ビットコインの簡単な始め方

リップル(Ripple/XRP)の今後を大胆予想!価格や将来性は?

リップル(Ripple,XRP)とは

リップル(Ripple,XRP)とは、時価総額ランキング3位として知られるとして知られる人気の仮想通貨。

「価値のインターネット」というのを最終目標とし、銀行間取引をより迅速に、かつ安い手数料で行うために開発されました。

そのため、仮想通貨としての役割だけでなく、送金・決済システムとしての役割も持っているんです。

リップル(Ripple,XRP)の概要
通貨単位XRP
開発者Ryan Fugger
アルゴリズムProof of Consensus
ブロック生成速度およそ5秒
発行上限数1000億XRP
新規発行無し
時価総額 ¥2,589,403,466,906

リップル(Ripple,XRP)の特徴

リップル(Ripple,XRP)は2013年に公開された仮想通貨で、主に「ブリッジ通貨」「システム手数料」の2つの役割を持っている通貨です。

ブリッジ通貨というのは、円やドルといった法定通貨や、仮想通貨同士を交換する際の中継をする通貨のこと。

リップル(Ripple,XRP)を中継とすることで仲介業者が必要なく、手数料や時間をほとんどかけずに取引ができるようになるのです。

そして、こういったリップル(Ripple,XRP)のシステムを利用する際には利用手数料が必要になります。

利用手数料はどのくらいネットワークに負荷がかかっているかによって金額が変わり、取引で大きな負荷がかかるほど多くなるというもの。

これは、悪意ある者がシステムを攻撃できないようにする効果があって、ネットワークに負荷がかかればその分の手数料が発生してしまいますよね。

ですので、リップル(Ripple,XRP)を利用手数料とすることによって、ネットワークの信頼性を保てているということに繋がるのです。

リップル(Ripple,XRP)の役割
  • ブリッジ通貨
  • システム手数料

coinmarketcap

大手企業や金融機関と提携

リップル(Ripple,XRP)はさまざまな企業や、金融機関と提携していることでも知られています。

しかも、提携先企業は大手やグローバル展開をしているところが多く、「Google」「SBIホールディングス」が出資したことでも有名ですよね。

これだけの巨大企業に支援されているリップル(Ripple,XRP)ですから、今後の将来性にもかなり期待ができるといえるでしょう。

リップル(Ripple,XRP)の価格と主な出来事

今後の将来性が期待できるとなれば、誰しもがリップル(Ripple,XRP)の購入を考えることでしょう。

しかし、本当にリップル(Ripple,XRP)の今度を期待して大丈夫なのでしょうか?

そこで、今後もリップル(Ripple,XRP)を安全に運用していくために、これまでの出来事や価格変動についてをまとめてみました。

2017年の出来事

イギリスの通信社で知られるロイター通信によると、2017年においてリップル(Ripple,XRP)はなんと、35,000%も価格が上昇したといわれています。

ビットコインでも1,200%の上昇ですから、35,000%というのはかなりの高騰ぶりということ!

そんな数字を作り出した2017年は、一体どんな出来事があったのでしょうか。

3月 イングランド銀行との提携

リップル(Ripple,XRP)が最初の高騰を見せたのは、イングランド銀行との連携のタイミングでした。

イングランド銀行は、外国為替取引において世界ナンバー1のシェアを誇る、イギリスの中央銀行。

それまでこれといって注目されていなかったリップル(Ripple,XRP)でしたが、提携を発表したことで大きな注目を集めたのです。

5月 Coinoneに上場/ロックアップ発表/Consensus2017

国際送金利用者が多いことでも知られる韓国の大手取引所“Coinoneで、リップル(Ripple,XRP)の取引が開始されました。

リップル(Ripple,XRP)の大きな魅力となる「円滑な送金」と「安い手数料」が高く評価され、それとともに価値も大きく高騰します。

さらに、5月16日にはRipple社がロックアップを発表。

ロックアップというのは、大量にリップル(Ripple,XRP)を保有している人が、一定期間市場で売却してはいけないというもの。

リップル(Ripple,XRP)はそう発行数1,000億XRPとなっていますが、そのうち630億XRPはRipple社が保有しています。

ですので、Ripple社が大量売買を行えば市場が操作され、多くのリップル(Ripple,XRP)保有者が影響を受ける危険性が懸念されていたんです。

しかしRipple社は、550億をXRPエクスローに預け、54ヶ月間かけてXRPを市場に流すという取り決めを発表。

これによって市場の懸念が改善され、リップルの価格も上昇しました。

ところが、5月23日に世界最大の仮想通貨会議「Consensus2017」の際にリップル(Ripple,XRP)は暴落…。

これまでの出来事によって注目されていたRipple社でしたが、発表された内容はホームページなどで公開されていた内容ばかり。

世界中の期待に応えることができず、リップル(Ripple,XRP)の保有者たちは大きく失望をしてしまったんですね。

CONSENSUS2017

8月 Twitterで意味不明のカウントダウン

8月22日、Ripple社の公式Twitterで謎のカウントダウンが公開されました。

わけがわからないまま意味深なツイートは3日間続き、“何かが起こる!”という期待から価格は上昇

しかし、このカウントダウンはただSWELLの開催通知をカウントダウンしていただけで、特に何かが起きたわけではありません。

SWELLとは?
SWELLとは、金融分野やブロックチェーンの技術者などを定期的に集めて行う、Ripple社主催の国際会議のこと。

10月 SWELLの開催

そして10月16日、カウントダウンされていたSWELLが開催されたものの、わざわざ告知をしたほどのものではなかったという評価が…。

これがリップル(Ripple,XRP)保有者を再度失望させることとなり、価格も暴落します。

11月 Binanceに上場

11月3日、中国の大手取引所であるBinanceにリップル(Ripple,XRP)が上場。

Binanceは取引高が世界一ということでも知られているため、価格高騰にはとっておきの好材料と思われますよね。

しかし、SWELLでの失望感から市場はこれを慎重に捉え、大きな価格高騰にはなりませんでした

12月 アルトコインブーム絶頂期

2017年末、11月頃からブームになっていたアルトコインが絶頂期を迎え、リップル(Ripple,XRP)も過去最高の価格を生み出します。

年内においては、5月のCoinone上場時に並ぶ2度目のピークといえるでしょう。

2017年の価格推移
  • 3月:高騰
  • 5月:高騰 → 暴落
  • 8月:高騰
  • 10月:暴落
  • 12月:高騰

2018年の出来事

2017年では高騰することが多かったリップル(Ripple,XRP)ですが、その勢いは2018年に入ってからも変わりはありません。

2月 AmericanExpress(アメックス)と連携

2月1日、Ripple社は、クレジットカードで知られるアメリカンエクスプレスとの連携を発表します。

この連携は「ブロックチェーンを用いた決済を導入する」というものですので、今後さらなる企業が参入することが期待できます。

これによって、リップル(Ripple,XRP)の価格はさらに高騰しました。

3月 Money20/20アジア開催

「Money20/20」というのは、金融工学に関する世界的なカンファレンスで、2018年はシンガポールにて開催されました。

そこで登壇したRipple社のブラッド・ガーリングハウス氏は、「2030年までに、送金にかかる費用を3%引き下げる」と発言。

これを例えると、現状2万円送金するには1,500円の手数料がかかりますが、これを60円にまで引き下げるということ!

そうなれば今後の将来性にも期待ができるものの、肝心な価格はそこまでの高騰ぶりではありませんでした

2018年の価格推移
  • 2月:高騰
  • 3月:停滞

今度はどうなる?リップル(Ripple,XRP)の将来性

高騰や暴落を繰り返しているリップル(Ripple,XRP)ですが、トータル的に考えればその高騰ぶりはビットコインにも劣りません!

大手企業や銀行との提携も続いており、今後の将来性は大いに期待ができるといえるでしょう。

また、今後の将来性を決定づける理由というのもいくつかありますので、これらも簡単にまとめてみました。

webbot(ウェブボット)の予測

webbot(ウェブボット)とは、以前マイクロソフト社のコンサルタントをしていた「クリフ・ハイ氏」によって開発されたAI

このAIは、今後リップル(Ripple,XRP)の価格が上昇すると予測しています。

詳しく言うと、2018年5月頃に大きく上昇すると予測されていますが、もちろん100%ではありません。

しかし、過去や現在のあらゆるデータから出た予測ですので、大きな判断材料にはなるといえます。

Nasdaq(ナスダック)が高騰予想

Nasdaq(ナスダック)とは、ベンチャー企業向けの世界最大株式市場のこと。

Nasdaq(ナスダック)の予測でも、リップル(Ripple,XRP)は2018年12月までに高騰すると発表されているんです。

この発表は、“世界最大市場の予測とだけあって、多くの投資家達も注目をしています。

2020年のロックアップ終了

Ripple社が保有していた630億XRP全てが市場に流出し、Ripple社による市場操作が不可能となるのが2020年です。

そうなれば、市場としては絶対的な安心を得ることができますから、リップル(Ripple,XRP)の価格も安定すると考えられます。

価格が安定すると、仮想通貨としてのリップル(Ripple,XRP)が機能しやすくなり、さらに快適な取引が可能となるでしょう。

つまり、長い目で見ても将来性に期待できるということ。

そしてやはり、大手企業や銀行との提携というのも、今後の大きな強みになるといえますよね!