やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコイン取引のトレーダーは大半がロングに集中。これが意味するのは?

トレーダーのほとんどがロングポジションを保持

ビットコインはここ1週間、大きな動きがありません。10000ドルのレジスタンスがあり、上値を切り上げることができませんでした。

アナリストは、いくつかの大きな要因により、ビットコインはさらに弱くなると考えています。そのような要因の一つは、ほとんどの取引所で資金調達がプラスになっていることです。これは、ロングポジションを持つにはコストがかかることを意味しています

さらに、先週の10000ドルを瞬間的に超えたときに大量のロングポジションを捕捉しており、これは今後数週間で起こる急激な下降の燃料をショーターに与える可能性があります。

しかし、オプショントレーダーはこれらの要因をあまり気にしていないようで、データによると、CMEのオプション建玉のほとんどがコール(ロング)で占められており、投資家は上値を期待していることがわかります。

CMEビットコインのオプショントレーダーはビットコインの底固めを信じている?

ビットコインは、ここ数週間で強固な底固めをしたようにも見えます。

ビットコインは現在、9700ドル付近をうろついており、9400ドルから9900ドルの間の取引レンジの中央に位置しています。

留意すべき興味深い点は、プロのトレーダー、機関投資家、CMEでオプション取引を行っているレバレッジ・ファンドのすべてが、ビットコインのさらなる上昇を想定しているということです。

Three Arrows CapitalのCEOであるスー・ジューは、最近のツイートでこの傾向について「CME BTCオプションのオープンインタレストはほぼコール(ロング)に集中している」と述べています。

 

これらの要因は、オプション取引のトレーダーが間違った情報を持っている可能性があることを示唆しています。
CMEのオプショントレーダーは、ビットコインの短期的な見通しについて勘違いをしている可能性があるのです。

ビットコインのプラスの資金調達と大量のロングポジションは、上昇が厳しいことを示す兆候です

過去数ヶ月間にビットコインが10000ドル台で示した否定によって形成されたトリプルトップにより、短期的にはビットコインが下落に導かれる可能性があります。

原文URL: https://bitcoinist.com/options-traders-are-nearly-all-long-on-bitcoin-what-this-means-for-btc/

今なら50XRPもらえる。SBI VCトレード(VC TRADE)が優秀と話題に。(ゼロはじPR)

SBI_VCトレード(VC_TRADE)のココがスゴい!
  • 今なら50XRP(1,024円相当※1)が無料口座開設でもらえる!
  • 超大手企業「SBIグループ」の傘下にある取引所なので安心。
  • SBIの「北尾社長」はRipple社の取締役。仮想通貨にとっても精通!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料。コストがかからない!
  • 洗練されたスマホアプリが使いやすく、初心者の取引デビューに最適!
株やFXなどを扱うあの「SBI証券」を手がけるSBIグループが、遂に仮想通貨事業を開始!

SBIグループが運営する仮想通貨取引所「SBI VCトレード(VC TRADE)」では、3つの超厳選された通貨を取り扱い中。

もともとSBIグループは金融業を展開しており、セキュリティノウハウは抜群。その安心度が人気を呼び、今ますます注目が集まっています!

さらにキャンペーン中の今新規登録を行うと、無料口座開設で「50XRPプレゼント」を受けることができます!

無料口座開設をするだけで、通貨(お金)である「リップル(XRP)」をもらえる、とってもお得なキャンペーンです!

>>>SBI VCトレードの公式サイトはこちら<<<


SBI VCトレードの公式サイトはこちら


※1 2020/07/10 14:13 現在のGMOコインにおけるXRPの価格に基づく。

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら