やさしい仮想通貨の始め方を解説

2500ドル以上下落したビットコイン、長期では楽観優勢。

大きな調整を迎えているビットコイン

ビットコインはここ数日、大きな調整を行なっています。2020年9月4日から、ビットコインは1万ドル付近で取引されています。

Skew.comによると、Binanceだけで過去2日間で3億5000万ドル相当のロングが清算されています。

ビットコインは直近の最高値1万2000ドルから約2000ドル下落しており、数週間前の最高値を2500ドル下回っています。

しかし、アナリストはビットコインの中期的・長期的な見通しについて楽観的な見方を続けています。

ビットコイン価格は跳ね上がる可能性が高い

ビットコインは、4つのテクニカルな理由により、跳ね返る可能性が高くなっています。

ビットコインは、4時間の強気ダイバージェンスを形成しています。一連のアルトコインにも強気のダイバージェンスが発生しています。

ビットコインドミナンスは、重要なレジスタンスレベルに達しています。現在の価格では跳ね返りが持続しないとしても、アナリストによれば、ビットコインの長期的な見通しは楽観的なままです。

トレーダーのHornHairsは以下のチャートを共有していますが、これはビットコインが強気のトレンドが維持されていることを示す兆候のようです。

ビットコインは2020年3月19日以来の最低値に達しました。今回は、月足チャートの全行程で強気ブレイクが確認されました。

ビットコインのファンダメンタルズも強気を維持しており、この資産には上昇の余地があることを示唆しています。Real VisionのCEOであるラウル・パルは次のようにコメントしています。

簡単に言えば、パウエルはデフレに対する許容度がゼロであることを示しているので、デフレを止めるためには何でもするでしょう。パウエルはインフレを望んでいます。私は、パウエルが真の需要を押し出してインフレになるとは思わないが、他の中央銀行と一緒に、同じ使命を持っている他の中央銀行と一緒に、不換紙幣の切り下げをすると思います。

ビットコインは短期的にはさらに弱気になるかもしれませんが、ほとんどのアナリストはビットコインの長期的なトレンドについて楽観的な見方を続けています。

原文URL: https://bitcoinist.com/after-2000-drop-bitcoin-could-undergo-a-strong-bounce-for-these-4-reasons/

今なら50XRPもらえる。SBI VCトレード(VC TRADE)が優秀と話題に。(ゼロはじPR)

SBI_VCトレード(VC_TRADE)のココがスゴい!
  • 今なら50XRP(1,024円相当※1)が無料口座開設でもらえる!
  • 超大手企業「SBIグループ」の傘下にある取引所なので安心。
  • SBIの「北尾社長」はRipple社の取締役。仮想通貨にとっても精通!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料。コストがかからない!
  • 洗練されたスマホアプリが使いやすく、初心者の取引デビューに最適!
株やFXなどを扱うあの「SBI証券」を手がけるSBIグループが、遂に仮想通貨事業を開始!

SBIグループが運営する仮想通貨取引所「SBI VCトレード(VC TRADE)」では、3つの超厳選された通貨を取り扱い中。

もともとSBIグループは金融業を展開しており、セキュリティノウハウは抜群。その安心度が人気を呼び、今ますます注目が集まっています!

さらにキャンペーン中の今新規登録を行うと、無料口座開設で「50XRPプレゼント」を受けることができます!

無料口座開設をするだけで、通貨(お金)である「リップル(XRP)」をもらえる、とってもお得なキャンペーンです!

>>>SBI VCトレードの公式サイトはこちら<<<


SBI VCトレードの公式サイトはこちら


※1 2020/07/10 14:13 現在のGMOコインにおけるXRPの価格に基づく。

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら