やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨人気ランキング2019!最も人気のある仮想通貨トップ5

人気のある仮想通貨の銘柄が知りたい!

賢い仮想通貨の選び方が知りたい!

仮想通貨と言えば、ビットコインが有名ですよね!

しかし、ビットコイン以外にも「アルトコイン」と呼ばれる通貨が1500種類以上も存在します。

ですので、「仮想通貨投資を始めよう!」と思ってもなかなか自分のニーズに合った銘柄を見つけることはとても難しいです。

そこで今回は2018年に人気がある仮想通貨の銘柄をランキング形式にまとめました。

仮想通貨取引をすでに始めている方も、これから始める方もぜひ今後の参考にしてくださいね!

この記事を読めば人気のある仮想通貨銘柄と仮想通貨を選ぶポイントに関して完全に理解できます!

ざっくり言うと

  • ビットコインを含めて1500種類以上の仮想通貨がある
  • 投資前に必ず予算を決めること
  • 通貨の信頼性も必ずチェックすること
  • 「信頼度が高い」イーサリアムやリップルがオススメ
  • 仮想通貨取引をするなら『GMOコイン』がおすすめ!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

投資する仮想通貨の選び方

あなたはどのようにして仮想通貨の銘柄を決めていますか?

  • 時価総額ランキング上位に入っている銘柄
  • みんなが買っている銘柄
  • 通貨の名称がかっこいい銘柄

上記などの理由で仮想通貨を選択している方はいらっしゃいませんか?

仮想通貨取引を始める上で最も重要なことは取引しようとする銘柄について正しい情報を持つこと、と言っても過言ではありません。

人気のある仮想通貨の銘柄を紹介する前に、まずは賢い仮想通貨の銘柄の選び方についてわかりやすくまとめましたので参考にしてください。

仮想通貨の選び方

  • 通貨の技術性・優位性・信頼性
  • 将来的な実用性・実用に向けた提携状況(企業、政府、金融機関)
  • 購入ハードルの高さ

それでは一つ一つ詳しくみていきましょう。

通貨の技術性・優位性・信頼性をチェック!

アルトコインは、短期間で100倍以上になる可能性も秘めていると言われています。

しかし、中にはプロモーションがうまいだけで、技術が付随していなかったり、詐欺まがいのものも多く存在します。

そのため、長期保有する予定の場合、知名度だけではなく、通貨の技術面や他の通貨と比較した際の優位性、信頼性なども考慮する必要があります。

注意

「スキャム」という詐欺コインが存在します。本当に発行されているのかなど、取り扱いたい通貨に関しては必ず自分自身で情報収集しましょう!

将来的な実用性・実用に向けた提携状況もチェック!

将来的には実用性のある通貨のみが生き残るとも言われています。

そのため、通貨の将来的な実用性を把握して投資することは非常に大切になります。

また、企業や政府、金融機関との提携状況から、実用化に向けた進捗状況を把握することも重要になりますので様々な情報に注目しておきましょう。

例えば、リップル(XRP)は、各国の中央銀行や大手商業銀行、大企業との提携が次々と進んでるため、国際送金での実用化に期待が持てる、と言えますね。

投資する際は必ずこの点に注意して将来性の高い通貨を見抜きましょう。

購入ハードルのチェックも大切!

もうすでにご存知の通り、国内取引所は取扱銘柄が少ないです。

そのため、あなたが投資したい仮想通貨を取り扱っていないケースもあります。

このような場合は海外取引所を利用することになるのですが、海外取引所は日本円入金に対応していないため、少し購入ハードルが高いです。

特に初心者の方は、仮想通貨取引に慣れるまでは国内取引所で取り扱っているコインの購入から始めることをオススメします。

上記3つのポイント以外にも、投資する前に予め「予算」を決めておくことや、あなたの投資スタイルを決めておくことも忘れないでくださいね。

投資の方向性は銘柄選びの重要ポイント!

投資スタイルとは、一般的にハイリスクハイリターンにするか、ローリスクローリターンにするかなどを意味します。予め考えておくとよいでしょう。

2018年!人気のある仮想通貨銘柄

仮想通貨 時価総額ランキング

出典: https://coinmarketcap.com/

時価総額ランキングをもっと詳しくチェックしたい方は、以下のリンクをクリックしてみてくださいね。

https://coinmarketcap.com

2018年人気仮想通貨トップ5

  1. Bitcoin(ビットコイン・BTC)
  2. Ripple(リップル・XRP)
  3. Ethereum(イーサリアム・ETH)
  4. Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ・BCH)
  5. Litecoin(ライトコイン・LTC)

それでは、2018年に人気のある仮想通貨の銘柄(日本の取引所で取り扱っている通貨)をランキング形式で5つ紹介させていただきます!

人気仮想通貨銘柄 第1位「Bitcoin(ビットコイン)」

人気仮想通貨 ビットコイン

通貨名BTC
発行開始日
2009年1月
発行上限枚数2100万BTC
時価総額ランキング1位
取引承認方式PoW

ビットコイン(BTC)は仮想通貨の代表格として知られていますね!

時価総額1位であるビットコインを基盤に他のコイン(アルトコイン)が作られました。

ビットコイン(BTC)は、価格の動きが他のコインに比べて比較的小さく、初心者でも大きく損することなく取引することができると言われています。

大きく儲けたいという場合は、ビットコインFXもおすすめです!

ですが、他のビットコイン以外の通貨(アルトコイン)よりも期待できるリターンは小さくなるためビットコインFXを始める前にきちんと調査しましょう。

また、短期トレードをしたい方はレバレッジをかけてビットコインFXをすることも可能です。

ビットコインは長期保有よりも短期トレードで利益をあげたい人におすすめです。

さらに、ビットコインFXなら売りから先に入れるので相場が下がっても利益を出すことができます。

レバレッジとは?

レバレッジをかけると少ない元手でも大きな金額を動かして取引することができます。例:1万円の元手でレバレッジ25倍をかけると25万円で取引できます。

人気仮想通貨銘柄 第2位「Ripple(リップル)」

人気仮想通貨 リップル

通貨名XRP
発行開始日
2012年9月
発行上限枚数1000億XRP
時価総額ランキング2位
取引承認方式PoC

リップルはビットコインに続いて時価総額2位の仮想通貨です。

送金手数料の安さ、送金の速さで非常に優れた通貨です。

リップルは国際送金や銀行間の送金に使われることを想定した上で作られた通貨です。

実際に、『Ripple Net』に加入している世界各国の銀行は多数あり、その機能に多くの企業が賛同しています。

国際送金はリップルの技術で今後はスピーディーに安全に行われることでしょう。

リップルはボラリティが大きいためアルトコインFXもとても人気です!

2018年初めは「1XRP=400円」まで上がりましたが、今では1XRP=40円を割っています。

リップルは将来的に大きく価格を上げる可能性があるため、今が買い時と言えるでしょう。

人気仮想通貨銘柄 第3位「Ethereum(イーサリアム)」

人気仮想通貨 イーサリアム

通貨名ETH
発行開始日2014年7月
発行上限枚数未定
時価総額ランキング3位
取引承認方式PoW
(近々PoSへ変更予定)

イーサリアムはリップルに次いで時価総額3位の通貨です。

イーサリアムの最大の特徴は何と言ってもその高い技術で、ブロックチェーン上で契約の自動化をする「スマートコントラクト」を搭載しています。

スマートコントラクトが実用化された場合、様々な場面で人材の削減などの効率化を測ることが期待できると言われています。

ただし、この技術の実用化にはまだまだ時間がかかるので長期的な投資がおすすめです。

また、イーサリアムのブロックチェーン上で新たなコインを発行したり、ゲームを作ったりすることも可能です!

イーサリアムのプログラミング言語を習得すれば誰でもこのようなものを開発できるようになるそうですよ。

特に、dappsゲームと呼ばれるブロックチェーン上のゲームは人気が高いとのこと。

このゲームは従来のゲームと全く違い、キャラクターの購入・販売・取引することが可能です。

Cryptokittiesというゲームでは一匹の猫のキャラクターが約1400万円で取引されたこともあるそうです。

前述のスマートコントラクトは数多くの大企業が注目しています。

そのため、多方面で実用化されればそれに伴い価格は上がると予測できるため、人気のある仮想通貨の一つだとされています。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとは契約を自動で実行するプログラムです。例えば、自動販売機がスマートコントラクトの原理を使っています。

人気仮想通貨銘柄 第4位「BCH(ビットコインキャッシュ)

仮想通貨 ビットコインキャッシュ

通貨名BCH
発行開始日2017年8月
発行上限枚数2100万BCH
時価総額ランキング8位
取引承認方式PoS

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂してできた通貨で、基本的にはビットコインと同じスペックを持ちます。

発行枚数もビットコインと同じで、ビットコインのスケーラビリティ問題と呼ばれるものを解決しました。

時価総額トップ5入りも果たしたビットコインキャッシュですが、今は100,000円くらいでと取引しています。

ビットコインキャッシュを使うことで送金が速くなる、ということで「決済」のために使われることが想定されています。

金融商品としての「ビットコイン」、決済としての「ビットコインキャッシュ」という位置付けが確定すれば、ビットコインキャッシュの価格は上がるでしょう。

スケーラビリティ問題とは?

ビットコインの1ブロックあたりの容量が小さいがために送金に時間がかかるなどの問題があったこと。

人気仮想通貨銘柄 第5位「LTC(ライトコイン)

仮想通貨 ライトコイン

通貨名LTC
発行開始日2011年10月
発行上限枚数8400万LTC
時価総額ランキング7位
取引承認方式PoW

ライトコイン(Litecoin)は1000種類以上ある仮想通貨の中でもビットコインに次いで歴史が長く、人気のある仮想通貨です。

ライトコイン(Litecoin)とは、元Google社員のCharlie Lee氏によってビットコインを基に作成された仮想通貨です。

ビットコインとは異なり、私たちの実生活での決済活用を目的としており、LitePay・LitePalといった決済サービスとの連携を促進していることが特徴的です。

ライトコインはよくビットコインと比較されている通貨で、以下がライトコインの特徴です。

  • ブロック(取引データ)の承認時間が早い
  • コンセンサスアルゴリズムにScryptを採用している
  • 通貨発行枚数がビットコインの4倍の8,400万枚
  • 様々な決済サービスとの連携が予定されている

着実な開発が進められているライトコインは、決済サービスの一部として広く普及していくことが想定できるため人気のある通貨の一つだとされています。

仮想通貨ランキング上位のコインを買うなら『GMOコイン』がおすすめ!

仮想通貨 GMOコイン

出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインは、2017年5月末にリリースされたばかりのGMOグループの子会社が運営する仮想通貨交換業者で、使いやすいと人気が高い国内取引所の一つです。

現在GMOコインは以下の5つの仮想通貨を取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

GMOコインは上記で紹介した全ての銘柄を取り扱っていますね!

ビットコインFXでは最大10倍、アルトコイン各銘柄FXでは最大5倍までのレバレッジを利用することができます。

取引手数料は他の取引所に比べるとやや高めですが、取引所のセキュリティや取引自体のリスクに敏感な方はGMOコインがオススメです。

また、GMOコインはリップルを取り扱っている数少ない国内取引所の一つです。

この機会にぜひGMOコインの利用を検討してみてくださいね!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

人気仮想通貨ランキング2018!今人気のある仮想通貨トップ5のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した通貨を購入すれば「必ず」価格が上がるというわけではありませんが、他の銘柄よりも比較的低リスクで人気がある通貨だと言われています。

仮想通貨取引をスタートさせる前に、納得がいくまで取引したい仮想通貨に関して自分で徹底的に調べてから少額から取引を始めましょう!