やさしい仮想通貨の始め方を解説

米国初のプリペイド式マスターカードでビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、XRPが使用可能に

 

BitPayは、米国の顧客が換金手数料なしで即時に自分の暗号通貨を法定通貨に換金できるプリペイド式マスターカードを発売しました。これは、米国の暗号通貨ユーザー向けの初のマスターカードのプリペイドカードです。

米国アトランタを拠点とするビットコイン決済サービスプロバイダーのBitPayカードは、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ステーブルUSDコイン(USDC)、ジェミニドル(GUSD)、パクソススタンダード(PAX)、バイナンスUSD(BUSD)をサポートしています。

カード会員は、BitPayモバイルアプリを使用して暗号通貨を購入することができます。BitPayのCEOであるスティーブン・ペアは次のように話しています。

BitPayカードは、消費者に新たなメリットと機能を提供し、ビットコインやその他の暗号通貨をリスクなしで法定通貨に変換することができます。

このカードは、マスターカードが利用できる場所であればどこでも決済に使用することができます。ユーザーは、このカードを使ってATMから現金を引き出すこともできます。また、モバイルアプリでは、ユーザーはカードの更新、取引履歴の閲覧、カード設定の管理ができます。

BitPayの主なサービスは、企業や個人がオンラインで簡単に暗号通貨での決済を受け付けることと、暗号資産を保管する方法を提供することです。

原文URL: https://dailyhodl.com/2020/06/13/bitpay-launches-crypto-to-fiat-prepaid-mastercard-in-the-us-to-boost-real-world-use-of-digital-assets/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら