やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコインは39万7000ドルに上昇する?!あるレポートが予想

ある最新のレポートで、ビットコインが39万7000ドルまで上昇する可能性があるという驚きの報告がなされました。

リヒテンシュタインに本拠を置くCrypto Research Reportからの最新の分析によると、ビットコインの通貨としての使用は、長期的にはイーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどのアルトコインよりも優れたものになると想定しています。

当社のアナリストは、ビットコインはその採用曲線のごく初期の段階にある可能性が高く、今後10年間で大きな上昇の可能性があると述べています。

同社の分析では、市場へのビットコインの浸透度を控えめに想定しているとしています。つまり、ビットコインは、価値の保存、送金、オフショア預金、ゲーム、オンライン・ギャンブル、銀行口座を持たない金融サービス、融資、マイクロペイメント、暗号通貨取引などを含む、ターゲットとなりうる市場全体の10%に浸透するとしています。

暗号資産の対象となる市場は、約212兆ドルです。最大のユースケースは、126兆ドルの価値を持つ全世界の不換通貨を含む交換媒体と、42兆ドルの世界的価値を持つ消費者ローンです。

今後10年間でビットコインがこの市場の10%に浸透した場合、2030年にはビットコイン1枚あたりの価値は39万7000ドルになると思われます。

このレポートでは、ビットコインの取引速度、プライバシーコインの状況、テザーがビットコインの価格に与える影響についても分析しています。

アルトコイン市場について、同社のアナリストは、今後10年間の主要な4つの暗号資産の潜在的な価格を調べ、イーサリアムが2030年までに3644ドルに達する可能性があると予測しています。このレポートでは、ライトコインが2252ドル、ビットコインキャッシュが1万3016ドル、ステラが7.81ドルを目標としていることが示されています。

原文URL: https://dailyhodl.com/2020/06/27/sweeping-crypto-report-predicts-bitcoin-btc-rise-to-397000-heres-how-long-it-could-take/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら