やさしい仮想通貨の始め方を解説

リップルは今後どうなる!?将来性を分析!今後は高騰の見込み【2018年最新版】

2018年も終盤となり、仮想通貨業界全体は徐々に回復に向かっています。

そんな中、金融機関を中心にどんどん実生活への利用が進んでいるのがリップルであり、再び注目されています。

この記事に辿り着いた方の中には、

リップルってそもそも何なの?
リップルはすでに金融機関で使われてるの?
リップルって今後どうなるの?

といったことを思われている方が多いと思います。

今回の記事では、リップルの基本情報から今後どうなるかしていきます。

基本的なことからしっかりとリップルのことを理解して、仮想通貨ポートフォリオの参考にしてください。

ざっくり言うと...
  • リップルは国際送金を安く手軽に行えることを目指して作られた通貨
  • その将来性に大手金融機関が参加したり、ebayGoogleも好意的に見ている
  • 様々な金融機関なども今後の高騰を予測している
  • リップルを今のうちに購入するならBITPoint(ビットポイント)がおすすめ

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

 

リップルの基本情報

出典: https://ripple.com/xrp/

リップル(XRP)の基本情報
通貨シンボルXRP
取引承認のルールProof of Consensus
取引承認時間数秒
発行上限枚数1,000億XRP
発行開始時期2012年9月

実際にはリップルは通貨名称ではなく、プラットフォーム名称または開発団体であるRIpple incを指します。リップルとは、2004年にRyan Fuggerによって考案された送金に特化した仮想通貨です。

通貨名称はXRPといいます。

リップルプラットフォームでは法定通貨や仮想通貨が自由に交換できる仕組みとなっており、共通の決済プロトコルとしてXRPが存在しているという位置づけです。

そのためリップルはブリッジ通貨という名称でも世間に広まっています。

リップルは既存の海外送金の仕組みを手数料を安く、素早い送金を実現するために開発された送金システムで、ビットコインとは全く違う思想のもと運営されています。

リップルの最終的な目標は価値のインターネット(Internet of Value)を実現することであり、あらゆる場所に瞬時に価値を届けることができる未来を創造していくことを提唱しています。

リップルのプロジェクト

仮想通貨 ランキング まとめ

Ripple.Incは、同社が運営する国際送金ネットワーク(Ripple net)を構築のために、次の3つのプロダクトを提供しています。

Rippleのプロダクト
  • xCurrent
  • xRapid
  • xVia

順番に確認していきましょう。

xCurrent

出典: https://ripple.com/xrp/

xCurrentとは、銀行間の即時国際送金を可能にするための製品です。

xCurrentには、メッセージ機能が搭載されていて銀行間で送金が実行される前に、送金内容をリアルタイムで確認することが可能になります。

xCurrentは次のような特徴をもっています。

xCurrentの特徴
  • 世界中の金融機関と標準的な技術(ルールや記述方法、管理方法など)でつながる
  • 高速な国際送金(1送金4分程度、毎秒1500件を処理)
  • 40〜70%のコスト削減
  • 高い信頼性(分散型台帳技術を活用することで、システムエラーのリスクを最小化)

従来の銀行間送金では、送金情報の確認や伝達に、多くのコストを必要としてましたが、このxCurrentを活用することで、そのコストを抑えることができるのです。

xRapid

出典: https://ripple.com/xrp/

xRapidとは、XRPを利用することで、迅速な送金と送金コストの削減を実現する製品のことです。

例えば、途上国へ送金する場合には事前にノストロ口座という世界中の現地通貨口座に資金を準備しておく必要がありましたが、xRapidはこれらを包括的に解決します。

xRapidは、次のような特徴をもっています。

xRapidの特徴
  • XRPをブリッジ通貨として(仲介して)、さまざまな通貨ペアで即座に両替可能になる
  • 従来は3〜5日かかっていた国際的な支払い(または送金)が、わずか約2分程度で完了する(実証実験の結果より)
  • 国際送金コストを約40〜70%削減できる(実証実験の結果より)

xRapidとは、さまざまな通貨と交換可能なXRPを活用することで、ノストロ口座の管理費のカット、ノストロ口座を仲介としない送金が実現するので、迅速な送金とコスト削減につながると考えられます。

xRapidを活用したアメリカ〜メキシコ間の送金実験では、送金がわずか2分で完了(従来の送金では、平均で2~3日かかっていた)し、コストが40〜70%削減できたと発表されています。

xVia

出典: https://ripple.com/xrp/

xVia(エックスヴィア)は、RippleNetに参加する機関(法人、銀行、送金業者など)に対して、標準的な支払いインタフェース(利用者が直接触れる部分である、わかりやすい画面や帳票など)を提供する製品です。

xViaでできることとしては、手続き中の支払い内容を追跡や、支払いと同時に帳票(請求書など)を添付などがあります。

xViaを利用する人は、RippleNetでの取引の内容(支払いに関する情報)にアクセスするために、特別なソフトウェアのインストールをする必要はありません。

ユーザーは面倒な操作をすることなくxViaを利用して、リップルへの参加が可能です。

リップルの4つの価格予想

ここではリップルが今後どうなるかを予想する上で重要な指標として、次の4つをご紹介します。

リップルの価格予想要因
  1. Webbot(ウェブボット)
  2. NASDAQの見解
  3. SBIホールディングスの見解
  4. wallet investerの見解

Webbot(ウェブボット)

ウェブボットとは

ウェブボットは、マイクロソフトの元コンサルタントであるクリフ・ハイ(Clif High)氏と協力者のジョージ・ユーロ(George Ure)氏により1997年に開発された情報収集・分析プログラムです。

ビットコインをはじめとした仮想通貨のトレンドを次々に的中させており、リップルの高騰については2018年後半からはじまると予想されています。

ウェブボット

ウェブボットは、掲示板やSNSなどインターネット上の不特定多数の発言から人の感情に関するキーワードを収集、分析することで未来の出来事を予測する言語解析プログラムです。

レポートの題名にもなっているALTAとよばれており「Asymmetric Language Trend Analysis​」の略です。

「非対称、不均衡な言葉のトレンド分析」という意味をおもっています。

詳細なアルゴリズムなどは非公開ですが、約30万語のキーワードから集団心理の変化を分析しています。

NASDAQの見解

出典: https://www.nasdaq.com/

アメリカのベンチャー向け株式取引所であるナスダックも、今度リップルがどうなるかを予想をしています。

ナスダックによると、リップルは今後52週で1ドルを超えるようになり、数年で5ドルを超えると評価されています。

ナスダックがこの記事を公開したのは2017年12月頃であり、リップルが今後どうなるかを占うには重要な指標となります。

SBIホールディングスの見解

出典: http://www.sbigroup.co.jp/

SBIホールディングスは仮想通貨事業に積極的に投資をおこなっている国内有数の企業です。

また、同社は2018年の3月にマネータップというXRPを利用した送金アプリを発表しています。

SBIホールディングスのCEOである北尾吉孝氏によると、リップルは2018年末に10ドルに達する可能性があると予想しています。

wallet investorの見解

出典: https://walletinvestor.com

仮想通貨の将来性を予想するメディアであるwallet investerもリップルに関しては、かなり現実的な予想をおこなっています。

wallet inverstorでは、2019年のはじめに1ドルほどになると予想しており、その後5年間の投資により4ドルを突破すると予想しています。

リップルの将来性

出典: https://ripple.com/xrp/

リップルには、東京三菱UFJ銀行をはじめとした大手金融機関が参画しています。

RippleNetに参加している銀行は60行以上にのぼり、リップルを導入する企業は日々増えている状況です。

銀行関連以外にもリップルがどうなるかの将来性を占うために注目すべき情報は、他にも次のようなものがあります。

リップルの注目情報
  • Googleの出資
  • ebayが決済方法に導入
  • 仮想通貨格付【Weiss Ratings】で一位

Googleの出資

リップルは、Googleから出資を受けています。

Googleでは既に決済サービスとしてGoogle Payがリリースされていますが、ここにリップルが使われるようになるのではないかとの見方も強いです。これが実現した場合、リップルの価格は6ドルを超えると評する専門家もいます。

リップルはGoogle以外にも数多くの大手企業、銀行と提携した金融プラットフォームを形成していき、実際に既にUAE Exchangeとの提携も決まっています。Googleをはじめとした大企業との提携のニュースは今後も注目しておくと良いです。

ebayが決済方法に導入

2020年の目処にebayが決済手段の一つとしてリップルを導入することを発表しています。

ebayは、を展開しており、リップルの導入によりさらなる流通が期待できます。

仮想通貨格付【Weiss Ratings】で一位

株式や金融機関の評価を行うアメリカ有数の格付け企業であるWeiss Ratingsが2018年11月1日に発表した仮想通貨格付けにおいて、リップルが単独首位の評価をうけました。

Weiss Ratingsでは2018年1月以来、複数回にわたり74種類の仮装通貨をA – Eで評価してきましたが、リップルは全仮想通貨の中で唯一のB評価を獲得しています。

これは仮想通貨の中でも実用化へ向けて進んでいるリップルへの期待が高まっていることの表れであり、今後もリップルの躍進が予想できます。

リップル高騰予想!今後どうなる!?のまとめ

リンプルの今後

今回の記事では、リップルの基本情報から今後どうなるかを確認しました。

金融機関を中心に、実生活にどんどん利用されはじめているリップルは今後が期待できます。

ビットコインやイーサリアムといった主要仮想通貨とは違い、送金に特化した仮想通貨として独自の成長をしているリップルは、非常に有望な仮想通貨であり今後どうなるかに注目です。

MEMO
今後価格の高騰が予測されるリップルを今のうちに購入しようと考えている方は、BITPointから

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら