やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)とは?特徴や今後の将来性を徹底分析

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)とは

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)は、2017年に急騰したことでも知られていますが、厳密にいうと他の仮想通貨とは少し違います。

実は、“リップル(Ripple)”というのは送金システムそのものを意味していて、送金時間の遅延や高い手数料といった、既存送金システムの課題を改善するために開発されました。

しかし、それはあくまでも通過点としての目的で、最終的な目標としては「価値のインターネット」、つまり、インターネットを通すことで、世界中の価値が低コスト・高速に送受信できるようになることを目指しているんですね。

そして、そんなリップルシステムの中で使用される独自通貨が“XRP”というわけです。

また、仮想通貨リップルは、通常の取引とは別に2つの役割を果たしており「単純な通貨機能以上を持っているアルトコイン」といわれています。

仮想通貨リップルの主な役割り
  • 法定通貨や仮想通貨を交換する際のブリッジ通貨
  • リップルシステムを利用する際の手数料

ブリッジ通貨として使われている

ブリッジ通貨というのは、私たちが普段使っている円やドルといった紙幣や仮想通貨を交換する時の中継をする通貨のこと。

リップルシステムではXRPをブリッジ通貨にすることで、これまで問題視されていた“銀行と仲介業者の両替”という作業をなくしているんです。

ブリッジ通貨のイメージ
ドル → XRP → 円
BTC → XRP → 円 など

これによって、余計な手数料が発生したり、通貨の交換に時間がかかるといったデメリットを改善できることになります。

つまり、仮想通貨リップルは国際送金に特化した仮想通貨といえるんですね!

XRPはシステム手数料としての役割を果たしている

仮想通貨としてのリップル(XRP)は、リップルシステムを利用する際の手数料としても使われていて、リップルシステムを攻撃から保護することが目的とされています。

もともとリップルでは「ネットワーク負荷と同じ分だけの手数料を取る」というルールがあり、悪意ある者がシステムを攻撃する際にはそれなりの負荷がかかってしまうものですから、攻撃者に高額な手数料が発生することになるんです。

このように、攻撃者にとって金銭的なメリットを与えない仕組みになっているため、攻撃をうまく防止できているんですね。

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の特徴

 

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨とは違って、色々な役割を持っている仮想通貨リップルですが、もちろん他の通貨と同じように取引や運用を行うこともできます。

仮想通貨としての役割

リップル時価総額

仮想通貨リップルは、ビットコインやイーサリアムに並ぶ時価総額3位の仮想通貨です。(2018年3月現在)

2017年にはイーサリアムを超えて2位にまで浮上していましたので、世界中で多くの取引が行われているというのがわかりますよね。

また、Google社がRipple社に出資しているということでも知られており、今非常に注目されている仮想通貨となっているんです。

仮想通貨リップルの概要
発行年月日2016年8月
通貨単位XRP
通貨発行量1000億XRP
承認システムProof of Consensus
開発者Ryan Fugger

ripple公式サイト

Proof of Consensus(PoC)という承認方法を採用

仮想通貨リップルでは、ビットコインブロックチェーンとは違った承認方法が採用されているのも大きな特徴です。

ビットコインなどの仮想通貨では“Proof of Workというという承認方法が採用されていて、取引はコンピューター計算によって承認されています。

この方法では利用者が多くなった時にネットワークが重くなり、承認までにかなりの時間がかかってしまいます。

一方、仮想通貨リップル(XRP)は、信頼できる承認者による投票で承認される“Proof of Consensus”という方法が採用されており、

ネットワークは特定の承認者によって常に管理されていますから、即時性のあるスピーディーな取引が実現できているんです。

また、膨大なエネルギーを使って計算を行うProof of Workの場合、世界中で同じ計算が行われてていることも多く、非常に無駄の多い認証方法といえます。

こういったProof of Workの無駄を改善した認証方法としても、仮想通貨リップルは今後も注目されていくでしょう。

特定の管理者が存在する

仮想通貨リップルの承認には”特定の承認者”がいると紹介しましたが、この承認者は全てリップル社によって決められ、管理されています。

これに対しての意見はさまざまで、そもそもブロックチェーン技術というのは、1つの組織に頼らずお金のやり取りができるという「非中央集権」であるのが大きな魅力。

しかし仮想通貨リップルは、管理者や承認者が全てリップル社によって決められることから、「中央集権寄りである」という批判の声もあるんです。

今後はリップル社だけでなく金融機関も参入してくるといわれていますが、仮想通貨リップルの本来の目的は「価値のインターネット」であることから、特定管理者についてはあまり問題視はされていません。

逆に、万が一ハッキング被害に遭った際にも、特定管理者がいることで早く収束できるというメリットも考えられますよね!

仮想通貨リップルを取り扱っている取引所


仮想通貨リップルの多様性は実にユニークで、現在でもさまざまな取引所で取り扱いされています。

今後も多くの取引所で取り扱いされるようになる見込みですから、今のうちから運用を始めておくのもおすすめですよ!

ここでは、初心者でも簡単に仮想通貨リップルが購入できる、おすすめの取引所をまとめてみました。

仮想通貨リップルを取り扱っている取引所

bitbank.cc

GMOコイン

Binance

bitbank.cc




bitbank.ccは、日本円を入金すれば簡単に仮想通貨リップルを購入できるのが大きな魅力。

指値を入力すれば自分の好きな金額で購入できますから、初心者には使いやすい取引所だと思いますよ!

また、仮想通貨リップルの出来高が世界一になったこともあり、取引量が多いのも安心ですよね。

スプレッドの手数料も格安で、取引手数料の無料キャンペーンなどもやっているので、無駄なく効率的な運用ができると人気があります。

注意
  • 板取引に慣れるまで時間がかかる
  • 取り扱い通貨が少ない
  • スマホ用のアプリがない

GMOコイン




GMOコインは、大手IT企業で知られるGMOグループが運営している販売所。

こちらは取引所ではないため、ワンクリックで簡単に仮想通貨リップルが購入できて、初心者にも使いやすい仕組みになっています。

もちろん、日本円で仮想通貨リップルを購入することもでき、大手ならではのセキュリティも高評価。

今後は仮想通貨リップルのレバレッジ取引も導入されるそうなので、FX感覚で運用を楽しみたい人にもおすすめです!

注意
  • スプレッドが高め
  • 指値が入れられない

Binance


Binance

Binanceは、世界取引高でナンバー1を誇る人気の取引所です。

海外の取引所とはなりますが、120種類以上もの通貨を取り扱っており、日本人にも利用者が多いのが特徴。

bitbank.cc同様、指値を入れて購入ができるので、余裕を持って仮想通貨リップルを買うことができますよ!

また、スプレッドや取引手数料もかなり安いため、効率的な運用をしたい人におすすめ。

注意
  • 日本円で仮想通貨リップルが買えない
  • 海外取引所ということでセキュリティ面に不安も

仮想通貨リップルの将来性は?

これから仮想通貨リップルを購入しようと考えている人は、今後の将来性について気になるところですよね!

将来性のない通貨を買っても何の得もありませんから、せっかく買うなら今度どんどん価値が高騰していく通貨を選びたいもの。

そういった視点で考えると、仮想通貨リップルは非常に将来性のある仮想通貨だといえます。

多様性や利便性も高く評価されていますが、そのほかにも将来性に期待できる理由がいくつかあるんです!

大企業が出資している

仮想通貨リップルは、数々の有名人や大企業、銀行からの出資を受けており、他の通貨が銀行に対抗しているのに対し、インフラ破壊の脅威に立ち向かう役割としても注目されています。

そのため、大手SBIでは11%もの出資をしていたりするんです。

ほかにも、GoogleAppleマイクロソフトなども出資をしていますから、他の通貨に比べてもかなりの将来性が期待できるといえるでしょう。

2017年3月には、三菱東京UFJ銀行が米欧豪の大手6社と協力して、リップルシステムを利用した「次世代国際送金」を組むと発表。

最近ではりそな銀行でも送金実験を頻繁に行なっていますから、今後もさらに仮想通貨リップルが評価されていくこととなるでしょう。

ニューヨークでの上場が期待されている

アメリカの日銀ともいわれるFRBでは、人材を派遣して仮想通貨リップルのイベント協力を行なっており、アメリカのベンチャー企業であるリップル社を積極的に支援しています。

これに先述したGoogleやApple、マイクロソフトといった世界的企業の出資が加わることで、今後ニューヨーク市場で上場するという見方も広がっているんです。

現段階では確実な証言がありませんが、対インフラに対抗し、世論を味方につけたいという行政機関の考えもあるため、仮想通貨リップルの上場はありえない話ではないですよね!

リップル社の4つのプロダクト

リップル社には「RippleNet」「xCurrent」「x Rapid」「xVia」という、4つのプロダクトが構成されていて、銀行や法人、顧客同士が繋がりやすくなっています。

RippleNet

世界共通の膨大な決済ネットワークの名前。

世界共通の送金ルールを作ることによって、顧客同士が瞬時に取引を行うことができる。

xCurrent

世界中の銀行、金融機関のために構築されたプロダクトで、銀行での国際送金で即時決済を可能とするもの。

x Rapid

送金業社向けのプロダクトで、途上国における送金を低コストで行えるようにしたもの。

xVia

国際送金を希望する金融機関や企業向けのソリューションサービスで、RippleNetに繋がることができるもの。

つまり、xViaを通すことでxCurrentの機能が利用できるようになるということ。

この4つのプロダクトがしっかりと構成されていることから、仮想通貨リップルには今後も数多くの企業や銀行が参入し、それによって価値も高騰していくと考えられるでしょう。