やさしい仮想通貨の始め方を解説

Twitter社のCEOジャック・ドーシーがサポートするアフリカの仮想通貨スタートアップが100万ドルの取引量を達成

ジャック・ドーシーがサポートしたアフリカからの仮想通貨送金スタートアップ「Bit Sika」は、開始わずか4か月で、すでに100万ドルの取引量を達成しています。

ジャック・ドーシーのアフリカの仮想通貨ビジョン

Twitter社のCEOであるジャック・ドーシーは、仮想通貨はアフリカの経済状況を変える大きな可能性があると強く信じています。Bitcoinistの2019年後半の報告によると、ジャック・ドーシーはアフリカのいくつかの国を訪問して、起業家たちと話をし、2020年半ばに6ヶ月間アフリカで事業を行う計画を立てました。

現在、いくつかの報告によると、ジャック・ドーシーの仮想通貨はアフリカの市民にとって非常に役立つ可能性があるという彼の信念は、全く間違っていないようです。 議論されている報告は、Bit Sikaとして知られる仮想通貨送金アプリに関するものです。

このアプリは、現時点ではまだ約4か月しか使用されていないスタートアップであり、ユーザーはナイジェリアとガーナで送金したりお金を使うことができます。 しかしながら、このアプリをみんなが一斉に使ったことで話題になり、過去4か月以内に100万ドルの取引量を達成するなど歴史的な偉業となりました。

https://twitter.com/atsudavoh/status/1212729581117022208?s=21

Bit Sikaの開発

統計によると、プラットフォーム上の各取引量の平均値は約200ドルです。 一方、アプリ自体は、ユーザーが仮想通貨と法定通貨を同様に送信し、スマートフォン同士でお金を移動できるようにします。 ただし、アプリは法定通貨も使用しますが、仮想通貨をメインにしています。 実際、法定通貨の送金は仮想通貨によって裏付けられていますが、法定通貨が表に出ることはありません。

このプラットフォームはもともとチャリティーアプリとして始まり、人々が海外から寄付を送ることができるようになりました。 これらの寄付は、寄付を必要とするアフリカの市民に届けられ、そのプロセス全体は透明で、安価で、簡単です。

プロジェクトの共同創設者であるAtsuは、アプリの初期の頃について話し、最初のバージョンを作成するのに4〜5週間かかったと述べました。 彼と彼のチームは、アプリとその目的について議論し、最終的にはできるだけユーザーを大切にすることを決定し、日常的に使用できる方法を見つけたいと考えていました。

アプリは最終的に現在の状態に進化し、100万ドルの取引のおかげで、開発者はBit Sikaを他のアフリカ諸国に拡大する計画を立てています。

Bit Sikaの将来の計画

前述のように、Bit Sikaはその短い歴史の中で多くのサポートを受けました。 ジャック・ドーシーのサポートは純粋に道徳的なものでしたが、投資を通じてサポートした人もいました。 このプロジェクトがアイテム課金ビジネスモデルを採用する会社によって行われた最初のナイジェリア以外の投資になったことは注目に値します。

同社は、プロジェクトが国境を越えた支払いをコスト面で解決できるだけでなく、監査可能かつ即時にできることを述べ、Bit Sikaに投資する決定を説明しました。 そのため、このプラットフォームは、個人や企業を含む何百万人ものアフリカ人を支援することができます。

また、アフリカのスタートアップが以前にBinanceの支援プログラムに参加したことも注目に値します。

また、このプロジェクトは現在、フランス語圏市場への拡大に取り組んでおり、既に活動していた国に加えて、コートジボワール、モーリシャス、マリ、セネガ、ガボン、カメルーンでも利用できるようになりました。

https://twitter.com/atsudavoh/status/1214862873844998144?s=21

将来的には、独自のBinanceを基にしたステーブルコインであるアフリカンステーブルコイン(ABCD)の提供も計画しています。これは2019年後半に発表されました。コインは2020年1月に発売される予定です。

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら