やさしい仮想通貨の始め方を解説

ナカモト・サトシが動いた?!100万枚のビットコインが売り圧になればビットコイン大暴落は必至

ビットコイン発明者のサトシ・ナカモトが動いた?

2020年5月20日。2009年1月にビットコインが誕生してから1ヶ月後に作成されたビットコインアドレスから50ビットコインが移動されました

このビットコインの出金は、ビットコイン発明者のサトシ・ナカモトによって行われたのではないか、という憶測が広がりました。

ビットコインの誕生直後にビットコイン開発に取り組んでいた人物は限られています。その一人であり、2009年から2010年にかけて約100万枚のビットコインを所有していたと推測されているサトシ・ナカモトが、このアドレスの保有者の可能性が高いと思われました。

もしもこのトランザクションがサトシによるものであった場合、休眠していた100万枚のビットコインが潜在的な売り圧になることを意味し、ビットコインの大暴落は免れません

ビットコインの取引はサトシのウォレットからではなかった?

しかし、著名なプログラマーは、ブロックチェーンのデータから、この取引がサトシからのものではないことを明確に示していることを述べました。

著名なプログラマーのジミー・ソングは、今回のトランザクションがサトシ自身によってなされた可能性が非常に低い理由を発表しました

ソングの主張は、ブロックチェーン情報から導き出される「エクストラ・ノンス」と呼ばれるマイニングの機能に由来しています。

いわゆるパトシパターンは、初期の数ヶ月間におけるビットコインのマイニングの状況を大まかに示してくれます。基本的に、このパターンは、単一のエンティティ(一部ではサトシと信じられている)が残した「ノンス」(つまり、採掘者が新しいビットコインブロックと古いブロックを接続するために推測する暗号化ハッシュ)に注目しています。

パトシのブロックは、他の採掘者のブロックとは異なるノンスパターンを持っています。そして、キャッスルアイランド・ベンチャーズのパートナーであるニック・カーターもツイッターで指摘しているように、先ほど使われたビットコインは、パトシパターンに属するものとは異なるブロックから来ています。

前述のトランザクションで送られたコインには、サトシの隠し場所に関連した余分なノンスのマークが付いていないので、ビットコインの作成者が別のマイニングインスタンスを実行していない限り、サトシである可能性は非常に低いとのことです。

カーター氏は、この時点でネットワーク上には「おそらく数十人の」他の採掘者がいたと付け加えましたが、もちろん確実に知ることは不可能です。

すべての話を統合すると、これは以前(最も最近では、2017年8月)にも起こっており、古いビットコインを動かしたからといって、自動的にそれがサトシのものであることを意味するわけではありません。

パトシパターンはサトシらのものと思われる100万ビットコインに付いています。サトシが本当に財産を使いたいと思っていたら、50ビットコイン以上のビットコインを動かしているはずでしょう。

原文URL: https://bitcoinist.com/why-highly-unlikely-50-bitcoin-transaction-2009-address-is-satoshi/

https://decrypt.co/29575/satoshi-nakamoto-didnt-just-move-bitcoin

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら