やさしい仮想通貨の始め方を解説

BitMEXの終焉が近づいている理由

 

BitMEXで相次ぐトラブルトラブル

2020年5月19日、BitMEXは、予定外のメンテナンスのためにサービスを強制的に停止した後、さらに別のトラブルが起きていたことがわかりました

ここ数ヶ月の間に、競合する取引所の台頭により、BitMEXは市場シェアの半分近くを失いました

BitMEXの取引エンジンに過剰な負荷がかかり、予定外のメンテナンスのためにサービスが停止することが続くため、トレーダーが他のプラットフォームに移動しています。

すべての取引所がメンテナンスのためにダウンしますが、ほとんどの取引所は事前にその予定を発表しています。予定外のダウンだとトレーダーが自分のポジションを変更することはできないため、顧客に大きな不便を強いることになります。1日に何十億ドルもの取引量を処理するBitMEXのような取引所では、この問題は特に顕著です。

3月のBitMEXでのフラッシュクラッシュの後、多くのトレーダーがこの取引所を離れ、BitMEXが保有しているビットコインが25%以上も減少しました

とはいえ、BitMEXはビットコインの無期限契約を取引するための最も流動性の高い取引所であることに変わりはありません。

訴訟を受けているBitMEX

BitMEXの不具合に加えて、BitMEXを恐喝と市場操作で告発した訴訟がメディアを賑わせています。同取引所の親会社であるHDR Globalに対して訴訟を起こした会社は、以前にもRippleとFTXに対しても訴訟を起こしています。

BitMEXが訴訟に直面しているのは、恐喝、マネーロンダリング、電信詐欺の可能性、無免許の送金事業を運営していることなどが理由です。

法的および技術的な障害による苦境のため、BitMEXがビットコインデリバティブ取引所のトップの座を明け渡す日だけでなく、その終焉も近いかもしれません

原文URL: https://cryptobriefing.com/bitmex-trade-engine-crashes-one-day-after-lawsuit/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら