やさしい仮想通貨の始め方を解説

偽造金塊83トン:中国の大規模な偽造スキャンダルで揺れるゴールド相場

あとを絶たない偽造ゴールド

マンハッタンでは偽造品の金の延べ棒が定期的に発見されています。金メッキされたタングステンや場合によっては銅が入っていました。

過去10年の間に、中国は銀行融資の担保に使用される様々な工業用金属の世界最大の偽造大国として台頭し、「幽霊担保」として知られていました。

最近、中国で最大の金の偽造スキャンダルが浮上しました。そして、それは中国が関与しているだけでなく、中国についてのスキャンダルの代名詞となっている都市から出てきたのです。武漢です。

前置きとして、ここでは、その名の通り武漢で設立・運営され、ウェブサイト上では「黄金の未来とともにある会社」と表現されている「武漢金剛宝石株式会社」を紹介します。

中国の経済メディアCaixinの暴露記事によると、十数社の中国の金融機関、主に信託会社(影の銀行)が過去 5 年間に 200 億元(28 億ドル)を武漢金剛宝石に純金を担保に融資し、損失をカバーする保険契約を結んでいました。

ただ一つだけ問題がありました。それは、「金」が金メッキされた銅であることが判明したのです。

同社の株式はニューヨークのナスダック証券取引所に上場されています(現在の時価総額はわずか1000万ドルですが、2010年頃にナスダックに上場した時の史上最高値からは程遠いものです)。

驚くべき偽造の規模

融資の担保に使われた83トンの金塊のうち、少なくとも一部は金メッキされた銅以外の何物でもないことが判明した。そして、貸付金は州の保険業者によって出された財産保険の方針の300億元によってカバーされています。

2019年後半、武漢金剛宝石はいくつかの信託商品の投資家への返済に失敗しました。調査を開始した東莞信託は、光り輝く金の延べ棒が実際には金メッキされた銅合金であることを発見したのです。

東莞信託の他に、他の3社の金地金債権者も、担保に入れた金地金を検査した結果、偽物であることが判明しました。

160億元の融資を裏付けに、6月時点で金剛が債権者の金庫に保管しているとされる83トンの純金は、2019年時点で中国の年間金生産量の22%、国家金準備率の4.2%に相当することになります。つまり、中国の公式金準備の4%以上が偽物である可能性があるということです。

このような詐欺が続く以上、ゴールドの価値を100%信じるのは難しくなります。

原文URL: https://www.zerohedge.com/markets/83-tons-fake-gold-bars-gold-market-rocked-massive-china-counterfeiting-scandal

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら