やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコインを7年間買い集めていた投資家がフィッシング詐欺ですべてを失う。その手口とは?

ハードウェアウォレットに潜む危険

The Protocol Podcastのホスト、エリック・サヴィックスは、ハードウェアウォレットアプリの悪質なバージョンを使用したため、フィッシング詐欺によりビットコインを失いました。

2020年6月13日に投稿されたツイートの中で、サヴィックスは、Google Chromeストアから偽のKeepKeyビットコインウォレットプラグインをダウンロードした際に、7年間分のBTC貯金を失ったことを明らかにしました。

サヴィックスは、アプリに促されてリカバリーフレーズを入力しましたが、それが暗号通貨のフィッシング詐欺であることに気づかずに、リカバリーフレーズを入力してしまいました。リカバリーフレーズは、ウォレット内の資金のロックを解除するマスターキーとして機能します。サヴィックスによると、サイバー窃盗者はすぐに彼の残高を盗み逃げたといいます。

サヴィックスは後に、ダウンロードしたものが偽のアプリであることを示すものに気づきましたが、時すでに遅しでした。

ソフトウェアが正規のものかどうか十分な警戒を

KeepKeyウォレットを運営する暗号通貨取引所ShapeShiftのCEOであるエリック・ブーヒーズは、サヴィックスを気の毒に思うと同時に、他の人にもビットコインを守るためにもっと警戒するよう促しています。

サヴィックスはツイッターで嘆願を発表しました。

6月10日、私はハードウェアウォレットのフィッシング詐欺でビットコインを全て盗まれてしまいました。7年かけて築いてきたポジションです。このビットコインでアパートを買おうと思っていたのに…

ShapeShiftは以前、ChromeストアのKeepKeyアプリの詐欺行為に警告を発し、ユーザーに、取引所が12ワードのシードフレーズの入力を求めることはないと伝えました。

KeepKeyには2つの公式ソフトウェアクライアントのいずれかを使用することが不可欠です。ShapeShift PlatformまたはKeepKey Chrome Clientのいずれかを使用する必要があります。
原文URL: https://dailyhodl.com/2020/06/14/seven-years-of-bitcoin-savings-wiped-out-when-investor-falls-for-phishing-scam/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら