やさしい仮想通貨の始め方を解説

国内仮想通貨取引所を一覧で紹介|金融庁登録済みは17社!

最近は新規登録を停止している取引所が多いけど、どこなら登録できるの?
今現在金融庁に登録済みの取引所ってどこ?

なんて思ったことはありませんか?

確かに、近年は取引所のハッキング被害が増えており、金融庁の規制も厳しくなっていますよね。

そのため、「気になっていた取引所に登録しようとしたらできなかった…」なんてことも少なくありません。

しかし2019年1月11日、金融庁は仮想通貨交換業社の登録を更新し、最新の情報を発表しました。

そこで今回は、金融庁登録済みの仮想通貨取引所一覧および、おすすめ取引所を紹介したいと思います。

現在規制がかかっている取引所もまとめていますので、この記事を読めば登録できる取引所が明確になりますよ!

ざっくり言うと

  • 2019年1月現在、仮想通貨交換業社として登録されているのは17社
  • 金融庁に登録済みでも新規登録ができない取引所がある
  • 初心者は金融庁登録済み取引所を利用するのが安心
  • しかし、金融庁に登録されているからといって100%安全なわけではない
  • 自分に合った取引所を見つけることが大切!


仮想通貨交換業者一覧

仮想通貨取引所_一覧_登録取引所

そもそも仮想通貨交換業社の登録というのは、マネーロンダリングを防ぐ目的で行われています。

マネーロンダリングとは、いわゆる資金洗浄のことで、犯罪者やテロリスト、反社会的組織などが不正に資金を調達し、それを社会で使えるお金に変える行為です。

金融庁では、仮想通貨取引所がこういった不正取引に悪用されないよう、さまざまな審査を設けた登録制を導入しているんですね。

また、仮想通貨交換業社を管理することで私たち利用者の保護にも繋がり、金融庁への登録は取引所の安全性を測る基準にもなっています。

2019年1月現在、仮想通貨交換業者として登録されている仮想通貨取引所は17社で、これを一覧にしたのが下記です。

仮想通貨交換業者名登録番号登録年月日所在地
株式会社マネーパートナーズ関東財務局長
第00001号
平成29年9月29日東京都港区六本木3-2-1
QUOINE株式会社関東財務局長
第00002号
平成29年9月29日東京都中央区京橋2-2-1
株式会社bitFlyer関東財務局長
第00003号
平成29年9月29日東京都港区赤坂9-7-1
ビットバンク株式会社関東財務局長
第00004号
平成29年9月29日東京都品川区西五反田7-20-9
SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社関東財務局長
第00005号
平成29年9月29日東京都港区六本木3-1-1
GMOコイン株式会社関東財務局長
第00006号
平成29年9月29日東京都渋谷区桜丘町20-1
ビットトレード株式会社関東財務局長
第00007号
平成29年9月29日東京都港区三田2-11-15 三田川
崎ビル4階
BTCボックス株式会社関東財務局長
第00008号
平成29年9月29日東京都中央区日本橋茅場町2-8-1BRICK GATE 茅場町5階
株式会社ビットポイントジャパン関東財務局長
第00009号
平成29年9月29日東京都港区六本木3-2-1
株式会社DMM Bitcoin関東財務局長
第00010号
平成29年12月1日東京都中央区日本橋2-7-1 東京日
本橋タワー10階
株式会社ビットアルゴ取引所東京関東財務局長
第00011号
平成29年12月1日東京都渋谷区千駄ヶ谷1-3-2
Bitgate株式会社関東財務局長
第00012号
平成29年12月1日神奈川県横浜市中区常盤町2-11
株式会社BITOCEAN関東財務局長
第00013号
平成29年12月26日東京都江東区南砂2-36-11 プライムタワー東陽町8F
コインチェック株式会社関東財務局長
第00014号
平成31年1月11日東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷
新南口ビル3F
株式会社フィスコ仮想通貨取引所近畿財務局長
第00001号
平成29年9月29日大阪府岸和田市荒木町2-18-15
テックビューロ株式会社近畿財務局長
第00002号
平成29年9月29日大阪府大阪市西区靱本町1-5-18
株式会社Xtheta近畿財務局長
第00003号
平成29年12月1日大阪府大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル204号

おすすめ仮想通貨取引所10社

仮想通貨取引所_一覧_おすすめ

金融庁登録済みだからといって、全ての取引所が利用できるわけではありません。

中には、新規口座登録を停止しているところや、運営自体を停止しているところもありますので、利用する際は慎重に選ぶ必要があります。

ここでは、通常運用している取引所の中でも特におすすめの10社をまとめてみました。

取り扱い通貨なども一覧で確認ができるので、ぜひ参考にしてみてください。

国内仮想通貨取引所おすすめ一覧

  • No.1 GMOコイン
  • No.2 BITPoint(ビットポイント)
  • No.3 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
  • No.4 FISCO(フィスコ)
  • No.5 coincheck(コインチェック)
  • No.6 Liquid(リキッド)
  • No.7 bitbank(ビットバンク)
  • No.8 BTCBOX(BTCボックス)
  • No.9 SBI VCTRADE(SBIバーチャル・カレンシーズ)
  • No.10 Xtheta(シータ)


No.1 GMOコイン

仮想通貨取引所_一覧_MOコイン出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネットグループが親会社となる取引所なので、信頼性や安定性は抜群といえます。

販売所と取引所の両方の機能があり、レバレッジ取引にも対応。

スマホアプリの「ビットレ君」は、初心者でも直感的に操作ができるとして高く評価されています。

取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ビットコインキャッシュ(BCH)/ライトコイン(LTC)/リップル(XRP)

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

No.2 BITPoint(ビットポイント)

出典: https://www.bitpoint.co.jp/

BITPointは、2016年に設立した比較的新しい取引所となりますが、上場企業である株式会社リミックスポイントの子会社が運営しているため、安定性は◎!

取引画面が非常にシンプルで使いやすいほか、世界中のFXトレーダーが利用する「メタトレーダー4(MT4)」を導入しているため、初心者から上級者まで人気があります。

また、何か問題があった際には、お客様相談室が丁寧に対応してくれるので安心です。

取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ビットコインキャッシュ(BCH)/ライトコイン(LTC)/リップル(XRP)

BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

BITPOINTの登録はこちら

No.3 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

仮想通貨取引所_一覧_DMM Bitcoin出典:https://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinは、2018年から営業をしている若い仮想通貨取引所。

しかし、DMM.comという日本の大企業が運営をしていることから、すでに国内トップクラスの人気を誇っています。

こちらも取引画面が使いやすく、取引手数料がほぼ無料となっているところが大きな魅力だといえるでしょう。

取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ビットコインキャッシュ(BCH)/ライトコイン(LTC)/リップル(XRP)/ネム(XEM)/イーサクラシック(ETC)

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

No.4 FISCO(フィスコ)

仮想通貨取引所_一覧_FISCO出典: https://fcce.jp/

FISCOは2016年からサービスを開始している取引所で、JASDAQ上場企業「フィスコ」の子会社が運営を行なっています。

国内取引所のZaifと提携しており、同じ取引システムを採用。

取り扱い通貨は少ないものの、自社通貨となる「フィスココイン(FSCC)」や「CICC」といったトークンを扱っているのが特徴です。

取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)/ビットコインキャッシュ(BCH)/モナコイン(MONA)

→ Fisco(フィスコ)の公式サイトはこちら

Fiscoの登録はこちら

No.5 Coincheck(コインチェック)

仮想通貨取引所_一覧_coincheck出典: https://coincheck.com/ja/

Coincheckは、サービス開始が2014年と比較的歴史のある取引所になります。

仮想通貨取引のほか、ビットコイン決済サービス「coincheck payment」や、ビットコインで電気代が支払える「coincheck 電気」などのユニークなサービスがあるのが特徴。

取引画面のデザインや配色もスタイリッシュで、初心者向けの使いやすさを追求しています。

取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/イーサリアムクラシック(ETC)/ビットコインキャッシュ(BCH)/リスク(LSK)/ファクトム(FCT)/ライトコイン(LTC)/リップル(XRP)/ネム(XEM)

coincheckの公式サイトはこちら

coincheckの登録はこちら

No.6 Liquid(リキッド)

仮想通貨取引所_一覧_Liquid出典: https://www.liquid.com/ja/

もともとはシンガポールで設立された取引所で、現在は日本に本社を構えるLiquid。

4種類の取り扱い通貨のほか、米ドル・香港ドル・シンガポールドルなどさまざまな法定通貨を取り扱っているのが特徴です。

取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/リップル(XRP)/キャッシュ(QASH)

Liquid by Quoine公式サイトはこちら

Liquid by Quoineの登録はこちら

No.7 bitbank(ビットバンク)

仮想通貨取引所_一覧_bitbank出典: https://bitbank.cc/

bitbankは、世界最大規模といわれる中国の取引所「OKCoin」と提携しており、セキュリティレベルの高さが大きな特徴といえます。

仮想通貨のほかにも、FXや証券会社、FXブロガー向け取引所などを運営。

取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ビットコインキャッシュ(BCH)/ライトコイン(LTC)/リップル(XRP)/モナコイン(MONA)

bitbank公式サイトはこちら

bitbankの登録はこちら

No.8 BTCBOX(BTCボックス)

仮想通貨取引所_一覧_BTCBOX出典: https://www.btcbox.co.jp/

BTCBOXは、日本版国際版の2つの取引所を運営している少し変わった取引所。

他の取引所に比べて歴史があり、金融グループで知られる「Jトラスト」と業務提携をしていることから、安全性が高いといえます。

取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ビットコインキャッシュ(BCH)/ライトコイン(LTC)

BTCBOXの公式サイトはこちら

BTCBOXの登録はこちら

No.9 SBI VCTRADE(SBIバーチャル・カレンシーズ)

仮想通貨取引所_一覧_SBI VCTRADE出典: https://www.sbivc.co.jp/

SBI VCTRADEは、大手SBIグループの子会社が運営する仮想通貨取引所。

リップル社と業務提携しているほか、大手ならではのセキュリティやシステムの強さが魅力です。

取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ビットコインキャッシュ(BCH)/リップル(XRP)

SBI VCTRADEの公式サイトはこちら

SBI VCTRADEの登録はこちら

No.10 Xtheta(シータ)

仮想通貨取引所_一覧_Xtheta出典: https://xtheta.co/

Xthetaは、仮想通貨取引所ではなく「仮想通貨の総合取引所」で、仮想通貨の購入や売却を取り次いでくれる会社になります。

ユーザーには担当者が付き、相談しながら仮想通貨取引を進めることが可能。

手数料はやや割高ですが、自分1人で取引するのが不安な人に最適なサービスですよね!

Xthetaの公式サイトはこちら

Xthetaの登録はこちら

自分に合った取引所を選んで取引をはじめよう!

仮想通貨取引所_一覧_まとめ

今回は金融庁の認可を受けている仮想通貨取引所を一覧で紹介しましたが、この情報は随時更新されていくもの。

そのため、気になる取引所がある場合は、金融庁のホームページをその都度確認するのがおすすめです。

また、2019年1月現在、金融庁登録済み取引所の中で特におすすめなのは10社となっていますので、これから口座開設をする人はぜひ参考にしてみてくださいね!

金融庁公式ページ

仮想通貨取引所のおさらい

  • 金融庁の登録システムにはマネーロンダリングやユーザー保護の目的がある
  • 金融庁に登録されていない取引所は詐欺である可能性も…。
  • 相談しながら取引ができる総合取引所も誕生している
  • 今現在おすすめしたい取引所は10社!