やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコインが下落トレンド突入のサインか?その理由は

ロング不利に傾いたビットコイン相場

ビットコインは5月28日の高値9700ドルをつけたあと、9300ドル台の安値まで下落しました。この値動きは、9000ドル圏内での買い手と売り手の両方が行き詰まりに達しているように見えます。

ビットコインは現在、重要なサポートレベルのすぐ上をうろついており、近い将来、さらに上昇する可能性があると考えている人もいます。

それにもかかわらず、最近の9700ドルでの否定は、資金調達がロングの受け取りに反転したタイミングと一致しています。

これは、ロングポジションを持つのはコストがかかることを意味し、売り手(ショーター)が買い手(ロンガー)よりも優位に立っていることを示唆しています。

現在、ビットコインは直近の最安値からわずかにリバウンドし9445ドル付近で取引されています。

このサポートは強く保たれていますが、急激なリバウンドを促すには十分ではありません。もしビットコインが上昇の勢いを得るのに苦戦していると、すぐにこのサポートを再テストする可能性があります。

しかし、アナリストのEthereum Jackは、このサポートはビットコインを10000ドル以上に導く可能性が十分にあると考えています。

彼は、「BTCは9250ドルから9350ドルをもう一回試して、6月に上昇をすると思います」と話し、ビットコインが最近示した値動きのパターンは、まだ蓄積フェーズのように見え、安値への再テストは、ビットコインをより高値に押し上げる可能性があると説明しています。

下落トレンドに突入か

現在、ビットコインがどれだけテクニカル的に強いように見えても、資金調達が急増しているために、ビットコイン価格の方向性はまだわかりません。

証拠金調達率の急上昇は、ビットコインが9700ドルで否定されたのと同じタイミングで起こりました

別のアナリスト、Mohit Soroutは、ビットコインが過去数週間を通して示しているパターンを指摘し、2つの傾向を表すチャートを投稿しました。

上のチャートで示された価格パターンが反復する場合、ビットコインはすぐにまた下落トレンドに転換する可能性があります

原文URL: https://bitcoinist.com/bitcoins-funding-is-flashing-a-warning-sign-after-rejection-at-key-resistance/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら