やさしい仮想通貨の始め方を解説

ベネズエラはペトロ(Petro)をすべての有資格者に配布する準備ができていると公表

ベネズエラは、ペトロ(Petro)と呼ばれる国家が発行する仮想通貨をすべての有資格者に無償で配布します。 先日、ニコラス・マドゥロ大統領は「政府は国内の何百万人もの人々に0.5ペトロ(Petro)を無償で配布する用意ができている」と公式発表しました。

ベネズエラが無償で配布するペトロ(Petro)

ニコラス・マドゥロ大統領が説明したように、ベネズエラはすべての有資格者に0.5ペトロ(Petro)(約束 30ドル相当)を無償で配布します。 0.5ペトロ(Petro)を受け取る人々の多くは、年金受給者、公務員、軍人などです。

ベネズエラは、過去10年間に深刻な経済的、社会的、政治的危機を経験しています。2013年のウゴ・チャベス元大統領の死後はさらに悪化したとも言えるでしょう。ベネズエラのインフレ率は2018年に1,000,000%を超えました。

0.5ペトロ(Petro)を受け取るために、有資格者はペトロ(Petro)アプリと呼ばれるアプリケーションをダウンロードして、アカウントを作成する必要があります。 このアプリにより、ベネズエラ国民はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)の資金を購入してペトロ(Petro)と交換することができます。

ペトロ(Petro)は数年前に政府によってリリースされ、日々の買い物や貯蓄に使用される仮想通貨をユーザーに提供することを目的としています。 政府が国民にペトロ(Petro)を配ろうとするのはこれが初めてではありません。 2018年にニコラス・マドゥロ大統領は、ベネズエラ国営の仮想通貨取引所「Patria Remesa」を通じてトークンを付与することを決定しています。

国が管理する仮想通貨は、ベネズエラの米ドルへの依存を減らし、欧米諸国による経済制裁の悪影響を減らすことを目的としています。

国が仮想通貨を管理することは、一見、仮想通貨が一歩前進しているように思えます。しかしベネズエラは何百万ものベネズエラ国民が貧困に陥るような公共政策や経済政策の影響を今もなお受けています。 ペトロ(Petro)は、ベネズエラが経済不況を避け、経済的に不自由でかつ支配されている人々を救うことはできません。

仮想通貨は、ニコラス・マドゥロ大統領が主導している現在のベネズエラ政府のような組織と戦うために作られました。 仮想通貨ペトロ(Petro)は一時的にであれば国民を救うことができますが、ベネズエラ経済が現在直面している主な問題を解決することはできません。

他の国々も独自の仮想通貨の発行開始を計画しています。 たとえば、スウェーデン中央銀行は、国のデジタル法定通貨として機能する「e-クローナ」を将来的に発行することを検討しています。 ただし、「e-クローナ」を開始する正式な日付や計画はまだ決まっていません。イギリスやウクライナもCBDCの将来的な発行を検討しています。

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら