やさしい仮想通貨の始め方を解説

上昇するビットコイン、XRPやイーサリアムをはじめとしたアルトコインに今後のアルトコインに大きな影響とアルトコインにとんでもない影響が出る可能性

ビットコインに遅れをとるアルトコイン

本日、ビットコインは9200ドルのレジスタンスをいったん抜けました。3月に見せた暴落以来、ビットコインは著しい力強さを見せています。

その一方で、ほとんどの主要アルトコインはBTC建で下がり続けています。つまり、アルトコインはビットコインの上昇についていけていないのです。

あるアナリストは、ビットコインを除いた暗号通貨市場では、もうすぐアルトコインが顕著な損失をこうむる状況に陥る可能性があると指摘しています。

時価総額が上位25位以内のアルトコインのうち、すべての銘柄がBTC建で下降しています。これは、最近のビットコインの上昇が、投資家がアルトコインを売ってビットコインにポジションを変えたことに起因していることを示唆しています

この傾向は、過去10日間を通してイーサリアムなどベンチマークとなるアルトコインにも見られます。約10日間で、ETH/BTCは高値の0.026から安値の0.020近くまで下落しています。

ビットコインの今後の動きによりアルトコインがさらに下落

アナリストのPentoshi1は最近のツイートで、ビットコインが次にどのような方向に動くかに関係なく、アルトコインは短期的にはあまり位置が良くないと説明しています。

そして彼は、ビットコインが短期的に上昇を続けた場合、アルトコインに大きな損失を起こさせる可能性があることを説明しています。

「ビットコインが次のレジスタンスをブレイクアウトした場合、アルトコインが大きなダメージを受ける可能性があります。ビットコインが1%上昇するごとに、大まかに言えば、BTC建で6~12%の下落に相当するかもしれません」と、下のチャートを参照しながら説明しています。

投資家がアルトコインからビットコインに資金を移動することによって、この継続的なビットコインの上昇が促進されている場合、アルトコインはさらに下落し続けるかもしれません。

原文URL: https://www.newsbtc.com/2020/05/07/bitcoins-next-move-up-could-create-a-very-painful-situation-for-altcoins-heres-why/

今なら50XRPもらえる。SBI VCトレード(VC TRADE)が優秀と話題に。(ゼロはじPR)

SBI_VCトレード(VC_TRADE)のココがスゴい!
  • 今なら50XRP(1,024円相当※1)が無料口座開設でもらえる!
  • 超大手企業「SBIグループ」の傘下にある取引所なので安心。
  • SBIの「北尾社長」はRipple社の取締役。仮想通貨にとっても精通!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料。コストがかからない!
  • 洗練されたスマホアプリが使いやすく、初心者の取引デビューに最適!
株やFXなどを扱うあの「SBI証券」を手がけるSBIグループが、遂に仮想通貨事業を開始!

SBIグループが運営する仮想通貨取引所「SBI VCトレード(VC TRADE)」では、3つの超厳選された通貨を取り扱い中。

もともとSBIグループは金融業を展開しており、セキュリティノウハウは抜群。その安心度が人気を呼び、今ますます注目が集まっています!

さらにキャンペーン中の今新規登録を行うと、無料口座開設で「50XRPプレゼント」を受けることができます!

無料口座開設をするだけで、通貨(お金)である「リップル(XRP)」をもらえる、とってもお得なキャンペーンです!

>>>SBI VCトレードの公式サイトはこちら<<<


SBI VCトレードの公式サイトはこちら


※1 2020/07/10 14:13 現在のGMOコインにおけるXRPの価格に基づく。

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら