やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨はもう上がらないのか?2019年を大予想!

仮想通貨_もう上がらない_アイキャッチ

仮想通貨はバブルが弾けたの?

仮想通貨はもう上がらないの?

2017年から2018年にかけての年末年始は、さまざまな仮想通貨が史上最高値を更新したため、2018年から2019年の年末年始の動きに期待していた方も多いと思います。

しかし、思っていた以上に仮想通貨が上がらなかったため、やきもきしていた方も多いのではないでしょうか。

もう仮想通貨は上がらないのではないかと懸念する声も多いですが、果たして本当に仮想通貨の価値はもう上がらないのか徹底検証してみました。

この記事を最後まで読んでいただけると、仮想通貨が上がらない理由と、上がる可能性について理解できるのでぜひ参考にしてください。

仮想通貨は上がらないどころか下がり続けている事実

仮想通貨は価格変動が激しい性質があり、これまでにも上昇と下降を繰り返しています。

過去から現在へのチャートを確認してみるとよくわかりますが、仮想通貨は2017年から2018年にかけて起こった年末年始のピーク以降、価格が上がらないどころか、着々と下がっているのが事実です。

出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/bitcoin/

ビットコインは2017年12月に一時約235万円台に到達しましたが、ピーク以降は徐々に値下がり続けて2019年1月には約37万円台まで落ち込み、約84%もダウンしています。

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨でもあるので、ビットコインの値動きに合わせるように他のアルトコインも値下がりしています。

出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/ripple/

国際送金システムを改善する目的で開発され、世界各国の金融機関からも注目されていることで価値の上昇が期待されているリップルも、ビットコインと同様に価格が下がっています。

2018年1月には一時400円台にまでアップしましたが、その後は下がり続けて2019年1月には約32円となり、約92%も下がっています。

出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/ethereum/

ビットコインに匹敵する仮想通貨とされていたイーサリアムも、ビットコインとほぼ同じ値動きを見せています。

2018年1月には約16万円台に達しましたが、2019年1月現在では約1.1万円で推移しており、約93%もダウンしています。

イーサリアムは時価総額ランキングで2位を維持し続けていましたが、2019年1月現在はリップルに抜かれて時価総額ランキング3位となってしまいました。

どの仮想通貨もかつての最高値にはほど遠い価格で推移していますが、ここまで価格が下落し続けるのはいくつか理由があります。

仮想通貨の価格がなかなか上がらないのは、仮想通貨に対するマイナスイメージが拭い切れていないことが関係しています。

仮想通貨が思っていたよりも上がらない理由

仮想通貨の価格が思っていたほど上がらないのは、仮想通貨に対するマイナスイメージが強くて価値が見い出せなくなったと考える人が増えたことが一因だと考えられます。

特に個人投資家が仮想通貨に対してマイナスイメージを抱くきっかけになった事例をいくつか紹介します。

ハッキングが相次ぎ仮想通貨取引所に対する信頼性が揺らいだ

仮想通貨取引所は顧客の大切な資産を責任を持って預かり、安心して仮想通貨を取引できる環境を用意すべきですが、あまりにもお粗末なセキュリティ対策だったためハッキング被害が続出しました。

2018年は国内のコインチェック(Coincheck)やザイフ(Zaif)がハッキングされて、大量の仮想通貨が盗まれる事件が発生しました。

コインチェックは、当時「みなし業者(金融庁に申請中でまだ認可されていなかった)」でしたが、ザイフは金融庁から認可を受けていた仮想通貨交換業者だったことから大きな衝撃を与える結果になりました。

日本国内だけでなく、海外の仮想通貨取引所でも高頻度でハッキング事件が発生していることから、「やっぱり仮想通貨取引は危ない」というイメージが定着する原因になっています。

年末年始の暴騰暴落による狼狽売りが相次いだ

2017年から2018年にかけての仮想通貨バブルに乗り高値で買った人が、暴落により狼狽売りに走って価格が不安定になりました。

芸能人が「仮想通貨で失敗した」と公の場で話をすることで、世間にマイナスイメージを浸透させたきっかけにもなっています。

その結果、新規参入者は特に「やっぱり仮想通貨に手を出すべきではない」という考える人も少なくありません。

仮想通貨市場全体が伸び悩んだ

仮想通貨に対する信頼性が揺らいだことや年末年始の暴騰暴落で狼狽売りが多数発生したことなどを受け、ビットコインの価格も下落し続けて思うように上がりませんでした。

ビットコインが伸び悩んでしまうと、他のアルトコインも追随して伸び悩むため、仮想通貨市場全体が伸び悩む原因になっています。

仮想通貨取引所Liquiが閉鎖!

他の仮想通貨取引所ではあまり取り扱っていない草コインを取引できることで有名だった海外の仮想通貨取引所「Liqui」が閉鎖を発表しました。

閉鎖に至った理由は「流動性の低下」を挙げており、ユーザーの取引量が激減していたことが考えられます。

草コインの取引をメインに行っていた方は、今後の動きに注目したいところですが、他の仮想通貨取引所も同様の理由で閉鎖に動くことも予想されます。

※「Liqui」は、日本の仮想通貨交換業者「Liquid(旧QUOINEX・コインエクスチェンジ)」とは関係ありません。

仮想通貨が上がらない理由は、世間に対して仮想通貨のマイナスイメージを与えるさまざまな要因が重なったからだと考えられます。

仮想通貨はもう上がらないとは言い切れない理由

仮想通貨は上がらないのではないかと思われるマイナス要素が多く、実際になかなか上がる気配はありませんが、今後の動きに期待できる情報はたくさんあります。

仮想通貨に対して世間の目がプラスに変わるきっかけになるかもしれない情報をいくつか紹介します。

【海外】Huobiで先物取引リリース計画進行中

海外取引所Huobi

海外の大手仮想通貨取引所「Huobi(フォビ)」では、リップルの先物取引がリリースされる予定になっています。

既にビットコインやイーサリアム、ライトコイン、イオスの先物取引は提供されており、次はいよいよリップルの先物取引がスタートする予定です。

リップルだけでなく、他の仮想通貨に対する期待値も高まることから、今後の動きには注目したい情報です。

なお、Huobiでは日本版アプリ(iPhone、Android対応)もリリースしており、日本人でも取引しやすい環境を用意しています。

【海外】バイナンス・ジャージーの発足

海外の大手仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」は、英ポンドとユーロ建の法定通貨取引を行う新しい取引所「バイナンス・ジャージー」を発足させることを表明しています。

バイナンス・ジャージーがサポート対象としている国には日本も対象になっています。

バイナンスは日本の金融庁から「無登録業者」として警告を受けた経緯がある中で、「バイナンス・ジャージー」のサポート対象国に日本を含めている理由ははっきりわかりません。

金融庁に登録申請を行っていることも考えられるため、今後の動きに注目したいところです。

【国内】コインチェックが金融庁から認可

出典:https://coincheck.com/ja/

2018年にハッキング事件を受けてサービス提供を停止していたコインチェック(Coincheck)が、2019年1月11日に金融庁から認可を受けた仮想通貨交換業者になりました。

なかなか金融庁から認可されなかった「みなし業者」が、ようやく念願だった仮想通貨交換業者と認められたことで歓迎するユーザーも多くいます。

もともとコインチェックは初心者でも利用しやすいサービスを提供していたことから、多数のユーザーが存在していた大手仮想通貨取引所です。

本格的な営業再開により、今度こそは安心安全な取引を実現できる仮想通貨取引所へ生まれ変わってくれることが期待されます。

【国内】人気スマホゲームで仮想通貨を配布

仮想通貨の活用法として多いのが、ゲーム内の報酬として配布される事例です。

GMOコインを運営している「GMOインターネット」では、スマホアプリのゲーム内で報酬として配布される「CryptoChips byGMO」を実装しています。

仮想通貨が配布されることでユーザーの楽しみが増え、さらに利用価値が高まっていくことが期待されています。

【国内】国産仮想通貨・Z502

出典:https://z502token.com/index.html

国産仮想通貨として有名なモナーコイン(MONA)やビットゼニー(ZNY)に次ぐ、新しい国産仮想通貨「Z502(502 Bad Gateway Token)」が注目を集めています。

Z502が誕生したきっかけは、仮想通貨取引所のサーバーダウンなどにより被害を受けた個人投資家を保護する目的で、仮想通貨の不祥事が起こった時に配布されるというユニークな仮想通貨でした。

当初は無価値だったZ502は徐々に認知度が高まり、CoinExchangeに上場後60倍もの価値に上昇する躍進を見せています。

Z502の躍進は、草コインでもまだまだ上がる可能性があることを証明しています。

仮想通貨の将来性に期待できる要素はまだまだたくさんあるため、価格が絶対に上がらないとは言い切れません。

今後の動きに注目しましょう!

仮想通貨は絶対上がらないとは言い切れない!情報収集が重要

仮想通貨がなかなか上がらないのは事実で、マイナス要素の情報も多く見受けられるため将来性が期待できないとの意見もありますが、2019年以降もまだまだ可能性は捨てきれません

積極的に情報収集をして、プラスに動く要素があればすぐに対応できる準備を整えておきましょう。

動きがあればすぐに対応するためにも、複数の仮想通貨取引所に口座開設しておくことをおすすめします。