やさしい仮想通貨の始め方を解説

いま話題のフィスコ中川さんの本『【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由』とは?

「仮想通貨を勉強したいけど、何から手をつければいいかわからない」

「ビットコインや仮想通貨の仕組みをもっと知りたい!」

と考えたことはありませんか?

近年は仮想通貨ブームということもあり、さまざまな仮想通貨の書籍が販売されています。

そんな中、株式会社フィスコIRの中川氏が執筆した【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由が話題になっているのを知っていますか?

ビットコインの保有率が世界一となる日本ですが、ザ・キャズムでは「なぜビットコインを買うのか?」を切実に解いています。

また、紙幣の歴史にそって「そもそもお金と何なのか?」「法改正を行った理由」なども紐解いているため、初心者でも読みやすいと人気です。

今回は、そんな【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由の魅力や、著者の中川氏についてを紹介していきます。

ザ・キャストを購入しようか迷っている人も、この記事を読めば魅力が明確になり、自分に必要な本かどうかがわかるでしょう!

『【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由』とは?

「【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由」は、2018年8月に発売された仮想通貨についての書籍です。

著者は株式会社フィスコIRの取締役COOの中川博貴(なかがわ・ひろき)氏で、全4章で構成された内容となっています。

ザ・キャズム 〜 今ビットコインを買う理由

◆第1章:賢者は歴史に学ぶ

貨幣の世界史からビットコインを読み解く

◆第2章:価値上昇の必然性を検証する

仮想通貨マーケットに流入する投資家たち

◆第3章:ポートフォリオ資産としての仮想通貨

シナリオプランニングとは

◆第4章:パワーシフトと国家財政

国家における仮想通貨取引規制

第1章については、お金の概念ができる前の話や原始紙幣とビットコインの共通点、米ドルを基軸とする世界経済といった内容。

これは他の書籍でも多く取り上げられている内容ですが、この本では非常にわかりやすく解説されています。

そのため、現代社会におけるお金の問題というのが理解できるでしょう。

それ以降の第2〜4章については、ビットコインを含む仮想通貨の将来についてが書かれており、中川氏の仮想通貨に対する想いが伝わってきます。

人によってはやや違和感を感じるかもしれませんが、実際に読んだ人の中には、

「自分とは違った考えに触れることができた」

「仮想通貨に対する印象が変わった」

といった声も多くみられました。

仮想通貨というよりは、ビットコイン寄りの内容となっていますので、どちらかというとビットコインを保有している人向けだといえるでしょう。

とはいえ、お金の考え方や日本の法改正事情に触れている部分も多く、ビットコインを保有していない人でも学べるものは多いです。

そのため、近い将来訪れるといわれるデジタル社会に備え、仮想通貨を今一度見つめ直す良いきっかけとなるでしょう。

ザ・キャズム 〜 今ビットコインを買う理由

作者の中川博貴さんは、なんとフィスコIRの取締役!

出典: https://www.facebook.com/nakagawa.hiroki.7

ザ・キャズム を執筆した中川氏は、2017年より株式会社フィスコデジタルアセットのグループ取締役にも就任している人物。

慶應義塾大学経済学研究科の修士課程修了後、株式会社フィスコにてデューディリジェンスや戦略立案、オペレーション管理に携わっています。

その後2014年に子会社である株式会社フィスコIRの取締役COOに就任し、上場企業IR活動のコンサルティングを行ってきました。

また、株式会社フィスコIRは「車内完結」を基本とした業界随一のサービス体制が魅力となっており、投資についての高い専門性を持っています。

つまり中川氏は、投資家と企業をつなぐプロフェッショナルなのです!

そんな人物となれば、当然私たちとは全く違った角度で仮想通貨を見ているでしょうし、将来性についてもある程度予測ができるでしょう。

ちなみに、中川氏のFacebookではモトクロスの写真がアップされており、練習に励んでいることが伺えます。

『【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由』が話題のワケ

出典: https://www.shutterstock.com/home/

現代では仮想通貨について書かれた書籍はたくさん存在しますが、なぜ「【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由」が話題なのでしょう。

そこには大きく5つのポイントがあり、この1冊で仮想通貨の仕組みや存在価値を理解することができます。

これにより、より腰を据えた投資が行え、結果として効率的に利益を生み出せると考えられるのです。

ここでは、話題の理由となる5つのポイントをみていきましょう。

ポイント① 仮想通貨の歴史がわかる

前述したように、「【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由」では、まずはじめに原始紙幣社会の仕組みから解説をしています。

その後代用通貨として、金属通貨、紙幣と進化をとげていきますが、その中でも原始紙幣についてはビットコインとの共通点が多いのだそう。

また、通貨の進化とともに帳簿や銀行業が誕生し、現代の米ドルが基軸となる世界経済がつくられました。

このように、細かく順を追って解説しているためお金が何なのか」というのが非常にわかりやすくなっているのです。

また、第1章のタイトルでもある「賢者は歴史から学ぶ」というのはどんな時代にもいえること。

まさに、お金の歴史を知ってこそお金を学ぶことができるんですね!

ポイント② 価格が上昇する理由がわかる

2017年は日本でも爆発的に仮想通貨が浸透し、「仮想通貨元年」とも呼ばれていました。

この本では、そんな仮想通貨の仕組みがわかりやすく解説されていて、この仕組みを理解することで、価格上昇が必然的だというのがわかります。

仮想通貨は日中央集権のため、価格はユーザーの需要と共有によって決まってきます。

そのため、仮想通貨を保有している投資家たちの心得や動向を理解することで、価格上昇のタイミングをある程度掴むことができるのです。

また、インターネット上にしか存在しないという仮想通貨の特性から、何を信じて投資をするべきかが紐解かれています。

ポイント③ 仮想通貨の未来がわかる

仮想通貨に限ったことではありませんが、投資をする際には投資先の将来性が非常に気になるもの。

もちろん、仮想通貨の情報サイトや他の書籍でも将来性について書かれているものは多いですが、この書籍については非常に説得力があるのです。

人工知能が飛躍的に発達している現代社会の中で、今後仮想通貨がどうなっていくのかを具体的に予測しています。

また、未来予測だけではなく、未来に対してどのように備えるべきなのかも解説していますので、自分に当てはめて読むことができるのです。

そのため、今現在不安を持って投資をしている人は不安が解消され、希望を持って投資できるようになるでしょう。

ポイント④ 仮想通貨の法整備がわかる

日本では仮想通貨交換業に対する規制が厳しく、海外取引所に比べて取り扱い通貨が少なかったり、レバレッジが低かったりしますよね。

そのため、思うように取引ができていない人も少なくないでしょう。

この本では、日本はもちろん、各国での規制状況や考え方をまとめており、仮想通貨は国によって全く違った存在であることがわかります。

また、仮想通貨が国益になり得ることや、今の日本が抱える仮想通貨問題なども説明されており、より視野を広げた見方ができるのです。

さらに、現在ではまだ税制が明確となっていないICOトークンの仕組みや、どのように価値がつくのかもわかりやすく説明されています。

ですので、読み終わった後は法に対する苛立ちや不満がいくらか落ち着き、納得した資産運用ができるはずです。

ポイント⑤ フィスコの考える未来がわかる

フィスコは投資のスペシャリスト集団ですので、当然仮想通貨についても深く広い知識を持っています。

そんなフィスコが思い描いている未来予想図も具体的に解説されており、未来の仮想通貨に対しての問題点や法定通貨に対する考えがわかります。

こういった考え方は、プロの投資家や我々一般市民とはまた違ったものであり、非常に勉強になると思います。

また、公式サイトやセミナーで公開されている内容よりもより具体的に書かれていますので、より深く理解することが可能です。

気になった方は、まずは読んでみることがオススメ

出典: https://www.shutterstock.com/home/

ここまで「【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由」について紹介をしてきましたが、これだけでは完璧に理解できないはず。

書籍というのは、読む人によって受ける印象も違いますから、気になるようであればやはり実際に読んでみることをおすすめします!

仮想通貨初心者でもしっかり理解しながら読める、非常にわかりやすい作品です。

ちなみにフィスコはフィスコ仮想通貨取引所も運営している

出典: https://fcce.jp/

中川氏が所属するフィスコは、実は仮想通貨取引所も運営しており、非常にシンプルで使いやすいと評判です。

もちろん、仮想通貨交換業者としての登録も完了しており、安心して利用することができます。

フィスコについて気になった人は、ぜひ仮想通貨取引所もチェックしてみてください!

フィスコ仮想通貨取引所、公式サイトはこちら

フィスコ仮想通貨取引所の登録はこちら