やさしい仮想通貨の始め方を解説

コロナウィルスの影響で暗号資産関連企業の90%が半年以内に倒産する可能性が浮上

暗号資産関連企業の9割が倒産可能性

暗号資産関連企業の約9割が、今後6ヶ月以内に倒産する可能性が報告されています。コロナウィルス蔓延による影響で、ほとんどの企業がネットワーキングと投資を停止させています。これらの企業の多くは、政府からの援助を受ける資格がありません。

スイス・ブロックチェーン連盟は、スイスの暗号資産およびブロックチェーン関連企業の最大90%が、政府の介入なしに今後6ヶ月以内に倒産する可能性があると報告しました。これは、現在進行中のコロナウィルス蔓延の状況が、この業界の活動に深刻な影響を与えているためです。

コロナウィルスは、様々な産業の分野に深刻な影響を与えています。ブリティッシュ・エアウェイズは、今後数ヶ月間で数万人の雇用削減を進める発表しています。

ブリティッシュ・エアウェイズのような、グローバルかつ業界の巨大企業ですら、立ち直るのは難しいかもしれません。中小企業、とりわけ新興産業であれば、さらに脆弱で打撃は大きいでしょう。

多くの暗号資産関連企業は倒産のリスクにさらされている

スイス・ブロックチェーン連盟によると、クリプトバレー(スイスにあるブロクチェーン関連企業の集まり)の企業の約90%が、コロナウィルスの影響のために倒産のリスクを抱えているという調査結果を発表しました

これは、何千もの雇用が危険にさらされていることを意味しています。スイス・ブロックチェーン連盟のロレンツ・フューラー副会長は、何らかのアクションを起こさなければ、クリプトバレーは「死の谷」になる可能性があると述べています。

この調査報告は、スイスの800社の暗号資産関連企業に連絡を取り、コロナウィルスの蔓延がこれらの企業のビジネスにどのような影響を与えたかを尋ねた結果です。

2020年3月31日から4月3日の間に実施された調査では、80~90%が、政府が何らかの支援を提供することなく、今後6ヶ月で破産する可能性が高いと答えています。

暗号資産企業の楽園に激震

ここ数年、スイスは暗号資産やブロックチェーン起業家の楽園でした。スイスの法律はブロックチェーン産業に有利で、FacebookのLibraプロジェクトがスイスを拠点にしているほどです。

急成長を遂げているこの産業は、最大4000人に雇用を提供していますが、その多くは解雇のリスクに直面しています。

ブロックチェーンや暗号資産の新興企業は、コロナウィルス蔓延の影響で世界中の投資が大幅に減少しています。しかしながら、これらの企業には政府の融資を受けられるだけの収益がないため、より弱体化している可能性があります。

また、これらの新興企業が、資金調達のためにネットワーキングイベントなどに頼っていることも見逃せません

クリプトバレー協会は、今年のカンファレンスの延期を余儀なくされており、同様のイベントが続々と延期されたりキャンセルされたりしています。ネットワーキングによる資金調達機会が絶たれ、暗号資産関連企業は死の危機に直面しようとしています。

原文URL: https://beincrypto.com/90-percent-cryptocurrency-firms-bankrupt-six-months-swiss-blockchain-federation/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら