やさしい仮想通貨の始め方を解説

リップル(Ripple)取引におすすめの取引所5社を比較

リップルってどこの取引所でも買えるんじゃないの?
リップル取引がいちばんお得な取引所はどこなんだろう…

なんて思ったことはありませんか?

リップルはどこの取引所でも取り扱いがあるわけではないため、取引所選びは慎重に行う必要があります。

また、取り扱いがあるだけではなく、せっかくならお得に取引したいものですよね。

リップル取引では入出金や送金などのさまざまな手数料がかかるほか、取引量によってはなかなか注文が確定しないという問題もあるのです。

そこで今回は、リップル取引におすすめの国内取引所5社を紹介したいと思います。

リップルならではの特徴についてもまとめていますので、この記事を読めばリップル取引をより快適に楽しむことができますよ!

ざっくり言うと
  • リップルは送金目的で開発された仮想通貨
  • 時価総額ランキングはビットコインに次ぐ第2位
  • 取引所選びは信頼性手数料使いやすさをチェックするべし
  • 初心者には国内取引所がおすすめ特にGMOコインがおすすめ

GMOコイン

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

リップル(Ripple)取引におすすめの国内取引所

リップル_取引所_国内取引所

リップルを取り扱っている国内取引所は少なくありませんが、その中でも特におすすめできる5社をピックアップしてみました。

それぞれの特徴や手数料、ほかにどんな通貨を取り扱っているかなどを比較して、自分に合った取引所をみつけてみてください。

おすすめ国内取引所
  • GMOコイン
  • BITPoint(ビットポイント)
  • DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
  • bitbank(ビットバンク)
  • SBI Virtual Currencies(SBIバーチャル・カレンシーズ)

No.1 : GMOコイン

リップル_取引所_GMOコイン出典: https://coin.z.com/jp/

取り扱い通貨
  • リップル(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)

メリット

GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネットグループが運営する国内最大級の仮想通貨取引所です。

そのため信頼性が高く、初心者でも安心して利用できるといえるでしょう。

また、GMOインターネットグループは為替FXや証券取引など幅広い事業を手掛けており、GMOコインはそのノウハウが詰まった取引所でもあります。

スマホアプリの「ビットレ君」は初心者でも直感的に使えると大好評です。

さらに、リップルの取引手数料が無料というのも嬉しいポイント。

デメリット

デメリットとしては、販売所形式となるため手数料がやや割高になります。

売買したいタイミングで取引が成立するため、使いやすさとしては良いのですが、コストをできるだけ抑えたいという場合はデメリットになるでしょう。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

No.2 : BITPoint(ビットポイント)

リップル_取引所_BITPoint出典: https://www.bitpoint.co.jp/

取り扱い通貨
  • リップル(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)

メリット

BITPointの大きなメリットは、入出金や取引などにかかる各種手数料が無料という点です。

全ての通貨が取引所形式となっているのでスプレッドも小さく、リップルを比較的安く購入することができます。

また、仮想通貨FXに関してはプロトレーダーの必須アイテムとなるMT4(メタトレーダー4)を採用。

そのため、リップルでレバレッジ取引にも最適だといえるでしょう。

デメリット

BITPointはまだ新しい取引所となるため、リップルの取引量がやや少ないというのが懸念点です。

一般的な量での注文であれば問題ありませんが、大量もしくは少量での売買だと取引が成立しにくいといえます。

また、口座開設や問い合わせの対応には時間がかかりますので、人によってはストレスを感じるかもしれません。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

No.3 : DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

リップル_取引所_DMM Bitcoin出典: https://bitcoin.dmm.com/

取り扱い通貨
  • リップル(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(NEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)

メリット

DMM Bitcoinは、為替FXの口座数が世界一となるDMMグループが運営している仮想通貨取引所です。

その実績を活かし、レバレッジ取引に特化したツールやサービスを積極的に取り入れているのが特徴といえるでしょう。

そのため、レバレッジ取引や仮想通貨FXを楽しみたい人におすすめです。

デメリット

DMM Bitcoinは、仮想通貨FXやレバレッジ取引に特化した取引所であるため、リップルの現物取引ができません。

そのため、リップルの長期保有には向かないといえます。

さらに、販売所形式となりますので1.3%ほどのスプレッドがあり、実質手数料はやや割高です。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

No.4  :bitbank(ビットバンク)

リップル_取引所_bitbank出典:https://bitbank.cc/lp/zero/

取り扱い通貨
  • リップル(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)

メリット

bitbankは、リップルの取引量が世界一になったことがある日本最大のリップル取引所

販売所形式になっているのでスプレッドも小さく、安く購入できるのが大きな魅力といえます。

ちなみに、リップルが購入できる取引所のほとんどは販売所ですので、bitbankはリップルの価格が最も安い取引所といっても過言ではありません。

デメリット

デメリットとしては、取引方法が指値を入れる板取引であるということが挙げられます。

取引をするには自分で価格を入力しなければならず、初心者には少し難しく感じられるかもしれませんね。

bitbank公式サイトはこちら

bitbankの登録はこちら

No.5 : SBI Virtual Currencies(SBIバーチャル・カレンシーズ)

リップル_取引所_SBI Virtual Currencies出典:https://www.sbivc.co.jp/

取り扱い通貨
  • リップル(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

メリット

SBI VCは、SBIホールディングスが運営を行う仮想通貨取引所です。

リップル社と提携している唯一の取引所であるとともに、セキュリティー会社のセコムとも連携を行い、ハイレベルなセキュリティ対策を行っています。

そのため、信頼性と安全性を重視したい人におすすめです。

デメリット

マイナスポイントは、取り扱い通貨の種類が少ないということと、セキュリティーに力を入れているため、ほかの取引所への送金ができないという部分です。

ただ、送金ができないのは確かに不便ではありますが、不正送金のリスクもないということになるので、考え方によってはメリットになります。

SBI Virtual Currencies公式サイトはこちら

SBI Virtual Currenciesの登録はこちら

海外取引所ならBINANCE(バイナンス)がおすすめ!

リップル_取引所_BINANCE出典:https://www.binance.com/en

メリット

BINANCEは、仮想通貨取引高世界一を誇る人気の海外取引所です。

そのため取引も成立しやすく、ほかの海外取引所に比べて使いやすいというのも人気の秘訣といえます。

また、リップル以外にも120種類以上の通貨を取り扱っており、複数の通貨を保有したい人にもおすすめです。

さらに、国内取引所と比べて手数料はかなり安いですから、コスト抑えて取引を楽しめます。

デメリット

BINANCEのデメリットは、日本円でリップルを購入できないという部分になります。

これは海外取引所ならではのメリットともいえますが、ビットコインやイーサリアム建てでないと仮想通貨を購入することができないのです。

そのため、一旦国内取引所で仮想通貨を購入し、その仮想通貨をBINANCEに送金してリップルを買うという手順になります。

また、海外取引所ということでセキュリティ面がやや不安というのも事実。

Binance(バイナンス)の公式サイトはこちら

Binanceの登録はこちら

リップル(Ripple)の概要と特徴

リップル_取引所_概要

リップルは、ほかの通貨と異なる性質を持っており、数ある仮想通貨のなかでも将来性があるとして注目されています。

ここでは、リップルならではの特徴や魅力について確認してみましょう。

リップルの特徴
  • 開発目的は円滑な国際送金
  • 「リップル」はプラットフォームの名前
  • 分散型台帳は「XRP Ledger」

「リップル」はプラットフォームの名前

リップルは仮想通貨として知られていますが、実は送金に特化したプラットフォーム、つまり技術そのものの名称になります。

そして、普段私たちが取引を行っている仮想通貨は、「XRP(エックスアールピー)」というのが正式名称になるんですね。

もちろん仮想通貨を「リップル」と呼んでも問題ありませんが、技術的な話をするシーンでは「リップル」「XRP」と使い分けが必要になります。

開発目的は円滑な国際送金

GMOコイン_FX_まとめ

ビットコインが決済目的で開発されたのに対し、リップルは円滑な国際送金を目的として開発されました。

通常の国際送金では、SWIFTと呼ばれる国際銀行間通信協会が仲介役になることで送金が可能となります。

しかし、この方法は手数料の高さやスピードの遅さといった問題があり、それを解決するためにリップルが誕生したのです。

分散型台帳は「XRP Ledger」

GMOコイン_FX_やり方・使い方

リップルでは、「XRP Ledger」と呼ばれる台帳を採用しており、ブロックチェーンは使用されていません。

とはいえ、XRP Ledgerもブロックチェーンと同じように取引を記録するものであり、全く別物というわけではありません。

ただ、参加者が承認作業を行うブロックチェーンに対し、XRP Ledgerでは代表者(リップル社)が承認作業を行うという違いがあります。

自分に合った取引所でお得にリップル取引をしよう!

リップル_取引所_まとめ

リップル取引では、まず販売所取引所のどちらを選ぶかを決めてから取引所を選ぶとスムーズです。

販売所では手数料が割高にはなりますが、好きなタイミングで、好きな分だけ売買ができるため、初心者には使い勝手が良いといえるでしょう。

また、レバレッジ取引FX取引をメインで行いたい場合は、これに特化した取引所を利用するのがお得です。

取引所にもさまざまな特徴があるので、ぜひ自分に合った取引所を見つけてお得に取引をしていきましょう!

リップル取引所のおさらい
  • 手数料重視なら「取引所形式」の取引所を選ぶべし
  • 初心者の場合は取引所の信頼性やセキュリティ面もチェック
  • レバレッジ取引やFX取引をするなら、特化した取引所がお得
  • 海外取引所であればBINANCEがおすすめ
  • リップルの将来性は大いに期待ができる

Binance(バイナンス)の公式サイトはこちら

Binanceの登録はこちら