やさしい仮想通貨の始め方を解説

リップル投資のやり方・始め方を徹底解説!!【2018年最新版】

リップルってどうやって買うの?
リップル投資のやり方ってどうればいいの?

仮想通貨の中でも、特に将来性・今後の成長に期待が持たれているリップル(Ripple,XRP)。

リップルの今後の今後の価格予想を中心とした情報は多くの人が気にかけていることでしょう。

今回の記事ではリップルの基本情報から実際のリップル投資の方法・やり方をまとめました。

ざっくり言うと...
  • リップルは国際送金を安く手軽に行えることを目指して作られた通貨
  • その将来性に大手金融機関が参加したり、ebayGoogleも好意的に見ている
  • リップルが購入できる仮想通貨取引所には、取引所型・販売所型の2種類の形式がある。
  • リップルを今のうちに購入するならGMOコインがおすすめ

gmo-cta-1

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

リップルの基本情報

出典: https://ripple.com/xrp/

リップル(XRP)の基本情報
通貨シンボルXRP
取引承認のルールProof of Consensus
取引承認時間数秒
発行上限枚数1,000億XRP
発行開始時期2012年9月

リップルとは、2004年にRyan Fuggerによって考案された送金に特化した仮想通貨です。

実際にはリップルは通貨名称ではなく、プラットフォーム名称または開発団体であるRIpple incを指します。

通貨名称はXRPといいます。

リップルプラットフォームでは定通貨や仮想通貨が自由に交換できる仕組みとなっており、共通の決済プロトコルとしてXRPが存在しているという位置づけです。

そのためリップルは『ブリッジ通貨』という名称でも世間に広まっています。

リップルは既存の海外送金の仕組みを手数料を安く、素早い送金を実現するために開発された送金システムで、ビットコインとは全く違う思想のもと運営されています。

リップルの最終的な目標は『価値のインターネット(Internet of Value)』を実現することであり、あらゆる場所に瞬時に価値を届けることができる未来を創造していくことを提唱しています。

リップルの特徴

出典: https://ripple.com/xrp/

リップルは、ビットコインとは全く異なる思想・仕組みで運営されています。

国際送金に特化した仮想通貨であるリップルは、次の2つのポイントが特徴として挙げられます。

リップルの特徴
  • PoC(プルーフオブコンセンサス)
  • IOU取引

順番に確認していきましょう。

PoC(プルーフオブコンセンサス)

PoCとは、Proof of Consensus(プルーフオブコンセンサス)の略語です。

リップルは、コンセンサスアルゴリズムにPoCが採用されています。

ビットコインでは、10分間に一度ブロック(取引の塊)が生成され、ブロックを承認するためにマイニングが行われるPoWが採用されています。

Proof of Consensusとは直訳すると合意による証明という意味があり、リップルネットワークでつながっているP2Pによって、その取引を合意して信頼できるものとするという仕組みです。

また、全取引記録のことをLedger(レジャー)といい、取引を承認する代表者をValidator(バリデーター)といいます。

この仕組みをXRP Ldgderといい、ビットコインでいうところのブロックチェーンと同じ位置づけにあります。

IOU取引

リップルでは、IOU取引という取引手法が採用されています。

IOUとは、簡単にいうと借用証明書を意味します。

リップルネットワークでは、通貨決済にXRPそのものをやりとりするのではなくIOUによる残高の書き換えによって決済が行われます。

また、IOUを発行する主体のことをゲートウェイといいます。

ゲートウェイとはもともとネットワーク用語で、異なる二つ以上のネットワークを接続する機器のことを指します。

つまりリップル社は、このゲートウェイを管理する中央団体組織ということがいえます。

リップルの購入方法

リップルの取引形態

リップルをはじめとした仮想通貨には、2種類の購入方法があります。

仮想通貨取引所の販売形態
  • 販売所:販売所が決めた値段で、販売所から直接購入する
  • 取引所:買い手と売り手が直接売買する

ビットコイン買い方購入販売所

販売所形式では、仮想通貨取引所が保有する通貨をユーザーに販売している形です。

販売所形式のメリット・デメリット
  • メリット:販売所から買うため、確実に購入できる
  • デメリット:手数料が、取引所と比べると高い

仮想通貨取引所

反対に、取引所形式では、リップルなどの仮想通貨を買いたい人と売りたい人を、マッチングさせるサービスを提供しています。

取引所形式のメリット・デメリット
  • メリット:販売所より、比較的手数料がお得
  • デメリット:買い手と売り手の値段がマッチしなければ、いつまでたっても売買できない

これらのことから、『確実にリップルを取引したい方は販売所形式』『少しでも安く取引したい方は取引所形式』でリップルを購入するのがおすすめです。

それでは、実際の仮想通貨取引所についてみていきましょう。

各取引所毎に手数料等が異なるため、自分自身に合った仮想通貨取引所を見つけてください。

リップルを購入できる販売所・取引所

仮想通貨スマホ始め方個人情報

各仮想通貨取引所には、それぞれのメリットがあります。

そのため、どのような目的でリップルを購入するかによって、最適な購入方法は変わります。

おすすめの仮想通貨取引所は次の通りです。

おすすめ仮想通貨取引所
  • GMOコイン
  • BITpoint
  • DMM bitcoin
  • BitTrade
  • bitbank

販売所形式

仮想通貨スマホ始め方入金

リップルを購入できるオススメの販売所は以下の通りです。

販売所形式
  • DMM bitcoin
  • GMOコイン
取引所名取引手数料スプレッド送金手数料出金手数料
GMOコイン無料無料無料
DMM bitcoin無料無料無料

GMOコイン・DMM bitcoinでは各種手数料が無料で利用することができます。

仮想通貨取引所側の利益が上乗せされた形で販売されているため取引所型の販売形式に比べて割高です。

この上乗せ分のことをスプレッドといいます。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

取引手数料

取引手数料とは、取引時にかかる手数料のことです。

多くの取引所では、この取引手数料は明文化されており、ひと目でいくらかかるかわかるようになっています。

また、現在は、取引手数料を無料にしている販売所も多くあります。

購入手数料

購入手数料は、販売所に支払う手数料のことです。

販売所がもっている通貨と両替してもらうため、両替手数料とも言い換えられます。

手数料何%と明示されているケースは少なく、購入する時に含まれるコインの価格に含まれているため、見過ごされがちな部分でもあります。

購入手数料は、販売所毎に設定されており通貨の値動きの大きさによって変動するため、一概にきまりません。

下記はGMOコインのリップルの仮想通貨現物売買の画面です。

購入価格と日本円参考総額の差額が、購入手数料にあたります。

購入価格が54,806円・売却価格が54,506円のため、差額の300円が手数料です。

送金手数料

送金手数料は、ウォレットや他の取引所の口座に送金する際の手数料です。

ほとんどのウォレットや口座では、同一ウォレット・口座間での送金は無料となっています。

外部のウォレット・口座に送金する際に、手数料がかかるため注意が必要です。

出金手数料

出金手数料は、日本円を取引所・販売所の口座から、自分の銀行口座に振り込む際にかかる手数料です。

多くの取引所・販売所は、提携銀行をもっており、提携銀行との手数料が安くなることがあります。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

取引所形式

リップルを購入できる取引所形式の取引所は以下の通りです。

取引所形式
  • BITPoint
  • BitTrade
  • bitbank

取引所形式では、ユーザーが指定した価格で購入できることが特徴的です。

このことを指値取引とよびます。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

取引所比較

取引所名maker手数料taker手数料通貨ペア送金手数料出金手数料
BITPoint0%0%日本円無料無料
Bittrade0.2 - 0.3%0.2 - 0.7%日本円165円648円
bitbank0%0%日本円0.15XRP540円

maker手数料は、取引所で、売却する際にかかるもので、購入する際にかかるのがtaker手数料です。

上記でご説明したように、取引所は売りたいユーザーと購入したいユーザーのマッチングをする場所でした。

売りたいユーザーは、売りたい金額を指定して注文をだし、購入したいユーザーは買いたい金額を指定して注文します。

売りたいユーザーは流動性を作りだしているという意味から『maker』、購入するユーザーは売られているものを取って自分のものにするため、『taker』と呼ばれます。

流動性を生み出す役目を持つことから、makerの方が手数料が安い場合がほとんどです。

通貨ペア

通貨ペアは、売買可能な通貨の組み合わせのことです。

ここでは、リップルの購入に利用できる通貨を指します。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

リップルの購入までの流れ

リップルのを購入する前に、まずは、各販売所・取引所で口座を開設する必要があります。

口座開設からリップルを購入するまでの流れは下記の通りです。

リップル購入までの流れ
  1. サイトへアクセスし、アカウントを作成(メールアドレスや個人情報などを入力)
  2. 本人確認書類を写真に撮り、アップロード
  3. 数日後、『本人確認完了のハガキ』が郵送されてくる
  4. ハガキ記載の本人確認コードを入力
  5. 口座作成完了
  6. 取引所の指定口座へ日本円を振込(入金確認まで数分から数時間かかることもあります)
  7. 取引所のアカウントへ残高が反映される
  8. リップルを購入する

取引所によって申請してから実際に取引が開始できるまでの期間が異なります。

余裕をもって口座開設をおこなうようにしましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

リップル投資のやり方・始め方を徹底解説!!まとめ

リップル投資のやり方

今回の記事では、リップルの基本情報から実際のリップル投資の方法・やり方まで確認しました。

ここまでの内容をまとめると次の通りです。

リップル投資のやり方おさらい
  • リップルは送金に特化した仮想通貨
  • リップルネットワークで利用される仮想通貨の名称がXRP
  • リップルの購入には販売所型・取引所型の2種類がある
  • 購入までの流れは、『アカウント作成→本人確認→振込→購入』

ビットコインやイーサリアムといった主要仮想通貨とは違い、送金に特化した仮想通貨として独自の成長をしているリップルは、非常に有望な仮想通貨であり今後どうなるかに注目です。

MEMO
今後価格の高騰が予測されるリップルを今のうちに購入しようと考えている方は、GMOコインから

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら