やさしい仮想通貨の始め方を解説

韓国、デジタルウォン発行に向けて委員会を立ち上げる

韓国がデジタル通貨発行へ

中国のデジタル人民元が実用化に向けて進展していることから、韓国もデジタル通貨の立ち上げに向けた取り組みが加速しています。

先月、韓国はブロックチェーンとデジタル通貨分野における中国の影響力を「懸念」していることを認め、デジタル通貨に何億ドルもの資金を投入して研究することを発表しました。

韓国の中央銀行である韓国銀行(BOK)は今週、デジタル通貨の研究と規制の枠組み作りに対応するための法的なパネルを立ち上げました。

委員会は、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)発行の様々なハードルを探るとともに、デジタル通貨と不換通貨の2つの通貨システムを効果的に並行して運用できるようにするための規制を作りたいと考えています。

金融・IT分野から厳選された6人の韓国の専門家が委員会を構成しており、商法の教授やフィンテック分野の弁護士などが参加しています。

デジタル通貨は「重要」

この委員会は、韓国のデジタル通貨を開発するためのBOKの22ヶ月間の計画の一環です。

この計画は政府の審査を通過し、BOKが世界のデジタル資産の動向を追跡し、他の中央銀行のデジタル通貨発行を分析するためのデジタル通貨チームを立ち上げてから1ヶ月後の2020年3月に開始しました。

今年初め、韓国のイ・ジュヨル総裁は、CBDCの研究開発を加速させるべきだと述べ、「デジタル・イノベーションは重要な課題だ」とし、民間金融機関と中央銀行の双方が「非接触型(デジタル)決済の台頭の中で受け入れるべきだ」と付け加えました。

世界の国々は、中国のデジタル元の大幅な取り組みの後、デジタル通貨の研究に積み上げているようです。 米国、日本、インドはCBDCへの支持を表明しているか、すでに研究パイロットを開始しています。

中国は2022年の北京冬季五輪を前にデジタル通貨の開発を進めています。 この取り組みが完成して開始されれば、世界で初めて広く利用されたCBDCとなり、より広範な金融セクターのパラダイムシフトを示すことになります。

原文URL: https://cryptopotato.com/gemini-and-bitwage-combine-to-launch-bitcoin-401k/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら