やさしい仮想通貨の始め方を解説

中国人民銀行、デジタル通貨の小口取引テスト実施

中国デジタル通貨の小口取引実験が進行中

中国の中央銀行が地震のデジタル通貨(CBDC)で大口取引の実験を行っているとの報道がありましたが、最近は小規模な小口取引の試験が進行中であることを確認しました。

さらに、中国南部の広東省深セン市の住宅取引では、地元の不動産を売却した後に銀行から大量のデジタル通貨を受け取ったとする一部の市民がいたことから、デジタル通貨の使用を許可したという噂が浮上しました。

しかし、現地の報道によると、中央銀行は現在、小口の小売取引のみでデジタル通貨のテストしているとのことです。

人民大学人工知能学院のワン・ペン助教授は次のようにコメントしています。

現在の段階では、デジタル通貨の運用が円滑かつ安全に行われることを確認し、デジタル通貨が中央銀行から金融機関にどのように分配されるかを試すことである。

小売業での実証実験が成功して初めて、大規模な取引シナリオでの実証実験が行われることになる。

デジタル通貨のパイロットテストは、深セン、蘇州(中国東部の江蘇省)、成都(中国南西部の四川省の首都)、河北省の匈奴新区で実際に進行しています。

深センの子会社は最近特に活発に活動しています。ブロックチェーン開発と研究エンジニアの複数の求人を出した後、現地の研究ユニットは新たに数名のチームメンバーを採用しました。

中国のブロックチェーンは発展を続ける

ブロックチェーン開発を容易にし、コストを下げることを目的とした中国のブロックチェーンベース・サービスネットワーク(BSN)も最近活発になってきました。

Chainlink(LINK)を統合し、NEOと提携した後、Red Date Technologyのイーファン・へは最近、BSNのメリットを説明しました。

彼は分散型台帳の利点を強調していますが、BSNは「誰もが安く利用できる」としています。彼は、BSNの主なアイデアは “巨大な相互運用性環境 “として成長することだと付け加えました。

さらに、来年からはテザーのようなステーブルコインをプラットフォームに組み込むことができることを示唆しました。

原文URL: https://cryptopotato.com/peoples-bank-of-china-cbdc-tested-on-small-retail-transactions/

今なら50XRPもらえる。SBI VCトレード(VC TRADE)が優秀と話題に。(ゼロはじPR)

SBI_VCトレード(VC_TRADE)のココがスゴい!
  • 今なら50XRP(1,024円相当※1)が無料口座開設でもらえる!
  • 超大手企業「SBIグループ」の傘下にある取引所なので安心。
  • SBIの「北尾社長」はRipple社の取締役。仮想通貨にとっても精通!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料。コストがかからない!
  • 洗練されたスマホアプリが使いやすく、初心者の取引デビューに最適!
株やFXなどを扱うあの「SBI証券」を手がけるSBIグループが、遂に仮想通貨事業を開始!

SBIグループが運営する仮想通貨取引所「SBI VCトレード(VC TRADE)」では、3つの超厳選された通貨を取り扱い中。

もともとSBIグループは金融業を展開しており、セキュリティノウハウは抜群。その安心度が人気を呼び、今ますます注目が集まっています!

さらにキャンペーン中の今新規登録を行うと、無料口座開設で「50XRPプレゼント」を受けることができます!

無料口座開設をするだけで、通貨(お金)である「リップル(XRP)」をもらえる、とってもお得なキャンペーンです!

>>>SBI VCトレードの公式サイトはこちら<<<


SBI VCトレードの公式サイトはこちら


※1 2020/07/10 14:13 現在のGMOコインにおけるXRPの価格に基づく。

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら