やさしい仮想通貨の始め方を解説

Zaif(ザイフ)の登録はこれさえ読めばOK!登録方法&注意点まとめ

zaif-start-thumbnail

※この記事の内容は2018年7月30日時点の情報を基に作成されています

ホリエモンも注目する仮想通貨イーサリアム(ETH)を買ってみたい!
手数料の安いZaif(ザイフ)で仮想通貨を取引したい!でも、どうやって登録するの・・・?

Zaif(ザイフ)は本人確認に時間がかかるって聞くけど本当かな?

 

Zaif(ザイフ)は、イーサリアム(ETH)やネム(NEM)など、人気アルトコインの売買ができる取引所です。

しかし、ネット上でZaif(ザイフ)について調べてみると、口座開設に時間がかかるという口コミが少なくありません。

これは2017年後半〜18年初頭の仮想通貨投資ブームで開設希望者が殺到したことが原因ですが、現在では状況が改善しており、口座開設のスピードは向上しています。

この記事では、Zaif(ザイフ)の口座開設方法を分かりやすく紹介しながら、これからZaif(ザイフ)で口座開設をしたい方の疑問点や注意すべきポイントを解決してきます。

 

10分で読めるこの記事のポイント
  • Zaif(ザイフ)のメリット・デメリットは?
  • 誰でも出来る!Zaif(ザイフ)の登録方法を完全解説
  • Zaif(ザイフ)への登録で注意すべきポイントとは?

Zaif(ザイフ)が扱う仮想通貨やメリット・デメリットとは?

まずは、Zaif(ザイフ)についてあまり知らないという方のために、Zaif(ザイフ)の特徴やメリット・デメリットを紹介しておきます。

すでにZaif(ザイフ)について知っていて、登録方法や登録時の注意点だけ知りたい!という方は→こちらをクリック!

Zaif(ザイフ)の概要

Zaif(ザイフ)は大阪府に本社を置くテックビューロ株式会社によって運営されている仮想通貨取引所です。

取引所サービスが開始されたのは2015年で、国内では比較的早くから仮想通貨事業に参入していました。

【早見表】テックビューロ株式会社(2018年7月30日現在)
設立2014年6月16日
所在地大阪市西区靱本町1-5-18 ミフネ本町ビル10F
資本金1億円
役員朝山貴生(代表取締役)
株主構成(抜粋)朝山貴生
株式会社カイカ
株式会社フィスコ
株式会社マネーパートナーズグループ
日本テクノロジーベンチャーパートナーズCC投資事業組合ほか
備考平成29年9月29日に仮想通貨交換業者として登録

Zaif(ザイフ)で売買できる仮想通貨とは?

Zaif(ザイフ)で売買できる仮想通貨は以下の通りです。

このうちビットコイン・キャッシュ(BCH)以外はすべて「Zaifコイン積立」という積立投資サービスを利用して購入することが出来ます。

【早見表】Zaif(ザイフ)の取扱い仮想通貨
(2018年7月30日現在)
仮想通貨Maker手数料(※)Taker手数料(※)Zaifコイン積立対応
ビットコイン(BTC)0%0%
ネム(XEM)0%0.1%
モナコイン(MONA)0%0.1%
ビットコイン・キャッシュ(BCH)0%0.3%
イーサリアム(ETH)0%0.1% ◯

※Maker取引とは自分で価格を指定して行う取引のことで、Taker取引とは自分で価格を指定せずに行う取引のこと。詳しくはこちら(サイト内の別記事に飛びます)

表を見ると分かる通り、Maker取引のみではありますが、Zaif(ザイフ)ではすべての仮想通貨の取引手数料が無料になっています。

この他にも、Zaif(ザイフ)では11種類のトークンも扱っています。

Zaif(ザイフ)のメリット・デメリット

Zaif(ザイフ)のメリット
  • リスクの低い積立投資ができる
  • すべての仮想通貨の取引手数料が無料(Maker取引のみ)
  • 追証なし、最大25倍のレバレッジ取引

Zaif(ザイフ)の中でも人気のサービスとして、「Zaifコイン積立」という積立サービスがあります。

「Zaifコイン積立」は毎日同じ金額分の仮想通貨を買い付ける投資方法で、価格変動の激しい仮想通貨への投資リスクを減らすことが可能です。

その他にも、すべての仮想通貨の取引手数料が無料である点(Maker取引のみ)や、レバレッジ取引で損失が出た場合でも、追加の証拠金を求められないなどのメリットがあります。

MEMO

レバレッジ取引は手元の資金以上の金額を取引できるハイリスク・ハイリターンな投資手法です。Zaif(ザイフ)では現在、最大25倍のレバレッジ取引ができます。
ただ、仮想通貨業界の業界団体である「日本仮想通貨交換業界(JVCEA)」は2018年7月24日に、仮想通貨取引所のレバレッジ上限を4倍に引き下げる方針を発表したため、将来的には高い倍率のレバレッジ取引は難しくなっていくでしょう。

 

Zaif(ザイフ)のデメリット
  • 専用アプリが使いづらい

 

Zaif(ザイフ)のデメリットは専用アプリが使いづらい点です。

実際に、ネット上の評判も良くありません。

このような評判を受けてか、現行のアプリは2018年10月15日をもって配信が終了することがアナウンスされています。

配信終了後もアプリは使用できますが、現在開発中の新アプリがリリースされた後は、順次機能が使えなくなっていくようです。

【徹底解説】必ずできる!Zaif(ザイフ)の登録方法とは?

Zaif(ザイフ)に登録&口座開設をするには以下のステップで手続きをします。

 

  1. メールアドレスとパスワードを登録
  2. 基本情報の登録(名前や住所など)
  3. 本人確認書類をアップロード
  4. 電話番号を認証
  5. 郵送はがきによる本人確認

 

また、登録時には以下のものが必要になるので、あらかじめ用意しておきましょう。

 

  • メールアドレス
  • スマートフォン(ガラケー不可)
  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  • 銀行口座(住信SBIネット銀行がおすすめ)

 

まずは仮登録!メールアドレスとパスワードを設定しよう!

Zaif(ザイフ)の公式HPのトップにアクセスして、フォームにメールアドレスを入力して送信します。

上の画像のようなメールが送られてくるので、案内にしたがってURLをクリックします。

ここに注意!
  • 登録確認メールが届かない場合は、アドレスに間違いがないか要チェック!
  • 「迷惑メールフォルダ」や「ゴミ箱」に分類されている可能性もあるので登録確認メールが届かない場合は確認しましょう
  • URLは発行から24時間経過すると無効になります

URLをクリックすると、ユーザー登録画面が表示されます。

「利用規約」と「重要事項説明」を確認して、同意のチェックボックスにチェックを入れてください(規約と説明それぞれのページを表示しないとチェックできない仕様になっています)。

設定するパスワードは他のサービスや取引所では使っていない、複雑なものを設定しましょう。

以上で、ユーザー登録は完了です。

基本情報を登録しよう!

登録が完了すると、自動的に基本情報を入力するページが表示されます。

各項目を入力していきましょう。

特に住所は提出する本人確認書類(運転免許証など)の表記と一字一句同じ表記で入力してください。

表記が一致しない場合は本人確認の手続きがやり直しになる可能性があります。

やり直しになる例
  • 入力した基本情報→大阪市西区靱本町1丁目5-18 ミフネ本町ビル10F
  • 本人確認書類の表記→大阪市西区靱本町1-5-18-10F

 

最後に「外国PEPsに該当しますか?」という質問がありますが、これは「いいえ」を選択します。

ここに注意!
  • 本人確認書類と基本情報で入力した番地や建物名の表記が一致しない場合、
    再度書類の提出を求められる可能性があります

【補足】入力を完了する前にログアウトしてしまった場合

もし、途中でログアウトしてしまった場合は、もう一度ログインし直しましょう。

ログイン後、ページ右上の「アカウント」をクリックして、マイページに移動し、上の画像のように「基本情報のご入力」をクリックすると入力画面に戻ることができます。

本人確認書類をアップロードしよう!


出典: https://corp.zaif.jp/beginner/#guide4

提出する本人確認書類を選択して、写真またはスキャンしたデータをアップロードします。

「ファイルを選択」でパソコンまたはスマホ内のデータを選択し、「ファイルをアップロード」をクリックしてください。

繰り返しますが、本人確認書類の記載されている住所は、基本情報で入力したデータと一致している必要があります。

なお、本人確認資料は以下のものが使えます。

利用できる本人確認書類

以下のいずれか1点

 

  • 運転免許証(表面の住所と現住所が異なる場合は裏面もアップロード。要公安印、手書き不可)
  •  在留カード(表面の住所と現住所が異なる場合は裏面もアップロード)
  • マイナンバーカード(通知カードは利用できない)
  • 日本国パスポート・ビザ(住所が記載されている面も必要)

顔写真の無い証明書の場合は以下のいずれかの組合せで2点

  • 官公庁発行の公的証明書1点(健康保険証、住民票など)&公共料金の領収証書1点(電気・ガス・水道料金の領収証書、納税証明書(領収証書))
  • 官公庁発行の公的証明書2点(健康保険証、住民票など)

注意点

  • 公共料金の領収証書は、氏名・住所・発行日が確認できるもの
  • 有効期限のない証書は、発行から3ヶ月以内の証書のみ有効

アップロードが無事に完了したことを確認したら、「本人確認の申請をする」をクリックして本人確認申請を完了させます。

本人確認書類の再提出が必要の場合は、メールではなくマイページ内のメッセージボックスにメッセージが来るので、チェックしておきましょう。

メッセージを見過ごしていて、いつまでも本人確認が完了しないケースがあるようです。

なお、メーセージの確認方法は次の画像の通りです。

ここに注意!
  • 同名ファイルはアップロードに失敗します
  • 画像データが不鮮明だと再提出になる恐れがあります
  • 再提出が必要な場合はメールではなく、メッセージボックスにメッセージが届きます

電話番号を認証しよう!

電話番号を認証するには、マイページの「登録情報/本人確認」から「本人確認」→「電話番号認証」を選択します。

表示されるフォームに電話番号を入力して「送信」をクリックしましょう。

手持ちのスマホにSMS(ショートメッセージ)で、このような6桁の認証コードが届きます。

認証コードの登録画面を表示させます。

スマホに送られてきた認証コードを入力すると、電話番号の登録が完了します。

なお、固定電話しか持っていない、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)制度を利用している最中であるなどの理由で、認証コードを受け取れない方もいるかもしれません。

このような場合は、登録した電話番号の「電話料金の支払証明」をZaif(ザイフ)運営会社に送ることで、電話番号の認証手続きを行うことも可能です。

ここに注意!
  • 迷惑メールのフィルター設定でSMS受信拒否設定がされていると、SMSが届かない可能性があります
  • 電話番号の入力ミスやフィルター設定が問題ないのに、3日以上認証コードが届かない場合は運営会社に問い合わせてください

郵送による本人確認を完了させよう!

本人確認書類の確認が終わると、Zaif(ザイフ)運営会社からこのような本人確認用のはがきが郵送されます。

マイページの「本人確認状況」から「郵送確認」を選択して、コードの入力画面を表示させてください。

内側に記載されている「本人確認コード」を入力して送信すれば、本人確認完了です。

以上で、登録・口座開設の手続きがすべて終了しました。

最後に、セキュリティを向上させるために、2段階認証を設定しておきましょう。

設定することで、アカウントが乗っ取られた場合の不正送金被害を防げる可能性があります。

2段階認証を設定してセキュリティを向上させよう!

Googleが提供している2段階認証アプリ「Google Authenticator」を利用することで、セキュリティを向上させることができます。

スマホにインストールしていない方は、設定の前にインストールしてきましょう(iOS/Android版の両方があります)。

まず、マイページの「登録情報/本人確認」から「セキュリティ」→「2段階認証設定」をクリックして、2段階認証ページ表示させます。

「2段階認証の設定を開始」を押します。

アプリ「Google Authenticator」を起動し、画面右上の「+」マークをタップします。

「バーコードをスキャン」を選択します。

QRコードを読み取ります。

アプリにトークンと呼ばれる6桁の数字が表示されます。

これはワンタイムパスワードで、一定時間経過するごとに数字が切り替わり、切り替わる前の数字は使用できません。

アプリで表示されたトークンが切り替わらないうちに、6桁の数字をフォームに入力して「確認」ボタンを押しましょう。

これで2段階認証の設定は終了です。

バックアップコードの保管

スマホの紛失や故障などによって、「Google Authenticator」アプリが利用できなくなった場合に備えて「バックアップコード」を印刷しておきましょう。

「バックアップコード」は、アカウントを復旧させるために必要なものです。

マイページの「登録情報/本人確認」から「セキュリティ」→「2段階認証設定」へと進み、「バックアップコードの確認と印刷」を選択します。

10個のバックアップコードが表示されるので、印刷して、誰にも見られない安全な場所に保管しておきましょう。

【補足】パスワード管理について

パスワードは推測されにくく、なるべく複雑なものが好ましいです。

とはいえ、取引所に登録するたびに複雑なパスワードを考えるのも手間かもしれません。

そんなときには、以下のようなパスワードを自動生成してくれるツールが役立ちます。

パスワード生成ツール

出典: https://tech-unlimited.com/makepassword.html

文字の種類や文字数を選択して、生成ボタンを押すだけで複雑なパスワードを生成してくれます。

ただ、いくつもの複雑なパスワードを使うようになると、パスワード管理や入力が大変だと感じる方も多いはずです。

そんなときに便利なのが「1Password」というツールです。

1Password

「1Password」はマスターパスワード1つで、各サービスのログインに必要な別々のユーザID(またはメールアドレス)とパスワードを安全に一括管理・自動入力ができるツールです。

強力な暗号化技術が使われているため、高度なセキュリティとなっています。

iOS/Android、MacOS/Windows用のアプリがそれぞれ用意されており、月額400円〜(年額の場合は4,100円〜)で利用可能です。

有料アプリですが、App Storeでは708件のレビューで平均評価4.1が付いており、評価は良いといえるでしょう。

 

仮想通貨も資産の一部です。

取引所の利用時には、これらのツールを用いて安全にパスワードを管理することをおすすめします。

【まとめ】Zaif(ザイフ)の登録&口座開設は難しくない!手順通りに手続きをしよう!

今回紹介した手順で登録を行えば、1週間程度で本人確認のはがきが到着して取引できるようになります。

ただ、書類の不備があると通常より時間がかかってしまうので、本人確認の申請後はZaif(ザイフ)から送られてくるメッセージを定期的にチェックするようにしましょう。

なお、無事に登録と口座開設が完了した後で、Zaif(ザイフ)内の口座に日本円を入金、仮想通貨の取引を行う方法は別の記事で詳しく解説しています。

ブックマークなどに保存し、本人確認のはがきが到着したらチェックしてみてはいかがでしょうか?

【完全版】Zaif(ザイフ)の登録方法や使い方を徹底解説!~ビットコイン初心者もこれで完璧!~