やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨の売却方法と手数料・売却益の課税対象について徹底解説!

cc-sell-thumbnail

仮想通貨を購入し、適切なタイミングで売却して利益を得る目的で仮想通貨取引を行う人が増えています。

仮想通貨取引で多くの利益を得るには、タイミングをしっかり見極めて正しい方法で売却しなければいけません。

そこで今回は、仮想通貨を売却するタイミングの見極め方や仮想通貨取引所の選び方、各仮想通貨取引所で売却時にかかる手数料の比較、

仮想通貨を売却した後に忘れてはいけない税金の仕組みなどを詳しく解説します。

この記事を最後まで読むことで、仮想通貨を売却する方法をしっかり理解できますので、ぜひ参考にしてください!

仮想通貨を売却するのに最適なタイミングとは?

仮想通貨は価格変動が激しいため、売却のタイミングを見極めるのが非常に難しいものです。

仮想通貨取引で利益を出すには、単純に価格が安い時に買って、高い時に売れば良いですが、

慣れないうちは価格が下がりはじめると焦って売ってしまい、売り時を間違える人が多いので注意が必要です。

仮想通貨を売却する最適なタイミングを見極めるためにおすすめの方法を紹介します。

仮想通貨を売却するタイミングはルールを決めるのがおすすめ

仮想通貨取引に慣れないうちは、自分の中で売買するタイミングのルールを決めるのがおすすめです。

「購入した時の価格から1割上がったら売ろう」「最低でも2ヶ月は様子を見ておこう」などとルールを決めておくことで、大きな利益を得るのは難しいですが、大損するリスクは抑えられます

売却するタイミングだけでなく、購入するタイミングを見極めることも大事なので、「この価格まで下がったら買い!」とルールを決めておくのもおすすめです。

仮想通貨の価格が上がるタイミングを見極めて売却する

仮想通貨の価格変動はかなり激しく、経済情勢や仮想通貨関連の情報によっても価格が大きく左右されます。

過去に仮想通貨の価格が急上昇した事例
  • 仮想通貨のハードフォーク・アップデート
  • 法定通貨の価値が下落
  • 仮想通貨取引所に上場決定
  • 仮想通貨の実用性が高まるニュース

これらの情報を早くキャッチしておくと、仮想通貨の価格が上がる大まかなタイミングを把握できます

また、仮想通貨の価格が下落する原因としては、仮想通貨の信頼性が低下する出来事が大きく関係しています。

例えば、2018年には仮想通貨取引所・コインチェックがハッキング被害に遭い、大量のネム(XEM)が流出した事件をきっかけに、仮想通貨の価格は大幅に下落しました。

過去にも仮想通貨取引所から仮想通貨が盗まれる事件は何度か発生し、仮想通貨の価格が下落しています。

他にも金融情勢の悪化や国の規制が強化された時や年末年始などのタイミングで利確売りが頻発した時などは、仮想通貨の価格も下落する傾向があります。

これらの仮想通貨の価格が下がりそうな情報も事前にキャッチしておき、慌てて売却しないことも大切です。

仮想通貨を仮想通貨取引所で売却する方法

仮想通貨取引を行い売却するなら、国内では金融庁に認可された仮想通貨交換業者を利用するのがおすすめです。

金融庁から認可を受けている仮想通貨交換業者は、厳しい審査項目をクリアした業者なので、安全性の高い仮想通貨取引ができます

海外の仮想通貨取引所では、国内の仮想通貨取引所では取り扱っていない珍しいアルトコインも多数取り扱っていますが、

日本人向けにサポート体制が整っているわけではないので、特に初心者には海外の仮想通貨取引所を利用した取引はおすすめできません

国内の仮想通貨交換業者は、初心者向けにサポート体制もしっかり整っている業者が多いので、安心して利用できるメリットがあります。

仮想通貨を売却できる販売所と取引所の違い

仮想通貨取引所の取引形態は「販売所」と「取引所」の2種類があります。

それぞれの特徴を見極め、自分に合った取引形態の仮想通貨取引所を選びましょう。

販売所:ユーザーと仮想通貨交換業者で取引を行う

取引所:ユーザー同士で取引を行う

販売所の特徴

販売所の特徴は、取引画面に表示されている価格で売買がすぐに成立するので、誰でも簡単に仮想通貨取引を始められます。

ただし、スプレッド(売買価格の差)があり、実質的な取引手数料が高めに設定されている点に注意が必要です。

取引手数料無料としている仮想通貨取引所も多いですが、実質的な取引手数料であるスプレッドが存在しているため、購入時よりも高い値段で売却しなければ損をします。

仮想通貨取引所によってスプレッドの幅が異なるので、頻繁に取引を行うならできるだけスプレッドの幅が狭い仮想通貨取引所を選ぶことをおすすめします。

取引所の特徴

取引所はユーザー同士板取引を行う方式なので、希望通りの価格や数量では簡単に取引が成立しない場合があります

取引手数料は無料、または格安に設定されているため、頻繁に取引を行うなら実質的な手数料が高い販売所よりも、手数料がほとんどかからない取引所をおすすめします。

仮想通貨取引初心者には簡単に売却できる販売所をおすすめしますが、取引に慣れてきたら取引所をおすすめします。

最近は取引所方式でも初心者向けに簡単に取引が成立しやすいように工夫した取引ツールを用意している仮想通貨取引所が増えていますので、できれば複数の仮想通貨取引所に登録しておくと便利です。

仮想通貨の売却は手数料がかかる?各仮想通貨取引所の違いを比較

国内の仮想通貨交換業者を利用して仮想通貨を売却する際にかかる手数料や出金手数料と、取引形態(販売所・取引所)を比較しました。

それぞれ取り扱っている仮想通貨の種類も異なるため、目的に応じて使い分けできるように複数の仮想通貨交換業者に口座開設しておくと便利なのでぜひ参考にしてください。

仮想通貨取引所売却時にかかる手数料取引形態取扱コイン
BITPoint【取引手数料】
無料
【出金手数料】
無料
取引所ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
ライトコイン
リップル
GMOコイン【取引手数料】
販売所:無料
取引所:Maker:0%、Taker:0.01%
【出金手数料】
無料
販売所
取引所(ビットコインのみ)
ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
ライトコイン
リップル
DMM Bitcoin【取引手数料】
無料
【出金手数料】
無料
販売所ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
ライトコイン
リップル
ネム
イーサリアムクラシック
bitFlyer【取引手数料】
販売所:無料
取引所:0.01 ~ 0.15%
【出金手数料】
216~756円
販売所
取引所(ビットコインのみ)
ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
ライトコイン
モナーコイン
イーサリアムクラシック
Zaif【取引手数料】
販売所:無料
取引所:Maker:0%、Taker:0~0.3%(コインによって異なる)
【出金手数料】
350~756円
販売所(ビットコインキャッシュ以外)
取引所
ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
モナーコイン
ネム

※販売所方式の取引手数料は無料ですが、スプレッドは発生します。

取引所方式のMakerとは、板に並んでいる価格よりも有利に指値注文して約定した場合(板に並ぶ価格を「作る」という意味)にかかる手数料です。

Takerとは、板に並んでいる価格で注文または成行注文で約定した場合(板に並ぶ価格を「取る」という意味)にかかる手数料です。

仮想通貨の売却益にかかる税金について

仮想通貨取引を行う際に忘れてはいけないのが、税金についてです。

仮想通貨を売却した時点で利益確定となり、課税対象になります。

売却益は仮想通貨の売却価格から購入価格や経費などを差し引いた金額で、総平均法移動平均法のどちらかで算出しますが、基本的には移動平均法を用いるように国税庁が指導しています。

国内の仮想通貨取引所では取引データを出力できるサービスを提供していますので、資料を税理士に渡して確定申告の準備を依頼したり、自分で会計ソフトを利用するなどして確定申告を行います。

例えば、「Cryptact」は仮想通貨取引所の取引データを基に、国税庁が指導する内容に従って自動で損益計算できるサービスを提供していますので、このようなサービスを活用するのもおすすめです。

仮想通貨の売却益があるなら金額に関わらず確定申告が必要

仮想通貨取引で得た利益は「雑所得」になり、所得税は所得金額に応じて5~45%が課税され、更に10%程度(地域によって異なる場合があります)の住民税も課税されます。

所得税については、個人事業主だと金額に関わらず、給与所得者は売却益が20万円以上、被扶養者は33万円以上なら雑所得として確定申告を行う必要があります。

この金額以下であっても住民税の申告を行う必要があるため、たとえ少額でも仮想通貨取引を行って利益を得た場合は確定申告を行わなければいけません

仮想通貨の売却益があっても確定申告しないとバレる?

仮想通貨の売却益があるのにも関わらず、確定申告を行わずに税金から逃れようとする行為は絶対にやめましょう!

黙っていればバレないのでは?という考え方は間違っています。

仮想通貨取引所で保有している取引データや、金融機関の入出金データなどを国税庁が調査をすると簡単にバレてしまいます。

仮想通貨取引で大きな利益を得る人が続出している事実は国税庁でもしっかり把握していますので、仮想通貨の売却益が出たら必ず確定申告を行いましょう!

仮想通貨取引所で売却する場合はタイミングが大事!

仮想通貨取引を行い売却する際には、損をしないようにタイミングをしっかり見極めて、売買が成立しやすくて手数料も安い仮想通貨取引所で売却しましょう。

簡単に取引が成立する販売所方式を希望するならGMOコインを、頻繁に取引を行うので取引手数料がかからない取引所方式を選ぶならBITPointをおすすめします。

仮想通貨取引所は複数の口座を所有しておくと用途に応じて使い分けることができますので、事前にいくつかの仮想通貨取引所に口座開設しておくと便利です。

また、売却益が出た場合にはきちんとルールを守って確定申告を行うことも忘れずに、クリーンな仮想通貨取引を行ってください!

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら