やさしい仮想通貨の始め方を解説

アルトコインバブル間近?ビットコインドミナンスのトレンドが示唆

アルトコインのプチバブルが間近?

ビットコインは、過去数ヶ月間、相場をコントロールしてきました。その一方、アルトコインはその一部を除き、独立した値動きはあまり見られませんでした。

ビットコイン以外のアルトコインは、2020年2月中旬にある程度の独立した勢いを得始めましたが、これはビットコインドミナンス(全暗号通貨市場の時価総額におけるビットコイン時価総額の割合)が60%の年間最低値を記録した時に起こりました。

しかし、この時点から、新興市場への売り圧力が高まり、投資家はビットコインの流動性による安心感を求めてアルトコインから逃げ出しました。

その後、ビットコインドミナンスは大幅に上昇しました。

しかし、あるアナリストは、このトレンドはすぐにシフトする可能性があると考えており、ビットコインドミナンスが57%まで低下する可能性があると考えています。ちなみに、本稿執筆時点では、ビットコインドミナンスは約65%となっています。

つまり、ビットコインドミナンスが低下するぶん、その資金がアルトコイン流入するということです。

ビットコインドミナンスは、投資家にとってトレンドを考える上での重要な洞察を提供しています。

アナリストのCredible Cryptoは、投資家の恐怖心が薄れ、ビットコインドミナンスが5~8%低下したことで、ビットコインからアルトコインへの資金流入が増えると考えています。

約2ヶ月後には、ビットコインドミナンスが57~60%に低下していくと考えています。それが何を意味するかわかりますね?

アルトコインに慎重な意見も

別のアナリストのPentoshiは、ビットコインドミナンスが880日以上も続いているトレンドラインに導かれて上昇しているため、この下落はすぐには来ないかもしれないと指摘しています。

彼は、このトレンドラインがしっかりと破られるまではアルトコインに慎重であると説明しています。

今週はアルトコインに特に慎重になります。ほとんどが非常に強気に見えますが、我々はまだ882日線のトレンドラインに乗っています。来週はビットコインがより不安定になると思うので、アルトにはより慎重にならなければなりません。

ビットコインドミナンスが低下し、アルトコインが独立した勢いを増すかどうかは、この1本のトレンドラインに大きく左右される可能性があります。

原文URL: https://bitcoinist.com/analysts-bitcoins-dominance-to-soon-collapse-sparking-major-altcoin-rally/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら