やさしい仮想通貨の始め方を解説

リップル(Ripple/XRP)ニュース最前線【2018年度最新情報】

リップル/Rippleニュース

2018年も中盤をすぎ、仮想通貨業界全体は大きな変化が少ないのが現状です。

そんな中、金融機関を中心にどんどん実生活への利用が進んでいるのがリップルです。

国際的にリップルの送金テストがおこなわれ、ポジテティブな情報が世間を賑わせています。

この記事に辿り着いた方の中には、

リップルはすでに金融機関でどのように使われてるの?

 

リップルの最新情報って一体どんなものがあるの?

といったことを思われている方も多いと思います。

今回の記事では、リップルの最新情報を中心見ていき、リップルウォレットなどのツールにも触れていきたいと思います。

基本的なことからしっかりとリップルを理解して、仮想通貨ポートフォリオの参考にしてください。

リップルの基本情報

出典: https://ripple.com

通貨名称リップル(Ripple)
通貨単位XRP
最大発行枚数100,000,000,000 XRP
現在の循環枚数(2018年7月1日)39,009,215,838 XRP
公開日2013年9月26日
公式サイトhttps://ripple.com/
ホワイトペーパーhttps://ripple.com/files/xrp_overview.pdf
公式Twitterhttps://twitter.com/Ripple

リップルとは、2004年にRyan Fuggerによって考案された送金に特化した仮想通貨です。

実際にはリップルは通貨名称ではなく、プラットフォーム名称または開発団体であるRIpple incを指します。

通貨名称はXRPといいます。

リップルプラットフォームでは定通貨や仮想通貨が自由に交換できる仕組みとなっており、共通の決済プロトコルとしてXRPが存在しているという位置づけです。

そのためリップルは『ブリッジ通貨』という名称でも世間に広まっています。

リップルは既存の海外送金の仕組みを手数料を安く、素早い送金を実現するために開発された送金システムで、ビットコインとは全く違う思想のもと運営されています。

リップルの最終的な目標は『価値のインターネット(Internet of Value)』を実現することであり、あらゆる場所に瞬時に価値を届けることができる未来を創造していくことを提唱しています。

リップル最新ニュース情報一覧

ここでは注目されているリップルの最新情報を順番にみていきます。

リップル最新情報① リップルの新しいシンボルが決定

出典: https://ripple.com/jp/

2018年の6月14日にリップルの新しいシンボルがアナウンスされました。

送金に特化した仮想通貨として、さらに印象に残りやすいシンボルマークに改良されています。

リップル最新情報② 大手銀行がxRapidを2018年中に導入

リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、CNBC のインタビューに対して2018年中に主要な銀行が『xRapid』の利用を開始すると発言しました。


出典: https://ripple.com/jp/

xRapidとは

リップルが提供する送金業者向けのソリューションです。

リップルのXRP Ledger上で可動し、即時決済システムにより流動性を高めます。

『金融機関同士の法定通貨の国際送金』を円滑にするために開発されました。

XRPを送金に活用することによって、送金の即時化・低コスト化を可能とします。

すでにxRapidの実験結果の情報が発表されており、従来の国際決済方法では平均で2 – 3日かかるところを約2分に短縮できることが実証されています。

事業に参加した金融機関は、外国為替プロバイダーを利用する必要がなくなり40 – 70%のコスト削減が可能となります。

リップル最新情報③ 新プロジェクト『Xpring(スプリング)』を発表

出典: https://xpring.co/

2018年5月14日に、リップル社は新たなプロジェクトである『Xpring(スプリング)』を発表しました。

Xpring(スプリング)は、実績のある企業やプロジェクトに対して投資を行い支援するためのプロジェクトです。

XRPの送金以外を目的とした利用方法が発表されたことで、今まで以上に多分野への応用の期待が高まっています。

リップル最新情報③  インドの大手銀行がRippleNetに加入

インドの大手銀行であるコタック・マヒンドラ銀行がRippleNetへの加入を発表しました。

今回採用したされたのはリップルの主軸ソリューションの一つである『xCurrent』です。

出典: https://ripple.com/jp/

xCurrentとは

xCurrentとは、すべての送金プロセスを可視化するソリューションです。

xCurrentを利用することで、銀行間でのリアルタイムメッセージングが可能となります。

取引前の決済内容の確認や決済後の着金確認が可能です。

XRPを送金に活用することによって、送金の即時化・低コスト化を可能とします。

コタック・マヒンドラ銀行はxCurrentを最小することにより迅速な国際送金を目指しています。

すべての送金プロセスを可視化させることでインド国内外でのサービスの質・送金機会の増加を促す狙いがあります。

コタック・マヒンドラ銀行は国内に1300以上の拠点をもつ大規模な銀行であることで知られており、RippleNetの加入やxCurrentの採用により世界的な影響力があると見られています。

リップルウォレットの最新情報

リップルウォレットとは仮想通貨取引所以外でリップルを安全に保有するためのウォレットです。

リップルウォレットは大きく分けて次の5種類が存在します。

リップルウォレットの種類
  • オンラインウォレット
  • デスクトップウォレット
  • モバイルウォレット
  • ハードウォレット
  • ペーパーウォレット

ここでは、それぞれのウォレットのオススメの最新情報をご紹介します。

オンラインウォレット

Gatehub(ゲートハブ)

出典: https://gatehub.net/

GateHubとは、リップル社が提供する公式のオンラインウォレットです。

通常の仮想通貨取引所と同様にオンラインでの管理となるため、ハッキングリスクがあります。

仮想通貨売買の頻度が高い方にとっては、スピーディーな取引が可能であり利便性が高いです。

Gatehubではご自身で秘密鍵の保管が可能です。

デスクトップウォレット

ripple-client-desktop

出典: https://ripple.com/jp/

デスクトップウォレットとは、仮想通貨をWindowPCやMacなどで管理するためのものです。

公式ウォレットはリップル社からは提供されていませんが、Github上でripple-client-desktopというツールが公開されています。

zipファイルをダウンロード後、RippleClient.exeを起動することでアカウント作成が可能です。

オンラインウォレットより安全に、なおかつ可動性をもたせたい場合におすすめのリップルウォレットです。

 

モバイルウォレット

Toast Wallet!

出典: https://toastwallet.com/

モバイルウォレットとは、スマートフォンアプリを利用してリップルの管理を可能にしたものです。

モバイルウォレットは、デスクトップウォレットに比べ持ち運びのしやすさにおいて大きなメリットがあります。

また、AppstoreやGoogle Playに公開されているアプリ数も多くデスクトップウォレットに比べて多く、口コミ情報などからも取捨選択がしやすいといえます。

おすすめのアプリとしては『Toast Wallet!』が公開されています。

Toast Wallet!はiOS、Androidともに対応しているリップルのモバイルウォレットです。

ハードウェアウォレット

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)

出典: https://hardwarewallet-japan.com/

ハードウォレットとは、実態のあるウォレットに仮想通貨を保管するためのものです。

インターネットから切り離した状態で仮想通貨を安全に保管することができ、別名『コールドウォレット』と呼ばれます。

おすすめのハードウォレットは『Ledger Nano S (レジャー・ナノS)』です。

Ledger Nano Sはリップルウォレットとしては勿論のこと、ビットコイン、イーサリアムをはじめとした主要通貨のほとんどを保管することができ、多くの人に支持されているハードウェアウォレットです。

 

ペーパーウォレット

ripply-paper-wallet

出典: https://bitcoin.com

ペーパーウォレットとは、文字通り紙に情報を記録するタイプのウォレットです。

ペーパーウォレットは完全にネットワークから切り離した形で仮想通貨資産を守ることができます。

リップルのペーパーウォレットは、デスクトップウォレット同様にGitHubからダウンロードできます。

<span class=”btn btn-mid”><a href=”https://github.com/tagawa/ripply-paper-wallet”>ripply-paper-walletのダウンロードはこちら</a></span>

リップル協賛企業の最新情報

出典: https://ripple.com

リップルには、東京三菱UFJ銀行をはじめとした大手金融機関、グーグルアリババ、SBIグループといった日本でもおなじみの企業が中心となって出資しています。

RippleNetに参加している銀行は60行以上にのぼり、リップルを導入する企業は日々増えています。

また、最近ではインターネット関連企業からも多くの出資が増えているという情報があり、今後フィンテック領域でのリップルの活用が期待されています。

リップルニュース最前線!のまとめ

出典: https://ripple.com/jp/

今回の記事では、リップルの基本情報から最新情報・ウォレット比較までをまとめました。

金融機関を中心に実生活にどんどん利用されはじめているリップルは今後が期待できます。

ビットコインやイーサリアムといった主要仮想通貨とは違い、送金に特化した仮想通貨として独自の成長を遂げているリップルは、非常に有望な仮想通貨だといえます。