やさしい仮想通貨の始め方を解説

株と仮想通貨の違いからどっちがおすすめか検証!チャートを予測できるかも?

仮想通貨_株_アイキャッチ

仮想通貨って何が違うのかな?

投資するならどっちがおすすめか知りたい!

こんな気持ちを持っていませんか?

仮想通貨には大きな違いがあります。

この記事では、2つの違いを紹介して、どちらが投資に向いているのかを検証していきたいと思います!

さらに仮想通貨には、相場の予測に活かせる深いつながりがあることも紹介していきます。

この記事を読めば、株と仮想通貨の違いと両者の深いつながりについてすべてがわかります!

ざっくり言うと

  • 仮想通貨の違いには、発行目的や持っていることのメリットなど、異なる点がいくつかある。はある程度まとまった資金がある中級者向けで、仮想通貨は少額からスタートしたい投資初心者向けといえる。
  • のメリットは、企業の利益を配当として受け取れることと、企業の提供するサービスを割引価格で使えることなどがあげられる。
  • 仮想通貨のメリットには、買って保有しているだけで大きな利益が狙えることや、1,000円という少額からでも始められることなどがあげられる。
  • のチャートと仮想通貨のチャートは連動する可能性が高い!は2019年2月現在右肩上がりのため、仮想通貨も後を追いかけて価格が上昇するかもしれない!
  • 仮想通貨を始めるなら、「GMOコイン」、「ビットポイント」、「フィスコ仮想通貨取引所」の3社が信頼性が高く非常におすすめ!
  • 特に「GMOコイン」は、東証一部上場企業が親会社で安心して投資ができる!さらに「取引画面」も使いやすいため、おすすめの取引所ダントツNo.1!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら


株と仮想通貨の違い

株_仮想通貨_違い

株と仮想通貨の違い仮想通貨
発行目的は?資金を集めるため仮想通貨ごとに違う
投資をするメリットは?・企業の利益の一部を配当としてもらえる
・企業のサービスの割引など優待が受けれる
・値上がりによって利益を出せる
・仮想通貨の市場は長期的に成長する可能性が高いので、買って保有するだけで利益を狙える
・難しい知識がなくても始められる
・買い物やネットショッピングで使うこともできる
・市場がまだ小さいため、大幅な値上がりによってとてつもない利益が期待できる
資金はいくら必要?数万円〜数十万円のまとまった資金が必要1,000円という少額からでも買える
どこで買える?証券取引所仮想通貨取引所
税金の違いは?・「所得税(15.315%)」と「住民税(5%)」
・取引利益が20万円以下なら所得税の支払いは免除される
・取引利益は「雑所得」に分類され、総合課税が適用される
・「住民税(10%)」と「所得税(5%〜45%)」の支払いが必要となる
・取引利益が20万円以下なら税金の納付は不要
どんな人に向いている?・ある程度の資金がある人
・投資に関して知識がある中級者〜上級者
・資金が多い人にも少ない人にも向いている
・大きな利益を狙いたい人
・投資に関して詳しくない初心者〜中級者

上記の表は、仮想通貨の主要な違いをまとめたものです。

表からわかるポイントを、確認していきましょう。

発行目的や持っているメリットについて

株_仮想通貨_メリット

は、企業が事業を行うための資金を集めるために、発行するものです。

持っていることで、企業の利益を配当(報酬)として受け取れたり、サービスの割引なども受けることができます。

普段よく使うお店のなどを持っていれば、割引も効率よく使えますね。

これに対して仮想通貨は、発行された目的がそれぞれ異なります。

その役割もバラバラで、決済で使うものや、アプリケーションの開発などを行うタイプのものなど、さまざまです。

仮想通貨の中には、と同じように、企業の利益を配当として受け取れるものもあります。

バリエーションが多い分、投資する楽しさも大きいといえます

ちなみに下記の記事では、仮想通貨のさまざまな種類の比較をしていますので、気になる方は読んでみてくださいね。

hikaku-thumbnail仮想通貨の比較を徹底的にやってみた!2019年時価総額トップ10比較の決定版

株より仮想通貨の方が税金は高い?

仮想通貨取引で稼いだ利益所得税住民税利益に対して支払う税金の割合
195万円以下5%10%15%
195万円を超え330万円以下10%10%20%
330万円を超え695万円以下20%10%30%
695万円を超え900万円以下23%10%33%
900万円を超え1,800万円以下33%10%43%
1,800万円を超え4,800万円以下40%10%50%
4,800万円超え45%10%55%

上記の表は、仮想通貨の税率一覧表です。

では税率が一律20.315%と決まっているのに対して、仮想通貨は稼いだ金額に応じて税金が変わります。

1年間の取引利益が330万円を超えたあたりから、仮想通貨の方が税率が高くなりますね。

仮想通貨は市場がまだ小さく、値上がりによってとてつもない利益を狙うことができます

はある程度市場が完成しているので、そこまで大きな値上がりは期待できません。

そのため、仮想通貨には少し高めの税率が設定されているのでしょう。

投資をするならどっちがおすすめ?

株_仮想通貨_どっちがおすすめ

と比較すると、仮想通貨の方が投資の初心者の方にはおすすめといえます

まとまったお金も必要なく、資金も少額からスタートでき、難しい知識もなく始められるからです。

これに加えて、仮想通貨は市場がまだ小さいので、その成長に合わせて大きな利益を狙うこともできます

逆に投資経験者の方で、まとまった資金がある方は、にチャレンジしてみても良いでしょう。

自分の状況に合わせて、選んでみてくださいね。

株と仮想通貨は相関関係?チャートが連動しているのか検証

株_仮想通貨_相関

ここからは、仮想通貨のチャートの関係性について、見ていきたいと思います。

株の半年間(2018年8月〜2019年2月)のチャート

株_仮想通貨_相関

出典:https://www.google.com/

上記の画像は、株の代表的な指数であるダウ平均株価の、ここ半年間のチャートです。

赤枠で囲ったところをみると、12月から大幅に下落していることがわかります

仮想通貨の半年間(2018年8月〜2019年2月)のチャート

株_仮想通貨_相関

出典:https://coinmarketcap.com/

上記の画像は、仮想通貨時価総額の半年間のチャートです。

赤枠で囲ったところをご覧ください。

株と同様に、12月から大幅に下落していることがわかります

株と仮想通貨は連動する可能性が高い

株_仮想通貨_連動

仮想通貨のチャートを確認すると、同じ時期に大きく値下がりしていたことがわかります。

こうした点から、「株と仮想通貨は連動してチャートが動く可能性がある」という結論を出すことができます。

ちなみに、12月の下落後は、ダウの方は右肩上がりで上昇しています。

もしかすると、仮想通貨も同様に、これから上昇していくかもしれませんね。

仮想通貨とFXの違い

FXと仮想通貨の違いFX仮想通貨
投資をするメリットは?・レバレッジを使って自己資金の数倍から数十倍の取引ができる
・資金が少なくても大きな利益が狙える
・自己資金のみで取引する現物取引と、レバレッジを使ったFX取引どちらもできる
・資金が少なくても大きな利益が狙える
・長期的に市場が成長する可能性が高く、持ち続けるだけで大きな利益が期待できる
資金はいくら必要?数万円ほど必要になる1,000円という少額からでも買える
税金の違いは?・取引利益は「雑所得」に分類され、申告分離課税が適用される
・税率は一律で20%(2037年まではプラス復興特別所得税0.315%)
・取引利益が20万円以下なら所得税の支払いは免除される
・取引利益は「雑所得」に分類され、総合課税が適用される
・「住民税(10%)」と「所得税(5%〜45%)」の支払いが必要となる
・取引利益が20万円以下なら税金の納付は不要
どんな人に向いている?・ある程度の資金がある人
・投資に関して知識がある中級者〜上級者
・資金が多い人にも少ない人にも向いている
・大きな利益を狙いたい人
・投資に関して詳しくない初心者〜中級者

仮想通貨FXの違いも、わからないという声がよく聞かれます、

上記の表は、それぞれの違いをまとめたものです。

かんたんにポイントを確認していきましょう。

FXより仮想通貨の方が税金は高い?

仮想通貨取引で稼いだ利益所得税住民税利益に対して支払う税金の割合
195万円以下5%10%15%
195万円を超え330万円以下10%10%20%
330万円を超え695万円以下20%10%30%
695万円を超え900万円以下23%10%33%
900万円を超え1,800万円以下33%10%43%
1,800万円を超え4,800万円以下40%10%50%
4,800万円超え45%10%55%

FXの税金の仕組みはほとんど同じです。

そのため、330万円を超えた場合には仮想通貨の方が税率が高くなります。

投資をするならどっちがおすすめ?

FXはレバレッジを使い、自己資金の何倍といった、大きな資金で取引できるのが特徴です。

しかし、仮想通貨でも同じく、レバレッジを使ったFX取引ができます。

また、FXで得られるメリットのほとんどを、仮想通貨でも得ることができるのです。

さらに、仮想通貨なら少額からスタートすることができます。

自己資金のみを使った現物取引もできるので、取引のバリエーションも豊富です。

何かFXに強いこだわりがなければ、投資を始めるなら仮想通貨を選んだ方が良いでしょう。

2019年要注目のおすすめ仮想通貨TOP3

FX仮想通貨を比較したことで、それぞれの違いがよくわかりましたね。

これから仮想通貨を始めようかなと思った方も、多いのではないでしょうか。

2019年値上がりが期待できる、おすすめ仮想通貨TOP3を紹介していきたいと思います。

第1位 リップル(XRP)

仮想通貨_メリット_リップル

出典: https://ripple.com/ja/xrp/

リップルはほかの国へお金を送る、国際送金で使うことを目的として発行された仮想通貨です。

提供するネットワークには、国内外の大手銀行や有名企業が200社以上参加しています

現在発行されている仮想通貨のなかでも、もっとも大きなスケールでプロジェクトが進行しているのです。

2019年は世界中で商用化が進むことが予想でき、将来的な期待度もダントツNo.1の仮想通貨です

第2位 ビットコイン(BTC)

ビットコイン今から_間に合う

ビットコインは世界で初めて発行された仮想通貨です。

2019年は、ビットコインETFという商品が正式に販売される可能性が高く、注目が集まっています。

ビットコインETFとは?

ビットコインを投資の対象に含めた、上場投資信託のことです。

ざっくりいうと、ビットコインと、株、不動産、債券などをまとめて1つのセットにした商品です。

これによって、巨額の資金がビットコインに投資される可能性があり、価格の上昇が期待できます

2019年は、ビットコインに要注目です!

第3位 イーサリアム(ETH)

仮想通貨_メリット_イーサリアム
出典: https://www.ethereum.org/

イーサリアムは、アプリケーションの開発を目的として発行されました。

正確には、アプリを開発するプラットフォームをイーサリアム、そこで使われる仮想通貨をイーサ(ETH)と呼びます。

現在、イーサリアムを使ってたくさんのアプリケーションが作られています。

今後はさらにその勢いが増し、それに伴って価格も上昇することでしょう

イーサリアムも、2019年要注目の仮想通貨です!

仮想通貨を買うならココ!おすすめの国内取引所TOP3

株やFXよりも仮想通貨は始めやすく、初心者の方には特におすすめです。

ここからは、これから仮想通貨を始めたいという方ピッタリの、おすすめ取引所TOP3を紹介していきたいと思います!

第1位 GMOコイン(ジーエムオーコイン)

仮想通貨始め方スマホ
出典: https://coin.z.com/jp/

取引所の評価

取り扱い通貨
(4.5)

使いやすさ
(5.0)

手数料
(5.0)

安心度
(5.0)


おすすめ取引所第1位はGMOコインです!

GMOコインは東証一部上場企業の、GMOインターネット株式会社が運営元の親会社です。

上場企業のため、信頼性は非常に高いといえます。

また、取引画面の使いやすく、初心者でも見ただけでかんたんに使うことができます

これがGMOコインが人気を集めている、最大の特徴となっています。

GMOコイン取扱い通貨

GMOコイン取扱い銘柄販売所取引所FX・レバレッジ取引
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ

上記の表は、GMOコインの取扱い通貨の一覧表です。

仮想通貨には、「取引所」と「販売所」の2種類の販売方式があります。

「取引所」と「販売所」の違い

取引所」の特徴は、仮想通貨を安く購入できる点です。

販売所」の特徴は、仮想通貨をかんたんに買える点です。

GMOコインの弱点は、ビットコイン以外の通貨が「販売所」でしか買えない点でした。

しかし、2019年1月30日からすべての仮想通貨が、「取引所」と「販売所」で購入できるようになりました。

安く買いたい人も、かんたんに買いたい人も、どちらも満足できる内容となっています。

これによって、ほぼすべての面でパーフェクトになったといえます

さらに、2019年おすすめのリップルビットコインイーサリアムもすべて購入できます。

仮想通貨を始めるなら、GMOコインは必ず登録しておきましょう!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

第2位 ビットポイント(BITPoint)

仮想通貨始め方スマホ
出典: https://www.bitpoint.co.jp/

取引所の評価

取り扱い通貨
(4.5)

使いやすさ
(4.5)

手数料
(5.0)

安心度
(5.0)


ビットポイントは、サッカー選手の本田圭介さんがイメージキャラクターを務める取引所です。

運営元の親会社は、東証二部上場企業のため、信頼性も非常に高いといえます。

また、仮想通貨を購入する時にかかる、取引手数料が無料になっています

そのため、割引を使ってお得に仮想通貨を購入したい方には、特にピッタリの取引所です。

ビットポイント取扱い通貨

BITPoint取扱い銘柄販売所取引所FX・レバレッジ取引
ビットコイン×◯(取引所)
イーサリアム××
リップル××
ライトコイン××
ビットコインキャッシュ××

上記の表は、ビットポイントの取扱い銘柄一覧表です。

リップルビットコインイーサリアムの3つのおすすめ銘柄もすべて購入可能です。

GMOコインと一緒に、登録しておきたい取引所がビットポイントです!
BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

BITPoint(ビットポイント)についてはこちら

第3位 フィスコ仮想通貨取引所

仮想通貨始め方スマホ

出典: https://fcce.jp/

取引所の評価

取り扱い通貨
(5.0)

使いやすさ
(4.5)

手数料
(4.5)

安心度
(5.0)


フィスコ仮想通貨取引所は、株式会社フィスコが運営元の親会社となっている取引所です。

同社は金融関係の情報を、長年にわたって配信してきた企業です。

そのため、信頼性は非常に高く、安心して取引を始めることができます

フィスコ仮想通貨取引所取扱い通貨

フィスコ仮想通貨取引所取扱い銘柄販売所取引所FX・レバレッジ取引
ビットコイン××
モナコイン××
ビットコインキャッシュ××
フィスココイン××
カイカコイン××
ネクスコイン××

上記の表は、フィスコ仮想通貨取引所の取扱い銘柄一覧表です。

モナコインフィスココインなど、ほかでは買えない珍しい仮想通貨が買えます。

先ほどの2社と合わせて登録することで、取引のバリエーションを広げることができます。

こうした点からも、フィスコ仮想通貨取引所は登録しておきたい取引所の1つです。

Fisco(フィスコ)の公式サイトはこちら

Fiscoの登録はこちら

株仮想通貨まとめ

以上、仮想通貨の違いについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

あらためて、この記事のポイントをまとめておきましょう。

この記事のポイントをまとめると

  • 仮想通貨にはさまざまな違いがある!は中級者向けで、仮想通貨は初心者向けと覚えておこう!
  • には企業の利益を配当として受け取れることや、企業の提供するサービスを割引価格で使える優待が受けれることなどがあげられる。
  • 仮想通貨には、買って保有しているだけで大きな利益が狙えることや、1,000円という少額からでも始められることなどがあり、初心者でもかんたんに大きな利益が狙える!
  • 仮想通貨はチャートの動きが似ている!今後は仮想通貨も右肩上がりで上昇するかもしれない!
  • 仮想通貨を買うなら、「GMOコイン」、「ビットポイント」、「フィスコ仮想通貨取引所」の3社が信頼性が高く非常におすすめ!
  • そのなかでも「GMOコイン」は、東証一部上場企業が親会社でバツグンの信頼性の高さを持っている!取引画面も見ただけでかんたんに使えるため、おすすめの取引所ダントツNo.1!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら



仮想通貨には大きな違いがありますが、相場が連動する深いつながりもあります。

の動きを参考にしながら、仮想通貨のトレードに役立ててみても良いかもしれませんね。

取引所への登録がまだ済んでない人は、無料でできるのでこの機会に登録しておきましょう!