やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨FXの基本知識まとめ!基本用語から税金まで解説します

fx-basis-thumbnail

この記事を読めば、仮想通貨FXに関する以下のような疑問を解決できます。

「仮想通貨FXに興味があるけど、基本的な用語がよく分からない・・・」

「仮想通貨FXにおすすめの取引所ってどこなんだろう?」

「仮想通貨FXを行うときに知っておくべきことって何かな?」

仮想通貨FXは手持ちの資金以上の金額を取引できるので、多くの個人投資家の人気を集めています

しかし、仮想通貨FXの取引は、手持ち資金が無くても売り注文から入れるなど、現物取引とは少し異なるため、始めたばかりの方や仮想通貨FXに馴染みのない方は少々戸惑うかもしれません。

この記事では仮想通貨FXに関する基本の用語やおすすめの仮想通貨取引所、さらには仮想通貨FXを行う上でのリスクと税金について網羅的に解説しています。

5分で読めるこの記事のポイント
  • 仮想通貨FXを始めるなら知っておきたい基本の用語まとめ
  • 仮想通貨FXにおすすめな取引所は「BITPoint」(ビットポイント)「GMOコイン」「DMM Bitcoin」
  • 注意しておきたい仮想通貨FXのリスクと税金の基本

なお、もしあなたが仮想通貨FXの基本的な用語やリスクについても理解していて、すでに使っている取引所があるなら、以下の記事がおすすめです。

あわせて読みたい!

仮想通貨FXの基本知識

まずは仮想通貨FXの基本を理解していきましょう。

そもそも仮想通貨FXとは?借金の危険性は?

仮想通貨FXは、手持ち資産より大きな金額を取引することで、短期間で大きな売買差益を狙える取引です。

現物取引に比べて短期間で収益をあげることができ、価格が下落している局面でも利益が出る点が特徴的です。

FXとは、もともとは「Foreign Exchange」の略称で、日本語では「外国為替証拠金取引」という意味があり、日本円と米ドル、日本円とユーロなど2つの通貨の取引が行われます。

現物取引に慣れている方にとって、仮想通貨FXで分かりづらい点は、現物を持っていない場合でも売り注文から取引を始められる点だといえるでしょう。

例えば、1BTC=100万円のときに売り注文を出し、1BTC=90万円のときにビットコインを買い戻すと、10万円の利益となります。

また、仮想通貨FXでは、「レバレッジ」という規定の倍率分だけ手持ち資金よりも大きい資金を取引できる仕組みがあります。

仮想通貨FXは、少ない手元資金であっても大きな金額の取引ができたり、市場価格の下降局面でも利益を出せる点がメリットですが、手持ち資金以上に損失が膨らむ恐れがある点がデメリットだといえるでしょう。

リスクを最小限にするためにも、仮想通貨FXに関する知識は付けておくに越したことはありません。

仮想通貨FXの基本用語まとめ

それでは、仮想通貨FXの基本用語をまとめていきます。

多くが仮想通貨FXに限らず、金融商品の取引でも使われている用語なので、困ったときに辞書的に使ってみてください。

チャート、ローソク足、ヒゲ

出典: https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPY

「チャート」とは、商品の価格推移を示したグラフのことです。

目的に応じて、リアルタイムの値動きから年単位まで様々な期間のチャートを用いて、将来的な価格変動を予測するために使われています(この分析を「テクニカル分析」といいます)。

「ローソク足」とは、一定期間における価格変動幅を表す方法のひとつです。

「陽線」と「陰線」で構成されており、四角形の上下に伸びる線のことを「ヒゲ」といい、価格の変動を表します。

なお、陽線と陰線の色はチャートによって逆転していることがあるので、注意が必要です。

約定(やくじょう)、ポジション、建玉(たてぎょく)

「約定」(やくじょう)とは、売買取引が成立することです。

この時点ではまだ決済(実際の支払い)は行われていません。

なお、約定したときの価格を「約定価格」といいます。

また、「ポジション」とは、自分が保有する仮想通貨の資産状況のことをいい、新規にポジションを取ることを「ポジションを建てる/持つ」と表現することが多いです。

例えば、新規で1BTCの買い注文を出して約定した場合は、「1BTCの買いポジションを建てた」と表現されます。

取引約定後、未決済の状態で残っている注文(契約)のことを「建玉」(たてぎょく)といいます。

ロング・ショート

買いポジションのことを「ロング」、売りポジションのことを「ショート」と呼びます。

現物が手元になくても、ショート(売りポジション)から入れる点が仮想通貨FXの特徴です。

スプレッド

同時刻における、買値と売値の価格差のことを「スプレッド」といいます。

なお、スプレッドは取引所が独自に設定されているため、取引所ごとに異なっている点には注意が必要です。

証拠金、レバレッジ

「証拠金」とは、レバレッジ取引を行うために仮想通貨取引所に預ける資金のことです。

「レバレッジ」とは「てこ」の意味で、取引所ごとに設定された倍率に従って、証拠金 × 倍率分の資金を取引に充てられます。

例えば、レバレッジ5倍の取引所の場合、証拠金10万円で最大50万円の取引を行うことができるのです。

ロスカット、追証(おいしょう)

「ロスカット」とは、価格が大きく変動した際にあらかじめ決められた証拠金維持率を下回ったとき、自動的に注文が決済されることです。

多くの仮想通貨取引所では、仮想通貨FXにおいて、ロスカットの条件となる証拠金維持率が設けられています。

証拠金維持率の求め方

証拠金維持率 = (口座残高 + 建玉の時価総額) ÷ 必要証拠金

※必要証拠金は取引所ごとに異なります。

ロスカットは相場の下降局面で投資家の損失を増大させないための仕組みですが、急な暴落時には必要証拠金が足りなくなる場合があります。

このとき、追加で請求される証拠金が「追証」(おいしょう)です。

成行注文、指値注文、逆指値注文

「成行(なりゆき)注文」とは、すでに取引板に出ている注文価格で発注することで、「Taker注文」と呼ばれることもあります。

取引板とは、以下のように注文価格と数量が表示される掲示板のことです。

出典: https://zaif.jp/trade_btc_jpy

「指値(さしね)注文」とは、注文価格を指定して発注する注文のことで、「Maker注文」と呼ばれることもあります。

「逆指値注文」とは、指定したレートよりも価格が高くなったら書い、安くなったら売るという注文方法で、指定したレートに価格が到達すると、成行注文として処理されます。

仮想通貨FXにおすすめの取引所

ここではおすすめの仮想通貨取引所を紹介していきます。

まずは、取引所選びのポイントを整理していきましょう。

仮想通貨FXを行うときの取引所選びのポイント

レバレッジは最大何倍?

レバレッジの倍率は取引所ごとに異なります。

国内では最大25倍のレバレッジを設定している取引所がありますが、取引所によっては最大5〜10倍の所もあるのです。

倍率が大きいほど、リスクが高いので注意が必要でしょう。

手数料やスプレッドの大きさは?

仮想通貨取引において、手数料とスプレッドの大きさはチェックしておきたいポイントです。

仮想通貨FXの場合は、ポジションを翌日に持ち越すとレバレッジ手数料が発生する取引所がほとんどのため、長期のトレードにはあまり向いていません。

また、スプレッドは取引所によって異なるため、なるべくスプレッドが小さい取引所を選びましょう。

取引所内の取引量は多い?少ない?

仮想通貨の取引量も取引所選びの重要なポイントだといえるでしょう。

というのも、仮想通貨FXは板上に出ている売り注文と買い注文の需要と供給のバランスによって約定するかが決まるので、取引量が多いほど約定する可能性が大きくなるからです。

おすすめ取引所①BITPoint(ビットポイント)

出典: https://www.bitpoint.co.jp/

BITPointの基本情報
運営会社株式会社ビットポイントジャパン
設立2016年3月3日
資本金44億3000万円(資本準備金含む)
仮想通貨交換業者関東財務局長 第00009号
取引の種類現物取引・レバレッジ取引・FX取引
取引可能な通貨・ビットコイン(BTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・イーサリアム(ETH)
・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)

BITPoint(ビットポイント)は現在、国内でもっともレバレッジが大きな取引が可能な仮想通貨取引所です。

その倍率は25倍、追証制度もありません。

仮想通貨FXはに対応しているのはビットコイン(BTC)のみです。

レバレッジ手数料は0.04%/日、取引手数料は無料となっています。

また、ロスカットは証拠金維持率100%の時点で行われます。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

おすすめ取引所②GMOコイン

出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインの基本情報
運営会社GMOコイン株式会社
設立2016年10月
資本金17.58億円(準備金含む)
仮想通貨交換業者関東財務局長 第00006号
取引の種類現物取引(取引所、販売所)・FX取引
取引可能な通貨・ビットコイン(BTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・イーサリアム(ETH)
・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)

GMOコインはビットコイン(BTC)の他にも以下の仮想通貨のレバレッジ取引が可能です。

GMOコインでレバレッジ取引できる仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)

GMOコインの仮想通貨FXでは、5倍または10倍のレバレッジを効かせることができます(アルトコインは5倍のみ)。

レバレッジ手数料は0.04%/日、取引手数料は無料です。

ロスカットの基準となる証拠金維持率は75%となっています。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

おすすめ取引所③DMM Bitcoin

出典: https://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinの基本情報
運営会社株式会社 DMM Bitcoin
設立2016年11月7日
資本金12億9000万円
仮想通貨交換業者関東財務局長 第00010号
取引の種類現物取引・レバレッジ取引
取引可能な通貨・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ネム(XEM)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサクラシック(ETC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)

国内でもっとも多種類のアルトコインFXに対応しているのがDMM Bitcoinです。

DMM Bitcoinでは以下の仮想通貨がレバレッジ取引できます。

DMM Bitcoinでレバレッジ取引できる仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)

DMM Bitcoinの仮想通貨FXでは、5倍のレバレッジを効かせることができます。

レバレッジ手数料は0.04%/日、取引手数料は無料です。

ロスカットの基準となる証拠金維持率は80%となっています。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

仮想通貨FXのトレードスタイル

仮想通貨FXのトレードスタイルには大きく分けて3つに分けられます。

それぞれ目的やリスクの許容度に応じてスタイルが選ばれています。

スキャルピング

「スキャルピング」とは、数十秒〜数分単位で細かく短期の売買を繰り返して、小さな利益を積み重ねていくスタイルです。

基本的にはチャートに付きっ切りでトレードするため、短期で大暴落しない限りは多くの場合、損失が少なくて済みます

したがって、仮想通貨FXのなかではもっともリスクが低いトレード方法であり、ハイレバレッジ取引が行われます。

デイトレード

「デイトレード」は、ポジションを翌日に持ち越さずに、一日の中の値動きで取引を完結させるトレードスタイルです。

よほどチャートの予測に長けた上級者でもない限り、仮想通貨は1日の価格変動も大きいため、翌日にポジションを持ち越すリスクは大きいと考えられます。

1日の値動きを予測しつつ、数時間程度の単位で取引を行いますが、スキャルピングよりもリスクが高いので、デイトレードのレバレッジは高くない方が良いでしょう。

スイングトレード

「スイングトレード」は、もっとも上級者向きのトレードスタイルで、数日〜数週間ていどの取引期間での取引が行われます。

仮想通貨以外の金融商品においては、数日〜数週間は短期トレードに分類されますが、価格変動の激しい仮想通貨においては、かなり長期のトレードだといえるでしょう。

スイングトレードはもっともリスクが大きいので、初心者には向いていません。

仮想通貨FXのリスクは理解しておこう

最後に、仮想通貨FXを行う際の注意点を簡単に触れておきます。

基本的には仮想通貨FXはハイリスク!余剰資金で投資しよう!

大前提として、仮想通貨FX(および仮想通貨の現物取引)は他の金融商品と比べて、ハイリスク・ハイリターンな投資対象です。

したがって、仮想通貨への投資には失っても問題ないくらいの余剰資金を投じるという意識が不可欠だといえます。

価格変動が激しく、タイミングさえ良ければ短期間に大きな利益を獲得できるのが仮想通貨FXのメリットですが、そのリスクは理解しておくべきでしょう。

仮想通貨FXにかかる税金にも要注意!

株式などとは異なり、仮想通貨取引で得た利益には最大55%の税金がかかります(所得税+住民税)

サラリーマンであっても、年間20万円以上の収益を上げた場合には確定申告が必要です。

確定申告を怠ると、税務署より罰則として追徴課税を課されるので必ず行わなければなりません。

仮想通貨にかかる税金に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

仮想通貨の税金の計算と確定申告の方法を徹底解説!

 

また、仮想通貨取引にかかる税金について専門家に相談したい場合は、仮想通貨に精通した全国の税理士紹介サービス「Guardian」(ガーディアン)がおすすめです。

「Guardian」の詳細は、サービスを提供している「株式会社Aerial Partners」の沼澤代表へのインタビュー記事をご覧ください。

投資家サポート実績1位Guardian沼澤代表に聞く「仮想通貨の税金 どうすれば?」

夢はあるがリスクもあるのが仮想通貨FX

5分で読めるこの記事のポイント
  • 仮想通貨FXを始めるなら知っておきたい基本の用語まとめ
  • 仮想通貨FXにおすすめな取引所は「BITPoint」(ビットポイント)「GMOコイン」「DMM Bitcoin」
  • 注意しておきたい仮想通貨FXのリスクと税金の基本

仮想通貨FXは短期で利益を獲得できる可能性を秘めた投資手法です。

しかし、リターンが大きい一方でリスクも大きいため、あくまでも余剰資金で行うという意識が欠かせません

さらに、一定以上の利益が生じた場合には税金が発生する点にも注意が必要です。

仮想通貨FXは、正しい知識を身につけた上で節度をもって行うのが適切でしょう。

 

仮想通貨FXについて、より詳しく知りたい方はこちらの記事も併せてご覧ください。

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?初心者におすすめの取引所比較ランキングTOP7+海外取引所

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら