS WIFIはWiFi技術をベースとしたサービスを提供しているロシアの企業です。

ホテルや飲食店、美容院などにフリーWi-Fiを設置し、認証時に広告を表示させるサービスを中心に展開しています。

ヒルトンホテルやケンタッキー、SUBWAYなどのそうそうたる企業がクライアントとして紹介されています。

WorldWi-Fi開発企業1

RADIUS WIFI コーポレートサイト

World Wi-Fiの開発企業 ②ADRENTA

ADRENTAはロシアのWi-Fi広告代理店です。

公衆Wi-Fiポイントからマーケティングデータを収集し、分析や各社への提供も行っています。

WorldWi-Fi開発企業2

ADRENTAコーポレートサイト

World Wi-Fiチームメンバー

WorldWi-Fiteam

その他の主要メンバーについても、各方面のスペシャリストが揃っています。

SNSなどを調べた所、全員実在している人物と見てよさそうです。

YouTubeではCEOのインタビュー動画も確認することができます。

World Wi-Fi ICOの狙う市場規模

World Wi-Fiの需要はどれぐらい大きいのでしょうか。

インターネットの自体利用率は2000年から2015年の間で、世界人口の6.5%から43%に。

約7倍の成長を遂げており、市場が急速に拡大しています。

その中で、Wi-Fiスポットの数も増加しており、2013年から2018年の間で9倍に増えています。

WorldWi-Fi伸び率

さらにはアフリカなどの後進国ではインターネット自体もこれから普及していく段階のため、現時点で需要は大きく、さらに成長の余力を残した状態といえます。

WorldWi-Fi需要分布

World Wi-Fi のICOの評価・評判

World Wi-Fiは、海外の大手ICO格付け会社で高評価が相次いでいます

格付け会社の評価
  • ICO bench:4.4点/5点
  • ICO Ranker:97点/100点
  • Track ICO:4.6点/5点

ICOプロジェクト通の間ではおなじみの大手3社から太鼓判を押されているだけでなく、他の格付け会社も軒並み高得点を出しているWorld Wi-Fi。

WorldWi-Fi評判

これほどまでに高評価を受けるのは、World Wi-Fi ICOに将来性と実現性があるからです。

次の章では、World Wi-Fi ICO の将来性について詳しく紹介していきます。

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)ICOの将来性

World Wi-Fiには、将来性を感じさせる以下のような特徴があります。

World Wi-Fiへの疑問
  • プロダクトの完成度が高い
  • DMMなど大企業との連携が噂されている
  • WeToken(WT)は取引所に上場確定

それぞれ詳しくみていきましょう。

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)ICOのプロダクト力

どんなにコンセプトが素晴らしくても、提供される成果物(プロダクト)の完成度がイマイチだと成功は難しいでしょう。

ICOに参加する際は、プロダクトのクオリティも注意を払いたいポイントのひとつです。

World Wi-Fiは使いやすさに配慮された設計に!

使い方が複雑なサービスは普及に時間がかかり、プロジェクト自体が失敗に終わる可能性もあります。

プロジェクトチームはその点をよく理解していると見え、ホワイトペーパーで利用方法のシンプルさを強調しています。

利用者、ルーター所有者、広告主向けのソフトウェアは現在開発中ですが、使い勝手を念頭に置いてデザインされる可能性は高いと考えられます。

WorldWi-Fiシンプル

プロダクトの完成度は市場への浸透速度を大きく左右するところ。

質より早さを意識しすぎるあまり人気を獲得できないプロダクトが多い中、こうした点を意識して開発しているだけでも高ポイントといえそうです。

また、World Wi-Fiの電波を発信するアンテナも設置のしやすさに配慮されています。

World Wi-Fiの網羅率を上げる重要なポイントなだけに、よく考えられています。

MEMO
  • コンパクトな設計
  • さまざまな場所に固定できる

WorldWi-Fi端末

5月18日までに1ETH又は0.1BTC分のトークンを購入した人であれば、誰でもルーター所有者になることができます。

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)公式サイトはこちら

お申込みはWorld Wi-Fi公式ホームページから!

World Wi-Fiはセキュリティも安心!外部の調査をクリア

公共Wi-Fiのセキュリティ性は度々危険性が指摘される問題です。

World Wi-FiはカナダのQuantus社にセキュリティ調査に合格しており、一定水準の安全性が担保されています。

WorldWi-Fcropped

運営している2社の通信企業のノウハウが活かされています。

これまでのWi-Fiの不満点を解消し、便利、安全、安心と三拍子を揃えた World Wi-Fi 。

プロダクトとしてのクオリティは安心できそうです。

DMMをはじめ企業連携も進んでいる

具体的なスキームは不明ですが、日本のIT企業「DMM.com」と提携して日本市場を開拓すると見られています。

まだ公式アナウンスは出ていませんが、5月1日に行われたWorldWifiのミートアップで幹部であるTim Kosykh氏が展望を語っています。

Tim氏は4月28日、自身のFacebookにDMM本社で撮影した動画を掲載しているなど、DMMとの関係性をオープンにしています。

DMMグループ、DMMビットコインやコインタップといった仮想通貨関連事業を拡大しています。

今後国内取引所や仮想通貨を取り入れる企業が増え、ますます競争が激しくなっていくとみられるなか、競合に先立って消費者向けのサービスを提供しようと考える可能性は高いでしょう。

仮想通貨やブロックチェーン技術は、FX事業やオンライン英会話事業など、DMMのメイン事業にも親和性が高い領域。

WorldWi-FiDMM

出典:https://dmm-corp.com/

それらのサービスで培ったノウハウを活かして World Wi-Fi を日本に普及させることは、双方にとってメリットの大きい取り組みになりそうです。

2020年のオリンピックに向けて、日本を訪れる観光客は今後ますます増えてくると見られています。

このタイミングで一気に市場に浸透させられそうな日本は、World Wi-Fi にとって最適なマーケットと言えるかもしれません。

さらに公式HPにはパートナー企業として、ASUSやCisco Systemsなどの世界的企業が掲載されています。

各企業からのバックアップもあり、今後世界的にシェア獲得に乗り出していくと考えられます。

WorldWi-FiPartner

WeToken(WT)は取引所に上場予定!

World Wi-FiのトークンであるWTは、現段階で「HitBTC」に上場することが確定しています。

さらに、「Bit-Z」への上場を目指して準備を進めていると公表されています。

2018年5月現在の取扱量は見ると「HitBTC」は世界第8位、「Bit-Z」は第9位と、どちらもTop10に入っている大手取引所。

トークンが取引所に上場するかは、ICOへの投資を判断する上で最重要といっても過言ではないポイントです。

立て続けに上場するとなると、ICO後のトークン価値の上昇が見込まれます。

ロードマップによると、2018年7月に上場予定と記載されています。

HitBTC(ヒットビーティーシー)

海外取引所HitBTC

ICO直後の通貨を幅広く取り揃えるイギリスの海外取引所です。

取扱通貨は230種類を超えており、手数料も-0.01%~0.1%と割安に設定されています。

通常の取引所と違い、送金手数料だけでなく預金(デポジット)する際にも手数料がかかるのがデメリットですが、長期スパンでガチホ投資するための取引所として使い分けている人が多いようです。

Bit-Z(ビットジー)

WorldWi-Fibit-z

「Bit-Z」はポストBinanceと期待されている中国の海外取引所です。

Bit-Zの取扱通貨数は83種類となおり、そのうち約50種類がBinanceで扱っていない通貨です。

取引画面はBinanceを意識してわかりやすくデザインされており、比較的新しい取引所ながらものすごい勢いで勢力を拡大しています。

MEMO

Bit-Zでは上場する仮想通貨をユーザー投票で決められる仕組みがあり、公式サイトでは上場を支持する投票を呼びかけています。

このプロジェクトに将来性を感じた人はぜひ試してみてください。

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)ICOの参加方法

今回のトークンセールは、World Wi-Fiの拡大、およびパートナー開拓のための資金として使われる予定です。

トークンセールは2018年の5月18日で終了予定。

参加を希望する人は早めの登録をおすすめします。

トークンセール参加方法はとても簡単。

ここからは画像を交えて参加方法を解説します。

まずはじめに公式HPにアクセスします。

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)公式サイトはこちら

World Wi-Fi 公式HP

画面上部にある「トークン購入」をクリック。

WorldWi-Fiup

以下の情報を入力し、「サインアップ」をクリックします。

入力項目
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 電話番号
  • 国籍
  • 私はロボットではありません(チェック)

WorldWi-Fisignup

「サインアップ」のボタンを押すと、メールアドレス宛に確認メールが届きます。

アカウントを有効化するため、アドレスに記載された「Confirm my account」のリンクにアクセスしましょう。

WorldWi-Fi認証

WeToken(WT)を購入する方法

メールのリンクで開くと、WeTokenの購入画面が開きます。

表示されているイーサリアムとビットコインどちらかのアドレスに送金することで、WeTokenを購入できるようになります。

WorldWi-Fibuy

「コピー」を押すとクリップボードにコピーされ、「Buy」のボタンを押すとアドレスとQRコードが表示されます。

以上で購入の操作は終了です。

MEMO

World Wi-Fi のICOに参加するときは、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)から入金するのがおすすめです。

操作方法はこちらの動画で詳しく解説されています。

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)公式サイトはこちら

World Wi-Fi ICOに参加する!

World Wi-Fi(ワールドWi-Fi)の基本情報

トークン名WETOKEN(WT)
ICO期間2018/04/18-2018/05/18
WTトークンの価格1WT=約10円
販売総数2億5800万WT
ICO参加通貨BTC/ETH
ソフトキャップ$350万
ハードキャップ$2,580万
未売却トークン処分
公式YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCYx2bjYXzOQpCHjf_xFOQQg
公式Mediumアカウントhttps://medium.com/world-wi-fi-blog

World Wi-Fi(ワールドWi-Fi)のロードマップ

要チェック
  • 1(2017年8月-12月):プロジェクトを試作終了。
  • 2(2017年12月-2018年4月):資金調達(プレセール)開始、αテスト終了
  • 3(2018年4月-5月):βテスト開始←イマココ
  • 4(2018年7月):モバイルアプリ公開、サンフランシスコ事務所開設
  • 5(2018年8月-2019年3月):βテスト終了、公式リリース
  • 2021年3月までに2000万台を突破!

World Wi-Fi(ワールドワイファイ)公式サイトはこちら

World Wi-Fi ICOに参加する!