やさしい仮想通貨の始め方を解説

取引所トークンよりも5倍以上のリターンを生み出している注目のトークンたち、今後の成長に大きな期待

取引所トークンを上回るパフォーマンスのDEXトークン

ここのところ、DEXトークンが投資家の注目を集めています。

Messari新しいレポートによると、中央集権型取引所にの取引所トークンの平均利益が約40%であるのに対し、Kyber NetworkBancorなどの分散型取引所(DEX)のトークンは、2020年に平均で240%以上の上昇を見せていることが報告されています。

この上昇は、中央集権型の取引所がユーザーと取引量でかなりのリードを占めているにもかかわらず、分散型の代替取引所を支持している人々に大きなメリットがあり、大きな成長の可能性があることを示しています

Messariのレポートでは、DEXトークンの価格上昇は、取引量の増加と、主要分散取引所のアップグレードが引き金になっていると説明されています。

1inchのようなDEXアグリゲータは、可能な限り低価格を実現するために複数の分散型取引所でのトークンスワップを分散させることで、DEXの総取引量を500万ドル以下から2500万ドル近くまで押し上げるのに貢献してきました。

さらに、DEXの取引量は、全取引所で行われている取引のシェアを0.25%から0.5%へと倍増しています。

市場シェアが2倍になったことは大きなことですが、分散型取引所がBinanceやHuobiのような人気のある中央集権型取引所のように普及するのはまだ先のことのようです。

まだ成長が見込めるDEXトークン

ただし、Messariのレポートでは、DEXトークンが投資家に価値のあるリターンをもたらすためには、中央集権的な競争相手と同じ土俵で競う必要はないと指摘しています。

分散型取引所の最大の利点は、その手数料分配モデルのプログラム性にあります。これとは対照的に、中央集権型取引所には、トークンのバーンプログラム(供給量を減らして価格を上げる)がありますが、これは取引所の運営がいつでも変更することができます。

取引所は流動性の提供者やマーケットメーカーの収益の可能性を高めるために、新機能の追加やアップデートを行います。現在、中央集権型の取引所は、これらのユーザーに最高の収益機会を提供していますが、レポートでは、0xUniswapのようなプロトコルへのアップグレードが、これらの専門的な市場参加者や取引量を引き寄せるための潜在的なプラットフォームになると見ています。

DEXの取引量はまだ比較的少ないため、持続的な取引量の増加はトークン自体の価値を新たな高みへと押し上げ、トークン保有者の収益が大きくなる可能性があります。

免責事項
ここで表明した見解や見解は、あくまでも情報提供を目的としたものであり、金融、投資、またはその他の助言を構成するものではありません。

原文URL: https://decrypt.co/31925/tokens-5x-greater-returns-than-exchange-coins

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら