やさしい仮想通貨の始め方を解説

【リップル(XRP)の買い方】リップルとは?おすすめの買い方と取引所の紹介も!

リップル

日本人に人気のリップル(XRP)が1番お得に買える取引所を紹介します。

ちなみにコインチェックで扱っている『REP』はリップルではなく、オーガーというコインなので注意。

リップルは『XRP』ですので間違えないように注意してくださいね!

リップル(XRP)とは?


まず一言でリップル(Ripple)とは、「Ripple inc」というアメリカ企業が開発、運営している国際送金システムの名称です。

また、リップルネットワークで使用されている通貨をXRPと呼びます。

国際送金というのはブロックチェーンが始まるもっと以前からあるシステムで手数料が高額、送金に時間がかかるという問題を解決するために作られたシステムです。

上記でリップルは送金/決済に特化した通貨であると紹介しましたが、もちろん送金するだけならどんな仮想通貨(例えばビットコインやイーサリアム)でも可能ですよね。

では何故わざわざ送金や決済に特化させる必要があるのだろう?

と、考えてしまうかもしれませんが、リップルには他の仮想通貨とは大きく性質が異なる理由があります。

そもそも仮想通貨で一番有名なビットコインは第三者を信頼しなくとも低コストで国をまたぎ送金を可能にするという目的で創造されました。

なので、その仕組みとしてPoWや PoSなどの仕組みがビットコインには組み込まれていて、送金速度に関することが念頭に挙げられているというワケではありません。

また、ビットコインは今では手数料が高騰し、承認にかかるスピードが遅くなってしまっているので、その結果送金速度も遅くなってしまっています。

加えて、ビットコインのマイニングをしている人たちが中国などの電気代の比較的安い地域に偏ってしまっているということも起こっており、中国のためのビットコインのような状態になってしまっています。

またイーサリアムはスマートコントラクトという、送金、認証が終わるときにプログラムも同時に付随して送られ、自動的に契約が結ばれるような仕組みを強みとして掲げているので、送金や決済に特快ているわけではないため、私生活の決済という場面においては、あまり有用ではないということは、いうまでもありません。

ビットコインやイーサリアムとは異なり、リップルが念頭に置いているのは金融商品間の取引に仲介通貨を導入して、やり取りをスムーズにすることです。

ちなみに、このようなリップルのような通貨のことを、取引を仲介している通貨であることから「ブリッジ通貨」と言ったりします。

リップルの将来性・使いかたとは??

この記事中でなんども書いていることですが、リップルの強みとは実用的に使える海外への送金や決済スピードの速さにあります。

例えばあなたが友達と日本円とアメリカドルを交換するためにはこれまでは通貨単位が異なっていたために2つを送受信するためには銀行などの期間もしくは個人を通してではないとできませんでしたが、これをリップルを経由することでその両替を高速で手数料をほぼ0で行うことができます。

これがビットコインであると10分ほどかかりますので、あまり実用的ではないということが分かりますし、リップルは使い勝手がいい通貨だなあとなるわけです。

もちろん世界中のどこでもできるので将来性がありますよね!

また、リップルの説明は、以下動画の説明がわかりやすいので是非一度みてみてくださいね!

リップル(XRP)の特徴

リップル(XRP)は際送金速度に優れた仮想通貨です。

仮想通貨送金速度送金コスト(手数料)1秒あたりの送金数
リップル(XRP)3.3秒0.0004ドル1,500
ビットコイン(BTC)45分1.88ドル16
イーサリアム(ETH)4.49分0.46ドル16
ビットコインキャッシュ(BCH)60分0.21ドル24
ダッシュ(DASH)15分0.39ドル10
ライトコイン(LTC)12分0.12ドル56

参考:Rippleの送金速度(英語)

上記の表からもわかるようにリップル(XRP)は1秒あたりの送金数に非常に長けていて、時価総額1位のビットコインと比べると約100倍ほどのスピードで取引をすることができます。

実際の数字からもわかるようにリップルが実用的でビットコインはあまり送金には向いていないことが分かりますね。

仮想通貨と言ったらビットコインと思う方も多いかもしれませんが、意外と性能をみてみるとリップルのように可能性や将来性を感じるものがあるかもしれませんね。

RippleのCEO Brad Garlinghouse によるリップルの今後の展望に関しても直接述べられているので興味のある方は是非!

世界各国の銀行が認めたRippleのシステム

みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行など日本のメガバンクも提携を公にするほどリップルの送金システムは画期的で高く評価されています。

国際送金の際に使われるXRPは必然的に需要が高くなり価格自体も上昇するという状況です。

サウジアラビア(KSA)の中央銀行であるサウジアラビア通貨庁 (SAMA)はRipple社との提携に合意しました。

その内容としてはリップルの送金インフラを向上することを支援するというものでした。

このようなプログラムが実行されることは大変珍しいことなので注目されていました。

このプログラムに参加することによってKSAの銀行はKSAへのまたはKSAからの送金を高速で高い透明性と共により低いコストで実行することができるようになるそうです。

参考:Ripple社提携銀行(英語)

おすすめはbitbank(ビットバンク)


bitbankの評価
取り扱い通貨
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
手数料
(5.0)
安心度
(5.0)

 

bitbankは全アルトコインの板取引ができるところが強みです。

国内の他の販売所では手数料が高いこともありますが、bitbankでは手数料無料で取引することができます。

リップルの他にも、モナコインやビットコインキャッシュを日本円建てで取引できるのもポイントです。

【リップル(XRP)】アルトコイン取引手数料が安いおすすめ仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)

bitbankの登録はこちら

他の取引所でリップル(XRP)が買えるところ

Coincheck(コインチェック)

注意
2018年1月26日更新
NEM(XEM)の不正送金の事件で取引所を一時停止中
現状セキュリティの面からオススメはできません。

2018年3月12日更新
一部の仮想通貨の入出金が可能に

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
コインチェックでも取り扱いがありますが、手数料が高いので注意。

何度も売買を繰り返すべきではないですが、いつでも売買したい数量を取引できるのはメリットです。

アプリから簡単に買えるのも利点ですね。

Coincheckの登録はこちら

 

GMOコイン

GMOコインにもリップルの取り扱いがあります。

ただこちらも手数料が高いので、頻繁に売買するのはおすすめできません。

リップル

売却価格と購入価格に差があり、この差が手数料となっています。

コインチェックと同じく、いつでも売買したい数量を取引できるのはメリットです。

GMOコインの登録はこちら

海外取引所を積極的に使おう

日本円(JPY)での取引ならビットバンクが1番おすすめですが、ビットコインまたはイーサリアムでの取引なら海外取引所がおすすめです。

手数料が安く、リップルの他にもたくさんのアルトコインが取引できます。

世界1位の取引所バイナンスなら日本語表記もあって安心です。

BINANCE(バイナンス)に登録する

バイナンス 登録バイナンス(BINANCE)の特徴、登録、入金方法と使い方|アプリが使いやすい手数料激安の取引所

Binanceよりも早く取引したい方はHitBTCがおすすめ

HitBTC(ヒットBTC)に登録する

HitBTC 登録方法HitBTC(ヒットビーティーシー)の使い方と登録と口座開設・入出金方法とは