やさしい仮想通貨の始め方を解説

【編集部独断】2018年おすすめの仮想通貨Best3は?

2018年はどの仮想通貨に投資すればいいのか。

その悩みを解決するためにゼロから始めるビットコイン編集部は、投資するべきおすすめの仮想通貨Best3と、編集部の独断でおすすめしたい仮想通貨銘柄をご紹介します。

儲かるかも!?2018年に注目すべき仮想通貨Best3
  • 1位:イーサリアム(ETH)
  • 2位:ウェーブス(WAVES)
  • 3位:クアンアム(QTUM)
編集部が独断で選ぶ注目の仮想通貨銘柄はこれだ!
  • モナコイン(MONA)
  • ネム(XEM)

儲かるかも!?2018年に注目すべき仮想通貨Best3

2018年に利益を多く出してくれるのでは?とゼロから始めるビットコイン編集部が考えた銘柄のランキング1〜3位です。

1位:イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)

時価総額がビットコインに次いで2位の仮想通貨です。

取引額だけでなく、契約内容をブロックチェーン上に保存できる「スマートコントラクト」という機能を持った、プラットフォーム型の通貨です。

2017年、イーサリアムのブロックチェーン技術を利用し、金融取引の迅速化やサプライチェーンの効率確保によるコスト削減が可能かどうか共同研究する目的で発足した企業連合「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)」に、世界的大企業であるマイクロソフトやアクセンチュア、トヨタなどが加盟したことでも話題になりましたね。

また、ICOと呼ばれる独自の仮想通貨を発行して資金調達が行える機能もあります。

たとえば、新しいプロジェクトの資金調達がイーサリアム内で行われた場合、イーサリアムでしかその独自の仮想通貨を購入できないため、イーサリアム全体の価値を押し上げる要因になります。

イーサリアムはすでに時価総額が高くなっていますが、上記の理由から、市場での期待値が高いのでく今度も値上がりが期待できる通貨です。

イーサリアムをもっと詳しく知りたい方はコチラの記事も読んでみてくださいね。

ETH仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)とは?将来性と取引所での購入方法

2位:ウェーブス(WAVES)

Waves ウェーブス仮想通貨

ウェーブスもイーサリアムと同様に、スマートコントラクト機能があり、誰でも独自のトークンを発行できる、プラットフォーム型の仮想通貨です。

例えば、大手ハンバーガーチェーンの「バーガーキング」はウェーブスで発行した独自コインをポイントとして使えるようにしています。

ウェーブスプラットフォーム内の分散型取引所(DEX)では、他の仮想通貨(ビットコインやイーサリアムなど)、法定通貨(ドルやユーロなど)も扱えます。

この分散取引所は手数料が安く、ウェーブスから法定通貨への換金がかんたんでとても便利です。

リスクとして、ウェーブスの機能の使い勝手は開発途上である印象が否めないこと、イーサリアムのように広くは稼働していないこと、知名度が低く日本の取引所での取り扱いがないことが挙げられます。

ウェーブスは、2018年4月時点での時価総額がおよそ600億円、時価総額ランキングも44位と、それほど高くありませんが、伸びしろへの期待値が高い人にとって、ハイリターンが期待できる銘柄と言えるでしょう。

3位:クアンアム(QTUM)

クアンタム QTUM 仮想通貨

クアンタムは、アリババのリード開発を勤めたことのあるPartick Dai氏が設立した、イーサリアムのスマートコントラクト機能とビットコインのUTXOを併せ持った仮想通貨です。

UTXOとは、すべてのトランザクションから計算して残高を表示する機能で、通常のアカウントベースで残高を表示する他の仮想通貨とは異なり、プライバシー面や匿名性に優れています。

クアンタムは、このスマートコントラクトとUTXOを結びつけた、独自の新技術「アカウント・アブストラクトレイヤー(AAL)」で、より安全な取引を実現しています。

他には、UTXOをベースにすることで実現できた動作が非常に軽いライトウォレットという機能や、特定の誰かにマイニング市場の独占を防ぐためのProof of Stake(PoS)という機能を持った、技術力と将来性に期待が持てる仮想通貨です。

編集部が独断で選ぶ注目の仮想通貨銘柄はこれだ!

儲かるかもしれないBest3を紹介しましたが、編集部では他にも注目している仮想通貨がありました。

編集部の独断と偏見でおすすめしたい仮想通貨をご紹介します。

モナコイン(MONA)

モナコイン mona

モナコインは2013年に2ちゃんねるのスレッドを機に制作された、日本発の仮想通貨で、時価総額で10位内に入っているライトコインのコードをベースに作られています。また、Segwitという送金データ容量を小さくする新技術を世界で初めて導入しています。

まだ数は少ないですが、「モナ払い」ができるお店も徐々に増えており、今後も増えていくでしょう。

Monappyというモナ払いのオンラインショップもあります。

2ちゃんねるや日本発祥のコインを応援したい方におすすめです。

ちなみに、オリジナルキャラクターの「モナコインちゃん」はLINEスタンプにもなっています。


モナコイン LINEスタンプ

モナコインをもっと詳しく知りたい方はコチラの記事も合わせてどうぞ。

モナコインモナコインの特徴,価格,買い方と今後の将来性|ビットコインとアトミックスワップ!コミケでの利用も可能

ネム(XEM)

ネム(NEM)とは、New Economy Movementの略で、国や政府機関に管理されない新しい経済活動を目的としたプロジェクトを意味しています。

ネム(XEM)は、そのプラットフォームで使用されている基軸通貨です。

独自トークンを発行できるモザイクという機能があり、モナコインのようにTwitterで送金も可能にしています。

2018年1月にはネムが盗まれたことでニュースになりましたが、それはコインチェック(取引所)のセキュリティに起因しており、ネムの問題ではありませんのご安心を。

ブロックチェーン技術の活用に将来性を感じる人、仮想通貨の実体を感じながら投資をしたい人におすすめです。

ネムをもっと詳しく知りたい方はコチラの記事も読んでみてくださいね。

nemthumbnail仮想通貨NEM(ネム/XEM)とは?絶対わかる完全解説!

おすすめできる3つの取引所

さて、これまで編集部の独断と偏見でおすすめの仮想通貨を紹介してきました。

さいごにご紹介した仮想通貨の購入におすすめの取引所を紹介します。

おすすめする取引所は「ビットフライヤー(bitFlyer)」「ザイフ(Zaif)」「バイナンス(Binance)」の3つ。

イーサリアムなら、手数料の安く国内最大手のビットフライヤーを。

国内で取扱いのないウェーブスとクアンタムは、海外最大手のバイナンスがおすすめです。

モナコインとネムはザイフが手数料を安く抑えて購入できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerの評価
取り扱い通貨
(3.0)
使いやすさ
(4.5)
手数料
(4.5)
安心度
(5.0)

bitFlyer』は普段の買い物や旅行でビットコインをもらうことができるサービスが特徴です。

bitFlyerは登録さえすれば、無料でビットコインを増やすことが可能です。

日々のお金も賢く投資に使いたいという方にオススメ。

最大500万円の補償もあり安心感も抜群!

仮想通貨に詳しくない初めての方でも、手軽でわかりやすいbitFlyerは、初めての方にオススメです。

bitFlyer公式サイトはこちら

【モナコイン取り扱い】ビットコインを無料でもらうことが出来る仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerの登録はこちら

bitFlyer業務改善命令について
2018年6月22日(金)更新 現在bitFlyerは、金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。

Zaif(ザイフ)


Zaifの評価
取り扱い通貨
(4.5)
使いやすさ
(3.5)
手数料
(4.0)
安心度
(3.5)

Zaif』では毎月自動で積立投資ができます。値動きの大きい仮想通貨にリスクを抑えて投資ができる優れもの。

1度設定すればほったらかしで良いため、初心者にピッタリです。

また、取引手数料が無料どころかマイナスなところもポイント。

アルトコインの数も豊富なので、積立でリスクを抑えつつ、別の資金で積極的な投資もやりやすいです。

Zaif公式サイトはこちら

【17万→1000万】ビットコイン暴落時でも有効!仮想通貨はドルコスト平均法で自動積立投資がおすすめ

Zaifの登録はこちら

Binance(バイナンス)

バイナンス 登録バイナンス(BINANCE)の特徴、登録、入金方法と使い方|アプリが使いやすい手数料激安の取引所

Binance以外の海外仮想通貨取引所を使いたい方はこちらもチェック!

【仮想通貨】海外取引所ランキング!おすすめの20社を徹底比較