やさしい仮想通貨の始め方を解説

BitMEX、マネーロンダリング疑惑などで訴えられる

BitMEXが米国で訴えられる

カリフォルニア州北部地区サンフランシスコ支部の米国連邦地方裁判所に提出された訴状によると、原告のBMA LLCがBitMEXを訴えています。BitMEXは、マネーロンダリング、ワイヤー詐欺、民事共謀などの違法行為の疑いをかけられています。

この訴訟では、BitMEXの共同設立者であるアーサー・ヘイズとサミュエル・リードも被告として挙げられています。

BMAは、BitMEXが米国の規制当局からライセンスを受けていないにもかかわらず、米国市民にサービスを提供していることを告発しています。BitMEXが提供する高いレバレッジ暗号通貨デリバティブ取引商品は、米国のトレーダーにリスクをもたらしているというわけです。

訴状には、BitMEXが「意図的なサーバーのフリーズを武器にし、詐欺的な「システムの過負荷」イベントを使用して、いくつかの取引注文を受け入れ、不自然な価格変動を引き起こし、最も多くの清算を引き起こすために大多数の取引所の価格を参照しないことがある」と告発しています。

トラブルが絶えないBitMEX

BMAの訴訟は、以前BeInCryptoで報告されたように、原告のCapone Trustが提出した同様の訴状に続いています。両者とも、それぞれの訴訟を陪審員裁判に進めることを求めています。

裁判とは別に、BitMEXは金融規制当局からの精査にも直面しており、イギリスの金融行動庁(FCA)は、プラットフォームがライセンスを持たずに地域で運営されていたと指摘しています。

2019年には、同プラットフォームは米商品先物取引委員会(CFTC)による調査の対象にもなっています。

ちなみに、BitMEXは3月以降、ビットコインの保有高を大幅に減少させています。

原文URL: https://beincrypto.com/crypto-exchange-bitmex-sued-in-us-over-alleged-money-laundering/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら