やさしい仮想通貨の始め方を解説

CoinbaseのCEO、カリフォルニア州の新法案が暗号資産にとって追い風になると発言

Coinbase CEOのブライアン・アームストロング

CoinbaseのCEOであるブライアン・アームストロングは、カリフォルニア州の議員が検討している新しい法案が、デジタル資産と金融の今後に大きく影響を与えるだろうと語りました。

この法案は、州法上の証券の定義を変更し、特定の暗号通貨を免除しようとしています

米国の法律家や規制当局は、特定の資産が投資契約に該当するかどうかを判断するために使用される連邦政府の指標であるHowey Testの文脈で、どのデジタル通貨が有価証券に該当するかを明確にするのに四苦八苦してきました。

同法案によると、利益が第三者の運用努力に依存していない資産は、有価証券とはみなされないという。

本法案は、特定の基準を満たすデジタル資産が「証券」の意味での投資契約ではないと推定されることを規定することで、上記の定義からの例外を設けるものである。事業監督委員が明確かつ説得力のある証拠によって示された正当な理由があれば、その推定を反故にすることを認めるものである。

もしこの法案が承認されれば、カリフォルニア州はデジタル資産の定義を明確にした全米初の州の一つとなります。アームストロングは、新たな金融エコシステムの主要ハブとしてカリフォルニアが位置づけられることになると考えています。

これが実現すれば、カリフォルニア州にとって大きな意味を持ち、金融の未来が西海岸で構築されることになるでしょう。

現在の証券法は投資家保護を目的として存在していますが、同時に多くのイノベーションを阻害しています。新しい法案が通れば、暗号通貨市場に明るい未来が開けそうです

原文URL: https://dailyhodl.com/2020/05/10/coinbase-ceo-says-new-cryptocurrency-bill-would-have-major-impact-on-future-of-finance/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら